映画 堤真一に関するニュース

『プリンセス トヨトミ』チームによる新作映画、次は「ノブナガ」!

NeoL / 2016年06月28日07時52分

大阪城を真っ赤に染め上げ、大きな話題を生み、興行収入 16.2 億円の大ヒットを記録した映画 『プリンセス トヨトミ』(2011 年 5 月 18 日公開)。その製作・出演チームが再集結し、完全オリジナルストーリーで新作映画を製作することが決定! 舞台は現代の京都、結婚という人生の岐路に立つ主人公・繭子が、ふとしたきっかけで宿泊することになる「本能寺ホテル [全文を読む]

<公開11日で5,702,000円の支援を達成>堤真一、尾野真千子、玉木宏の豪華キャストを迎え日本最高記録に挑戦中の映画プロジェクトが『MeeT@UP(ミータップ)』で躍進中!

@Press / 2013年08月07日13時00分

株式会社インフォトップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:新田啓介)が、7月23日にリリースした、クラウドファンディングサイト『MeeT@UP(ミータップ)』の第一弾プロジェクトとして公開されている『映画「神様はバリにいる」映画製作プロジェクト』が、公開11日間で目標調達金額1,500万円の1/3以上に当たる支援金570万円超えを達成しました。支援者は180 [全文を読む]

長澤まさみはエロス担当!? 映画「海街diary」リリー・フランキー×是枝監督トークイベントレポート

Woman Insight / 2015年06月22日15時00分

綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんという人気女優たちが姉妹役を演じる映画『海街diary』。 すでに101か国の配給が決定、北米配給も、早々にソニー・ピクチャーズ・クラシックスに決定したことも世界的なニュースとなるなど、国内外を問わず大きな話題を集めています。 ★速報はコチラ→ 【速報】カンヌ帰国後初!広瀬すず他、4姉妹が艶やかな浴衣姿 [全文を読む]

【速報】大泉洋が、戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林ら個性あふれる女優陣に囲まれ爆笑会見

Woman Insight / 2015年02月18日15時57分

江戸時代の離婚は現代の2倍……!? 江戸時代の駆込寺である東慶寺を舞台に、離縁調停人が“ワケあり女たち”の人生再出発をお手伝いする人情エンターテインメント、映画『駆込み女と駆出し男』が、5月16日に全国公開! 映画公開に先駆け、2月18日(水)、東京都内で、映画『駆込み女と駆出し男』完成報告会見を行い、主演の大泉洋さんをはじめ、戸田恵梨香さん、満島ひかりさ [全文を読む]

神々が宿る感謝の島バリが舞台のご利益ムービーコラボ企画!『ワタベウェディング』×映画『神様はバリにいる』「バリウェディング」に関するアンケート実施

PR TIMES / 2015年01月16日18時11分

~抽選で「神様はバリにいる」映画観賞券を20組40名様にプレゼント~ ワタベウェディング株式会社【本社:京都府京都市、資本金41億7,637万2,000円、東証第一部上場、代表取締役 花房伸晃】は、李闘士男監督新作映画「神様はバリにいる」(1月17日より公開予定)の公開を記念し、「バリウェディング」に関するアンケートを実施いたします。アンケートにご協力頂い [全文を読む]

綾瀬はるか 主演映画「本能寺ホテル」パクリ騒動だけじゃない「大揺れ事案」とは?

アサ芸プラス / 2017年02月04日17時57分

昨年公開の大作映画「海賊とよばれた男」(東宝)でヒロインを演じ、1月21日からは主演ドラマ「精霊の守り人 悲しき破壊神」(NHK)がスタートした綾瀬はるか(31)。押しも押されもせぬ人気女優だが、最新主演作に思わぬところからケチがついて‥‥。 1月14日に公開された綾瀬の主演映画「本能寺ホテル」(東宝)。水面下で勃発していた“パクリ騒動”の経緯について、映 [全文を読む]

是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー

NeoL / 2015年06月16日16時56分

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという日本映画を代表する若手女優が四姉妹を演じた話題作『海街diary』。古都・鎌倉を舞台にしたこの物語を映像化するにあたり、是枝監督にはこんな思いがあったという。音楽を依頼した相手は、アニメーションから実写映画、ポップス、CMまで幅広いジャンルで活躍する菅野よう子。今回が初参加となる是枝組で、「光と影が拮抗する物語で [全文を読む]

【続報・写真たっぷり】綾瀬はるか「○○は刺激的だった…!」と告白。映画「海街diary」長澤まさみ、夏帆、広瀬すずが登場!

