ファン 村上春樹に関するニュース

「流行に敏感だと思われたくて『村上春樹が好き』と言ったことがある人」の割合は?

しらべぇ / 2015年02月03日08時00分

村上春樹氏が読者の質問や相談などに答えてくれるというできるファン待望のWEBサイトで、非常に多くのユーザーが注目。 いま一番の売れっ子作家といえば、村上春樹氏をおいて他にいないのではないか。 とはいえ、「村上春樹が好きだ!」と声高に叫ぶ人達の中には「本当に?」と疑いたくなるような人も少なくはない。彼や彼の作品を本当に愛するのではなく、「村上春樹好きって言っ [全文を読む]

ノーベル賞騒動「迷惑」宣言の村上春樹、やっぱり候補に入ってなかったのか!?

リテラ / 2015年01月17日21時00分

昨日も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹ゆかりの海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開されていた。 そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、風物詩となっている感もある。ここまで落選が続くと、結局このまま獲れないんじゃないか、と不安に [全文を読む]

4年ぶり新刊『騎士団長殺し』発売! 村上春樹氏の初期作品をまるごとBOXセットで!

PR TIMES / 2017年02月23日13時47分

講談社文庫から刊行されている村上氏の全20作品を美麗なBOXに収めた『講談社文庫 村上春樹 全巻BOX』、そしてファンの間で「羊シリーズ」「鼠シリーズ」とも称される、デビュー作『風の歌を聴け』を含む文庫8作品を収めた『講談社文庫 村上春樹 羊&鼠BOX』だ。 また今回の刊行を記念して、本セットのプレゼントキャンペーンを3月22日までTwitter上で開催 [全文を読む]

ハルキストよ、待望の時が来た! 村上春樹の最新刊『騎士団長殺し』いよいよ2/24(金)発売開始

PR TIMES / 2017年02月17日16時29分

国内のみならず海外にも多くのファン(ハルキスト)を持つ村上春樹氏の待望の新作です。[画像1: https://prtimes.jp/i/18760/219/resize/d18760-219-343486-0.jpg ]TSUTAYAでは、この最新作をいち早くファンの方々にお届けするため、全国の6拠点で発売向けて盛り上げるそれぞれ趣向を凝らしたカウントダウ [全文を読む]

【ノーベル文学賞】発表の瞬間、ハルキストゆかりの地で何が起きているのか?

デイリーニュースオンライン / 2015年10月11日12時00分

神宮球場もすぐ近くだからヤクルトファンにもなった。会場を見渡すと文学ファンだけでなく、地元に住むおじちゃんおばちゃんが集っていて「今年はとれよ~」というノリもあった。とても親しみを感じた。むしろそういう人たちのほうが多かった気がする。テレビカメラを向けられたおじさんが「よくわかんねえけど今年こそとってほしいよ」と陽気にしゃべっているのが見えた。 いよいよ発 [全文を読む]

『村上さんのところ』を一気読み! 「旦那さんとの夜の営みの件」で相談してきた大ファンに村上春樹はどう答えたか

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月04日06時30分

2015年1月15日から、期間限定でオープンしたサイト『村上さんのところ』は、村上春樹ファンのみならず、多くのネット民を釘付けにしたのだ。最初に注目されたQ&Aは、これだったと記憶している。レポートや教授へのメールやらで文章を書くのに追われる大学院生が、文章の書き方のコツを村上春樹に尋ねたところ……、【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら村上春樹「文章を [全文を読む]

村上春樹さんの相談企画、海外ファンも歓喜 非公式翻訳サイトまで登場

NewSphere / 2015年01月20日18時00分

世界的なベストセラー小説家のサイトとあって、海外ファンからの注目も集まっている。 ◆ノーベル賞から迷子の猫の行方まで 1月19日付のウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は「ノーベル賞から迷子猫まで村上春樹が語る」と題する記事で、サイト開設から4日で、村上氏がすでに50件近くの質問に対して回答を載せた、と報道している。 毎年「ノーベル賞」候補として騒がれ [全文を読む]

