プロレス 大仁田厚に関するニュース

「猪木vs黒柳徹子の一戦を知ってますか?」吉田豪と『真説・長州力』著者・田崎健太がガチトーク!

週プレNEWS / 2015年09月26日06時00分

在日朝鮮人2世として生まれた幼少期の苦悩から“黒歴史”WJプロレス崩壊の真相まで、長州氏本人が赤裸々に語るとともに約50名もの関係者を丹念に取材したヘビー級ノンフィクションである。 著者の田崎健太氏は元々プロレスに詳しくはなく、虚実入り交じるプロレスという不思議な世界に翻弄(ほんろう)されながら、約500ページの大著に仕上げた。 そんな田崎氏が、プロレス[全文を読む]

ファン騒然!もしも『ヤク絶ち清原』がプロレスに参戦したら

しらべぇ / 2016年02月21日16時00分

画像は清原和博オフィシャルサイトのスクリーンショット覚醒剤取締法違反で逮捕された清原和博が、騒動終結後プロレスラーに転身するのではないかと一部スポーツ紙で報じられ話題になっている。事件の反響が大きいため芸能界や野球界に戻れる可能性はゼロに近く、清原のマネージメント会社とゆかりのあるプロレス界に身をおくのではとのこと。この報道を受けた蝶野正洋が東京MX系『バ [全文を読む]

今度は本当?大仁田厚が7度目のプロレスラー引退宣言も「ネタだろ」の声

しらべぇ / 2017年05月11日22時00分

(画像はTwitterのスクリーンショット)10日、プロレスラーの大仁田厚(59)が記者会見を開き、「2017年10月31日を以って現役を引退する」と宣言。大仁田の引退宣言は、これで7回目となる。■今度は本気?会見で大仁田は「プロレスを40年やってきて、昨年腕を2箇所と腰を骨折した。一生懸命やるのはこれまでかなという思いに達した」と引退の理由を説明した。続 [全文を読む]

「もうこれ以上話すことはない」と自ら語った最後の評伝『真説・長州力 1951-2015』で明かされる黒歴史とは!

週プレNEWS / 2015年07月24日11時00分

プロレスラー長州力60余年の人生に迫った『真説・長州力 1951-2015』(田崎健太著、集英社インターナショナル)が刊行された。 藤波辰爾、佐山聡(初代タイガーマスク)、アニマル浜口、大仁田厚ら多数の大物レスラーや関係者を取材、長州力という時代の革命児を取り巻く昭和~平成のプロレス戦国絵巻ともいえる496ページのヘビー級ノンフィクションだ。 何よりも、長 [全文を読む]

清原和博容疑者、プロレス参戦オファーを“ドタキャン”していた!「親しいヤクザが激怒」?

日刊サイゾー / 2016年02月10日13時00分

覚せい剤所持容疑で警視庁に逮捕された、元プロ野球選手・清原和博容疑者が昨年、プロレス興行への出場話を“ドタキャン”していたことがわかった。 以前からプロレスや格闘技好きで知られていた清原容疑者には、あるプロレス関係者が2年ほど前から熱心に試合出場をオファーしていた。ちょうど薬物報道で仕事が激減していた時期で、「夕刊フジ」でもその動きが報じられていたのだが、 [全文を読む]

馳浩文科大臣の本当の評判とは? プロレス時代から「イヤミなほど試合巧者」

週プレNEWS / 2015年10月19日11時00分

プロレス出身議員として、初の大臣となった。 馳氏は、自民党幹事長だった森喜朗氏にスカウトされ、1995年の参院選に立候補し初当選。2000年に衆院にくら替えし、05年の小泉政権時には文科副大臣を務めるなど、これまで当選7回のベテランとなっている。 *** 永田町で馳氏の評判を聞くと、「話がわかる」「穏やかな人柄」「調整力がある」と、好意的な声が大多数。 「 [全文を読む]

清原和博、大逆転の「第2の人生」

NewsCafe / 2015年03月12日17時00分

「パチンコ営業より稼げる…としてプロレス業界がオファーをしているというのです」 身長188センチ体重110キロという巨漢を生かすにはいいかもしれないが、トレーニングしないと無理でしょ? 「そのとおりなんですが、低迷するプロレス業界にとって客寄せパンダとして利用できる清原はノドから手が出るほどほしい人材です」 へぇ~。 「少なくとも出演料100万円程度のパ [全文を読む]

