映画 長谷川博己に関するニュース

長谷川博己インタビュー「黒沢清監督に衝撃を受けて映画界に」

文春オンライン / 2017年09月08日17時00分

いまもっとも旬な俳優にして、熱心な映画ファンでもある長谷川博己が、映画『散歩する侵略者』(9月9日公開)で、長く敬愛する黒沢清監督作品に念願の初出演を果たした。黒沢作品との出会い、その魅力の真髄から、撮影現場で目の当たりにした演出術まで、情熱的に語り尽くす。 ◆◆◆ 『スウィートホーム』の衝撃 ——長谷川さんはもともと黒沢清監督の映画の大ファンだったとうか [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『映画 鈴木先生』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2013年01月15日19時02分

話題のマンガ TVドラマ化 ノリで映画化、みたいな流れは最近の邦画ではよくある傾向ですが、この流れで作られた映画は「ヤダ、なんだか広告代理店の匂いがプンプンするっ」という先入観のためか敬遠してしまいがちです。 しかし、今回取り上げる『鈴木先生』に関しては、TVドラマ版が一部で熱狂的に支持されているのが気になり、ミーハー気分でDVDを借りてみたところ、あまり [全文を読む]

伊藤英明、山田孝之も?2016年の”大コケ映画”を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月03日12時05分

2016年の映画界は、15年ぶりに興行収入200億円を突破した『君の名は。』を筆頭に大いに盛り上がった。しかし影ではファンや評論家からの酷評だらけとなった“爆死映画”もやはり相次いだ。その背景には、企画やPR内容などがもたらした“爆死の悪循環”もあるようだ。今回は、今年の主だった爆死映画を4本振り返る。 ■“大根演技”も爆死に影響?評価落とした役者陣 ●橋 [全文を読む]

門脇麦「他人の目に敏感です」【インタビュー後編】

Woman Insight / 2016年06月27日17時00分

6月25日より公開中の映画『二重生活』。 見ず知らずの他人を尾行し、いつしか禁断の行為にはまっていくヒロイン・珠を演じるのは、本作が単独初主演となる門脇麦。 妻子と暮らす珠の隣人で大手出版社勤務の敏腕編集者・石坂には、話題作への出演が続く長谷川博己。珠の恋人の卓也に菅田将暉、珠に尾行を勧める謎多き教授にリリー・ フランキーなど、多彩なキャストが揃い、今まで [全文を読む]

門脇 麦+菅田将暉『二重生活』インタビュー

NeoL / 2016年06月25日14時35分

尾行のシーンが多かったので、映画ではどういう風に撮るのかなと想像もつかなくて」 菅田「僕は原作を読んでいないので、脚本の感想になりますが、自分目線で脚本を読んでいたからなのかもしれないですけど、尾行というとちょっと現実離れしている感じもあるじゃないですか。でも、人間同士のすれ違いであったり、なにかにのめり込んで周りが見えなかったり、それを自分でわかっていな [全文を読む]

板野友美に橋本環奈……主演映画で狙う“経歴ロンダリング”とは

日刊サイゾー / 2016年05月04日09時00分

4月2日公開の元AKB48・板野友美の初主演映画『のぞきめ』が、大方の予想通り大コケした。 三津田信三氏のホラー小説が原作で、板野はカーテンなどの隙間から不気味な視線を投げ掛ける化物“のぞきめ”の謎に迫る主人公・彩乃を演じる。 上映館は強気の全国106スクリーン。業界では早くから「かなり強気な数字」と心配されていたが、結果は初週興行成績ランキングで13位と [全文を読む]

セーラー服姿の橋本環奈が機関銃をメッタ撃ち!! いろんな意味でファンが昇天

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月09日16時30分

「カ・イ・カ・ン!」シリーズ累計260万部を超える赤川次郎のメガヒット原作を元に、1982年に一大ブームを巻き起こした角川映画の代表作『セーラー服と機関銃』。その後、二度にわたりTVドラマ化された伝説的シリーズの最新作、『セーラー服と機関銃 -卒業-』が、3月5日(土)より公開となる。そしてこの度、2月7日(日)に本作が主演デビュー作となる橋本環奈が、全国 [全文を読む]

【後編】映画「海のふた」三根梓が暴露!菊池亜希子の意外な一面とは…!?

