映画 中山美穂に関するニュース

TOKYO FM 『スカパー!日曜シネマテーク』女優が語るパリの魅力!中山美穂・広末涼子が登場

PR TIMES / 2016年02月17日16時35分

2月21日(日)15:30~15:55放送 TOKYO FMの映画番組『スカパー!日曜シネマテーク』(日曜日15:30~15:55/TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット)では、2月21日(日)放送のゲストとして、女優の中山美穂と広末涼子を迎えます。フランス・パリと縁があるふたりがおすすめする、パリを舞台にした映画とは?どうぞご期待くださ [全文を読む]

TOKYO FM 『スカパー!日曜シネマテーク』フランス在住12年!女優・中山美穂がお気に入りのフランス映画とは?パリ生活も語る!

PR TIMES / 2015年02月18日11時03分

2月22日(日)15:30~15:55放送 TOKYO FMの映画番組『スカパー!日曜シネマテーク』(日曜日15:30~15:55/TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット)では、2月22日(日)放送のゲストとして、女優の中山美穂を迎えます。フランスに住んで12年。お気に入りの映画は、やはりフランス映画。フランス・パリとフランス映画に対する [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『新しい靴を買わなくちゃ』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年10月07日14時46分

「こっ恥ずかしい!1,000円!」ホラー映画が、"怖いのを承知であえて観に行くタイプの映画"であるとするなら、今回取り上げる『新しい靴を買わなくちゃ』は、"こっ恥ずかしいのを承知であえて観に行くタイプの映画"ではないかと思います。とにかく最初から最後まで、赤面してしまうようなシーンが満載で、劇中何度も「もうやめてーっ!」と竹槍もってスクリ―ンに突進したい衝 [全文を読む]

草食の進む今だからこそ観直したい!懐かしのヤンキードラマ10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月21日13時55分

著作が売れたことで見栄や詐欺などで金銭を失い、離婚や大麻所持での逮捕などトラブルが続き、戦争は200日では終わらず、1983年の高部知子さんが娘を演じたドラマに続き、同年渡辺典子さんの映画、1994年の瀬能あづささん、2005年の安達祐実さん、2012年の成海璃子さんでそれぞれドラマ化。さらに舞台化もされています。 不良少女からドジっ子女教師に?『スケバ [全文を読む]

The SAZABY LEAGUE ONLINE STORE 映画『新しい靴を買わなくちゃ』コラボレーション 【運命が変わる、twitterキャンペーン】

PR TIMES / 2012年09月03日12時57分

株式会社サザビーリーグ(本社:東京都渋谷区千駄ヶ谷)が運営する、 公式直営Eコマースサイト 「The SAZABY LEAGUE ONLINE STORE」 は、 映画 『新しい靴を買わなくちゃ』 公開を記念して、 映画のプレミアム試写会や映画鑑賞券、劇中のヒロインをイメージした コーディネートをプレゼントする、twitterキャンペーンを実施いたします。 [全文を読む]

中山美穂や菊池桃子も!? 男の子を夢中にさせた、エッチな“寸止め”青春ラブコメの歴史

dmenu映画 / 2017年06月22日07時00分

6月17日公開された『教科書にないッ!4』(2017年)は、漫画『いっツー』や『すんドめ』などでも知られる岡田和人原作の人気ラブコメディーを、元AKB48・森川彩香の主演で実写映画化。R指定ではない“寸止めエロチズム”が人気となり、本作でシリーズ4作目を迎えました。 過去にもこうした“ちょいエロ”青春ラブコメディーの名作が数多く存在し、性のエネルギーに満ち [全文を読む]

竜星涼、2年連続パリコレ出演 “挑戦と感動”再び<コメント到着>

モデルプレス / 2017年01月25日15時41分

2010年にドラマデビューし、「ハンマーセッション!」「桜蘭高校ホスト部」、映画「ライアーゲーム」などに出演した竜星は、2013年に「獣電戦隊キョウリュウジャー」のキョウリュウレッド/桐生ダイゴ役に抜擢される。その後も「GTO」、「ごめんね青春!」、映画「orange」等に出演。昨年は「シマウマ」、「泣き虫ピエロの結婚式」と立て続けに主演映画が公開され、 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中山美穂の歌が“41枚”のボリュームで甦る。歌手デビュー30周年スペシャル・プレミアム・ボックス。

TechinsightJapan / 2015年05月25日18時55分

彼女が“泉今日子”役で出演した、東映映画『ビー・バップ・ハイスクール』の主題歌「BE-BOP-HIGH SCHOOL」(初発売:1985/12/5)や『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌』主題歌「JINGI・愛してもらいます」(初発売:1986/7/15)。資生堂'86春のキャンペーンソング「色・ホワイトブレンド」(初発売:1986/2/5)と同じ [全文を読む]

黒澤明より、北野武より……韓国人の“オールタイムベスト邦画”最有力は、ミポリン主演のアノ作品だった!?

日刊サイゾー / 2015年03月31日15時00分

日本人からすると不思議な光景だが、これはとある映画を“パロッた”もの。その映画とは、ちょうど20年前、全盛期の中山美穂が主演した岩井俊二監督作『Love Letter』。日本でも有名な映画ではあるが、いま日本でこの光景をパロディと気付く人は、ほぼいないだろう。ずいぶん前の作品にもかかわらず、しかも隣国でこれほど“特別な映画”であることは意外に知られていない [全文を読む]

中山美穂と“離婚報道”の辻仁成に、前妻・南果歩は「やっぱりね」!?

日刊サイゾー / 2014年04月01日11時00分

「前妻だった南果歩は、『やっぱりね』と思っているかもしれませんね」(映画関係者) 27日、4月5日公開の映画『サクラサク』の完成披露会見が都内で行われ、同映画に出演した女優の南果歩らが取材に応じた。南といえば、中山美穂との“離婚危機”が伝えられているミュージシャンで芥川賞作家の辻仁成の前妻。記者からの「夫婦の絆を守るために必要なものは?」という微妙な問いに [全文を読む]

フォーカス