夫人 長嶋茂雄に関するニュース

プロ野球選手の「女王妻」ランキング(3)

アサ芸プラス / 2012年02月09日10時59分

楚々とした大和撫子では決して務まらない、超一流と言われるスーパースターの妻たちの恐るべき「亭主操縦術」に迫る! * 「あげまん」ランクでも1位の落合信子夫人は伝説のデパートだ。 2人が知り合ったのは、落合がプロ入りして2年目の頃。まだ二軍でくすぶっていた落合を叱咤激励し、3年目に首位打者、4年目に最初の三冠王を獲らせた。長年、落合を間近で見てきたスポーツ紙 [全文を読む]

ミスター&三奈VS.一茂 長嶋茂雄一家「骨肉の争い」5年半

WEB女性自身 / 2015年01月16日06時00分

’04年にミスターが倒れたあとも長嶋家を支えていたのは亜希子夫人で、夫人が代表を務めた「オフィスエヌ」が、長嶋家の資産と権利を管理していた。ところが’07年9月、亜希子夫人が急逝すると、一家の絆は少しずつ綻びを見せていく。 大きな引き金となったのが’09年、田園調布の自宅に保管されていたミスターや亜希子夫人の愛用品などを、一茂氏が独断で売却した一件。その直 [全文を読む]

松井秀喜 巨人軍入閣オファーもNY妻が「絶対イヤ!」

WEB女性自身 / 2013年05月14日07時00分

長嶋家は、亡き亜希子夫人に代わり二女の三奈(44)が付き添った。しかし、その場に8歳年下の松井夫人の姿はなかった。 「巨人側からの要請もあって、松井さん自身も夫人に式典への参加をお願いしたようですが、断られたようです」(スポーツ紙記者) 実は’08年に結婚する際に、松井は夫人といくつかの約束を交わしているという。 「その一つが『いかなる場合でも、絶対に夫人 [全文を読む]

「長嶋家はもともとバラバラ、家族断絶」長嶋一茂が父との確執報道めぐり法廷で衝撃証言

リテラ / 2015年05月10日12時30分

Aさんとはミスターの妻である故・亜希子夫人の弟の妻。ミスターからすれば義理の妹にあたる人物で、07年に亜希子夫人が亡くなってからは、茂雄氏の身の周りの世話をしているという。 「Aさんと一茂の対立が表面化したのは09年。茂雄氏の肖像権や資産管理をめぐる両者のトラブルが週刊誌で相次いで報じられました。すぐ後には、田園調布の長嶋邸で保管されていたミスターゆかり [全文を読む]

長嶋茂雄一族も“後妻”トラブル!? ミスター利権をしゃぶる謎の“おばさん”とは?

サイゾーウーマン / 2015年01月30日13時00分

それは妻・亜希子夫人を先に亡くした茂雄の身の回りの世話を焼く、亜希子夫人の弟の妻、つまり義理の妹だといいます」(同) 今月28日には、先の無断売却に関する報道をめぐり、一茂と「週刊新潮」(新潮社)の裁判が東京地裁で開かれたが、一茂が提出した陳述書には「07年9月に母が亡くなってから、おばさん(Xさん)の態度が豹変しました」「おばさんは父に対して、圧倒的な影 [全文を読む]

長嶋茂雄と一茂“父子の骨肉の争い“が継続!? 正月放映の特番でも...

リテラ / 2015年01月06日08時30分

争いが表面化したのは長嶋夫人の亜希子さんが亡くなった2年後の09年6月、差出人「長嶋茂雄」名で1通の通知書がマスコミ各社やスポンサーに送りつけられたことだった。そこには、「長嶋茂雄の肖像権管理、商品化権、広告宣伝活動及び出演活動につきまして」「従来は有限会社ナガシマ企画が関与する事もありましたが、平成21年6月15日から、改めて上記通り株式会社オフィス・ [全文を読む]

原辰徳、落合博満になぜか子役時代の坂上忍まで…! プロ野球選手名盤レコード大賞【前編】

週プレNEWS / 2016年12月30日06時00分

ベスト盤を出すほどあまたある落合ソングのなかでも出色は、信子夫人とのこのデュエットソング。落合が「男一匹・嵐に向かう~」と歌えば、信子夫人は本職の演歌歌手のように見事なコブシを利かせた美声で「女一匹・ついて行く~」と続けるブリリアントな一曲。 リリースは86年オフ。ちょうどロッテを離れ、中日に移籍する頃、のんきに…いや、けなげにデュエットしていたのだ。 ● [全文を読む]

長嶋茂雄 「東京五輪で現場復帰」を目指すミスターの執念(1)正月特番で壮絶なリハビリ風景が…

アサ芸プラス / 2015年01月20日09時54分

亜希子夫人(07年9月に死去)が64年の東京五輪のコンパニオンだったことも、五輪への思いを強くする一因だ。過酷なリハビリに耐え続けるのは、その執念によるものだが、体調、後遺症、体力などの面で、現実的にはどうなのか。 「サインを出すという問題があります。右手を自由に動かせるようになれば、ユニホームを着ることも可能ですが、はたしてどうか。しかも五輪は首脳陣の数 [全文を読む]

清原和博 薬物報道で球界&TV界から総スカンの苦境生活

アサ芸プラス / 2014年05月09日09時58分

刃物を持って亜希夫人を追いかけ回したことも──。 清原和博氏(46)にまつわる「週刊文春」のこうした報道以降、球界では総スカン状態だという。「フライデー」誌上で糖尿病の症状であるとの反論を展開したものの、一度ついたマイナスイメージを払拭するのは至難の業のようだ。球界OBが明かす。 「名球会では今、あの薬物疑惑が大問題になっている。『あんなヤツを名球会に置い [全文を読む]

有名人家族「骨肉の修羅」全真相(1) 「長島茂雄」商標で一茂と美奈の抗争激化

アサ芸プラス / 2012年01月27日10時59分

「もともと“長嶋茂雄”の商標登録は、茂雄氏の妻で07年に亡くなった亜希子夫人のあとを引き継ぐ形で三奈さんが代表取締役を務める『オフィスエヌ』が取得していました。その期限が切れたタイミングでしたからね。『ナガシマ企画』のアクションは、明らかに計画的だったとしか思えません」(前出・関係者) ミスターは「三奈サイド」 そうした中、茂雄氏は脳梗塞で倒れた際にテレ [全文を読む]

フォーカス