舞台 石原さとみに関するニュース

石原さとみ 深夜3時に「アダルト」な演技論を熱く語る

NEWSポストセブン / 2015年05月28日16時00分

黒ぶち眼鏡の奥から、熱っぽい視線を舞台に送る石原さとみ(28才)の姿があった。クライマックスに差し掛かるとポッテリ唇を半開きに口をあんぐり、生唾ゴクリ。5月22日に初日を迎えた舞台『女のみち』を観劇していた石原は終始興奮した様子だった。 「この舞台は2012年に初演していますが、その評判が高く今回の再演となったんです。“レズもの”のアダルトビデオ撮影現場の [全文を読む]

石原さとみ 「ボッテリ唇が奪われた!」 舞台打ち上げで若手俳優に肩を抱かれ何度も…

アサ芸プラス / 2012年07月31日11時00分

「無事、ステキな舞台にすることができました。カンパ~イ」 6月中旬、都内にある和食店では、6名ほどの男女がささやかな食事会を催していた。若手俳優が周りを固める中、この日の主役は、現在、月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ系)に主演している石原さとみ(25)だった。この日は、忙しいスケジュールの合間を縫って、舞台「ロミオとジュリエット」の打ち [全文を読む]

元SKE48・松井玲奈がノンスタ石田に股間を握られディープキスも!?『新・幕末純情伝』に悲痛の叫び!!

日刊サイゾー / 2016年04月12日00時00分

元SKE48で女優の松井玲奈が主演を務める舞台「つかこうへい七回忌特別公演『新・幕末純情伝』」に、NON STYLEの石田明が坂本龍馬役で出演することが発表された。だが、この舞台のある演出が問題で「玲奈ちゃんかわいそう」「石田とかマジあり得ない」「よりによってお笑い芸人かよ」と、松井ファンが石田に対して不満を爆発させている。 『新・幕末純情伝』は、幕末の京 [全文を読む]

前田敦子、初舞台も“共演者キラー”綾野剛に心配の声

メンズサイゾー / 2014年01月29日10時00分

7月に東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーンで上演される舞台『太陽2068』に俳優の綾野剛が主演し、前田敦子や成宮寛貴らが出演することが明らかになった。同作品は劇作家・前川知大氏の代表作で、2012年に第19回読売演劇大賞を受賞した「太陽」を演出家の蜷川幸雄氏のために書き直したもの。近未来を舞台に、バイオテロで拡散したウイルスによって生まれた、強い [全文を読む]

石原さとみ「逃げ恥」脚本家とタッグでドラマ主演 井浦新・窪田正孝ら出演キャスト発表<アンナチュラル>

モデルプレス / 2017年09月12日05時00分

ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。そこに運び込まれるのは、“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体ばかり。ミコトはクセの強いメンバーたちと共に、連日UDIラボに運び込まれる死体に向かいメスを握る。 石原は「子どもの頃から医療ドラマが大好きなので、今回、野木さんのオリ [全文を読む]

Oggiモデル石井美絵子が「このままでは芝居が嫌いになる」という状況に陥った原因とは?

Woman Insight / 2015年04月19日11時00分

★1回目→ 石井美絵子、祝25歳!ミュージカル出演がきっかけで、二次元とリアルファッションの“橋渡し的存在”に! Woman Insight編集部(以下、WI) 4月29日から始まる舞台『逆転裁判2』も、オーディションを受けて役が決まったのですか? 石井美絵子さん(以下、石井) これはオーディションではなく、『ハートの国のアリス』のオーディションでいらし [全文を読む]

石原さとみ、佐々木希ら有名女優が次々にキャスティングされる“キャバドラ“の魅力とは?

