離婚 大竹しのぶに関するニュース

起源はさんま&しのぶ…芸能界にみる「別れても頼れる人」という関係

WEB女性自身 / 2017年01月27日12時00分

「額に を書いて離婚会見に登場した(明石家)さんまさんが、日本人の離婚観を変えるきっかけになりました」と語るのは、30年以上、芸能界の結婚・離婚を取材してきた芸能レポーターの川内天子さん。川内さんは、さんま・大竹しのぶ以前と以降で、芸能界の 昔のオトコ史 は変わったという。 「有名人の離婚は昔から大きなニュースとして取り上げられ、会見も数多く行われてきま [全文を読む]

紗栄子が富豪と恋愛することが、どうしてバッシングされるのかわからない。

messy / 2015年10月23日17時00分

渡部篤郎とRIKACOは離婚後も2人の息子を「共に育てる」ことで合意し、家族旅行にも行っていた。千秋と遠藤章造も、離婚後は一人娘を千秋が養育しているが、遠藤のマンションに娘が頻繁に遊びに行くとたびたびテレビなどで明かしている。明石家さんまと大竹しのぶも、離婚してからも良好な関係を維持。そうして考えてみると、なぜ紗栄子がダルに連絡したことが「非常識」扱いさ [全文を読む]

宮沢りえ 離婚話で夫婦共通の友人・大竹しのぶと微妙な関係

NEWSポストセブン / 2014年12月24日07時00分

離婚問題が泥沼化しているようなんです。夫は法廷での直接対決も辞さない強硬な姿勢で、4歳の娘の親権をめぐって裁判に発展しそうな状況です」 りえは2009年に元プロサーファーのA氏とデキ婚、翌月に娘を出産したが、2012年5月に離婚協議中であることを発表している。だが、それから2年半が過ぎた今も離婚は成立していない。 「りえ側は親権を得る形で早期決着を図り [全文を読む]

別居4年!宮沢りえの離婚調停が長引くほど不利になるのはなぜ?

アサ芸プラス / 2016年01月24日09時59分

その後、所属事務所からのFAXで離婚協議中であることが明らかになりました。原因は“価値観のズレ”と説明していますが、どうやらそれだけではないようです」(女性誌デスク) 宮沢は、2014年10月に12歳年下の俳優の小久保寿人を自宅に泊めたところを週刊誌にスッパ抜かれている。「離婚協議中でのことなので、これはヤバいと宮沢サイドは相当焦ったとか。結婚前にも中村勘 [全文を読む]

“押尾の呪縛”から逃れられない矢田亜希子、新ドラマ出演で殻を破れるか!?

メンズサイゾー / 2013年12月25日10時00分

タイトル通り、離婚がテーマのドラマに矢田が出演するとなれば、当然ながら2009年に元夫で現在服役中である押尾学(35)と離婚したことが思い出される。しかし、ドラマの撮影現場はそういった過去に一切触れられないほどのピリピリとしたムードが漂っていると、東京スポーツが報じている。 矢田といえば、かつてはドラマやバラエティなどに多数出演し、清楚なイメージで大人気の [全文を読む]

さんまの“ぶしつけな質問”に、小倉優子が絶句

日刊大衆 / 2017年05月29日16時05分

すると小倉は3月に離婚したばかりのため、「えっ、えっ……」と困った表情を浮かべる。さんまが「新しい旦那さんとや!」と再婚する気はないのかとあらためて聞くと、小倉は「まだ(離婚して)2か月なんで。なんかもう、なんて言うんだろ……」と言いよどんでいた。 続けて小倉が「2か月前に(離婚後の生活が)“よーいドン”ってスタートしたばっかりじゃないですか。だから、ど [全文を読む]

“坂東三津五郎”への「尾上菊五郎ユーモア弔辞」で気になる梨園の常識

アサ芸プラス / 2015年03月14日09時57分

三津五郎の女遍歴ですぐ思い出すのは、“八十助”時代の“ヤリ助”“ハメ助”の異名や、(元フジテレビアナウンサーの)近藤サト(46)との再婚とスピード離婚劇ですが、いずれにせよあらためて梨園が特別な世界であることを実感しました」 喪主を務めた長男で歌舞伎役者の坂東巳之助(25)も、「プライベートでは芸の真面目さはどこにいったのだというほど自由でした。いらぬ苦労 [全文を読む]

佐々木主浩の実娘、継母・榎本加奈子のイジメで自殺未遂?家を追い出し「風俗でもやれ」?