稀勢の里フィーバーの裏で元横綱・曙「糖尿病悪化」でレスラー生命に赤信号

アサ芸プラス / 2017年02月19日17時56分

15年に「全日本プロレス」を退団後、「王道」を設立した曙(47)はいまだプロレスのリングで活動を続けている。だが、欠場を繰り返し、ファンを心配させているのも事実。表向きには「右足蜂窩織炎」の症状が公表されているが、実際はもっと重症を負っていると言われるのだ。 リングに仁王立ちする曙は、今も鬼気迫る迫力がある。格闘技・プロレスの世界に転向して13年──。 か [全文を読む]

【電流爆破】橋下徹の政界復帰は「大仁田厚」流で行け!

デイリーニュースオンライン / 2015年05月30日10時50分

復帰が成功する条件とは 「またプロレスにたとえるのかよ」と思われるだろうが、これほど<前言撤回して復帰>のいい例はない。まず大仁田は負傷により1985年に古巣・全日本プロレスを引退。しかし食えないため数年後に女子プロレスのリングに無理やり上がった(相手はグラン浜田)。誰も望まない復帰だけに、場内はブーイングの嵐に包まれた。 曲折を経てFMWという自分の団 [全文を読む]

“涙のカリスマ”大仁田厚が“電流爆破巡業”で再ブレイク!(1)いま、なぜ大仁田スタイルが受けているのか?

アサ芸プラス / 2015年05月30日09時55分

そもそも現在のプロレス界は、活況を呈している新日本プロレスのひとり勝ち状態と言われてきた。しかし、プロレスメディアの関係者はこう反論するのだ。「確かに、新日本以外の団体が苦戦している状況はあります。ただし、実は新日本が例外として唯一と言えるほどその存在を恐れているのは、団体ではなくて大仁田個人と言われているんです。というのも、大仁田はかつての代名詞『電流 [全文を読む]

新黄金期到来!で今年もやってきた、新日本プロレス「1・4東京ドーム」が“1分でわかる”『ゴング』編集長・金沢克彦の白熱教室

週プレNEWS / 2014年12月06日15時00分

プロレスファンの初詣”新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会が近づいてきた。2000年代中期の苦境を乗り越え、今や「新黄金期」といわれる新日本。90年代のようにドームを5万人の大観衆で埋める日も近い!? そこで、プロレス専門誌『ゴング』編集長の“GK”金沢克彦氏が、23年間の「1・4」の歴史を解説してくれた! *** 新日本は1989年に東京ドームに初進 [全文を読む]

「挫折」の受け止め方・第5回 大仁田厚 「郵政民営化に反対して出世が吹き飛んだよ」

アサ芸プラス / 2012年05月10日10時54分

政界を引退すること1回、落選も1回、プロレスラーは何度、引退したのだろう。そのたびに、地の底から「ファイアー」と叫びながら、はい上がってきた。大仁田厚のバイタリティの源は強靭な肉体なのか? それとも不屈の精神力なのか? その秘密に迫った! 背伸びした自分を捨て切れ! 「涙のカリスマ」「炎のカリスマ」、そして「邪道」‥‥。 プロレスラー、大仁田厚(54)には [全文を読む]

力道山3世レスラー『力(ちから)』 不思議ムーブで観客を魅了

NEWSポストセブン / 2014年08月24日07時00分

初代タイガーマスクこと佐山サトルが代表を務めるプロレス団体『リアルジャパン』。4月には、元関脇・貴闘力が邪道・大仁田厚と伝説的一戦を交えるなど、話題に事欠かない団体として、コアなプロレスファンからは絶大な支持を集めている。また、長州力、藤波辰爾といったビッグネームも定期参戦するため、その人気ぶりはメジャー団体にも引けを取らない。 そんな『リアルジャパン』で [全文を読む]