Woman Insight / 2015年06月10日21時30分

カンヌ国際映画祭にも出品され、いよいよ今週13日に公開を迎える映画『海街diary』の大ヒット祈願イベントが、6月9日に、この作品の舞台でもある 鎌倉・長谷寺にて行われました。 イベントには、綾瀬はるかさん、長澤まさみさん、夏帆さん、広瀬すずさんが、劇中でも着用した浴衣姿で登場! ★速報はコチラ→ 【速報】カンヌ帰国後初!広瀬すず他、4姉妹が艶やかな浴衣姿 [全文を読む]

共演者と次々熱愛報道の蒼井優の「弱点」…破局後に相手男性が次々結婚の謎

Business Journal / 2016年11月22日12時00分

石崎は映画初出演にして、12月3日に公開される映画『アズミ・ハルコは行方不明』(ファントム・フィルム)で蒼井の相手役を務めた。 一方で、この蒼井の浮名は、映画やドラマの宣伝に利用されている面があるという声も、メディア関係者の間では話題になっている。スポーツ紙記者は言う。 「今回の熱愛報道では、熱愛そのものより、蒼井さんのくわえタバコでスポーツカーを運転して [全文を読む]

「台本は読んでこないけれど……」各方面から絶賛されるAKB48・指原莉乃の“女優力”

日刊サイゾー / 2013年07月19日11時00分

先日公開された映画『俺はまだ本気出してないだけ』に出演しているHKT48の指原莉乃。これまで4本の映画に出演しているが、どの作品も「指原だから」という理由で起用されているという。 「特に、『俺まだ』の福田雄一監督が彼女を絶賛していて、『将来は女優業に専念するべきだ!』とベタ褒めしています。実際、ドラマを含めると、監督の作品に出るのは5作目ですしね。秋元(康 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】浅野忠信と加瀬亮の“師弟ツーショット”に「こういう写真まってました!」

TechinsightJapan / 2017年01月19日15時01分

遠藤周作の小説『沈黙』を映画化した『沈黙 -サイレンス-』のジャパンプレミアが1月17日に行われ、2人もキャストとして舞台あいさつに登壇した。その合間の貴重な1枚に「ぎゃーーー! 加瀬さんひさびさ!! かっこいい!!」「大好きなお二人」「ありがとうございます。こういう写真まってました~」とテンションの上がるフォロワーが続出している。 映画『沈黙 -サイレン [全文を読む]

綾瀬はるか、“天然”コメント連発に「あざとすぎる」

日刊大衆 / 2016年12月17日23時00分

12月12日、女優の綾瀬はるか(31)が主演を務める映画『本能寺ホテル』の完成報告会見に出席した。 同作は、「本能寺の変」の前日にタイムスリップしてしまった女性が、織田信長らと出会うという物語で、2011年に公開された映画『プリンセス・トヨトミ』のスタッフとキャストが再集結した歴史エンターテインメント。 信長を演じた俳優の堤真一(52)は、炎に囲まれたシー [全文を読む]

松坂桃李の「霊感ある」発言はなぜスルーされてしまったのか

NEWSポストセブン / 2015年06月03日07時00分

日本テレビ『PON!』のエンタメ情報コーナーで、役所広司とともに新作映画『日本のいちばん長い日』のPRで出演した松坂は「霊感があるらしい」という話を始めたのだ。 映画は1945年、戦争を終結すべきか、本土決戦に突入するか閣議が紛糾する中、役所演じる陸軍大佐らが苦悩の中で決断を下すという歴史大作。松坂は、終戦に反対し、クーデターを計画する青年将校を熱演してい [全文を読む]

