発言 石原慎太郎に関するニュース

古今東西「政治家の大失言」26

プレジデントオンライン / 2017年07月25日15時15分

特に政党交付金が出るようになって有権者との接触が減り、小選挙区制が導入されて人気投票的側面が強まってから、無責任な発言をする政治家が増えましたね」 そんな政治家を反面教師にした失言を防ぐコツは、「専門分野以外はあまり気安い口出しをせず、生半可な知識をひけらかさない」と「政界にかかわらずあらゆる社会はジェラシーが渦巻いており、すぐに足をすくわれることを胆に銘 [全文を読む]

今村復興相以外にも政治家の差別暴言「(水俣病患者の文章に)IQ低い」「女性は産む機械」

Business Journal / 2017年04月26日19時00分

この発言で、自民党の今村雅弘氏が復興大臣を辞任した。問題の発言は4月25日、自民党・二階俊博派のパーティーで飛び出した。 今村氏は4日の記者会見でも、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う自主避難者について「本人の責任」と発言した上、質問した記者に「出て行きなさい」「うるさい」と激高するなどして、批判が集まっていた。 度重なる失言に、安倍晋三首相も「被災 [全文を読む]

なぜ麻生太郎はナチスとヒトラーにこんなにこだわるのか?

文春オンライン / 2017年09月02日07時00分

何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正しくても駄目だ」 時事ドットコムニュース 8月29日 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。また麻生氏から失言が飛び出した。29日に行われた自らが率いる自民党麻生派の研修会の講演で所属議員に向かって「(政治は)結果が大事だ」と語った。ここまではいい。問題はここから。「何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら [全文を読む]

<稲田防衛大臣「虚偽答弁」を擁護?>「記憶にございません」は本当にあるかもしれない

メディアゴン / 2017年03月19日07時30分

安達元一[放送作家]* * *稲田朋美防衛大臣の発言が物議を醸し出している。国会も、マスコミも、世間も、稲田大臣をなにやら嘘つきの悪者のように連日扱っている。「記憶にない」というフレーズは、政治家が言動をごまかすための常套句のようにばかり映るが、はたしてそうと言い切れるのか。この観点から筆者の体験から稲田大臣を擁護してみたい。3月15日の参院予算委員会での [全文を読む]

トラブルこそ!小池百合子都知事に学ぶピンチ時の「オトナ女子対応」3選

BizLady / 2016年08月10日18時00分

■どんな失礼発言にも堂々……「今日は薄化粧です」他候補の応援演説時に元都知事である石原慎太郎氏が放った「大年増の厚化粧」発言は、あまりにも有名になってしまいましたが、言われた本人である小池さんはどこ吹く風。怒るどころか、そんなふうに言われることに「慣れている」とかわし、「今日は薄化粧です」と逆手に取った発言で笑いを取るなど、一枚上手な様子を見せつけました。 [全文を読む]

小池百合子都知事と台湾、知られざる「深い関係」

まぐまぐニュース! / 2016年08月04日04時45分

● パリ・ローマに続いて東京都に女性知事…東京第2韓国学校の設立計画はどうなるか その他、東亜日報は小池氏がかつて「韓国が竹島を不法占拠している」と発言したり(日本の国会議員ですからこう言うのは当然のことですが)、河野談話の見直しを求めてきたことがあると紹介、韓国日報も「代表的な保守・右翼政治家」と警戒感をにじませているそうです。 ●「東京も女性首長時代 [全文を読む]

石原氏「橋下さんは終わったね」にネット住民から「2人ともだろ!」の声

AOLニュース / 2013年06月21日11時15分

東の石原慎太郎、西の橋下徹という2人の人気政治家が共同代表を務める日本維新の会で、発言を巡って、代表同士が舌戦を展開。18日には石原氏が橋下について「終わったね」と発言したと伝えられるなど、参院選を前に混乱は深まっている。 日本維新の会は、当時大阪府知事だった橋下徹氏が2010年に設立した地域政党「大阪維新の会」に、自民、民主ほかの議員が参加し、12年9月 [全文を読む]

