ヘア 菅野美穂に関するニュース

1990年代 なぜ大物女優たちは次々に脱いだのか

NEWSポストセブン / 2016年06月19日16時00分

1990年代は大女優から人気アイドルまで、こぞってヘアヌードですべてを見せた時代である。1991年10月13日、当時18歳で人気絶頂のアイドルだった宮沢りえが、写真集『Santa Fe』で脱いだ影響で、若くて売れている時に脱ごうという雰囲気もできた。 1993年には杉本彩が24歳、1994年には武田久美子が25歳、1995年には高岡早紀が22歳でヘアを露わ [全文を読む]

1000人アンケート!もう一度見たい美女の一糸まとわぬ姿(2)「菅野美穂のあの会見の裏側」

アサ芸プラス / 2016年01月17日09時57分

「薄いヘアは白糸の滝のように細長く、イヤらしかった。できれば映画と同時期の三十路で漆黒を見せてほしかった」(神奈川県・林業・58歳) ギリギリ49歳でのヘア初挑戦が、よくも悪くも支持を集めたようだ。 3位は菅野美穂(38)。脱アイドルの布石となった「NUDITY」の登場だ。「地味でおとなしい印象の菅野が、ヘアを出すと聞きビックリして3メートル吹っ飛んだ。し [全文を読む]

これで好感度UP間違いなし!「彼氏にオススメしたい」ヘアスタイル3選

AppWoman / 2015年08月27日11時30分

そこで今回は、彼氏にオススメしたい“好印象間違いなし”のヘアスタイルを3つ、ご紹介します。 ■1:アップバング×ベリーショート 男らしさが際立つのはやっぱり短髪! おでこをすっきり出せば、清潔感もバツグンです。 カジュアルな服装にもスーツ姿にも合うので、年齢や職業を問わない好印象スタイルですよ。 ■2:ツーブロック×マッシュ 既にモテスタイルの定番となっ [全文を読む]

西内まりやのセクシー路線に「早くも迷走?」日南響子のヌードには失望・落胆の声も

おたぽる / 2016年02月16日12時00分

その後はショートヘアにして大きくイメチェンをし、再起を図ったかと思えば、15年1月に発売された『週刊プレイボーイ』(集英社)でヌード姿を披露。『nicola』出身者のヌードは12年の沢尻エリカ以来で、さらに、オーディションでグランプリを受賞したモデルのヌードは歴代初となったことから、女性ファンを落胆させただけでなく、『nicolaの名を汚した!』と批判の声 [全文を読む]

【フジテレビ】フジテレビ×NTTドコモ 手のひらに収まる日本一軽い女性誌を本日創刊! スマートフォンサイト『Fast Beauty web 8meets(ハチミツ)』 本日10月1日(月)より提供開始

PR TIMES / 2012年10月01日12時25分

『8meets(ハチミツ)』は、キレイの秘訣をキーワードに、旬な芸能人や、現場の最前線で活躍するヘアメイクやスタイリストのプロから引き出した働く女性の手助けとなる情報を配信する、スマホ版女性誌です。手軽で素早くキレイになるというコンセプト「Fast Beauty(ファストビューティ)」をテーマに、働く女子に役立つ情報を掲載していきます。サイトでは、動画に [全文を読む]

北川景子、篤姫役の演技不安で「宮崎あおいに処刑?」 顔立ち変化に“吉田羊化”を指摘する声も

おたぽる / 2017年04月20日09時00分

「北川は会見時に撮った画像を自身のブログにアップしているのですが、元々シャープな顔立ちをしているだけに、髪の毛をオールバックにした姿には、『怖い』『ヘアメイクで引き算しなきゃダメなのに足し算しちゃってるよ』などと否定的な声が相次いでいました。また北川といえば以前から整形を疑われているだけに、『そろそろガタがくる頃かな?』と劣化を危惧する声もささやかれ始め [全文を読む]

朝ドラの新ヒロイン・芳根京子「オーディションでの手応えは全っ然なかったです(笑)」

anan NEWS / 2016年10月15日08時00分

写真・小笠原真紀 スタイリスト・藤本大輔 ヘア&メイク・KOTOMI インタビュー、文・望月リサ [全文を読む]

菅野美穂、ヘアヌード写真集発売時の心境語る...ファンからは感心コメント続出

メンズサイゾー / 2016年10月07日10時00分

20歳を記念してヘアヌード写真集『NUDITY』(ルー出版)を世に送り出した菅野美穂(39)も、そのひとりだ。そんな菅野が6日放送の『あさイチ』(NHK)で写真集の発表当時を振り返った。 中学3年で受けた番組オーディションに合格し、アイドルとしてデビューした菅野。可愛らしいルックスと明るいキャラクターで人気を集めた彼女は徐々にドラマやCMの仕事を増やしてい [全文を読む]

「鮮烈デビュー型」と「イメチェン型」アイドルが脱ぐ2つの理由

WEB女性自身 / 2015年10月14日06時00分

そのきっかけを作った出来事が、 91年のヘア解禁である。それまで、ヘアヌードには厳しい規制があったが、樋口可南子の『water fruit』で、門戸は開かれた。そして、発行部数155万部の宮沢りえ『Santa Fe』が生まれる。『AKB48の経済学』の著者、田中秀臣氏は「ヌードは時代を象徴する」と言う。 「『Santa Fe』の宮沢りえ、 97年の菅野美穂 [全文を読む]

上野樹里にヘアヌード計画が浮上も「性格に難あり」で関係者が及び腰か!?

東京ブレイキングニュース / 2014年01月13日12時35分

そんな彼女に突如としてヘアヌード写真集のオファーが舞い込んでいたという。証言するのは某出版プロデューサーだ。 「顔見知りのヘアメークが話を持って来たようですね。『男性が興味持つようなものではなく、女性から共感を集めるスタイリッシュなフォトブック』がコンセプトで、上野も『面白いかも』とまんざらではなかったようです」 そんな経緯があっただけに、上野樹里のヘア[全文を読む]

フォーカス