メンズサイゾー / 2014年09月29日10時00分

秋の新ドラマのスタートを目前に控え、キャバクラを舞台にした2つの"キャバドラ"が注目を集めている。1つは、主演を務める石原さとみ(27)が初めてキャバクラ嬢に扮する『ディア・シスター』(フジテレビ系)。もう1つは、主演の佐々木希(26)をはじめ、柏木由紀(23)、入山杏奈(18)、筧美和子(20)といった人気沸騰中のアイドル陣がキャバ嬢に扮する『黒服物語』 [全文を読む]

『四月は君の嘘』主演・松永有紗が夢中になってるものとは?

ananweb / 2017年08月07日22時00分

■ 大舞台のヒロインを演じる運動神経抜群のアクティブガール! 8月から公演の舞台『四月は君の嘘』で主演する松永さん。今の心境は? 「舞台にも挑戦したいと思っていたとき、原作を読んでいた作品の主演が決まって本当に嬉しいです。大きな舞台は初めてなので緊張しますが、ワクワクしています!」。 アイドル、モデルを経験し、現在女優として活躍している松永さんの今後の目 [全文を読む]

生田絵梨花、“脱アイドル”でキスシーン披露にファン騒然! 石原さとみ&佐藤健の二の舞いを懸念する声も

おたぽる / 2016年12月27日09時00分

日本でも、これまでに幾度となく舞台化されてきた、シェイクスピアの不朽の名作『ロミオ&ジュリエット』だが、恋愛悲劇を描いた作品ということで、キスシーンは必須。それだけに、今年4月に、生田がジュリエット役に抜擢されたことが発表された時点で「ってことは、舞台上でチュウしちゃうってこと?」「秋元康先生の権力でキスシーンをカットにして下さい!」などと、ファンはざわ [全文を読む]

長澤まさみ 期待の主演舞台「キャバレー」でボディに磨きがかかるも写真NG連発の理由

アサ芸プラス / 2016年12月10日05時57分

年明け早々、芸能界を震撼させるであろう長澤まさみ(29)の主演舞台「キャバレー」の開演が迫ってきた。本番さながらに過激化する練習光景を地獄耳キャッチ! 同時に、長澤のネガティブ言動が漏れ伝わってきた。 これまで幾度となく報じてきた、長澤のミュージカル初挑戦となる「キャバレー」。来年1月11日の公演まで約1カ月と迫り、稽古はいよいよ大詰め。連日、都内のスタジ [全文を読む]

石原さとみ「15年間の芸能生活」をまるっと校閲(2)田畑智子とのバトルに挑んだ鬼気迫る初舞台

アサジョ / 2016年11月20日10時15分

映画のみならず舞台での活躍も目立っているのは石原の確かな演技力を証明するかのようだ。16歳での鮮烈なデビューに始まり、近年は話題の大作にも連続出演。久々に体当たり演技の舞台も観たい! 舞台出演の多さも石原の個性だろう。舞台デビュー作となったのは06年の「奇跡の人」で、それまでに菅野美穂や鈴木杏らが演じてきたヘレン・ケラー役に抜てきされた。三重苦を持った役 [全文を読む]

「石原さとみが怖い」校閲ガール、男性からは不評?

日刊大衆 / 2016年10月16日12時00分

文章の誤字脱字などを確認し、正しい原稿に直す“校閲”の仕事だが、河野悦子は推理小説の舞台に自ら足を運んで事実関係を確認したり、編集部に直接作品のダメ出しをするというパワフルな役。また、オシャレが大好きという設定のため、シーンごとに替わるド派手なファッションも特徴のキャラとなっている。 だが、そうした個性的な外見や、男性社員や作家を口汚くののしり、眉間にシワ [全文を読む]

史上最年少のグランプリ! “王道で主演級”な小学6年生は「石原さとみさんに追いつきたい!」

週プレNEWS / 2016年09月23日20時00分

そんな狭き門を勝ち残ってきたファイナリスト9名は当日、全員白いTシャツにホットパンツという姿で舞台に登場。颯爽(さっそう)とウォーキングを披露し、意気込みを語ると、続く1分間の「自己PR」でも各自が個性あふれる姿を披露。 ヒップホップダンスやギターによる弾き語り、和太鼓の生演奏などの他、応援団姿で自分自身にエールを送ったり、舞台を走り回りながらモノマネを [全文を読む]

