結婚 石野真子に関するニュース

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

1975年に共演したことから意気投合し、1978年に結婚。しかし、すでに中尾さんは1970年に女優の茅島成美さんと結婚しており、既に子どももいる状態でした。 茅島さんの若い頃は、肉感的でセクシー、その後は金八先生シリーズの国井先生なども演じられました。近年は『大好き!五つ子』のおばあちゃんなど、ふんわりした典型的なおばあちゃま役を演じることが多いようです。 [全文を読む]

西内まりや主演“月9”の追加キャストに沢村一樹ら

Smartザテレビジョン / 2016年12月28日16時28分

'17年1月23日(月)よりスタートする、“月9”ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)の追加キャストが一挙に発表され、山崎育三郎、中村アン、岸井ゆきの、森田甘路、葉山奨之、山賀琴子、鍵本輝(Lead)、加藤諒、古舘寛治、石野真子、杉本哲太、沢村一樹の出演が決定した。 本作は、“専業主婦になりたい女”あすか(西内)と、“絶対に結婚したくない男 [全文を読む]

ダイアモンドユカイ他、意外に多い“元夫婦”の芸能人男女

日刊大衆 / 2016年12月29日16時00分

テレビのワイドショー番組や週刊誌、さらにはネットなどで連日大きく取り上げられるのが、芸能人同士の結婚や離婚のニュース。しかし人の噂も七十五日。そんな熱い報道もやがて風化し、今ではあの芸能人同士が結婚していたと言われても、いまいちピンとこない元夫婦も存在する。 モデルを経て俳優に転身、ドラマ『星の金貨』(日本テレビ系)でブレイクし、2009年には高視聴率を記 [全文を読む]

ほのぼの癒しドラマにおける亀梨和也の魅力/『ボク、運命の人です。』第八話レビュー

messy / 2017年06月05日22時30分

ところが第八話、誠は晴子パパに激怒されます!【第一話】“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン【第二話】亀梨和也の可愛さが全開!ほのぼのユルい土ドラ【第三話】男性不信と結婚願望の狭間。憂い顔のヒロイン・木村文乃【第四話】愛の押し売り・好き好きアピールがなぜ相手の心に響かないか【第五話】亀の歩みでついにキスハグ到達!恋が膨らむ瞬間 [全文を読む]

実は下ネタ嫌いだったイジリー岡田。超オクテまじめ人間が“ベロ”を1秒間に9往復させる理由

週プレNEWS / 2016年11月15日06時00分

今年9月に結婚されましたが、今後は家庭人としての一面も見せていこうという考えはありますか? 岡田 家庭人? いや、正直、考えたことがないです。結婚しても高速ベロはやるし、アイドルの使ったストローを舐(な)めろと言われたら舐める。僕は世界でもまれな“ベロでメシを食ってる芸人”ですから、奥さんもベロで食べさせていきますよ(笑)。 僕が一番、言われたくないのは「 [全文を読む]

共感呼ばないヒロイン 固定観念でつくられたラブコメにうんざり 〈ボク、運命の人です 第1回~第10回〉(日本テレビ)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月03日12時00分

近所の娘が晴子より年下なのにもう結婚するらしいといって、焦りまくる晴子の両親(杉本哲太、石野真子)の描き方も、この忙しいのにハラハラと娘を心配していて、リアリティなし。今の中年はそれぞれがやりたいことをやっていて、年を取ったOLの娘の結婚話なんかに神経が回らないって。ラブコメというと作り手の中にはある種の固定観念があるらしい。もういい加減で違うものを見た [全文を読む]

亀梨和也をストーカー扱いする“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン/『ボク、運命の人です。』第一話レビュー

messy / 2017年04月18日00時30分

今年中に誠と晴子が結婚して、来年子どもが誕生しなければ、地球が大変なことになるのだ……と謎の男は宣います。誠と晴子の子どもは30年後、地球に接近する隕石の軌道をズラして地球を救う存在になる、という超セカイ系展開! いくら騙されやすい性格の誠でも、さすがにそんな話を信じる気にはなれず、バカにしてんのかとブチ切れるのですが、山Pじゃなかった謎の男、というか神は [全文を読む]

西内まりや 月9打ち上げで号泣…会場どよめかせた非婚の誓い

WEB女性自身 / 2017年03月31日17時00分

実はそれに負けて一回断っちゃったんです」 月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)で主演を務めた西内まりや(23)。3月20日、都内で打ち上げが行われ、西内は冒頭のように 初の月9出演 を振り返った。 「でもその後一人で考えて、『やっぱりやるべきだ!』と思い直しました。プロデューサーさんに会いに行って『覚悟を決めてやります』と伝えました」直 [全文を読む]

長渕剛との結婚は忘却?石野真子の「ナチュラルな老化」に50代男性が虜に!

