漫画 赤塚不二夫に関するニュース

「赤塚不二夫80年ぴあ」発売に合わせて、《赤塚ワールドの人気キャラクター・ランキング投票》の受付がスタート!!!

PR TIMES / 2015年03月16日11時16分

赤塚不二夫生誕80周年記念・丸ごと一冊赤塚不二夫ムック本 (手ぬぐい+観音ピンナップ付録!)[画像: http://prtimes.jp/i/11710/58/resize/d11710-58-564946-0.jpg ]報道関者各位 御中「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「レッツラゴン」などの名漫画で知られ、「ギャグ [全文を読む]

生誕80年にして、その生き方を振り返るのだ。

@Press / 2016年06月29日10時30分

株式会社CCCメディアハウス(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小林圭太)は、面白い漫画を追求するために常に謙虚だったという不世出の漫画家、赤塚不二夫を、作品や彼の生き方から浮き彫りにした特集、Pen+(ペン・プラス)「いまだから、赤塚不二夫」を2016年6月29日に発売いたします(一部地域は発売日が異なります)。「みんなより一番劣ってると思ってればいい [全文を読む]

赤塚不二夫、漫画も人生も面白い!72年の生涯を追ったドキュメンタリー映画公開

FASHION HEADLINE / 2016年04月27日12時00分

日本中で親しまれている彼の漫画作品にも負けないダイナミックに生き抜いた赤塚不二夫の人生を、アニメーションを軸に関係者インタビュー、秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組などの膨大な素材で再構築。本人の残された肉声と複数の視点によって、赤塚不二夫の知られざる姿が綴られた。監督を務めたのは、15年キネマ旬報第10位を獲得した『ローリング』の冨永昌敬。企画・ [全文を読む]

【聖地グルメ】おそ松さんファンは必見! 赤塚不二夫が愛した食堂「ぺいざん」が聖地すぎる件

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年02月29日06時00分

その原作となっている「おそ松くん」の作者は、言わずと知れたギャグ漫画界の巨匠・赤塚不二夫先生だ。 数々の名作を生み出した 赤塚不二夫先生の代表作といえば「おそ松くん」のほかにも「天才バカボン」「ひみつのアッコちゃん」などが有名である。 赤塚不二夫が通っていたレストラン そんな赤塚不二夫先生が頻繁に通っていたというレストランが西武新宿線の中井駅近くにあるとい [全文を読む]

天才バカボン、おそ松くん…… 『赤塚不二夫80年ぴあ』発売決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年05月06日17時30分

『天才バカボン』『おそ松くん』『ひみつのアッコちゃん』『もーれつア太郎』『レッツラゴン』などの作者であり、”ギャグ漫画の王様”として語り継がれる、不世出の漫画家・赤塚不二夫。同氏の生誕80年の記念本『赤塚不二夫80年ぴあ』(ぴあ)が、2015年5月22日(金)に発売されることが決定した! 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら WEB公募でのファン投票に [全文を読む]

【出版社「(株)ホーム社」プレスリリース】漫画『ひみつのアッコちゃんμ』新連載開始のお知らせ

DreamNews / 2016年10月19日09時00分

<<株式会社ホーム社からのお知らせ>> “世界を魅了した変身少女・アッコちゃんが現代に蘇る!” 巨匠・赤塚不二夫が生みだした変身少女モノの金字塔が とびきりキュートな現代コメディとして生まれ変わります! 『ひみつのアッコちゃんμ』は2016年10月21日(金)より、 ホーム社 女性向け漫画WEBサイト「スピネル」にて、連載開始いたします。 作品は毎月1回、 [全文を読む]

『天才バカボン』のドラマ化も話題! 『おそ松さん』の原作者は、もともと少女漫画家だった!?

マイナビ進学U17 / 2016年04月06日12時02分

実はこれらの原作者は、もともとは少女漫画を描いていたのだとか。作者はどんな人だったのでしょうか?■大人気『おそ松くん』の生みの親・赤塚不二夫のルーツは少女漫画だった!?漫画の『おそ松くん』を約27年ぶりにテレビアニメ化、主役の六つ子が成長して大人になった姿を描いた『おそ松さん』が大人気です。『おそ松くん』を知っている世代はもちろん、若い漫画ファンやアニメフ [全文を読む]

「こち亀」は公務員という絶対安全地帯で悪さをする「子供大人」の物語。漫画家・山田玲司が「こち亀」を語る

ニコニコニュース / 2016年09月22日17時32分

漫画家の山田玲司が話題のニュースを斬る「山田玲司のニコ論壇時評」、9月14日に第一回の放送を行いました。話題は最終回を迎える直前の「こち亀」(9月17日発売の少年ジャンプに最終回が掲載)に。こち亀、そして両津勘吉とはいったい何だったのか...すべての写真付きでニュースを読む■時代はおっさんが来ている?乙君: 終了間近の「こち亀」最終回どうなる?待ってました [全文を読む]

「こりゃあ見に行くしかないな!」石ノ森章太郎の素顔に迫る展示会開催決定にファン歓喜!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月14日18時00分

【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! 石ノ森章太郎と言えば漫画界の巨匠の一人だが、そんな彼にも売れない日々があった。寺田ヒロオ、藤子不二雄、鈴木伸一、森安なおや、赤塚不二夫など、漫画家を目指す若き同志とともにトキワ荘に住み、切磋琢磨して漫画を描き続ける日々。高校生で描いた『二級天使』で [全文を読む]

プロダクション・システムと日本型モノづくり 漫画アニメ立国論 その6

Japan In-depth / 2016年04月05日07時00分

しかし、アシスタントたちの手によって『新クレヨンしんちゃん』の 連載が再開されていることも、漫画好きな方々はご存じであろう。 『ナニワ金融道』(青木雄二・著 講談社)にも後日談があって、作者が世を去った後、アシスタントたちが「青木プロ作品」という形で新作を発表するなどした。 このプロダクション・システム、私は古い人間なので「アシスタント制度」と呼びたい方 [全文を読む]

フォーカス