執事 水嶋ヒロに関するニュース

水嶋ヒロ、剛力彩芽に絶対服従する姿を公開

モデルプレス / 2013年10月24日16時16分

24日、俳優の水嶋ヒロ主演、女優の剛力彩芽がヒロイン役を務める映画「黒執事」(2014年1月18日公開)の新写真とストーリーラインが発表された。 これまでに、主要キャラクターの設定とキャスティングが発表されている本作だが、このたびストーリーラインが明らかになった。映画版では原作者の承認を得て、原作から130年後と舞台を変え、新しいストーリーを構築。脚本は、 [全文を読む]

水嶋ヒロ、俳優復帰に苦悩「何度も断り続けました」

モデルプレス / 2013年01月09日14時58分

2013年公開の映画「黒執事」にて、3年ぶりに俳優復帰を果たす俳優の水嶋ヒロ。今回の出演に至った経緯や心境を、自身の公式サイトにて明かしている。「僕にはできません。そう何度も断り続けましたが、あまりの熱意に圧倒された形になります」と切り出した水嶋は「読むつもりの無かった原作が持つ力に魅了され、良い作品を創るための考え方に共感でき、いつしかこのことに前向きな [全文を読む]

“壮絶な過去”剛力彩芽の哀しげな瞳

モデルプレス / 2013年11月13日12時00分

枢やなの人気コミックを原作に、俳優の水嶋ヒロが主演をつとめる映画「黒執事」(2014年1月18日公開)の本ポスタービジュアルが完成した。 16日から全国の劇場で掲出される同ポスターは、冷酷で美しい執事・セバスチャン(水嶋)とその主人・幻蜂清玄(剛力彩芽)の姿を大きく映し出したデザイン。命と引き換えの絶対的な主従関係で結ばれた2人の関係性が強調され、壮絶な過 [全文を読む]

水嶋ヒロ、俳優復帰 3年ぶり映画主演

モデルプレス / 2013年01月09日11時50分

俳優の水嶋ヒロが、2013年公開の映画「黒執事」にて、3年ぶりに俳優復帰をすることが9日わかった。今回、映画化されるのは「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の枢やな原作の同名漫画で、水嶋は、2010年9月に公開された映画「BECK」以来の映画主演となる。 全世界42の国と地域で発刊、累計発行部数は1400万部突破(海外分を含む)など、 [全文を読む]

櫻井翔、水嶋ヒロの影響?AKB48・石田晴香もハマる「執事」ブームが到来中

アサ芸プラス / 2015年01月29日18時00分

ドラマ「謎解きはディナーのあとで」(フジテレビ系)の櫻井翔や、昨年、水嶋ヒロ主演で映画化された「黒執事」などの影響からか、いま女子たちの間で空前の「執事」ブームが到来しているという。 「メイドカフェならぬ『執事カフェ』は、なかなか予約が取れないほど大人気です。AKB48の石田晴香もハマっていて、オフのたびにお忍びで通っているそうです」(芸能記者) このブー [全文を読む]

水嶋ヒロに女優陣から絶賛の嵐 涙の舞台挨拶

モデルプレス / 2014年01月19日08時30分

◆水嶋ヒロ、男泣き18日、水嶋ヒロが3年ぶりに俳優復帰する主演映画「黒執事」がついに公開初日を迎えた。その日、都内で行われた舞台挨拶には水嶋をはじめ、剛力彩芽、優香、山本美月ら豪華キャストが集結。水嶋は大谷健太郎監督から「先日のジャパン・プレミアの時に(水嶋さんが映画をヒットさせて)『僕はこの勝負に勝ちたい』とおっしゃっていました。僕も勝たせてあげたいなと [全文を読む]

水嶋ヒロ主演「黒執事」、壮絶なアクションシーンを公開

モデルプレス / 2013年11月18日14時05分

俳優の水嶋ヒロが主演をつとめる映画「黒執事」(2014年1月18日公開)の本予告編が解禁となった。 今作は、枢やなの人気コミックが原作。映画版では原作者の承認のもと、原作から130年後と舞台を変え、新しいストーリーを構築。3年ぶりに主演に挑む水嶋が演じるのは、知識・実力・品格・容姿を兼ね備えた万能な執事セバスチャン。仕える主人は剛力彩芽演じる巨大企業の若き [全文を読む]

“ドジっ子”山本美月を関係者が絶賛 ジム通いの成果を披露

モデルプレス / 2013年12月11日22時30分

枢やなの人気コミックを実写化した映画「黒執事」(2014年1月18日公開)に出演する山本。今作では剛力彩芽演じる男装の麗人・幻蜂清玄に仕える使用人・リン役に抜擢され、初のメイド服に赤縁メガネ、ツインテールという“萌え”要素満載のドジっ子キャラを熱演している。 一方で激しいガンアクションを繰り広げるシーンもあり、試写会に参加したマスコミ関係者からは、水嶋ヒ [全文を読む]

剛力彩芽、男装役に初挑戦 ビジュアル解禁

モデルプレス / 2013年04月05日11時01分

俳優の水嶋ヒロが主演する映画「黒執事」に、女優の剛力彩芽が出演することが5日わかった。 水嶋が3年ぶりに俳優復帰する同作は、「月刊Gファンタジー」(スクウェア・エニックス刊)で連載している枢やな原作の同名漫画の映画化。剛力は、水嶋演じる主人公セバスチャン・ミカエリスと契約を交わした主人・幻蜂汐璃(げんぽうしおり)を演じ、キャリア初となる男装役に挑戦する。 [全文を読む]

「二次創作映画」と原作ファン激怒!? 水嶋ヒロのクリエイティビティが爆発した映画『黒執事』レビュー

おたぽる / 2014年01月23日15時00分

枢やなによる大ヒットコミック『黒執事』(スクウェア・エニックス)が、待望の映画化です! 万能にして完璧、忠実にして無礼な"あくまで執事"のセバスチャンを演じるのは、2010年の『BECK』以来、三年ぶりの映画復帰となる水嶋ヒロさん。今回、水嶋さんは企画段階から深く本作に関わり、本名の齋藤智裕で共同プロデューサーとして、スタッフのクレジットに名を連ねるほどで [全文を読む]

フォーカス