現在 石野真子に関するニュース

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

そして、五度目が現在の奥さま、青田典子さんです。どの方にも真剣でまっすぐな愛情をそそいでいるイメージがあります。 歌手という職業に就かれる方というのはやはり情熱的なのでしょうか?実は、歌手の吉田拓郎さんと女優の浅田美代子さんも1977年から1984年まで結婚していました。 吉田さんは1972年、人気絶頂期に歌手の四角佳子さんと結婚。婚姻中に当時人気女優だっ [全文を読む]

今年50歳を迎えた田島貴男が明かす『接吻』誕生の秘密 「ラブソングを通らずに何が表現だ!」

週プレNEWS / 2016年12月01日11時00分

そこでエネルギー満ち溢れる同級生である彼を直撃! 50年を振り返ってもらいつつ、ミュージシャンとしての現在の心境まで語ってもらった。 ―今年は創刊50周年なんですが、同じ1966年生まれということで、田島さんは週プレをご覧になったことあります? 田島 見てたね。アグネスラムとか週プレで見たのを覚えてるし。 ―好きなアイドルなんかいたんですか? 田島 中学の [全文を読む]

タモリとサザンも参加!初期の「24時間テレビ」はこんな内容だった

しらべぇ / 2015年08月22日06時00分

■22:00「ギャグマシーン タモリ博士の宇宙的な愛情」現在はドラマ枠となっているこの時間だが、第1回放送では、タモリ、小松政夫、団しん也、ピンク・レディー、石野真子らが出演し、人類の将来を風刺的に描いた爆笑パロディーショーを放送。「笑っているうちに弱肉強食の現代を振り返って考えさられるという内容」だったという。ちなみに、タモリの伝説的番組「今夜は最高!」 [全文を読む]

第7回WOWOWシナリオ大賞応募総数544編

PR TIMES / 2013年10月23日12時59分

なお、WOWOWメンバーズオンデマンドで現在配信中です。 ドラマW「Go Ape ゴー・エイプ」について 脚本:杉山嘉一(『HIRAKATA』『南の島のフリムン』) 監督:大野伸介(『シャカリキ!』) 出演:岸谷五朗、城田優、杉本哲太、金子賢、モロ師岡、波岡一喜、徳井優、鈴木蘭々、 李麗仙、名高達男ほか 放送日:2009年3月28日(土) 【「Go Ape [全文を読む]

整形してから芸能活動!? 付け八重歯アイドルTYB48が発足!!

メンズサイゾー / 2012年01月14日10時00分

という人はかなりの数にのぼると思うが、そんな中で現在メンバー募集中なのが『TYB48』だ。 こちらはAKBプロジェクトの一環ではなく、メンバーを募集しているのは六本木にある審美歯科「デンタルビューティーサロン PureCure」。その院長である増岡太郎氏(歯科医師)がプロデュースを担当する。 TYBの意味するところは「T」suke 「Y」ae 「B」a=「 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】有吉弘行、久本雅美の「小泉今日子」発言でお詫び “母親役が似合う女優”ランキングに苦戦

TechinsightJapan / 2017年05月12日19時02分

』、菅野美穂は『べっぴんさん』と現在放送されているドラマに出演している女優も多く、やはりイメージが強いのだろう。ランクインはならなかったが『スーパーサラリーマン左江内氏』で母親役を演じた小泉今日子も11位だったので久本もホッとしたのではないか。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉) [全文を読む]

『ボク運』石野真子、安定の母親役 関係者が明かす魅力「自然体で表現」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年05月05日06時50分

現在放送中の『ボク、運命の人です。』でも母親を演じている石野の魅力を関係者に聞いた。 亀梨和也と山下智久の共演が話題の『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系/毎週土曜22時放送)では、ヒロイン・木村文乃の母親・湖月善江役を演じている石野。ドラマは、幼いころから何度も何度も奇跡のようなすれ違いを重ねてきた誠(亀梨)と晴子(木村)が自称・神(山下)の助言に従い [全文を読む]

長渕剛との結婚は忘却?石野真子の「ナチュラルな老化」に50代男性が虜に!

アサジョ / 2017年03月15日10時15分

石野はデビュー当時から“素人っぽいかわいさ”が魅力でしたが、56歳になる現在もブレずにその雰囲気を残しています。コンスタントにテレビドラマでヒロインの母親役を演じていても“女優風”を吹かせることなく腰が低いので、スタッフからのウケもいいようです」(テレビ誌ライター) さらにこんな声も。「石野はナチュラルに老化していることが同世代男性から支持されているようで [全文を読む]

実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由

週プレNEWS / 2016年11月15日06時00分

そんな彼が、アイドルを追っかけていた少年時代から、『ギルガメッシュないと』(以下、『ギルガメ』)でブレイクし、現在は“清純派アイドル”乃木坂46らの番組司会を務めるようになった道程をつづったのが『イジリー岡田のニッポンのアイドル』だ。 そこに記された様々なエピソードをもとに、テレビでは見られない本当の彼――「岡田昇(のぼる)」に迫った。 ―今日は、イジリ [全文を読む]

長渕剛の消せない“過去” 度重なる女優との不倫、大麻所持で逮捕、暴行疑惑で訴訟

Business Journal / 2015年03月10日23時00分

暴行や暴言を繰り返されたと訴える原告はうつ病を患い、現在も通院しているというが、長渕側は暴行について完全否定している。 そんな長渕とモデル冨永愛の不倫疑惑について先週、「週刊文春」(文藝春秋)や「日刊ゲンダイ(ウェブ版)」(日刊ゲンダイ)など複数のメディアが報じた。長渕と冨永の関係について、芸能界関係者が語る。 「長渕と冨永の親密すぎる関係は、昨年から秘か [全文を読む]

フォーカス