村上春樹「ノーベル文学賞落選」でおぎやはぎが“ハルキスト”を糾弾

アサ芸プラス / 2016年10月17日17時58分

近隣のアジア圏で「どうして日本人は毎年受賞者が出るのか」とへそを噛む意見が出ることと、村上春樹の名前が候補として挙がることがもはや風物詩であるように、村上春樹の熱烈なファン、通称“ハルキスト”が集まって受賞の連絡を待ち、みんなで落胆する光景も風物詩と言えよう。そしてそのハルキストへの視線が、今年は例年以上に冷ややかだったのだ。「純粋に春樹ファンの集まりな [全文を読む]

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

世界各国にファンを持つ「村上春樹熱」は韓国でもアツい。 ファンクラブはもちろん、作品に登場する料理を再現する集まりなどもある。 2009年から2010年にかけて3巻組で発売された『1Q84』韓国語版は合わせておよそ200万部が売れたという。 『騎士団長殺し』(版元「文学トンネ」)も6月30日にネット等での先行予約が始まると、『1Q84』の4倍近い注文が入 [全文を読む]

石原さとみが村上春樹信者の通称「ハルキスト」にドン引き!? 日テレ『地味にスゴイ』12.8%好調

日刊サイゾー / 2016年10月21日00時00分

米岡は四条の大ファンであることがバレたため、担当から外されてしまったというわけです。 後日、四条から自宅に招待される悦子。どうやら同ドラマは、悦子が作家に呼ばれるというパターンがお決まりのようです。悦子が豪邸を訪れると、四条役の賀来千香子が登場。劇中では、四条の熱狂的ファンが「マリエンヌ」と呼ばれているという設定がありますが、これって村上春樹ファンの通称「 [全文を読む]

ノーベル文学賞はボブ・ディランで、村上春樹また落選! そもそもノーベル文学賞候補なのか!?

リテラ / 2016年10月13日21時30分

今年も、書店の村上春樹コーナーや、ハルキストと呼ばれる春樹ファンたちがカフェに集まり受賞の報せを待つ様子、春樹の海外のファンの声など、今年こそはと受賞を期待する特集が展開。そして、別の作家の受賞が発表され「がっかり」......というところまでが、すっかり風物詩となっている感すらある。 10年以上続くこの空騒ぎについては、2015年には春樹自身も「正直なと [全文を読む]

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)8月28日 主要電子書店で発売開始!

@Press / 2015年08月26日15時00分

村上春樹ファンはもちろんのこと、空前のマラソンブームの中増え続けるランナーたちにも必読の1冊です。 村上氏の作品は、海外ではすでに電子書籍化されており、国内でも、先日、期間限定サイトをまとめた『村上さんのところ コンプリート版』が電子書籍として発売されましたが、既刊エッセイとしては、本作が初の電子書籍化となります。【村上春樹さんから、電子版発売にあたっての [全文を読む]

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)7月31日Kindleストア、楽天kobo、iBooks、紀伊國屋書店、Reader Storeで先行予約開始!

@Press / 2015年07月30日13時00分

村上春樹ファンはもちろんのこと、空前のマラソンブームの中増え続けるランナーたちにも必読の1冊です。 村上氏の作品は、海外ではすでに電子書籍化されており、国内でも、先日、期間限定サイトをまとめた『村上さんのところ コンプリート版』が電子書籍として発売されましたが、既刊エッセイとしては、本作が初の電子書籍化となります。【村上春樹さんから、電子版発売にあたっての [全文を読む]