松井玲奈が「総選挙も大事だけど幕末にも注目して!」

Smartザテレビジョン / 2016年05月18日18時21分

6月23日(木)より上演される舞台「新・幕末純情伝」(つかこうへい作)の制作発表会が都内で行われ、出演する松井玲奈、石田明、細貝圭、早乙女友貴、味方良介、荒井敦史、伊達暁、永田彬、演出の岡村俊一氏が登場した。 つかの七回忌に当たることし、彼と縁のある東京・紀伊國屋ホールを含む3会場で七回忌特別公演として「新・幕末純情伝」が上演される。 幕末の京都を舞台に、 [全文を読む]

石原さとみ ハイブリッドな魅力はつかこうへい舞台で開眼か

NEWSポストセブン / 2014年11月22日16時00分

身につけたきっかけはどこにあるのでしょう? もしかしたら、つかこうへい演出の舞台「幕末純情伝」(2008年)あたりに端緒があるのかもしれません。 当時、舞台演出を手がけたつかこうへいは、主役に抜擢した石原さとみについてこう語りました。「一つ間違えると淫乱だなという顔。ちょっとそっち側に振ってやろうと思ってます」。 [全文を読む]

石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(1)ロケハンも終わっていたが…

アサ芸プラス / 2012年04月17日11時00分

「幻の作品」と化すまでの生々しい舞台裏を、白日の下にさらす。 「彼女は映画『北の零年』(05年)で吉永小百合(67)と共演した際、『小百合さんみたいになりたい』と話し、演技に目覚めたようでした。演技力にはもともと定評があり、舞台出演もするなど、本格女優として活動してきましたが、代表作と呼べるものがない。だから所属事務所のホリプロも今以上に売り出そうと、力を [全文を読む]

授賞式で大竹しのぶVS宮沢りえ、石原さとみVS高畑充希

NEWSポストセブン / 2017年03月10日16時00分

舞台袖から現れたのは大竹しのぶ(59才)、黒木華(26才)、広瀬すず(18才)、宮崎あおい(31才)、宮沢りえ(43才)。レッドカーペットを颯爽と歩く5人の中でも特に両端に大きな注目が集まる。左には大竹、右端にはりえ。アカデミー賞常連の実力派だが、揃って主演のノミネートは初。2人は目線を合わせることなく各テーブルに着いた。周囲は思わず息をのむ。 「犬猿の [全文を読む]

石黒英雄がオペラ歌手に!「黒薔薇アリス」が舞台化

Smartザテレビジョン / 2016年12月28日13時00分

人気コミック「黒薔薇アリス」が舞台化されることが明らかとなった。 原作の水城せとなは、松本潤、石原さとみらの出演で話題となったドラマ「失恋ショコラティエ」('14年、フジテレビ系)や、真木よう子や西島秀俊らが出演した映画「脳内ポイズンベリー」('15年)など、話題作を次々と生み出している注目の漫画家だ。 主役の18世紀ウィーンで人気の若手オペラ歌手、ディミ [全文を読む]

“遅咲き美女”石原さとみ、「校閲ガール」主演までの地味にスゴかった芸能生活

アサ芸プラス / 2016年10月05日05時59分

「石原は2012年の舞台『ロミオ&ジュリエット』にてロミオ役の佐藤健と熱烈なキスを交わし、それをきっかけに交際に発展したと言われています。その舞台にロミオの友人役で出演していた菅田将暉が、今回のドラマには石原が一目ぼれする大学生の役で出演。物語的に仲が深まることは確実で、劇中ではキスシーンも期待できそうです」 佐藤との交際も噂レベルにすぎず、スキャンダルら [全文を読む]

大ヒット映画「君の名は。」を書籍で楽しめる!

Smartザテレビジョン / 2016年09月07日05時00分

■ ダン・ブラウン原作の大ヒット作第3弾 宗教図像解釈学者のラングドン教授が名画の謎を追った「ダ・ヴィンチ・コード」('06年)、バチカンを舞台に秘密結社の陰謀に迫った「天使と悪魔」('09年)に続くシリーズ第3弾の映画版が完成。ラングドン教授(トム・ハンクス)は、人類滅亡計画を企てている生化学者がダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇>に隠した暗号の謎に挑む。 [全文を読む]

フォーカス