家臣 石田三成に関するニュース

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

江戸の商人がさる人からの依頼で、天下分け目の合戦で敵の東軍武将家臣、三成の側近、若き日の三成を知る尼など、それぞれの立場で三成と因縁のあった生き残りの関係者に、・20万石の石田三成がなぜ西軍の大将たりえたのか?・三成の関ヶ原には勝算はあったのか?・天下の道理は三成と家康のいずれにあったのか?を尋ね歩きがら、関ヶ原開戦の裏事情と語ることのなかった敗軍の将・石 [全文を読む]

真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日11時16分

家臣は一兵卒に至るまで、三成に心酔していたかのように描かれていますが、西軍をまとめきれなかったこと、多くの豊臣恩顧の諸将を東軍に走らせてしまったのは、つまるところ「人望の無さ」です。 非常に優れた能力の持ち主だったんだろうと思います。そしてたぐいまれな正義感の持ち主。ただ、それだけでは天下は握れない。政治はできない。 後の江戸時代、寛政の改革を押し進めた松 [全文を読む]

真田丸『第14話』解説。北条家はいつから秀吉の「敵」になったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日13時00分

三十郎はいい家臣だなぁ…。 #真田丸 #丸絵 pic.twitter.com/CO3EjLRe0P — 高枝景水@若旅コミック乱連載中 (@namazudou) 2016年4月10日 真田丸は信繁と景勝に絞って見ると、守りたかったものを守って死んだ男と、守りたかったものを守れずに生き残った男の話なのか。いや、前者はこの先三成にも当てはまる描写があるかも知れ [全文を読む]

『関ヶ原』の岡田准一は、役の生き様をどこまでも気高く美しくする

マイナビニュース / 2017年09月09日11時00分

石田三成に関しては、彼の才気が秀吉に気に入られて家臣となり、順調に出世していくが、頭でっかちで実戦には弱い面があったとも言われる。去年、人気だった大河ドラマ『真田丸』(三谷幸喜脚本)では、山本耕史が演じた三成が生真面目すぎて、豊臣軍のなかで孤立しがちなキャラで、そこがまた愛されていた。岡田准一の三成は、自分を引き立ててくれた秀吉に、最後まで尽す義理堅い人間 [全文を読む]

直虎だけではない「おんな城主」白馬に跨る美女・甲斐姫など

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

「文献では絶世の美女だったとされ、秀吉に側室として召しあげられた女性です」(小和田氏) 北条氏政の家臣だった父・成田氏長は男児に恵まれなかったため、甲斐姫に兵法・武術を仕込んだ。背も高く、大人びていたため、家臣らは「男子なら一代の栄華を極める成田家の家宝となったものを……」と囁き合ったとされる。 天正18年(1590年)、秀吉の関東攻略への対処で、父・氏 [全文を読む]

「憎しみは時空のへだたりが育てるもの」争う徳川と豊臣、両方の血を引く姫の数奇な一生を描く感動歴史超大作!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

しかし、暫くして彼女は家康によって家臣の本多正純に「下賜」される。そして、正純の妻となるのだ。 これだけ書くと、梅を運命に翻弄された「悲劇」の女性だと思うだろう。政治の道具であり、男に蹂躙される悲しき姫だと。しかし、本作は踏みにじられる女性の一生を描いているわけではない。反対である。父親が死んだ遠因となった男の側妾になり、その家臣の妻になっても、彼女は決 [全文を読む]

「真田丸」“刑部の介錯人”は愛之助の愛弟子!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日11時00分

その中で、切腹する吉継に命じられて介錯(かいしゃく)を務め、その首をはねる家臣・湯浅五助を演じる片岡愛一郎を直撃。愛之助の弟子として常に行動を共にする彼は、愛之助がドラマ「半沢直樹」(’13年、TBS系)でオネエ口調の国税庁検査官・黒崎駿一を演じた際、役作りの参考にしたという人物。そんな愛一郎に、大河初出演の感想と、“若旦那”と呼んで慕う愛之助の介錯人とい [全文を読む]

【100円均一セール】Google Playブックス配信開始記念第3弾『黒田官兵衛 新装版』ほか戦国武将歴史小説10タイトル、セール開始!