Woman Insight / 2015年07月02日18時30分

6月30日都内にて行われた、映画『海のふた』(7月18日公開)のプレミア試写会レポートの後編です! ★前編は コチラ→ 【前編】映画「海のふた」会見レポ!主演・菊池亜希子「裸を見ているみたい」 『海のふた』は、作家・よしもとばななが ミュージシャン・原マスミの楽曲にインスパイアされ執筆。自身が毎年夏に家族で訪れていた西伊豆を舞台に、かき氷の店を営むために帰 [全文を読む]

【続報】長谷川博己が舞台あいさつで、「ラブ&ピース」をもってこれからも生きていきたい

Woman Insight / 2015年06月28日21時18分

6月27日、園子温監督の25年前の脚本の映画『ラブ&ピース』が公開初日を迎え、主演の長谷川博己さん、麻生久美子さん、西田敏行さん、マキタスポーツさん、園子温監督が東京・TOHOシネマズ新宿にて行われた舞台あいさつに登壇しました。 速報はこちら→ 【速報】長谷川博己が西田敏行さんの歌声に感動。映画「ラブ&ピース」初日舞台あいさつ 今年、映画『新宿スワン』、『 [全文を読む]

なぜ?長澤まさみ&松田龍平サプライズ登場も静かな会場

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年09月09日17時55分

俳優の長澤まさみと松田龍平が9日、東京・世田谷区にある109シネマズ二子玉川で行われた映画『散歩する侵略者』のサプライズ舞台あいさつに出席。上映前にサプライズで会場に現れたのだが、なぜか特に驚きの歓声が上がることもなく会場はシーン……。静かな拍手で迎えられた登壇者たちは戸惑いを隠せない様子だったが、松田が「(驚いた人が)少ない……。観終わったあとにサプライ [全文を読む]

菅田将暉、撮影中にリアルに寝ちゃった

Woman Insight / 2016年06月14日21時48分

6月14日、東京・新宿ピカデリーにて、映画『二重生活』の完成披露試写会が行われ、門脇麦さん、長谷川博己さん、菅田将暉さん、リリー・フランキーさん、岸善幸監督が登壇しました。 直木賞作家・小池真理子さんの原作を大胆に脚色し、今までの日本映画にはない新感覚の心理エンターテインメント作品となった映画『二重生活』。数々のドキュメンタリー番組やドラマを監督してきた岸 [全文を読む]

能年玲奈『海月姫』画像公開!さらに男子禁制の展覧会も開催!

Woman Insight / 2014年10月23日19時06分

“白目”の能年玲奈さんや“女装”の菅田将暉さんに、ド肝を抜かされましたが……このたびなんと、「男子禁制」の展覧会をやっちゃいます! おしゃれ女子の巣窟とも言える、渋谷パルコに、オタク女子の館・天水館が出現!! 映画で実際に使用されたセットや色とりどりの衣装、原作の世界を見事に再現した小道具、東村アキコ先生による原作漫画の複製原画などを展示。『海月姫』を存 [全文を読む]

鈴木京香に遠慮した?長谷川博己が出演を見送った「禁断の愛憎」映画

アサジョ / 2016年09月24日09時59分

「ファインディング・ドリー」や「ONE PIECE FILM GOLD」などの注目作を抑え、夏の興行収入ランキング1位の映画「シン・ゴジラ」。同作において、日本政府のゴジラ対策チームを率いる主人公・矢口蘭堂を演じた俳優・長谷川博己は、数多くの名優を輩出してきた文学座出身で、故・蜷川幸雄氏の舞台などにも出演し演技力を磨いてきた。「これまでアラフォー俳優では、 [全文を読む]

日販×「シン・ゴジラ」コラボキャンペーン開催決定!オリジナルグッズを手に入れよう!