【村上春樹に学ぶ】現代の禁句「がんばって」の使いかた

ANGIE / 2015年02月28日10時10分

わたしはハルキスト(村上春樹の熱烈なファン)ではないので、村上春樹さんのことはよく知らないのですが、こちらのサイトを拝見してとても優しい方だと思いました。 現代のタブー「がんばって」を優しく言える人とは 村上さんは読者への回答のなかで、よく「がんばって」という言葉をお使いになります。 「がんばって」という言葉は、ややもすると現代ではタブーともされる風潮が [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が刊行4日で重版決定!(『杏のふむふむ』ちくま文庫)

PR TIMES / 2015年01月20日11時32分

(2015年1月14日時点 2刷累計53,000部)杏さん自身が大ファンであるという村上春樹さんの解説が話題を呼ぶとともに、自然体で飾らない杏さんの人柄がそのまま文章にあらわれていると、女性からの圧倒的な支持が集まっています。(ちくま文庫 本体600円+税、2015年1月9日発売)内容紹介 [画像1: http://prtimes.jp/i/8548/4/ [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が空前のヒット

dwango.jp news / 2015年01月20日10時57分

杏自身が大ファンであるという村上春樹の解説が話題を呼ぶとともに、自然体で飾らない杏の人柄がそのまま文章にあらわれていると、女性からの圧倒的な支持が集まっている。(ちくま文庫 本体600円+税、2015年1月9日発売)■内容紹介 杏は、高校を中退して単身パリでモデルの勉強をしたり、オーディションを受けたりと、その活動の当初から自身で道を切り開いてきた。そして [全文を読む]

乃木坂46・白石麻衣、衝撃の「横乳解禁」で写真集に予約殺到! 卒業ムードの高まりに不安の声も

メンズサイゾー / 2017年02月05日12時00分

これにネット上の男性ファンは「過激すぎてコラかと思った」「芸術レベルの美しさ...だけどやっぱエロい!」「写真集なんて買ったことないけどこれは買っちまいそう」「乃木坂にエロは求めてないはずだったのに目が離せない」などと騒然となっている。「最初に公開された先行カットはファン垂涎の下着姿でしたが、いわゆる『おしゃれセクシー系』でファン以外の男性たちにとっては物 [全文を読む]

鎌田實 今年のノーベル賞作家の凄みと日本に与える意味語る

NEWSポストセブン / 2015年11月09日07時00分

ノーベル賞の季節になると、村上春樹の文学賞受賞を待つファンの様子が報道されるのが恒例となりつつあるが、今年の受賞者はベラルーシの作家でジャーナリストのスベトラーナ・アレクシエービッチ氏だった。12年前に彼女が来日したとき、対談した長野県の諏訪中央病院名誉院長・鎌田實医師が、アレクシエービッチ氏との思い出を綴った。 * * * 今年のノーベル賞発表は盛り上が [全文を読む]

大注目の作家・百田尚樹…村上春樹に引けを取らぬ人気

NewsCafe / 2013年07月03日15時00分

しかし経験に裏打ちされた筆致は熱く、早くも熱烈なファンに支持されベストセラー作家としての地位を築いている。そんな百田氏だが、本屋大賞受賞スピーチでは「間の悪いことに、2日後には村上春樹さんが新刊を出されます(笑)。もしかしたら自分の本は、歴代の本屋大賞で一番売れない本になるんじゃないかと心配です。文春さんも村上さんもかなり意地が悪い」と語って会場を沸かせた [全文を読む]

村上春樹最新小説が本日発売 前日深夜カウントダウンイベント、多数のファンで活況

Business Journal / 2013年04月12日07時10分

加えて、村上氏の短いメッセージが発表されるほかは、作品の内容がほとんど明かされていないことなどもあり、ファンの注目を集めていた。 発売日の12日には、全国の書店でさまざまなイベントが開催されるほか、各地の駅コンコースに臨時発売所なども設置されるが、中でも注目を集めているのが、前日11日23時〜東京「代官山 蔦屋書店」で開催されたイベント「『色彩を持たない [全文を読む]

フォーカス