朝ドラ 竹内結子に関するニュース

第16回「かつてSMAPと呼ばれた男たち2017」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年01月27日19時15分

まず、ベッキーを襲った文春砲に始まり、朝ドラ『あさが来た』(NHK)の21世紀の同枠最高視聴率の更新、『報道ステーション』(テレビ朝日系)と『笑点』(日本テレビ系)の主役交代劇に、10月からは「日曜ゴールデン戦争」が勃発。暮れにかけてはドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットに、こちらも文春砲に見舞われた『輝く!日本レコード大賞』(TBS系 [全文を読む]

能年玲奈だけではない!! 大ブレイクした後に沈んだ女優たち

tocana / 2015年05月12日09時00分

この一件によって、NHKの朝ドラ『あまちゃん』で一躍 "国民的女優"にまで上り詰めた彼女が引退を強いられてしまうのは、あまりに惜しい気がするが......。芸能界では才能を認められながらも、悲運な芸能人生を歩んだ女優たちがいるのでご紹介する。 ■岡本綾 NHKの朝ドラでは、無名の新人を主演に起用することが多い。その典型的な例が『オードリー』(00年)主演の [全文を読む]

綾瀬はるか、竹内結子から、波瑠、高畑充希まで…「実は歌手デビューしていた」人気女優

日本タレント名鑑 / 2016年06月22日11時55分

波瑠、高畑充希…人気朝ドラヒロインも歌手としてCDリリース経験あり NHK連続テレビ小説『あさが来た』でブレイクした波瑠さんは、2008年にシングル『I miss you/MESSAGE~明日の僕へ~』を1枚リリースしています。 そして現在の朝ドラ『とと姉ちゃん』ヒロイン・高畑充希さんも2007年6月、コブクロ・小渕健太郎さんに見出され、同氏のプロデュー [全文を読む]

“王道女優路線”の元ももクロ・早見あかり、いまだに電車・バス移動だった!

日刊サイゾー / 2014年09月23日09時00分

主人公の玉山鉄二演じるマッサンの妹役として“朝ドラ”初出演となる。 「もともと、秋クールの連ドラでもっと大きな役の話もあったようですが、女優修尭として朝ドラに出演するよう事務所が決めたそうです」(芸能事務所関係者) 2011年4月に人気アイドルグループ「ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)」を脱退し、以降は女優、モデルとして活躍の場を広げ、今年5 [全文を読む]

NHK朝ドラ女優「表舞台から静かに去って…」

アサ芸プラス / 2013年06月25日10時00分

朝ドラをステップにビッグチャンスを手にした女優の代表格といえば、桜井幸子(39)。「女は度胸」(92年)での好演をきっかけに翌年、観月ありさの代役が回ってきた。 「それがあの名作ドラマ『高校教師』(TBS系)でした。主役は真田広之。桜井は恋人の女子高生役でした。ここで一躍、脚光を浴び『野島三部作』に起用された」(テレビ誌編集者) 大手芸能事務所に所属 [全文を読む]

大泉洋は神経質、竹内結子は…!? “当て書きの天才”三谷幸喜は『真田丸』で役者の本性を暴露していた!

tocana / 2016年08月14日08時00分

宮藤官九郎の場合、NHKの朝ドラ『あまちゃん』で主人公・アキ(のん、本名・能年玲奈)の母・春子役を演じたのは小泉今日子だが、「役というより、完全にプライベートの小泉今日子そのものだった」(ドラマ関係者)とまで評されていた。 三谷の場合も同様で、『真田丸』では業界関係者も思わず唸る洞察力を見せている。例えば、主人公・真田信繁(堺雅人)の兄・信幸を演じる大泉 [全文を読む]

栗山千明に竹内結子、美女優たちが「恥ずかしいワキ汗を披露」してしまった瞬間

日刊大衆 / 2016年08月12日18時00分

2010年に朝ドラ『ゲゲゲの女房』(NHK)でブレイクし、現在もドラマやCMに引っ張りだこの松下奈緒(31)は知る人ぞ知る“ワキ汗女優”。これまで『笑っていいとも!』(フジテレビ系)出演時をはじめ、テレビやイベントで、たびたびワキ汗姿が目撃されている。もっとも、これだけキレイな顔立ちの女優さんの場合、そのワキ汗もなんだか美しく、かぐわしいものに思えてくる [全文を読む]

百田夏菜子、朝ドラ出演決定に「紅白落選の罪滅ぼし?」疑惑が浮上 ももクロ解散説流れるも、スーパーサイヤ人が阻止?

おたぽる / 2016年05月21日09時00分

「ももクロは、昨年2月に公開された映画『幕が上がる』で、メンバー全員が主役を務め、各映画賞に引っ張りダコになるなど話題をさらっていたのですが、北川景子や柴咲コウ、竹内結子ら数多くの売れっ子女優を抱えていることからもわかる通り、所属事務所であるスターダストプロモーションが、もともとは女優のプロモーションに長けている事務所であること、さらに最近では、ももクロ [全文を読む]

意外と知らない!?今をときめく人気俳優たちの昔の出演作品!

日本タレント名鑑 / 2016年02月02日13時55分

その後、2006年の朝ドラ『純情きらり』で全国区になったのはご存じの通りです。 『純情きらり』の津軽弁もかわいかったですね。朴訥なところが放っておけない感じでキュンキュンしたものです。90年代から2000年代の映画にもたくさん出演されているので、西島さんファンは要チェックです。 「カワイイ大人」の代表格、深津絵里さん。そばかすがキュートでとても可愛いです。 [全文を読む]

竹内結子「安心してください、受信料払ってますよ」

Smartザテレビジョン / 2015年09月24日15時40分

って、もちろん朝ドラ('99年に主演したNHK連続テレビ小説『あすか』)の時から払っていますよ!」と笑いを誘った。 また、豊臣家の重臣中の重臣・石田三成役は山本が演じる。堺とは、同じく三谷幸喜脚本の大河ドラマ「新選組!」('04年)で共演しているが、「今回も(堺と)一緒になるシーンが多いと思います。数々の人が演じた光成ですが、非常に頭が切れるこの男を三谷さ [全文を読む]

フォーカス