Business Journal / 2014年09月04日01時00分

佐々木はこの長女の実母との離婚前から榎本と不倫関係にあり、離婚成立直後に榎本と結婚したことはすでに知られている。同誌によれば、佐々木と榎本の結婚後、長女は中学1年生の時にふたりと実の弟との同居生活が始まると、実母との連絡を一切禁じられた上、自宅で榎本に話しかけた際には「あっち行って」と手を振りながら拒絶されたという。さらに、榎本から「一緒に住めないから出 [全文を読む]

明石家さんま・大竹しのぶの距離感 元夫婦の自立と家族再構築

messy / 2017年07月17日17時00分

1992年に大竹とさんまは離婚したが、IMALUとさんまの関係はバラエティ番組などで度々話されているように良好であることが伺える。子どもと非同居親のみならず、元夫婦として相手のことをバラエティでネタにする彼ら自身も定期的に会っている関係性なので、ネット上では「再婚しちゃえよ」といった声が上がることも少なくない。 しかし再婚となるとまた全く別の話だろう。離 [全文を読む]

「父の日秘話」告白、IMALUに称賛集まる

日刊大衆 / 2017年08月29日20時05分

この日は、「親の離婚を経験した子どもの本音」というテーマを特集。ゲストのIMALUは、2歳のときに父親の明石家さんま(62)と母親の大竹しのぶ(60)が離婚。番組では、幼い頃には口に出せなかった胸中をあらためて語った。 有働由美子アナウンサー(48)から、子どものときに「両親に言えなかった思い」について聞かれたIMALUは、「小さいときは、お父さんやお母 [全文を読む]

さんまとしのぶに「元夫婦のルール」? テレビでの離婚ネタに約束事

日刊大衆 / 2016年10月30日20時00分

自分の経験談として、元妻の大竹が離婚後にバラエティ番組に出演し始めた頃のことを説明し、大竹がバラエティ番組で結婚や離婚の話題は避けられないと悟ったことがきっかけで、「お互い何を言ってもいいけど、ウケたらいいことにしようというルールを作った」と元夫婦で交わした約束を明かした。 「さんまは以前にも、ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)でこのルールに [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

三津五郎は泥沼の離婚協議を経て近藤と再婚したものの、一門や家族の大反対にあいわずか1年7か月で離婚した。 竹内結子と“デキちゃった婚”をした中村獅童(44)は結婚2年目に飲酒運転と信号無視で書類送検された。このとき、助手席に乗っていたのが元カノの女優・Aだった。この事件をきっかけに竹内と離婚した。 前述した通り、華やかな女性遍歴を持つ勘三郎も唯一暗い影を落 [全文を読む]

番組共演、食事会でもヨリは戻さず…さんまと大竹しのぶの「現在の距離感」

アサジョ / 2016年05月31日17時59分

離婚した大竹しのぶや子どもたちについて語った。「今は大竹も子どもたちも、仕事が忙しくてスケジュールを合わせるのが難しいそうです。たまの食事会では、大竹からダメ出しされることが多いそうで、バイキングに行って自分の料理しか取ってこないことに『自分勝手』と言われてしまったのだとか」(芸能ライター) しかし、マナー教室の講師に言わせると、バイキングの場合は人の分ま [全文を読む]

