彼女 長谷川博己に関するニュース

chay、真価が問われる“勝負の一年”「嬉しすぎて泣いた」「危機感は常に持っている」

モデルプレス / 2015年02月18日12時00分

彼女がブレイクするきっかけになったフジテレビ系の人気番組『テラスハウス』は昨年9月に終了。彼女にとって2015年は真価が問われる“勝負の一年”になるといっても過言ではない。◆勝負の一年「危機感は常に持っている」音楽業界は空前の“ギター女子”ブームで、続々と新星も台頭。彼女自身、いまの状況をどのように捉えているのだろうか?「私自身、危機感は常に持っていますし [全文を読む]

日曜劇場『小さな巨人』に佐々木希の“結婚報道”効果! 演技力のなさは「本人も自覚」だが……

日刊サイゾー / 2017年05月14日09時00分

彼女はドラマのキーになる役柄で、ヒロイン役の芳根京子さんよりも目立つんじゃないかといわれています。男くさいストーリーなので、もともと彼女には演技力を期待してではなく、華を添える役割としてキャスティングされたともっぱらです。確かに女優として演技力の評価は低いですが、性格はいいので、数多くの映画やドラマにキャスティングされています」(芸能事務所関係者) 本 [全文を読む]

石原さとみ「今までで一番のプレッシャー」イメージ覆す挑戦 「進撃の巨人」で得たモノとは?モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年08月24日18時00分

同作は2009年より「別冊少年マガジン」にて連載中、全世界累計発行部数5000万部突破の人気コミック「進撃の巨人」(諫山創/講談社刊)が原作で、彼女は高い人気を誇るキャラクター“ハンジ”を演じる。◆世間の声、演じる不安「今までで一番プレッシャーを感じた」 原作のタイトルが大き過ぎるがゆえ、不安も大きかったという。「映画化するということは知っていましたが、ま [全文を読む]

長谷川博己演じるDV夫VS悪妻・尾野真千子の迫真の演技がスゴい!夏目漱石夫婦を描いたドラマ『夏目漱石の妻』が話題

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月15日15時00分

ドラマでは、天真爛漫な笑顔と芯の強さが魅力の夏目鏡子ですが、実際の彼女には長い間悪妻説が定着していました。夏目鏡子悪妻説の筆頭に上げられるのは、彼女の朝寝坊です。鏡子がほぼ毎日朝寝坊をするため、漱石は朝食を食べずに出勤することもよくあったとか。 イギリス留学中の夫から鏡子に宛てた手紙でも「九時か十時まで寐る女は妾か娼妓か」なんて手厳しい言葉が綴られていま [全文を読む]

水原希子、“賛否両論”をはねのけるパワーの源は?女優デビュー5年「進撃の巨人」で消えた恐怖 モデルプレスインタビュー

モデルプレス / 2015年09月16日12時00分

それを、彼女は俯瞰で見ていた。「意識しすぎて足を引っ張られるよりも、このオファーが来たということを誇りにして、自分が満足できる、やりきったと思える作品にしていこうと思いました。実際、映像になったものを観て、『ミカサ役、合ってたよ』と言ってくださる方もいたので、そういうプラスのことだけを見るようにしています。ネガティブなところって探そうと思ったらいくらでも探 [全文を読む]

仕事する40代美女は男を安定の為でなく人生の彩りとして選ぶ

NEWSポストセブン / 2012年07月31日07時02分

これまでの数々の俳優と浮名を流してきた彼女。京香の余裕は、かつて彼女が経験してきた数々の「悲恋」によるものだろうか。 1999年頃からは、俳優の堤真一(48)と交際していた。21世紀を迎えるカウントダウンはフランス・パリで2人きりで過ごした。帰国時には報道陣の前をツーショットで歩き、入籍間近との情報も飛び交った。しかし2001年夏には破局。2人の間に何があ [全文を読む]

『あさが来た』では玉木宏のお母さんに なぜ風吹ジュンは“母親役”で重宝される?

リアルサウンド / 2016年03月31日06時10分

彼女の存在がこのドラマに、ある種の安定感とほっこりとした温かさをもたらせていたのは、多くの人が認めることでしょう。そして、先日最終回を迎えた香取慎吾主演のドラマ『家族ノカタチ』。上野樹里演じるヒロイン「葉菜子」の母親「律子」を演じていたのもまた、風吹ジュンでした。その第8話、葉菜子がどうしても言い出せなかった離婚の理由(不妊)を律子に告白するシーン。それは [全文を読む]

鈴木京香 同棲再開から3カ月、長谷川博己が愛犬の散歩係に

WEB女性自身 / 2016年02月23日00時00分

京香さんは自宅のリビングに数千万円もする現代美術家・草間彌生さんの油絵を飾っておくほどアートにも造詣が深いのですが、長谷川さんが彼女の趣味に付き合って2人で東京近郊の美術展に足を伸ばすことも多いんです」 夫唱婦随 のようで、ひと皮剥けば 婦唱夫随 状態なのだという。 「京香さんは、長谷川さんの仕事の相談にも乗っているそうです。愛犬もすっかりなついた彼との入 [全文を読む]

長谷川博己が石原さとみと浮気? 鈴木京香と同棲解消させた“魔性の女力”

messy / 2015年08月06日18時30分

とはいえ、彼女の存在が“おれ自身を評価してほしい”という長谷川の気持ちの受け皿となったのかもしれない。いずれにせよ、この報道が本当だとしたら、結婚間近とされている彼女持ちの男を落とす力量、そして、単なる噂だとしても「石原ならやりかねない」と思わせる石原の魔性の女ぶりは末恐ろしい。以前、大物女優3人が石原を批判していたという話もあったが、彼女の見境なしの行 [全文を読む]

鈴木京香 大河『真田丸』でカレとの共演を三谷幸喜に嘆願

WEB女性自身 / 2014年09月24日12時00分

大河の『真田丸』での彼女の役は、お市の方の娘で秀吉の寵愛を受ける淀殿です」(前出・NHK関係者)そんな彼女は交際が報じられている長谷川博己(37)との大河共演も望んでいるという。「鈴木さんは、三谷さんに“年下恋人”である長谷川さんを『いい役者がいます』と推薦したそうです。長谷川さんは、’13年の大河ドラマ『八重の桜』でヒロインの最初の夫・川崎尚之助役での出 [全文を読む]

フォーカス