PR TIMES / 2014年09月25日12時11分

関ヶ原合戦時には自ら九州を席捲する大勝負に出て、家康に与した息子・長政は関ヶ原一番の功労者として五十二万石を得るなど、天下人の心理を熟知した謀将ながら、家臣に慕われた名軍師の生涯。『石田三成』豊臣秀吉の死後、天下の野心を再燃させ、豊臣政権内の武断派を通じて着々と力を蓄える徳川家康に対し、その野望を阻止すべく短期間に日本の半分の大名を掌握した石田三成の手腕。 [全文を読む]

岡田准一主演『関ヶ原』、見つめ合う“石田三成”&“初芽”も描く新予告編解禁

クランクイン! 映画・セレブゴシップ / 2017年08月07日17時40分

今回、解禁された最新予告編は、三成が秀吉の家臣になったきっかけといわれるお茶でのおもてなしシーンからスタート。“佐吉”の愛称で呼ばれた三成のセリフ「義を貫く者に心惹かれます」からは、正義を信じ、愛を貫くその人柄が垣間見える。 しかし、義を重んじるがあまり家康のしたたかさが気に入らない三成と、その姿勢を快く思わない家康は次第に敵対関係に。さまざまな人物を巻 [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

多くの家臣を抱え、修羅場をくぐり抜けてきた家康が、方広寺の鐘銘ごときに言いがかりをつけて開戦にまで持ち込もうとしたのはあまりに不自然です。しかし、そこには年老いた家康の、切ない「親心」が隠されていました。 今回のワンポイント解説(10月16日) 方広寺の鐘銘に言いがかりをつけて、豊臣家との開戦に持ちこもうとする家康のやり方は、かなり強引な印象がある。慶長1 [全文を読む]

『真田丸』哀川翔が演じる後藤基次の生き様、信繁も篤く慕った「豊臣方のアニキ」

AOLニュース / 2016年08月30日12時00分

後藤家は、播磨・別所氏および小寺氏(後に黒田官兵衛・長政親子を輩出した黒田家の祖)の家臣として知られるが、1578年、織田家内で起きた内紛の最中、荒木村重が黒田孝高を監禁する事件が起きると、主家である黒田家の家臣一同が記した署名を基次の親族が拒否したことで騒動となり、一族の面々と共に追放された。その後、基次が台頭するのは、秀吉による九州討伐の局面だ。この頃 [全文を読む]

ネタバレ注意!歯は抜け落ち、白髪だらけ…NHK大河ドラマ『真田丸』の今後の展開は?

tocana / 2016年02月11日19時00分

25歳、結婚(豊臣家臣の大谷吉継の娘)。32歳、豊臣家に仕える(秀吉死去)。34歳、父(昌幸)とともに石田三成に従い、徳川家康と対戦。軍勢3万8000人の徳川秀忠を上田城にて軍勢2500人で迎え撃ち、勝利する。しかし、昌幸、信繁親子が加担した石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたため、敗軍の将となったふたりは人里離れた九度山に流刑…。35歳、長男、大助誕生。(諸説 [全文を読む]

10/21は関ヶ原の戦いの日!家康、秀吉…名前でみる戦国武将の本性と女性関係【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2015年10月21日19時00分

ですが終生、家康の周りには優秀な家臣がいました。当時の主君と家臣の関係は、明確な上下関係ではなく、もっとゆるやかなものだったようです。≪恋愛事情≫ [全文を読む]

杏 目指すべき女性像に「家族を守って生き抜いた人」

WEB女性自身 / 2015年01月29日20時00分

「共感できる戦国時代の女性」について聞かれた杏は、石田三成の家臣だった山田去暦(きょれき)の娘・おあむ(おあん)の名前を挙げ、「彼女は戦場などに足を運んで生死を身近で感じ、積極的に表舞台で活躍したとても活発な人。過酷な状況のなかで家族を守って生き抜いた姿は、今の目指すべき女性像に通じる」と語った。私生活では今年1月に東出昌大(26)との結婚を発表したばかり [全文を読む]