「やっぱり映画っていいなあ」 ー神様はバリにいるー

アサ芸プラス / 2015年01月17日09時54分

関西弁でまくしたてる堤真一(兵庫県出身)のアクの強いキャラクターが、映画を引っ張る。最近でも宝くじのCMで真木よう子との珍妙なやり取りが笑わせてくれたが、ここでも尾野真千子相手に繰り広げる丁々発止がおかしい。尾野も“関西ネイティブ”なので、負けずにボケ・ツッコミで、おバカをやるあたりは、コメディエンヌの素質ありと見たね。 原案はサクセスハウツー本としても [全文を読む]

『あまちゃん』橋本愛が「性格悪い」「ヤンキーキャラ」といわれるワケ

サイゾーウーマン / 2013年07月31日16時30分

ただし、映画『桐島、部活やめるってよ』については話しだしたら止まらなくなってましたし、女優という仕事への熱意は人一倍あるとも感じました」(映画ライター) これ以外にも彼女のプロ意識を褒める関係者は多い。 「橋本は2010年の映画『告白』で、クラス委員の少女を好演しました。これで彼女のことを知った業界関係者も多いんですが、当時からプロ意識はしっかりしていると [全文を読む]

星野 源、自身出演の映画『地獄でなぜ悪い』主題歌を10月に発売

okmusic UP's / 2013年07月31日14時00分

同曲は星野自身も出演する映画『地獄でなぜ悪い』(監督:園子温/9月28日公開)の主題歌で、CDは2曲入り630円(税込)、初回生産限定盤のみDVD付、スリーブケース仕様となる。 映画と同名となる「地獄でなぜ悪い」は、園監督からのオファーを受けて星野が書き下ろした新曲で、レコーディングは活動休止前に行なわれていた。また、今回は星野の「面白いのでぜひ聴いて欲し [全文を読む]

「仕事を選んでいる場合じゃない?」鈴木京香が元恋人・堤真一との共演を決断した理由

日刊サイゾー / 2012年04月28日08時00分

これまで映画を中心に活躍してきた女優の鈴木京香だが、昨年は、NHKで放送され話題となった同タイトルドラマを映画化した主演映画『セカンドバージン』が大コケ。今年1月から放送されたジャニーズ事務所のアイドルグループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介とW主演した連続ドラマ『理想の息子』(日本テレビ系)もふるわなかった。「『セカンドバージン』は公開直前、共演 [全文を読む]

堤真一「共演NGの大物俳優」の名前を明かす!

日刊大衆 / 2017年01月17日18時00分

次にこの話を聞いた後藤が「役者で先輩で怖いなー、っていうのは誰なんですか?」と聞いたのだが、堤は佐藤浩市(56)の名前を挙げ、「『犬死にせしもの』っていう映画があったんですけど、あのとき真田広之さん(56)の付き人だったんです。で、共演してるのが広之さんと佐藤浩市さんと平田満さん(63)で、途中からどっちの(真田か佐藤か)付き人してるか分かんないぐらい浩 [全文を読む]

蒼井優、オダギリジョーと密室2人きりに“地獄”発言で「天国だろ」の声 近親相姦で新たなエロス開眼?

おたぽる / 2016年07月17日12時00分

9月17日公開予定の映画『オーバー・フェンス』の完成披露試写会が行われ、主演を務めたオダギリジョーや蒼井優など、主要キャスト陣と山下敦弘監督が登壇したのだが、約10年ぶりにオダギリと共演したという蒼井が、10年前を振り返ったエピソードを披露した際には、オダギリファンの間で波紋の声が広がったようだ。 蒼井とオダギリは、2007年に公開された映画『蟲師』で共演 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】又吉直樹『火花』を堤真一が朗読。「泣いて読めない」と思った場面も。

TechinsightJapan / 2015年10月06日19時25分

映画などでその演技を観て「鬼気迫るというか重厚感のあるという意味での怖さを感じる」と、『火花』に登場する2人の中にある“ヘタなこと言うたら怒られるな”ということを感じさせてくれるような「僕が怖いと思う人」として堤が浮かんだらしい。 『火花』を朗読した堤は「最後の漫才の部分は特に、泣いて読めないかもしれないなと思いました。でも監督には、楽しんでくださいと言わ [全文を読む]

フォーカス