最近 沢田研二に関するニュース

幻のドラマ「同棲時代」(沢田研二・梶芽衣子主演) 40年ぶりにCS放送・TBSチャンネル2で5月に放送!

PR TIMES / 2013年04月25日14時16分

ところが最近になって関係者がビデオテープを保管していたことが分かり、40年の時を経て「TBSチャンネル2」での放送が決まったものです。 本作品は若い世代から絶大な支持を受けていた上村一夫の劇画を、当時新進気鋭の山田太一脚本でドラマ化したもの。沢田研二にとっては初のテレビドラマ主演で、ザ・タイガースでの活動を終え、ソロシンガーとして「危険なふたり」が大ヒット [全文を読む]

【ジャパメタ対談】44マグナムのポール×アースシェイカーのマーシー「俺たちのファンの歓声は重低音だった」

デイリーニュースオンライン / 2015年06月10日18時50分

80年代の楽曲だと一人称は「オレ」で二人称は「お前」でしたが、最近はかなり丁寧で優しくなっている。これも時代の流れでしょうか。 M 一般的に売れている子は「良い子」じゃないと、世の中に出れないんじゃないのかな。 P 俺たちは英語でMCする時はかなり汚い言葉を使ってるけどね。Fの字ばっかりで(笑い)。 ――生まれた時からカラオケが普及している最近の世代と、8 [全文を読む]

男どもを虜にするグラビアで大反響の片山萌美が1年ぶりに魅せた!「実は水着に関してはお断りをしていて…」

週プレNEWS / 2015年10月02日09時00分

―ちなみに、自分的には体のどのパーツが好きなんですか? 萌美 最近はやっぱり脚が好きになりました。みんなにも褒めていただくんで。今回のグラビアでもその水着姿の全身カットとか、脚が長く見えるように撮っていただいて。すごく好きです。 ―1年の肉体改造の成果と変化が待望のグラビアに凝縮されてるわけですね! 萌美 そうですね。今は結構自分の体型が好きなんですよ。 [全文を読む]

“黒歴史“ではなくなっていた!? やしきたかじんが抱えた『ガンダム』への葛藤

おたぽる / 2014年01月14日21時00分

古くは沢田研二の「ヤマトより愛をこめて」(映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のエンディングテーマ)しかり、杏里の「CAT'S EYE」(アニメ『キャッツアイ』主題歌)しかり、最近では松任谷由実(荒井由実名義)の「ひこうき雲」が映画『風立ちぬ』の主題歌に起用されるなど、大物歌手とアニメ作品との関係は深い。 だがその一方で、80年代当時は歌手としての [全文を読む]

マルベル堂 キャンディーズやピンク・レディーに見たプロ技

NEWSポストセブン / 2017年02月18日07時00分

YouTubeで当時の映像を見た影響なのか、最近は沢田研二や南沙織のプロマイドを買っていく10代もいます。マルベル堂には後世にプロマイド文化を伝え続ける義務があると思っています」(武田氏) ■取材・文/岡野誠 プロマイドの写真/(C)マルベル堂 ※週刊ポスト2017年2月24日号 [全文を読む]

「レコ大のあとはレペゼン村祭りだ!」漫画家・山田玲司が三代目JSBの買収騒動を語る

ニコニコニュース / 2016年11月15日11時00分

山田: 最近のレコ大を誰が獲ってるかって、知ってました?乙君: いや〜、ご存知ないな〜。しみちゃん: ないですね~。山田: ちなみに乙君が生まれたのは、1983年でしたっけ?乙君: 1981年。山田: 1981年は、寺尾聰『ルビーの指輪』。一同: あぁ~!山田: 納得ですね!山田: しみちゃんは何年だっけ?しみちゃん: 77年です。山田: 77年は.... [全文を読む]

ベッキー&ゲス極は最悪の結果も…GLAY・TERU&PUFFY・亜美、略奪愛から理想の夫婦に?

messy / 2016年05月18日20時00分

さらに女優の田中裕子とジュリーこと沢田研二、また最近のカップルでは窪塚洋介とPINKYも好例ですね」(同) ベッキーと川谷も先人を見習って愛を貫き通せば、数年後には世間に認められる夫婦になれたのかもしれない。 [全文を読む]

まだ応援してる?年を重ねたアイドルが嫌いになった人の割合は…

しらべぇ / 2016年01月08日16時00分

最近再ブレイクしてくれてすごく嬉しいです。これからも応援します!」(40代女性)年齢を重ねても応援する熱いファンがいる一方で、そうではない人も。「応援していたアイドルが、清純派だったのにいつの間にか結婚して出産していた。仕方がないことだけど、自分としては応援する気をなくしてしまいました」(30代男性)「ずっと好きだったアイドルがいたけど、犯罪を起こしてしま [全文を読む]

紅白歌合戦“ドラマチック歌姫”の60年史!【<73年第24回>「ひなげしの花」アグネス・チャン】

アサ芸プラス / 2015年12月05日17時57分

当時はビデオデッキもなく、つい最近ですよ、YouTubeで観て「こんな声してたんだ」と新鮮に思えたのは。── さて、そんなアイドルも60歳を迎えました。心境の変化はありましたか?アグネス あります! 私、ここ何年も限られた歌しか歌ってこなかったんですよ。でも、皆さんが聴きたい曲がたくさんあるということに素直になろうと思いました。当時のアレンジそのままにヒッ [全文を読む]

生涯“恋は遠い日の花火ではない”田中裕子の手本のような「女の生きる道」

messy / 2015年05月12日17時00分

最近のドラマ『Woman』(日本テレビ系)での存在感と演技力は鳥肌もので、視聴者をざわざわさせてしまった彼女。始まりは不倫だったとはいえ、「本物の恋は、いい女を作る」と思わせる見本のような生き方です。戦争前夜の女たちの“美しさ” [全文を読む]

フォーカス