ファン 村上春樹に関するニュース

「流行に敏感だと思われたくて『村上春樹が好き』と言ったことがある人」の割合は?

しらべぇ / 2015年02月03日08時00分

村上春樹氏が読者の質問や相談などに答えてくれるというできるファン待望のWEBサイトで、非常に多くのユーザーが注目。 いま一番の売れっ子作家といえば、村上春樹氏をおいて他にいないのではないか。 とはいえ、「村上春樹が好きだ!」と声高に叫ぶ人達の中には「本当に?」と疑いたくなるような人も少なくはない。彼や彼の作品を本当に愛するのではなく、「村上春樹好きって言っ [全文を読む]

ブンガク好き「ハルキスト男子」をメロメロにする絶品レシピ3つ

Menjoy / 2013年06月14日08時00分

これ、実際に作ってウンチクつきで料理を出したら、村上春樹ファン、通称“ハルキスト”男子はメロメロです。今回は、村上春樹さんの過去の作品に登場する美味しそうな料理をご紹介します。ぜひ再現にチャレンジしてみましょう! ■1. 『羊を巡る冒険』から“鮭とわかめとマッシュルームのピラフ” 鮭とマッシュルームはわかりますが、ピラフに“わかめ”とは、やはり発想が斬新 [全文を読む]

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?

リテラ / 2015年01月17日21時00分

昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安に [全文を読む]

4年ぶり新刊『騎士団長殺し』発売! 村上春樹氏の初期作品をまるごとBOXセットで!

PR TIMES / 2017年02月23日13時47分

講談社文庫から刊行されている村上氏の全20作品を美麗なBOXに収めた『講談社文庫 村上春樹 全巻BOX』、そしてファンの間で「羊シリーズ」「鼠シリーズ」とも称される、デビュー作『風の歌を聴け』を含む文庫8作品を収めた『講談社文庫 村上春樹 羊&鼠BOX』だ。 また今回の刊行を記念して、本セットのプレゼントキャンペーンを3月22日までTwitter上で開催 [全文を読む]

ハルキストよ、待望の時が来た! 村上春樹の最新刊『騎士団長殺し』いよいよ2/24(金)発売開始

PR TIMES / 2017年02月17日16時29分

国内のみならず海外にも多くのファン(ハルキスト)を持つ村上春樹氏の待望の新作です。[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/219/resize/d18760-219-343486-0.jpg ]TSUTAYAでは、この最新作をいち早くファンの方々にお届けするため、全国の6拠点で発売向けて盛り上げるそれぞれ趣向を凝らしたカウントダウ [全文を読む]

【ノーベル文学賞】発表の瞬間、ハルキストゆかりの地で何が起きているのか?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月11日12時00分

神宮球場もすぐ近くだからヤクルトファンにもなった。会場を見渡すと文学ファンだけでなく、地元に住むおじちゃんおばちゃんが集っていて「今年はとれよ~」というノリもあった。とても親しみを感じた。むしろそういう人たちのほうが多かった気がする。テレビカメラを向けられたおじさんが「よくわかんねえけど今年こそとってほしいよ」と陽気にしゃべっているのが見えた。 いよいよ発 [全文を読む]

『村上さんのところ』を一気読み! 「旦那さんとの夜の営みの件」で相談してきた大ファンに村上春樹はどう答えたか

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月04日06時30分

2015年1月15日から、期間限定でオープンしたサイト『村上さんのところ』は、村上春樹ファンのみならず、多くのネット民を釘付けにしたのだ。最初に注目されたQ&Aは、これだったと記憶している。レポートや教授へのメールやらで文章を書くのに追われる大学院生が、文章の書き方のコツを村上春樹に尋ねたところ……、【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら村上春樹「文章を [全文を読む]

村上春樹さんの相談企画、海外ファンも歓喜 非公式翻訳サイトまで登場

NewSphere / 2015年01月20日18時00分

世界的なベストセラー小説家のサイトとあって、海外ファンからの注目も集まっている。 ◆ノーベル賞から迷子の猫の行方まで 1月19日付のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は「ノーベル賞から迷子猫まで村上春樹が語る」と題する記事で、サイト開設から4日で、村上氏がすでに50件近くの質問に対して回答を載せた、と報道している。 毎年「ノーベル賞」候補として騒がれ [全文を読む]

村上春樹「ノーベル文学賞落選」でおぎやはぎが“ハルキスト”を糾弾

アサ芸プラス / 2016年10月17日17時58分

近隣のアジア圏で「どうして日本人は毎年受賞者が出るのか」とへそを噛む意見が出ることと、村上春樹の名前が候補として挙がることがもはや風物詩であるように、村上春樹の熱烈なファン、通称“ハルキスト”が集まって受賞の連絡を待ち、みんなで落胆する光景も風物詩と言えよう。そしてそのハルキストへの視線が、今年は例年以上に冷ややかだったのだ。「純粋に春樹ファンの集まりな [全文を読む]

村上春樹「騎士団長殺し」は音楽界も刺激する モーツァルトのあのオペラがブームに?

東洋経済オンライン / 2017年02月11日08時00分

村上春樹ファン、いわゆるハルキストたちが待ちに待った2月24日が目前だ。村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』が発売になるこの日は全国の書店に新作が山積みとなり、待ちきれないファンが書店の前に行列を作るという、ここ数年恒例の風景が再び展開されるに違いない。これは例えてみればiPhoneの新製品発売にも似た社会現象のようなもので、村上春樹人気のすさまじさを改 [全文を読む]

フォーカス