映画 倉科カナに関するニュース

竹野内豊、主演映画が“大コケ”! 『笑点』出演も「迷走」「場違い」声噴出の惨況

サイゾーウーマン / 2016年01月18日09時00分

興行通信社による1月9日~10日付けの全国週末映画興行成績が12日に発表され、竹野内豊が主演を務める映画『人生の約束』が初登場6位にランクインしたことがわかった。超豪華キャストが集結し、全国291スクリーンという大規模公開ながら、動員8万1,867人、興行収入1億52万5,200円という数字は、事前の期待を大きく下回る残念な結果となった。 『人生の約束』は [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

この春、前編・後編で成る2部作として実写映画化される。監督を務めるのは、NHK時代に『ちゅらさん』、『ハゲタカ』、『龍馬伝』といった作品を手がけ、独立後も『るろうに剣心』シリーズ、『プラチナデータ』、『秘密 THE TOP SECRET』、『ミュージアム』といったヒット作をおくりだす大友啓史監督だ。『3月のライオン』公開に合わせて、“永遠のオトナ童貞のため [全文を読む]

『3月のライオン』映画化でファンが注目する倉科カナの「あの部分」

しらべぇ / 2016年12月30日07時00分

(画像はYoutubeのスクリーンショット)神木隆之介主演で2017年3月、4月に前後編公開予定の映画『3月のライオン』。『ハチミツとクローバー』で知られる漫画家・羽海野チカ原作の作品で、予告編が公開されたときは神木のハマりっぷりに「2.2次元まで降りてきている」などの声も見られた。そんな本作品において、原作ファンが密かに注目するのは出演者のひとりである倉 [全文を読む]

『珍遊記』まさかの実写化で関係者が暴露する、超問題作の舞台裏「松山さん…なんで出たんだろ?」

週プレNEWS / 2016年03月05日09時00分

1990年から93年に『週刊少年ジャンプ』に連載された伝説のギャグ漫画『珍遊記』がまさかの実写映画化! 日本映画界の常識を覆(くつがえ)す、この“超問題作”の脚本を担当した、お笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらとトンデモな経緯で出演することになった役者・今野浩喜がその裏側を語り尽くした! ―予告動画が公開されるやいなや、「倉科カナが『ち○こ』と連呼してるゾ!」 [全文を読む]

竹野内豊・倉科カナは「12月結婚」で確定? マスコミに吹聴して回る謎人物の存在

日刊サイゾー / 2015年10月20日09時00分

謎の女性映画ライターが「竹野内豊の12月結婚」を触れ回っている。「極秘情報です。12月下旬に、竹野内豊が倉科カナと結婚しますよ。早く記事にしたほうがいい」 面識のない記者たちに話しかけては、なぜかこの話を次々にしているため、業界内でちょっとした話題になっているのだ。「映画の試写会で突然、名刺を渡されて話しかけられたんですが、自己紹介もせずにその話を始めたん [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(3月16日付)

ガジェット通信 / 2017年03月17日15時00分

『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて、3月16日付のユーザーが選ぶ【今週末みたい映画ランキング】をお届けします。本ランキングは週ごとにその週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計をとっているもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【3月16日】「今週末みたい映画ランキング」 対 [全文を読む]

トーハン 店頭活性化プロジェクト 映画「3月のライオン」 連動フェア&キャンペーン実施~3種の店頭オリジナル購入特典と豪華プレゼントキャンペーン~

DreamNews / 2017年03月10日15時00分

株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、店頭活性化プロジェクトの企画として、大人気コミック「3月のライオン」を原作とした実写映画連動の店頭フェアおよびプレゼントキャンペーンを3月10日より全国約900書店で実施いたします。株式会社トーハン(本社・東京都新宿区、藤井武彦社長)は、店頭活性化プロジェクトの企画として、大人気コミック「3月のライオ [全文を読む]

映画『珍遊記』倉科カナ、温水洋一、溝端淳平、ピエール瀧ほか追加キャスト発表!いろいろと衝撃すぎるビジュアルも公開

AOLニュース / 2015年12月25日12時00分

松山ケンイチが主演を務める映画『珍遊記』より、大注目の共演者6人が発表された。山田太郎(松山ケンイチ)と共に天竺を目指す坊主・玄奘を演じるのは、ドラマ以外にも映画・舞台・CMなど、数々の話題作に出演している倉科カナ。そして山田太郎に恨みを持つ映画オリジナルキャラクターの龍翔を演じるのは、JUNONスーパーボーイ・コンテストグランプリ受賞をきっかけに、ドラマ [全文を読む]

カイ(EXO)日本ドラマ初出演WOWOW「連続ドラマW 春が来た」豪華キャスト陣が解禁!!

スポーツソウルメディアジャパン / 2017年04月14日12時00分

2011年連続ドラマ「鈴木先生」でギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞などを受賞後、映画『鈴木先生』(12)も監督。近年では映画『俺物語!!』(15)を監督し、最新作『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』が全国公開中。このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的な [全文を読む]

倉科カナvs有村架純…度々比較される“昭和顔人気女優”の明暗クッキリ!

tocana / 2017年03月03日09時00分

このところ、いわゆる昭和顔の女優人気が続き、激戦が繰り広げられているが、その筆頭格である有村架純と倉科カナがそろって出席した映画の舞台あいさつでは、その表情にはっきりと明暗が分かれていたという。 有村と倉科は2月22日、都内で行われた映画『3月のライオン 前編』の完成披露試写会に出席し、舞台あいさつを行った。 「明るい桜色のノースリーブワンピース姿の倉科が [全文を読む]