豊洲問題の元凶はやっぱり"石原元都知事説"を追う|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年10月11日17時00分

その瞬間、石原氏は不機嫌になり、後日のイベントでは「とんちんかんなことを言われた」と発言した。 正直言うと私は中居正広の質問がとんちんかんだと思わなかった。なぜあそこまで石原氏が怒るのか興味がある。なので都はもういちど書面で質問してほしい。人間、晩年になると過去を清算して全方位に愛されたいという下世話な理由に千点。 さて、他にも書面で質問してほしいことがあ [全文を読む]

小池百合子都知事にとって”使い勝手の良い駒”になった暴走老人|プチ鹿島コラム

デイリーニュースオンライン / 2016年09月25日15時05分

小池百合子にとっては都知事選圧勝のひとつの要因になった「厚化粧」発言に続く石原慎太郎の多大なる後押しである。 どう考えても石原慎太郎は小池百合子にとって「使い勝手の良いじいさん」になっている。 著者プロフィール お笑い芸人(オフィス北野所属) プチ鹿島 時事ネタと見立てを得意とするお笑い芸人。「東京ポッド許可局」、「荒川強啓ディ・キャッチ!」(ともにTBS [全文を読む]

豊洲市場「空洞」問題を意図的に長引かせようとしている真犯人

まぐまぐニュース! / 2016年09月23日05時00分

地下の空洞も、石原の発言に端を発しているという見方がある。その根拠は2008年5月30日の定例会見における石原都知事の以下の発言だ。 「この間、担当の局長に言ったんですがね、もっと違う発想でものを考えたらどうだと。日大の名誉教授をしている海洋工学の専門家によると、土を全部さらった後、地下2階ぐらいに、3メートル、2メートル、1メートルか、そういうコンクリ [全文を読む]

他人を“気にしない”小池百合子流の生き方 嫌われても最後に勝つオンナとは

ウートピ / 2016年08月01日15時12分

さらに、石原慎太郎元都知事からは、「大年増の厚化粧」とバッシングされ、同じ立候補者の鳥越俊太郎氏からは、「核武装発言」を批判された。石原元都知事の発言は、小池氏を応援した議員が選挙カーの上で男泣きをするほどエゲツないものだった。しかし、当の小池氏は、「これぐらいの発言は、よくあること」と意に介さなかったばかりか、泣いた議員を慰めるほどの強さを見せつけた。 [全文を読む]

スキャンダル続発で有権者の怒り爆発! 民主・維新が都議選で大惨敗の理由

Business Journal / 2013年06月25日07時00分

この民主党の歴史的な敗北に対して、ジャーナリストの門田隆将氏は自身のブログで23日、「民主党政権のあまりに愚かな『3年3カ月』は今、自民党への過剰な期待を呼び起こそうとしている」と発言。民主党政権の外交や経済政策、震災・反原発への対応を批判し、「有権者は民主党に『愛想尽かし』というよりも、今も『怒り』が抑えられないのだろう」と、支持者の民主党離れを分析し [全文を読む]

米軍に風俗の活用を進言する橋下徹市長がもしも女性だったら

NEWSポストセブン / 2013年05月18日16時00分

従軍慰安婦問題、駐留米軍に風俗活用など橋下徹・大阪市長の発言が大きな問題になっている。避難が集中する一方、擁護する政治家もいる。大人力コラムニスト石原壮一郎氏が「大人の恥」を考える。 * * * どうかしちゃったのか、もともとそういう人だったのか、日本維新の会共同代表&大阪市長の橋下徹氏の暴走が止まりません。5月13日の記者団とのやり取りの中で、旧日本軍の [全文を読む]

石原慎太郎、「夢は小さく副総理」老醜怪気炎(1)政局に影響しない「黄門様」

アサ芸プラス / 2013年04月11日09時57分

国家の発言力をバックアップするのは軍事力であり経済力だ。(中略)核武装を議論することもこれからの選択肢だ〉 実にマッチョな信条であり、石原氏らしい発言である。しかし、「軽い脳梗塞」から復帰して以後、その発言は語気ばかりが強まっている。 3月30日の党大会で橋下徹共同代表(43)とネット対談した際には、「米国の妾みたいな形で日本を安住させた憲法をぶっ壊す」 [全文を読む]

石原慎太郎「差別ツイート」に非難続々で、「健康不安」が再燃!?

