家臣 石田三成に関するニュース

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

江戸の商人がさる人からの依頼で、天下分け目の合戦で敵の東軍武将家臣、三成の側近、若き日の三成を知る尼など、それぞれの立場で三成と因縁のあった生き残りの関係者に、・20万石の石田三成がなぜ西軍の大将たりえたのか?・三成の関ヶ原には勝算はあったのか?・天下の道理は三成と家康のいずれにあったのか?を尋ね歩きがら、関ヶ原開戦の裏事情と語ることのなかった敗軍の将・石 [全文を読む]

真田丸でもああだったけど…なぜ石田三成は家康に勝てなかった?

まぐまぐニュース! / 2017年02月24日11時16分

家臣は一兵卒に至るまで、三成に心酔していたかのように描かれていますが、西軍をまとめきれなかったこと、多くの豊臣恩顧の諸将を東軍に走らせてしまったのは、つまるところ「人望の無さ」です。 非常に優れた能力の持ち主だったんだろうと思います。そしてたぐいまれな正義感の持ち主。ただ、それだけでは天下は握れない。政治はできない。 後の江戸時代、寛政の改革を押し進めた松 [全文を読む]

V6岡田准一主演映画に松山ケンイチ&壇蜜が参戦 全キャスト解禁<本人コメント>

モデルプレス / 2017年03月06日10時00分

■『関ヶ原』全キャスト <西軍> 石田三成:岡田准一 ★石田家家臣 初芽:有村架純 島左近:平岳大 島信勝:山村憲之介 八十島助左衛門:堀部圭亮 花野:中越典子 小早川秀秋:東出昌大 大谷刑部:大場泰正 宇喜多秀家:生島翔 増田長盛:中村育二 安国寺恵瓊:春海四方 島津維新入道:麿赤児 島津豊久:三浦誠己 上杉景勝:辻本晃良 ほか <東軍> 徳川家康:役 [全文を読む]

真田丸『第14話』解説。北条家はいつから秀吉の「敵」になったのか?

まぐまぐニュース! / 2016年04月10日13時00分

三十郎はいい家臣だなぁ…。 #真田丸 #丸絵 pic.twitter.com/CO3EjLRe0P — 高枝景水@若旅コミック乱連載中 (@namazudou) 2016年4月10日 真田丸は信繁と景勝に絞って見ると、守りたかったものを守って死んだ男と、守りたかったものを守れずに生き残った男の話なのか。いや、前者はこの先三成にも当てはまる描写があるかも知れ [全文を読む]

直虎だけではない「おんな城主」白馬に跨る美女・甲斐姫など

NEWSポストセブン / 2017年01月23日16時00分

「文献では絶世の美女だったとされ、秀吉に側室として召しあげられた女性です」(小和田氏) 北条氏政の家臣だった父・成田氏長は男児に恵まれなかったため、甲斐姫に兵法・武術を仕込んだ。背も高く、大人びていたため、家臣らは「男子なら一代の栄華を極める成田家の家宝となったものを……」と囁き合ったとされる。 天正18年(1590年)、秀吉の関東攻略への対処で、父・氏 [全文を読む]

「憎しみは時空のへだたりが育てるもの」争う徳川と豊臣、両方の血を引く姫の数奇な一生を描く感動歴史超大作!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月01日06時30分

しかし、暫くして彼女は家康によって家臣の本多正純に「下賜」される。そして、正純の妻となるのだ。 これだけ書くと、梅を運命に翻弄された「悲劇」の女性だと思うだろう。政治の道具であり、男に蹂躙される悲しき姫だと。しかし、本作は踏みにじられる女性の一生を描いているわけではない。反対である。父親が死んだ遠因となった男の側妾になり、その家臣の妻になっても、彼女は決 [全文を読む]

「真田丸」“刑部の介錯人”は愛之助の愛弟子!

Smartザテレビジョン / 2016年09月17日11時00分

その中で、切腹する吉継に命じられて介錯(かいしゃく)を務め、その首をはねる家臣・湯浅五助を演じる片岡愛一郎を直撃。愛之助の弟子として常に行動を共にする彼は、愛之助がドラマ「半沢直樹」(’13年、TBS系)でオネエ口調の国税庁検査官・黒崎駿一を演じた際、役作りの参考にしたという人物。そんな愛一郎に、大河初出演の感想と、“若旦那”と呼んで慕う愛之助の介錯人とい [全文を読む]

【100円均一セール】Google Playブックス配信開始記念第3弾『黒田官兵衛 新装版』ほか戦国武将歴史小説10タイトル、セール開始!

PR TIMES / 2014年09月25日12時11分

関ヶ原合戦時には自ら九州を席捲する大勝負に出て、家康に与した息子・長政は関ヶ原一番の功労者として五十二万石を得るなど、天下人の心理を熟知した謀将ながら、家臣に慕われた名軍師の生涯。『石田三成』豊臣秀吉の死後、天下の野心を再燃させ、豊臣政権内の武断派を通じて着々と力を蓄える徳川家康に対し、その野望を阻止すべく短期間に日本の半分の大名を掌握した石田三成の手腕。 [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

多くの家臣を抱え、修羅場をくぐり抜けてきた家康が、方広寺の鐘銘ごときに言いがかりをつけて開戦にまで持ち込もうとしたのはあまりに不自然です。しかし、そこには年老いた家康の、切ない「親心」が隠されていました。 今回のワンポイント解説(10月16日) 方広寺の鐘銘に言いがかりをつけて、豊臣家との開戦に持ちこもうとする家康のやり方は、かなり強引な印象がある。慶長1 [全文を読む]

『真田丸』哀川翔が演じる後藤基次の生き様、信繁も篤く慕った「豊臣方のアニキ」

AOLニュース / 2016年08月30日12時00分

後藤家は、播磨・別所氏および小寺氏(後に黒田官兵衛・長政親子を輩出した黒田家の祖)の家臣として知られるが、1578年、織田家内で起きた内紛の最中、荒木村重が黒田孝高を監禁する事件が起きると、主家である黒田家の家臣一同が記した署名を基次の親族が拒否したことで騒動となり、一族の面々と共に追放された。その後、基次が台頭するのは、秀吉による九州討伐の局面だ。この頃 [全文を読む]

フォーカス