アサジョ / 2017年03月15日10時15分

低視聴率ばかりが話題になる「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)だが、実は50代男性の録画視聴者が多いという。果たしてそれはなぜか。「西内まりやが演じるヒロインの母親役である石野真子を見て喜んでいるようです。石野は『スター誕生!』(日本テレビ系)でのオーディションを勝ち抜いて芸能界入りしましたが、デビュー前からファンがいたことで有名です。決戦大会の [全文を読む]

78年の石野真子と石川ひとみ(2)真子の素直な性格がプラスに作用した

アサ芸プラス / 2013年07月31日09時59分

チータ(水前寺清子)も泉ピン子もそうだったけど、真子ちゃんも芝居に向いていると思ったんだ」 プライベートでは2度の結婚・離婚に実家の焼失、さらに母親と担当マネジャーの再婚など穏やかならざる日々が続いたが、35周年を迎えた今、再びアイドル時代と同じように各地のファンのもとを記念ツアーで訪れている。 そんな真子から2カ月遅れで「右向け右」でデビューしたのが石川 [全文を読む]

「定年女子」南果歩、草刈民代、清水ミチコ、石野真子が勢揃い

NEWSポストセブン / 2017年07月08日16時00分

さらには、結婚した娘(山下リオ)が家に出戻ってきたり、元夫の母親(草笛光子)の介護をせざるを得なくなるなど、七転八倒の人生となる…。 恋アリ涙アリのハートウォーミングドラマというドラマ『定年女子』。草刈、石野、清水はいずれも麻子の友人役として出演。毎週日曜よる10時から10時49分で、全8回。 [全文を読む]

志村けんの暴走が止まらない! 寵愛するモデルとベッタリ、誤爆事件も懲りず、事務所スタッフが困惑中!?

tocana / 2017年06月09日09時00分

志村の盟友である加藤茶が、孫ほどの女性と結婚し遺産狙いだと話題となっていましたが、同じ過ちを犯すのではないかと心配をされているのです」(週刊誌記者談) しかも、今回の誤爆にはこうした周辺女性も絡むのではないかと言われる。 「今回の性器写真、明らかにおかしいのが何の文面もなかったこと。実は、女性に送ろうと思ってメールかLINEをしようとしたところ、誤ってイン [全文を読む]

南果歩主演、悩み多きシングルマザーの物語を放送決定!

Smartザテレビジョン / 2017年05月28日20時16分

だが、結婚したばかりの娘は出産で出戻り、元夫の母はなぜかいまだに懐いてくる。果ては彼女の介護まで降りかかり、仕事を選ぶぜいたくは言っていられない状況に。 そして、なりふり構わずいろいろな仕事をやり七転八倒するうちに、麻子は今自分がこの社会に対してやらなければいけないことに気付いていく。 [全文を読む]

「50代夫婦の激しい性生活」暴露した高橋ひとみ、オファー殺到も「寂しくなるから」と……

日刊サイゾー / 2017年03月30日18時00分

『2泊以上だと、寂しくなるから』というのが理由だそうですよ」(テレビ局関係者) 2013年に、外資系企業に勤める50代男性と結婚した高橋ひとみ。先日もバラエティ番組で夜の激しい性生活について“暴露”するなど、3年たった今もなお幸せの絶頂にいるようだ。 「旦那さんの稼ぎが結構あるようで、仕事は昔に比べると半分くらいまでセーブしています。今は好きな仕事だけチョ [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<78年第29回>「カナダからの手紙」畑中葉子】

アサ芸プラス / 2015年12月07日01時57分

紅白からわずか5カ月後に平尾の門下生と結婚して引退。そのことを平尾に報告すると「しょうがねえな」と言われたという。 その後、波乱の人生を送ってきたが、今も歌への情熱は失っていない。また師である平尾は、昨年の紅白でタクトを振ったあと、危篤状態に陥ったこともあった。「つい先日もお会いしましたが、1日も早く全快していただけたらと思います」 [全文を読む]

長渕剛の消せない“過去” 度重なる女優との不倫、大麻所持で逮捕、暴行疑惑で訴訟

Business Journal / 2015年03月10日23時00分

長渕のほうも妻の志穂美さんに冨永を紹介しており、公認の仲であることは間違いありませんが、さすがに深夜密会を繰り返していては、“師弟以上”の関係を疑われても仕方がないでしょう」 長渕は1981年8月に女優の石野真子と結婚するが、83年に離婚した。その後、87年に志穂美悦子さんと再婚、現在は3児の親である。しかし、91年には連続テレビドラマ『しゃぼん玉』(フジ [全文を読む]

ベールに包まれていた私生活──高倉健さんが最後に愛した女性は、いったい誰だった?

日刊サイゾー / 2014年11月30日09時00分

これまで世間に知れ渡っている健さんの女性関係といえば、1959年2月に映画の共演がきっかけで交際に発展した女優の故・江利チエミさんと結婚。71年9月に離婚すると、以後、女性関係は一切浮上せず、“ゲイ疑惑”までささやかれていた。 「江利さんとの間に子どもを授かったものの、江利さんが重度の妊娠中毒症を発症して中絶を余儀なくされ、子宝には恵まれなかった。そのこ [全文を読む]

【ウラ芸能】石野真子、NHK紅白見えた?!

NewsCafe / 2013年07月09日12時00分

小泉に加えて今、名前が挙がっているのが石野真子(52)です」デスク「たまにドラマにゲスト出演してるのを見る程度だぞ」記者「6月に3年ぶりのアルバム『しあわせのレシピ』をリリースしたんですが、今年はデビュー35周年のコンサートを各地で開くなど歌手活動を活発化させています」デスク「1970年代のアイドルがリバイバルっていうのは早見優(46)、松本伊代(48)、 [全文を読む]

フォーカス