DreamNews / 2016年07月25日14時30分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、7月29日(金)に全国公開される話題の映画「シン・ゴジラ」の公開を記念したコラボレーションキャンペーンを、日販が運営するインターネット書店Honya Club.comならびに全国400書店で7月25日(月)より実施します。日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取 [全文を読む]

映画『ラブ&ピース』に声優出演!しょこたんが語る、園子温監督の魅力

AOLニュース / 2015年07月04日12時00分

「最初、園監督作品は『冷たい熱帯魚』(10)で入って「映画秘宝」でイラストも描かせていただきました。その後、まさか『TOKYO TRIBE』(14)に出られるとは思ってなくて、うれしすぎてオーダーメイドのトラックスーツを着て行きました(笑)。そして、園監督のある意味集大成的な『ラブ&ピース』に声優で出演できて、本当に夢みたいです」。 フランス人形の"マリア [全文を読む]

能年玲奈が「白目」姿を初公開!映画『海月姫』のオタクすぎるポスターが解禁!

Woman Insight / 2014年08月20日18時29分

能年玲奈さんが“くらげオタク”に大変身! 12月に公開される映画『海月姫』のポスタービジュアルが公開になりました! 原作ソックリなキャスト陣による“オタク”なビジュアルの完成度たるや……!! 『海月姫』は講談社『Kiss』で大人気連載中のコミックで、現在までに累計発行部数270万部突破(1~13巻)!! さらに、映画の公開日も12月27日に決定し、今回はな [全文を読む]

【情報解禁!】能年玲奈、実はチューチューおたく!映画『海月姫』出演にあたり恥ずかしい過去を告白

Woman Insight / 2014年04月17日05時00分

講談社『Kiss』で大人気連載中のコミック『海月姫』(現在までに累計発行部数270万部突破/1~13巻)が、2014年冬、実写映画化! そして気になるメインキャストも大決定! 本日ついに解禁!! “クラゲヲタク”の倉下月海(くらしたつきみ)役には、今や国民的人気女優となった能年玲奈さん。女装が趣味の美男子・鯉淵蔵之介(こいぶちくらのすけ)役には、人気&実力 [全文を読む]

「もう『相棒』の右京しかできない!?」水谷豊主演映画『HOME 愛しの座敷わらし』が大赤字

日刊サイゾー / 2012年07月06日08時00分

この映画も、彼の"ガス抜き"ができたと思えば安いものですよ」(映画関係者) 水谷豊が29年ぶりの単独映画主演を果たした『HOME 愛しの座敷わらし』が大赤字に終わったという。「もともとこの映画は、ホームドラマの製作が念願だった水谷さんが自ら映画化を熱望して、東映をはじめ、キャスティングに関してもいろいろなところに働きかけたそうです。もちろん、東映としては断 [全文を読む]

『セーラー服と機関銃』が“超”大コケも、橋本環奈に罪ナシ!? 制作側が無理くり主演に……

日刊サイゾー / 2016年03月09日00時00分

アイドルグループ・Rev. from DVLのメンバーで、「千年に1人の美少女」といわれる橋本環奈の主演映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』が5日に公開された。大人気のアイドルの初主演映画ということもあり、大きな注目を集めていたはずだが……。 公開2日間での興行成績は、なんと12位。トップ10入りすら果たせない“惨状”となってしまった。一部では「千年さんも [全文を読む]

【雪印メグミルク】ネオソフト×『セーラー服と機関銃 -卒業-』映画コラボキャンペーン平成28年3月5日(土)~平成28年5月8日(日)

@Press / 2016年03月03日15時30分

雪印メグミルク株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西尾 啓治)は、平成28年3月5日(土)より平成28年5月8日(日)の期間で、「ネオソフト×『セーラー服と機関銃 -卒業-』映画コラボキャンペーン」を実施いたします。 「ネオソフト」のCMキャラクターである橋本環奈さんが主演を務める映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』の公開を記念した、オリジナルグ [全文を読む]

フォーカス