自宅 長嶋茂雄に関するニュース

「長嶋家はもともとバラバラ、家族断絶」長嶋一茂が父との確執報道めぐり法廷で衝撃証言

リテラ / 2015年05月10日12時30分

長嶋茂雄が、2013年5月5日に東京ドームで行われた国民栄誉賞授与式の夜にまっすぐ田園調布の自宅に帰ったことを取材。自宅には家族がおらず、華やかな授与式の夜にお祝いの席も囲む会も開かれなかったとして、「長嶋家では、もはやごく普通の家族の光景を目にすることは望むべくもない」と長嶋家が家族崩壊を起こしていることを報じた。 これに対して一茂側は、こういった家族関 [全文を読む]

長嶋茂雄「怪物リハビリ・超過酷トレ」の最新現場!(2)土曜日のトレーニングは圧巻

アサ芸プラス / 2017年02月26日09時56分

ミスターを乗せたダークグレーのレクサスが、田園調布の自宅を出発する。04年3月に脳梗塞で倒れて以降、過酷なリハビリを繰り返す姿を13年にわたって見続けるスポーツジャーナリスト・吉見健明氏が語る。「専属の男性トレーナー(理学療法士)、広報担当者らと自宅近くにある多摩川台公園内のグラウンドに行き、50メートルほどの距離を10往復し、さらに公園下から自宅まで続く [全文を読む]

長嶋茂雄 「東京五輪で現場復帰」を目指すミスターの執念(3)巨人・松井監督を熱望している?

アサ芸プラス / 2015年01月20日09時56分

あとは、自宅が近い金子真人氏との交流だとかも‥‥」 金子真人氏といえば、競走馬の大馬主として知られ、ディープインパクトやアパパネ、デニムアンドルビーなどの所有馬は、大きな活躍を見せた。 そうした交流が関係しているのかどうかはわからないが、14年末の有馬記念(GI)が開催された中山競馬場の来賓室には、ミスターの姿が。プライベートで観戦に訪れたのだが、JRAの [全文を読む]

大の長嶋ファンだった大瀧詠一が実践 「長嶋茂雄になる」楽しみ方

太田出版ケトルニュース / 2014年03月17日10時43分

長嶋が現役を引退する時には、「自分はジャイアンツではなく長嶋ファンだったと気づいた」と語った彼は、その後監督としてチームに戻ってきた長嶋にも熱視線を送り続けていた そんな大瀧は、CS放送がまだ珍しかった90年代から、福生にある自宅にアンテナを何本も取り付け、関西ローカルの野球中継を録画したり、民放全局の夜のスポーツ番組をチェックしたりしていた。これは、長嶋 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松居一代 長嶋茂雄氏との2ショットで節約主婦から華麗に変身!

TechinsightJapan / 2016年12月18日20時12分

しかし先月から開始したオフィシャルブログを見ると、かなりの資産家であるはずなのに自宅で着ている衣類はかなり年季が入ったものばかりなのだ。 たとえば10年前にバーゲンの2段落ちで購入したという、3サイズくらい大きいスエットパンツ、そして穴が何か所も空いた靴下やスパッツ。靴下など、かかとがかなり大きく破れていても気にならないようだ。しかし外出するとなればTPO [全文を読む]

長嶋茂雄が引退セレモニーのスピーチで1つだけついた嘘とは

NEWSポストセブン / 2015年03月26日16時00分

数多くの巨人戦をラジオで実況し、自宅での練習に毎晩のように付き合っていた元ニッポン放送アナウンサーの深澤弘氏が、長嶋本人から引退の意志を告げられた時のことを語った。 * * * あれは9月の試合のない月曜日でした。長嶋さんに呼ばれて自宅に行くと、「オレはまだやろうと思えばやれると思うが、今年で引退する」と切り出して、悔しそうにこう続けたんです。 「野沢のオ [全文を読む]

「いいね!」信者のネット民は長嶋茂雄と松井秀喜を見習え!「頑張る私」は見せなくていい

AOLニュース / 2013年05月07日20時15分

ときには、自宅で寝ている松井に電話を掛け、長嶋監督の自宅地下室やホテルのスイートルームで素振りを行なうこともあったという。 この努力が実を結び、松井は押しも押されぬ球界のスラッガーに成長した。 だが、2人とも、極秘練習を重ねていることなど、おくびにも出さなかった。 松井氏が巨人を去り、メジャーに行く際に、初めてこの事実が明らかになったのだ。 それに引きかえ [全文を読む]

自宅に銃弾を撃ち込まれたパチスロ・パチンコ界の超大物、里見会長の富豪すぎる素顔とは

週プレNEWS / 2015年02月03日12時10分

1月14日未明、セガサミーホールディングス会長の里見治(はじめ)氏の自宅に、一発の銃弾が撃ち込まれた。里見氏は近年、カジノへの進出を公言しており、その利権絡みの発砲事件とも報じられた。 パチンコ・パチスロ業界関係者によると、里見氏は業界団体の新年会で「世間を騒がせてしまって申し訳ございません。このようなことが起きるなんて、身に覚えもございません」とユーモア [全文を読む]

ミスター&三奈VS.一茂 長嶋茂雄一家「骨肉の争い」5年半

WEB女性自身 / 2015年01月16日06時00分

大きな引き金となったのが’09年、田園調布の自宅に保管されていたミスターや亜希子夫人の愛用品などを、一茂氏が独断で売却した一件。その直後に発覚したのが「長嶋茂雄商標登録問題」だ。 それまで「オフィスエヌ」(現代表・三奈さん)が所有していた商標権を「ナガシマ企画」(現代表・一茂氏)に譲渡するというものだったが、これにオフィスエヌが猛抗議。互いが弁護士を立て [全文を読む]

長嶋茂雄「ポケットに隠しきった右手の真実」(2)キッチリ当ててはじき返した

アサ芸プラス / 2013年05月21日09時59分

同時に、筋力トレーニングもハードさを増しました」 極秘ティー打撃が行われたのは、田園調布の自宅地下に設けられた、いわゆるバットスイング室ではないかと言われる。かつて現役時代の松井氏を呼んで素振りさせた特別な部屋。自宅には24時間体制で理学療法士がついているといい、安心だからだろう。 実はミスターは人前でこそ右手を見せないが、毎朝の日課となっている散歩の際は [全文を読む]

フォーカス