長女 長嶋茂雄に関するニュース

ミスター&三奈VS.一茂 長嶋茂雄一家「骨肉の争い」5年半

WEB女性自身 / 2015年01月16日06時00分

長嶋家には上から一茂氏、一般人の長女、三奈さん、元レーサーの次男の4人の子供がいる。’04年にミスターが倒れたあとも長嶋家を支えていたのは亜希子夫人で、夫人が代表を務めた「オフィスエヌ」が、長嶋家の資産と権利を管理していた。ところが’07年9月、亜希子夫人が急逝すると、一家の絆は少しずつ綻びを見せていく。 大きな引き金となったのが’09年、田園調布の自宅 [全文を読む]

有名人家族「骨肉の修羅」全真相(1) 「長島茂雄」商標で一茂と美奈の抗争激化

アサ芸プラス / 2012年01月27日10時59分

長女や元レーサーとして知られる次男の長島正興氏も、それぞれの生活もあり、対立する2人には、あまり関わろうとはしていないようです」 ミスターの望みどおり、恩讐を越えて長嶋家が再び一つにまとまる日は訪れるのだろうか? この続きは全国のコンビニ、書店で発売中の『週刊アサヒ芸能』でお楽しみ下さい。 [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(8)父・利が最期に遺した言葉

アサ芸プラス / 2016年12月09日12時56分

長女の春枝さんがホームで大泣きしていたのを覚えています」 長源寺の葬儀に参列した人たちは、ちよのことを心配したが、終始気丈だった。「どんなことがあっても、茂雄は絶対に大学を卒業させます‥‥」 ちよの行商は、葬儀の翌日から巨人入団の日まで、毎日つづくことになるのである。松下茂典(ノンフィクションライター) [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(6)阪神の藤村富美男に憧れた

アサ芸プラス / 2016年12月07日12時56分

長女・春枝、長男・武彦、次女・藤枝に次ぐ四番目の末っ子だった。 長嶋は誕生日について聞かれると、決まってジョークを飛ばす。「生後6日目に日本中を震撼させた二・二六事件が起きるんです。あの日は、たしか雪が降っていましたよ、はい(笑)」 2600グラムと小さかった赤ん坊は、印旛沼のほとりですくすく育つ。南風が吹くと、沼の水が北へ北へと押しやられ、土が剥き出しに [全文を読む]

「ミスター・長嶋茂雄」を育んだ佐倉ものがたり(5)母・父から継いだ運動神経

アサ芸プラス / 2016年12月06日12時56分

「姉のちよは5人姉弟の長女で、末っ子のわたしとは年の差が17もあります。姉が24歳のときですから、1926年だったと思います。親戚の人が見合い話を持ってきましてね。豆腐屋の利さんのところへお嫁に行くかといわれてお見合いをしたんです。話はトントン拍子に進み、結婚式の日は羽織袴を着た利さんが人力車を伴って迎えに来ました。当時の結婚式はお祭りみたいなもんですから [全文を読む]

長嶋茂雄と一茂“父子の骨肉の争い“が継続!? 正月放映の特番でも...

リテラ / 2015年01月06日08時30分

長嶋には他に長女と次男もいるが、この2人は一般人のため表に出てこないのは分かる。しかし現在でもタレント・スポーツキャスターとしてテレビに頻繁に出演している一茂がドキュメンタリーに出てこないばかりか、番組内で名前さえ一切出てこない、触れられさえしなかったのはあまりに不自然だろう。 実は、そこには長年にわたる長嶋一家の対立があった。茂雄、三奈の父娘vs一茂夫婦 [全文を読む]

野際陽子さん追悼「須藤甚一郎の偏見自在」

日刊大衆 / 2017年06月16日06時05分

2年後に長女で現在女優として活躍している真瀬樹里(42)を出産した。 その頃から夫・千葉真一は、活動拠点をアメリカに移し、アクション役者として活躍した。千葉は、妻・野際さんもアメリカにくることを希望したが、野際さんは「それはできないわよ」と断り続け、別居結婚が始まった。特に問題はなかったようだが、時間が経つにしたがって、「千葉真一には、ガールフレンドがいる [全文を読む]

子供のために?芸能界引退する江角マキコの”苦しい言い訳”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月02日07時05分

江角は2014年に自身のブログで、“長女が幼稚園時代にママ友たちからイジメを受けた”という内容の記事を投稿。これに対し、そのママ友とされる人々は猛反発し、「江角は、むしろ加害者だった」という反論を週刊誌で激白している。 さらには、江角がマネジャーに頼み、自身の子供と同じ学校に通う子供を持つ長嶋一茂宅の壁に「バカ息子」などの中傷的な落書きをさせた疑いも浮上 [全文を読む]

マツコ&有吉は知らない(7)「角界仰天エピソード」

アサ芸プラス / 2013年01月25日09時59分

長男は一徹、長女は明子。親方の本名は保志ですから、まるで『巨人の星』。今は夫婦仲も円満です」 [全文を読む]

フォーカス