小学生も大爆笑?丸坊主姿の倉科カナが繰り出す“お下劣”なセリフの数々

アサ芸プラス / 2016年02月22日09時58分

2月27日公開の映画「珍遊記」で、伝説の僧侶・玄奘を演じている倉科カナ。丸坊主姿のシーン写真が公開され、大きな反響を呼んでいる。「78年にテレビドラマ『西遊記』(日本テレビ系)で夏目雅子が三蔵法師を演じて好評だったことから、その後も『西遊記』が映像化されると深津絵里や佐々木希などの女優が三蔵法師を演じるようになりました。女優が丸坊主姿になると凛とした美しさ [全文を読む]

松山ケンイチ「“山田太郎”って天敵がいないんですよ。その感じを演じながら楽しんでいましたね(笑)」

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月15日17時30分

今回登場してくれたのは、伝説のギャグマンガを実写化した映画『珍遊記』で、主人公・山田太郎を演じ、公開前から話題騒然の松山ケンイチさんが登場。役づくりの参考にしたのは、なんと日本映画を代表するあの2役だとか――。 「山田太郎を演じることについての躊躇はまったくなかったですね。とてつもない個性を持つ原作の実写映画作品に出られるということは、チャレンジでもあるし [全文を読む]

『珍遊記』まっ裸の松山ケンイチ、ぶちギレる倉科カナ・・・カオスすぎる予告編公開

AOLニュース / 2016年01月27日21時00分

1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、まさかの実写映画化!映画『珍遊記』が、2/27(土)より公開される。この度、映画の全貌を伝える予告編が解禁された。 https://youtu.be/zJUwYL [全文を読む]

カイ(EXO)日本ドラマ初主演「連続ドラマW 春が来た」お祭り撮影メイキングカットを公開!カイ(EXO)「女性ときたら惚れちゃいそう。」

THE FACT JAPAN / 2017年09月01日08時01分

2011年連続ドラマ「鈴木先生」でギャラクシー賞優秀賞、日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞などを受賞後、映画『鈴木先生』(12)も監督。近年では映画『俺物語!!』(15)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)でメガホンをとった。このドラマは、そんな向田の遺作ともいうべき短編で、“家族の再生”という普遍的な [全文を読む]

神木隆之介、感無量!「これからも愛情を持って見守ってほしい」

Smartザテレビジョン / 2017年04月23日18時44分

大友啓史監督最新作で、神木隆之介ら豪華キャストが出演の映画「3月のライオン」“愛の後編”が、4月22日に公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで主演の神木の他、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟、大友監督が登壇した舞台あいさつが行われた。 作品の見どころについて神木は「衣装」と演じた零のファッションを挙げ、「僕が着るダッフ [全文を読む]

倉科カナの深夜ドラマがすごすぎて、映画「3月のライオン」に悪影響が?

アサ芸プラス / 2017年03月05日09時59分

倉科は3月18日公開の映画「3月のライオン」に川本あかり役で出演。主人公の桐山零(神木隆之介)に何かと気を掛ける役どころだが、同作について映画ライターが声をひそめる。「あかりは美人で料理上手、性格は穏やかで面倒見がよく、しかも豊かな胸がチャームポイントという非の打ち所がない女性です。昨年9月に倉科の起用が発表されたときにはベストチョイスと評価されていました [全文を読む]

倉科カナ「子供の頃はひな人形が怖く見えた…」

Smartザテレビジョン / 2017年03月02日04時05分

3月18日(土)に前編、4月22日(土)に後編が連続公開される映画「3月のライオン」で、女の子の健やかな成長を願う“桃の節句”を2日後に控えた3月1日、東京・南青山のAoyama Kitchenで「ひなまつりイベント」が開催された。 あかり役の倉科カナ、ひなた役の清原果耶、そしてモモ役の新津ちせの“川本家3姉妹”が登場し、ひな祭りにちなんで、かわいらしいち [全文を読む]

羽海野チカ「神木さんは、指し方が美しくて棋士そのものです」

Smartザテレビジョン / 2017年02月21日12時00分

羽海野チカ原作の国民的人気コミック「3月のライオン」を、大友啓史監督と神木隆之介のタッグにて2部作で実写映画化。3月18日(土)より前編が、4月22日(土)より後編が全国公開となるが、このたび「3月のライオン」原作者の羽海野のオフィシャルインタビューが到着した。'07年から青年コミック誌「ヤングアニマル」(白泉社刊)にて連載を開始し、17歳の将棋のプロ棋士 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『3月のライオン』羽海野チカ スピッツ草野の声を聴いて「最初の世界が生まれた」

TechinsightJapan / 2017年01月13日16時03分

映画『3月のライオン』の主題歌が発表された。前編(3月18日公開)はぼくのりりっくのぼうよみが書き下ろした『Be Noble』、後編(4月22日公開)はスピッツの名曲『春の歌』を藤原さくらがカバーする。原作漫画の作者・羽海野チカがそれぞれのアーティストと楽曲についてコメントを寄せており、そのなかでスピッツが歌うオリジナルの『春の歌』を聴いて本作が始まったこ [全文を読む]

倉科カナ、激しいラブシーンで「Fカップ巨乳解禁?」と期待の声 “ちんこ”連呼にファンは大興奮

おたぽる / 2016年11月25日12時00分

13年に公開された映画『みなさん、さようなら』では、濱田岳とのベッドシーンがあったものの、肝心の巨乳は布団ですっぽりと隠され、谷間は見えず。グラビアモデル時代の倉科を好きになったファンからは『朝ドラが憎い!』という声すら漏れ聞こえていたのですが、『奪い愛、冬』に参加するスタッフが制作した、今年4月期に放送されたドラマ『不機嫌な果実』では、主演の栗山千明が、 [全文を読む]

フォーカス