小説 石原慎太郎に関するニュース

このままでいいの日本人?~アメリカでは教養としての読書が重要視される~

TABIZINE / 2016年11月23日07時30分

1位 『天才』、石原慎太郎 (ジャンル:伝記) 2位 『おやすみ、ロジャー』、カール=ヨハン・エリーン (ジャンル:絵本) 3位 『正義の法』、大川隆法 (ジャンル:幸福の科学) 4位 『羊と鋼の森』、宮下奈都 (ジャンル:小説) 5位 『君の膵臓を食べたい』、住野よる (ジャンル:小説) 1位につけたのは、石原慎太郎氏による田中角栄の“自伝”でした。日 [全文を読む]

ええ~ッ。そんな繋がりあったの!? 三島由紀夫と石原慎太郎の“アヤシイ“関係!

tocana / 2014年04月26日21時00分

「十一月半ばのよく晴れた夜半すぎ、埼玉県飯能市の大きな邸の車庫から、五十一年型のフォルクスワーゲンがけたたましい音を立てて走り出した」(『美しい星』より引用) 三島由紀夫の小説『美しい星』の冒頭である。ちなみに車の行き先は街の外れにある羅漢山。そして目的はなんと、空飛ぶ円盤との交流である。 小説が発表されたのは昭和37年。以前からUFO観測に熱中していた三 [全文を読む]

発言や人格ではなく、作品から読み解く「作家」石原慎太郎の真価

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月20日11時50分

しかし石原氏が今も現役の小説家だと知っている人、その作品を読んだことがある人というのは意外と少ないのではないか? また戦後の文学史で重要な位置を占めるにもかかわらず、これまでしっかり論じられてこなかったのではないか? そんなところから「石原慎太郎の小説を読み直して、戦後日本文学を既存の文学史とは別の角度から洗い直していく」というコンセプトで、1年間12回に [全文を読む]

亀梨和也が「美しい星」特別講義にサプライズ登壇 リリーの童貞いじりに会場爆笑

映画.com / 2017年05月24日19時55分

[映画.com ニュース]三島由紀夫の異色SF小説を映画化する「美しい星」を題材にした特別授業“三島由紀夫と映画「美しい星」”が5月24日、東京・明治大学駿河台キャンパスで行われ、スペシャルゲストとして主演のリリー・フランキー、共演の亀梨和也、吉田大八監督が参加した。同大学の文学部文芸メディア専攻・伊藤氏貴准教授による特別授業に出席した学生たちは、リリーと [全文を読む]

トーハン調べ「2016年 年間ベストセラー」発表

DreamNews / 2016年12月01日09時00分

文庫総合は1位=新海誠「小説 君の名は。」(KADOKAWA)。株式会社トーハンは、「2016年 年間ベストセラー」(集計期間=2015年11月27日 ~2016年11月25日)を発表しました。【概況】総合第1位は石原慎太郎「天才」。田中角栄元首相の生涯を書き、発売以降、34週連続でランクインしました。 他の関連書も話題となり、「角栄ブーム」を巻き起こした [全文を読む]

石原慎太郎氏 宿敵だからわかる天才・田中角栄の「霊言」

NEWSポストセブン / 2016年02月02日11時00分

* * * 政治から引退した直後に、森元孝さんという早稲田大学の教授が、『石原慎太郎の社会現象学──亀裂の弁証法』という本で、俺の小説について緻密に評価してくれた。日本の社会は狭量だから、著名な政治家が良い小説を書くということを認めないんだ。だから、この本で自分の文学が浮かばれたと思った。 その感謝を込めて食事に誘った席で、森さんが「石原さん、あなた実は [全文を読む]

次世代の党……党名に悩みつづける悪戦苦“党”の歴史

政治山 / 2015年11月06日12時30分

しかし、実は「太陽の塔」こそが、小説「太陽の季節」の内容を聞きつけた岡本氏自ら命名したと言われています。 石原慎太郎氏の影響で命名された「太陽の塔」は、「太陽の党」とある意味兄弟? その太陽の党も結成からわずか4日後に日本維新の会と合流。“日没”したかに見えましたが、政治資金規正法に基づく政党としては存続し続け、今年5月1日に次世代の党と合併するまで政党交 [全文を読む]

杉村太蔵 BLにハマる娘に悩む母親に「賞に応募させよう」

NEWSポストセブン / 2012年10月03日16時01分

【相談】 高校生の娘が美少年同士の同性愛を描いたボーイズラブ(BL)の小説にはまっています。何か問題があるわけではありませんが、おこづかいやバイト代も全部、BL本に使っているようです。それにおしゃれにも無頓着で…。親としては普通におしゃれに興味持ったり、恋したりしてほしいのですが…。(47才・派遣社員) 【杉村太蔵の回答】 娘さんが美少年に興味を持ってい [全文を読む]

石原慎太郎が『金スマ』で中居正広の質問に激怒! でも「トンチンカン」なのは石原の霊言小説『天才』の方だ

リテラ / 2016年04月16日13時08分

今年1月に発売した、田中角栄を主人公にした小説『天才』(幻冬舎)がベストセラーとなっている石原慎太郎。先日は、BSのテレビ番組で「保育園落ちた」ブログについて「(日本が)嫌なら中国にでも韓国にでも行けばいい」と発言し、相も変わらぬ暴言を吐いたが、そんな慎太郎がいま、SMAPの中居正広に怒り心頭らしい。 慎太郎は12日、作詞を担当した五木ひろしの新曲発表会に [全文を読む]

明治以降の文壇で一番ケンカが強い作家は誰だろう?

メディアゴン / 2015年06月16日07時00分

安部は三島のボディーガードをしていたし、安部の武勇伝を三島は度々小説のプロットやストーリーに引用している。安部は俳優・安藤昇が昔、渋谷で料金の極めて高い警備保障会社を経営していた頃の舎弟である。安藤昇は知人のナイトクラブで暴れる力道山に手を出せない警官に代わって、力道山を拘束し、謝罪させている。石原慎太郎も三島由紀夫にボクシングを教えた一人だが、スポーツと [全文を読む]

フォーカス