アサ芸プラス / 2017年08月10日17時59分

以前から過激な言動で知られていた石原氏だが、乙武洋匡氏が「『太陽の季節』が泣いてるよ」と石原氏への皮肉めいた言葉をつぶやくなど、差別的発言に批判の声が寄せられている。 ネットを騒然とさせた石原氏のツイートだが、さらに問題化する可能性を指摘する声も──。「いかにも石原さんらしい発言ですが、昔のように言いっ放しではすまないかもしれません」と語るのはフリー記者 [全文を読む]

小池百合子 オキテ破りの基準値変更で安全宣言!(1)弁護士を帯同させた理由は…

アサ芸プラス / 2017年04月03日05時55分

百条委員会での豊洲市場に関する「石原発言」がきっかけで、小池百合子都知事がもくろむ夏の都議選後の驚愕シナリオが浮かび上がった。「移転の決断」を先延ばしして選挙で自民党を叩き潰し、単独過半数を得たうえで、豊洲の「安全宣言」をするというのだ。「オキテ破りのウルトラC」秘策の全貌とは──。「作家であります」 証人喚問の冒頭で職業を問われ、しゃがれた声でこう答えた [全文を読む]

石原慎太郎が差別発言「(障害者に)人格あるのかね」「(水俣病患者の文書に)IQ低い」

Business Journal / 2017年03月19日17時00分

それに先立ち3日、渦中の石原氏は都内で記者会見を開いたが、決定に至る経緯について「私は裁可せざるを得なかったので裁可した」「副知事の浜渦(武生)氏に一任した」「そんな小さいことに、私も構っていられません」などと責任逃れの発言に終始したことが批判を呼んだ。 石原氏といえば、若くして芥川賞を受賞し、弟は昭和の大スター俳優。時代の寵児とも呼べる勢いで人気を獲得 [全文を読む]

石原元東京都知事の会見に賛否両論!批判や擁護で意見わかれる

しらべぇ / 2017年03月03日20時00分

捺印の記憶もなく、なんらかのサインをするときに、私のハンコを使ったのでは」と発言。瑕疵(かし)担保責任については「この問題の責任は裁可をした私1人だけではなく、行政全体が色々な形、部門部門で責任があると思いますし、それを検証することがこの問題の本質というものを明かしていくいちばん大事な術ではないかと思っています」とした。■速やかな豊洲移転を求める石原慎太郎 [全文を読む]

トランプ氏、石原慎太郎氏、小池百合子氏の似た点とは

NEWSポストセブン / 2017年02月28日11時00分

「過激な発言や芝居がかった態度で注目を浴びたがるのは、演技性人格障害の特徴でもあります。注目を集めるためにその場のノリで過激なことを言うので、発言がコロコロ変わります」 日本の核武装を事実上容認した過去の自身の発言を、今では「言ってない」と否定するなど、トランプ氏には、こうした朝令暮改が“あるある”だ。『ゴールデングローブ賞』の授賞式で、女優のメリル・スト [全文を読む]

石原慎太郎もタジタジ 50年にわたる小池百合子との因縁

NEWSポストセブン / 2016年09月30日07時00分

都知事選中には「厚化粧」発言で応酬を繰り広げた2人がいよいよ“直接対決”。実はこの2人には、約50年の長きにわたる因縁があった──。 小池氏は1952年、兵庫県芦屋市生まれ。1971年にエジプトのカイロ大学に留学するまでは関西で暮らし、最初の衆議選では地元の兵庫2区から出馬している。 今は東京のリーダーなので大手を振って言えないだろうが、小池氏は熱烈な阪神 [全文を読む]

フォーカス