アントニオ猪木と対戦したことも!滝沢秀明の「プロレス愛」が熱すぎる

アサジョ / 2017年03月13日18時14分

プロレス好きの女子のことを、“プ女子”と呼び、今注目を集める存在だ。だが、そんな造語ができる前から大のプロレスファンだったのが、タッキー&翼の滝沢秀明だ。 子どもの頃は、大仁田厚率いるFMWの追っかけをしており、かつて「中居正広の怪しい噂の集まる図書館」(テレビ朝日系)で、“音を聞くだけで電流爆破デスマッチを当てる”という超難問を見事クリアしたこともあるマ [全文を読む]

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(4)「都合が悪くなったら逃げる」

アサ芸プラス / 2016年09月29日05時56分

「信じたのが間違いでしたが、5000万円あれば、新たなビジネスを展開できますよね」 繰り返すが、大仁田のプロレススタイルのごとき、こうした一連の「邪道」行為が行われたのは、国会議員の身分にあった時である。 債権回収問題などに詳しいホライズンパートナーズ法律事務所の坂東利国弁護士は、こう説明する。「ダイプロは12年8月に破産しています。したがって、破産手続き [全文を読む]

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(1)公設秘書を伴って「お願い」に

アサ芸プラス / 2016年09月26日05時56分

今年6月に鳩山邦夫氏が死去した際、借りた2000万円を返済していなかったことが報じられた、プロレスラーの大仁田厚。借りた金を踏み倒すのは常套手段のようで、今度は5000万円をむしり取られたと怒りに震える人物が現れたのである。「俺は40年間、こんなことをやってきた。今も子供たちに勇気を与えられたらって思ってる。いいか、おい、よく聞いてくれ! みんなも諦めず、 [全文を読む]

加藤紗里がFMW・大仁田厚を挑発で“プロレス進出”宣言も「オファー受けた」は大ウソ!

日刊サイゾー / 2016年06月27日13時00分

その加藤が、写真集発売日の翌日(21日)、「超戦闘プロレスFMW」の東京・後楽園ホール大会に姿を現して、周囲を驚かせた。加藤は本部席に陣取り、興行開始前にリングアナウンサーから紹介を受けてあいさつ。観客の写真撮影にも気軽に応じ、写真集のプロモーションに励んだ。 第1、第2試合を観戦した加藤は、「やってみたい」とプロレス参戦に興味を示し、同団体の看板選手・ [全文を読む]

28年前の因縁再び..."FMW軍対UWF軍"観戦記|プチ鹿島の余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2016年05月05日13時00分

4月27日に後楽園ホールでおこなわれた「超戦闘プロレスFMW」興行である。 ここで「FMW連合軍対UWF連合軍」による対抗戦がおこなわれたのだけど、なにがすごいって、今回の発端として引っ張り出してきたのが「28年前」の因縁なのだ。 1988年、大仁田厚がUWFに挑戦状を持参したことがあった。しかし当時のUWFの社長から「チケット持ってますか?」と会場前で門 [全文を読む]

ダンプ松本ファン「最近はクラッシュファンとも一緒に観戦」

NEWSポストセブン / 2015年06月01日07時00分

棚橋弘至らイケメンプロレスラーの登場で「プロレス女子」と呼ばれる若い女性ファンが急増するなど、プロレスブームが再燃している。その一方で、長州力(63)や藤波辰爾(61)など昭和のスーパースターたちが、変わらぬ闘志と技で今なおリングに立ち続けている。 「千種! 千種!」──大歓声に包まれながらリングに登場したのは、長与千種(50)。まるで女子プロレスが大ブー [全文を読む]

“涙のカリスマ”大仁田厚が“電流爆破巡業”で再ブレイク!(2)レスラーとしてのプライドでリングに立ち続ける

アサ芸プラス / 2015年05月30日09時56分

そこまでしてプロレスのリングに上がり続けているのはレスラーとしてのプライドでしょう。身内には新日本に対する意地で『いちばんやっかいな存在になってやるよ』と話しているといいます。邪道と言われながらも、馬場、猪木の両巨頭が存命の時代に、プロレス大賞でMVPを獲得した(90年)ことは誇りですからね」(他団体関係者) レスラーとしての評価も回復し、昨年にはプロレス [全文を読む]

フォーカス