黒田官兵衛と竹中半兵衛 友情の絆示す逸話を松平定知氏紹介

NEWSポストセブン / 2014年04月17日07時00分

龍興に弟を人質にとられていた半兵衛は、弟の病気見舞いと称し、変装させた家臣を引き連れて堂々と稲葉山城に登城、夜間に城の内部から蜂起して城を乗っ取りました。 この二人の間には友情の絆を想起させるこんなエピソードがあります。官兵衛の子・長政は、幼少時に官兵衛が織田派に乗り換えた際に人質として信長に差し出されました。その後、信長の家臣の一人が反旗を翻したとき、官 [全文を読む]

鈴木拡樹主演舞台「煉獄に笑う」大千秋楽はTV生中継!「最後まで突っ走っていきたい」

CinemaCafe.net / 2017年09月04日10時00分

織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏鬼灯の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・曇芭恋と阿国を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地丹波との一戦を向かえる…。 石田佐吉役を演じる鈴木さんのほか、崎山つばさ(曇芭恋役)、前島亜美(曇阿国役)、中村誠治郎(島左近役)、浅田舞(芦屋弓月役)ら [全文を読む]

中越典子、出産後初の公の場に「清々しいです!」

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年08月21日14時54分

中越は三成の家臣・島左近(平)の妻・花野にふんしている。 この日は作品にちなんで人生における決戦の日を川柳で表現することに。中越は「秋の空 我が子と共に いざ合戦」と発表し、「去年の今頃の撮影中は、まだ安定期に入っていなくて不安な中で、わたしたちも関ヶ原という戦場で戦っていました」と当時を回顧。つらい時は「こっそり地面で寝ていました」と苦労があったことを打 [全文を読む]

鈴木拡樹「汗でTシャツの消費量がハンパない!」 舞台「煉獄に笑う」中間報告会&稽古場レポート

ザテレビジョン / 2017年08月17日14時00分

大蛇に関わりがあるとされる曇神社八代目当主・芭恋と阿国の双子を演じる崎山と前島、また、佐吉が仕える織田家家臣・羽柴秀吉役の村田も到着。8月24日(木)の初日に向け後半に差し掛かった稽古。鈴木は「今は殺陣を中心にストーリーも進めているところですが、僕がこの作品で楽しみにしていた曇の双子に出会うシーンは、舞台版でもすごくいいシーンになっているんじゃないかな」と [全文を読む]

舞台「煉獄に笑う」ライブ・ビューイング開催決定!!

PR TIMES / 2017年08月08日13時00分

織田家家臣・羽柴秀吉の命を受け、大蛇に繋がる髑髏(どくろ)鬼灯(ほおずき)の謎に挑む小姓・石田佐吉(後の石田三成)。大蛇に関わりがあるとされる曇(くもう)神社八代目当主・曇(くもう)芭恋(ばれん)と阿国(おくに)を巻き込んで、織田家の対抗勢力、伊賀・百地家当主・百地(ももち)丹波(たんば)との一戦を向かえる-【CAST】鈴木拡樹/崎山つばさ/前島亜美小野健 [全文を読む]

主演の岡田准一が登場しない!?映画「関ヶ原」のウェブ映像が謎すぎる「理由」

アサ芸プラス / 2017年07月28日17時58分

家臣役の東出昌大や有村架純らがクローズアップされているのとは大違いです。この映像を観た人はおそらく、役所広司が主演の時代劇映画だと思い込むんじゃないでしょうか」 最近のジャニーズ系映画では、木村拓哉の「無限の住人」や嵐・大野智の「忍びの国」で予告映像を公開し、いずれも主役の木村や大野を大きく取り上げていた。それがここにきて方針を転換したのだろうか?「この『 [全文を読む]

フォーカス