明石家さんま、大物俳優を凍りつかせた「老害トーク」

アサ芸プラス / 2016年01月05日17時58分

86年に放送されたドラマ「男女7人夏物語」(フジテレビ系)で、宅麻の元妻である賀来千香子と共演しているさんまだが、このドラマで大竹しのぶと共演したことで結婚し、その後に離婚。そんな縁もあってか、話題が職場結婚になるとさんまは、「最近ですよね、お別れになられたのは」と宅麻に質問したのだ。「宅麻は12年に賀来と離婚しているが、芸人ではなく俳優であるため、これ [全文を読む]

三谷幸喜「ギャラクシー街道」が大苦戦…「近年稀にみる駄作」の声

デイリーニュースオンライン / 2015年11月06日12時00分

小林聡美との離婚が下り坂の始まりか 出演した大竹自ら、完成披露試写会の舞台あいさつで「本当にくだらなくて、なんにもない映画なんですけど」と話した同作。ネットでも、「本当に何にも残らない、感動もしない。だから気楽に見に行くことができる」とする声がある一方で、 「苦痛と不快の極致。この世の闇のすべてが詰まった人生最低の109分」 「つまらない下ネタに人種差別 [全文を読む]

「バツイチ」はさんま、「最初はグー」は志村けんが言い出した

NEWSポストセブン / 2015年07月06日16時00分

離婚経歴のある人や離婚したことを指す、「バツイチ」は、明石家さんまが1992年9月、大竹しのぶとの離婚会見の際、額に「×」を書き「バツイチですわ」と言ったのがきっかけで広まった。 2014年7月19日MBSラジオ『ヤングタウン土曜日』でさんまはこう発言している。 「まあバツイチって言葉はもともとあったんですけども流行らしたのは、えーぼくっていう」 じゃん [全文を読む]

小渕前経済産業相は謝罪したのが間違い? 教えたかった大物芸能人の突破術

週プレNEWS / 2014年11月17日06時00分

「明石家さんまさんは大竹しのぶさんとの離婚会見の際、おでこに“×印”を書いてジョークに変えた。当時は、離婚会見でフザけるのはいかがなものかという批判的な空気もありましたが、今となっては“バツイチ”という言葉の語源となった伝説的な会見となりました」 ビートたけし氏になると、危機管理の“順序”から違う。 「たけしさんは普段のトークでいつも『この間おネエちゃん [全文を読む]

大竹しのぶが明石家さんまら「関わった60人の男」と還暦祝い 時給1000円でバイトも

しらべぇ / 2017年07月28日12時00分

離婚しても元のひとと関われるの羨ましい。。— ライアンギグズ (@yanqiyisheng) July 27, 2017大竹しのぶの、魔性の女感すごいなー。年齢を物ともせずに少女的コケティッシュさに溢れてる。この自信、見習いたい。— fukulove30ネバアランド余韻 (@fukulove30) July 27, 2017大竹しのぶさん凄いなぁ〜還暦にな [全文を読む]

大竹しのぶ「男を吸い尽くす」魔性の手口(2)演技論トークでソノ気にさせ…

アサ芸プラス / 2017年06月03日17時57分

それでも、自身が継母に育てられたさんまは、義理の息子を特別にかわいがり、離婚には踏み切らなかった。しかし、大竹の“ある行為”にさんまの堪忍袋の緒が切れたのです」 それが93年発売の篠山紀信氏の撮影によるヘアヌード写真集「闇の光」だった。「当時から芸能界では指折りの稼ぎ頭のさんまを夫に持ち、しかも小学生と幼稚園児の2児の母である大竹が脱ぐ必然性はまったくなか [全文を読む]

大竹しのぶ、仰天の男性遍歴

NewsCafe / 2017年05月29日11時00分

デスク「女優、大竹しのぶ(59)が、仰天告白したって話題みたいね」 記者「発売中の雑誌『婦人公論』の対談で、30人を超える男性経験がある、と告白し、その数に驚かされました」 デスク「7月には還暦を迎えるけど、明石家さんま(61)と1992年に離婚した後、演出家の野田秀樹(61)と94年から5年間同居してたよね」 記者「野田と別れた後の大竹は、驚くほど恋多き [全文を読む]

フォーカス