結婚 浅野温子に関するニュース

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

■脚本家と主人公の黄金タッグ ちなみに、昔から「名作の陰に脚本家と主演俳優の黄金タッグあり」――なんていわれていて、古くは、『あすなろ白書』や『ロングバケーション』(いずれもフジテレビ系)の脚本・北川悦吏子&木村拓哉のタッグをはじめ、『アットホーム・ダッド』や『結婚できない男』(いずれもフジテレビ系)の脚本・尾崎将也&阿部寛のタッグ、『火の魚』や『カーネー [全文を読む]

真野恵里菜「仕事を超える出会いってあるのかな」 ある事情であきらめた職業とは?

エンタメOVO / 2017年03月30日16時28分

周りでも仕事を取るか、結婚を取るのか、両立させるためにはどうすればいいかと考えている人がいる。そういう人たちに何かヒントになる作品になれば」とアピールした。 これに関連し「もし、結婚と仕事の二択ならどっちを選ぶ?」と尋ねられた真野は「結婚願望はなくはないけど、もし自分がそういう事態に直面したらどうする?と言われたら、正直分からない。どんな方と結婚するかにも [全文を読む]

浅野温子“本当にラストなのかなって思った” あぶ刑事リレーインタビュー#4

Entame Plex / 2016年01月29日20時40分

でも、だからこそ私は前々から結婚させてあげたかった。あそこまで執着していたし、誰か相手を見つけてやれよって思ってて(笑)」――ですよね(笑)。タカやユージと結婚というのはありえないかもしれないけど、例えば透はありなんじゃないかなとか思ってました。「そうよね! 透はありよね(笑)。脚本家に言ってみる!」――浅野さん的に、もし「あぶない刑事」のキャラクターと結 [全文を読む]

あの新婚女優が話題作で“眼帯ファック”を披露!

メンズサイゾー / 2013年01月09日16時45分

6月に3歳年上のヘアメークアーティストと結婚すると発表された優木まおみや、北島康介との婚約が報じられたgirl next doorの千紗、さらに松浦亜弥とw-inds.の橘慶太が結婚間近といわれるなど、年末年始にかけて結婚話が浮上した芸能界。そんななか、女優の荻野目慶子も昨年の12月31日に2歳年上の一般男性と結婚していたことが発表された。 「荻野目といえ [全文を読む]

山本×堀北で再発見! しつこい口説きが実ったドラマの名作

週プレNEWS / 2015年09月14日06時00分

堀北真希との“交際0日結婚”に成功した山本耕史。 彼が明かした「40通のラブレター」や「同じ新幹線に乗り込む」などの“しつこいアプローチ”も反響を呼んだが、わざとらしい違和感を感じた人も少なくない? しかし、ドラマや映画の世界ではこのような“しつこく口説いた末、恋が実る”名作、ヒット作がかなり多い! メディア論に詳しい上智大学の碓井(うすい)広義教授はこう [全文を読む]

語っていいとも! 第9回ゲスト・高橋ひとみ「『ふぞろい学校』って言われて。未だにあの作品を超えるものがないねって」

週プレNEWS / 2015年08月16日12時00分

高橋 そう、それで結婚したばかりの時にも旅番組でご一緒してるんですね、蛭子さんと。「なんであんな男と結婚したのー?」とか「ひとみさんの格が下がっちゃうよねー」って、ずっとあの口調でもうボロッくそなんですよ(笑)。それ言われて、もうちょっと考えて結婚すればよかったのかしらとかね、すごい悩んじゃって。 ―え、なんで好きになった人を悪く言うの?じゃなく…。 高 [全文を読む]

【TBSオンデマンド】金曜ドラマ「なるようになるさ。」見逃し配信スタート!!

PR TIMES / 2013年07月12日16時34分

3人の息子が結婚・独立したことをきっかけに、妻・綾(浅野温子)から「自宅レストラン」をやってみたいと告白される。大悟は綾の考えを改めさせたいと、料亭「にしき」を切り盛りしている綾の姉・邦(泉ピン子)に相談するが、綾の勢いは止まらない。根負けした大悟は、綾をサポートする決意をするのだが・・・。【脚本】橋田壽賀子《TBSオンデマンドとは》「TBSオンデマンド」 [全文を読む]

真野恵里菜、かつての夢は“トリマー”もまさかの理由で挫折

映画.com / 2017年03月30日15時30分

さらに「私も26歳になりますし、周りにも結婚と仕事の両立を考えている子がいます。そうした人たちに、何かヒントになる作品になっていればいいなと思います」とメッセージを寄せる。「結婚と仕事、どちらを選ぶ?」と問われると、「結婚願望なくはないですが、自分が直面したらどうするかわからないですね。今は仕事が一番なので、それを超える出会いがあるのか、夢見ているところ [全文を読む]

真野恵里菜、“仕事か結婚か”の2択に仕事を選ぶも「それを超えるくらいの出会いが…」

クランクイン! 取材記事・エンタメ / 2017年03月30日15時22分

真野は「私自身26になるので、周りが“仕事をとるか結婚をとるか、それとも両立か”と考えていることもリアルにある。そんな人たちへの何かのヒントになればと思って演じた」と共感を持って等身大を意識。真野自身“仕事か結婚か”の2択には「結婚願望がないわけではないけれど、直面してみないことにはわからない」と首をかしげつつ「でも今は一番仕事が好きなので、それを超える [全文を読む]

夏休み子どもや若者にぜひ観て欲しい!懐かしの“家族ものドラマ”10選!

日本タレント名鑑 / 2015年07月25日09時55分

短い子ども時代を楽しむ家族のストーリー『ぽっかぽか』お見合い結婚ながらも楽しい夫婦。外聞を気にせず、元気で楽しい七瀬なつみさん演じる“はは”麻美と、おおらかな性格の羽場裕一さん演じる“ちち”慶彦、そして娘のあすかの家族三人の物語、昼ドラ『ぽっかぽか』(1994年~1997年)。「母」としての一般常識とはかけ離れつつも、芯のしっかりしている麻美の言動が痛快 [全文を読む]

フォーカス