結婚 渡瀬恒彦に関するニュース

若い人は意外と知らない!?実は元夫婦だった芸能人ビッグカップル!【パート2】

日本タレント名鑑 / 2015年11月21日09時56分

1975年に共演したことから意気投合し、1978年に結婚。しかし、すでに中尾さんは1970年に女優の茅島成美さんと結婚しており、既に子どももいる状態でした。 茅島さんの若い頃は、肉感的でセクシー、その後は金八先生シリーズの国井先生なども演じられました。近年は『大好き!五つ子』のおばあちゃんなど、ふんわりした典型的なおばあちゃま役を演じることが多いようです。 [全文を読む]

渡瀬恒彦さん 闘病中駆けつけていた元妻・大原麗子さんの法要

WEB女性自身 / 2017年03月25日06時00分

「73年に大原さんと結婚したころから渡瀬さんは、役者として上昇気流に乗りはじめました。東映専属だったので、京都の東映撮影所での仕事が多くなっていたんです。そこで彼は大原さんに、京都に生活の場を移し、夫婦一緒に暮らそうと提案しました。でも既に人気女優だった大原さんの仕事場は、主に東京のテレビ局や撮影所。役者をやめて京都住まいをするというのは、さすがに無理だ [全文を読む]

TBSで渡瀬恒彦さん追悼番組決定「十津川警部シリーズ」第42弾を再放送

Smartザテレビジョン / 2017年03月22日14時15分

大造は数年前の不正献金事件で議員を辞職したが、今も大きな力を持っており、大造の秘書・朝倉伸夫(猪野学)が、咲子の姉・美也子(原田佳奈)と結婚して跡を継ぐことも決まっていた。 しかし十津川の問いに、大造と美也子は「イヴは咲子ではない」とそろって断言。咲子の高校時代の恩師・山本京平(藤田宗久)だけが本人だと証言するが、やがて山本は遺体となって発見される。 さ [全文を読む]

現場で国会議員を一喝! “ケンカ最強”故・渡瀬恒彦さんの知られざる武勇伝

日刊サイゾー / 2017年03月18日11時00分

『仁義なき戦い』シリーズなどのヤクザ映画やアクション映画で活躍し、73年にはトップ女優・大原麗子と結婚(のちに離婚)。数多くの作品に出演し、主役でも脇役でも光る俳優といわれた。 3月2日に行われた出演ドラマ『そして誰もいなくなった』(テレビ朝日系)の制作発表を欠席していた渡瀬さん。このとき関係者は「スケジュールの都合」と説明したが、体調不良がささやかれてい [全文を読む]

渡瀬恒彦さん、72歳で死去 映画、ドラマで幅広く活躍

エンタメOVO / 2017年03月16日14時41分

女優の故大原麗子さんと73年に結婚し、その後離婚した。 [全文を読む]

渡瀬恒彦の芸能界最強伝説 スタントマン使わず複雑骨折も

NEWSポストセブン / 2016年05月26日07時00分

危険なロケでも基本的にスタントマンを使わず演じ切り、映画『北陸代理戦争』の撮影ではジープの下敷きになり、複雑骨折で全治2か月の重傷を負うなど、数々の“武勇伝”を持つ男です」(前出・ベテラン芸能記者) 私生活では、1973年9月に当時大人気だった女優・大原麗子さん(享年62)と結婚したが、4年半で離婚。その翌年、一般人女性と結婚し、1男1女をもうけた。 昨年 [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「大原麗子」“親友が明かした晩年の精神状態”

アサ芸プラス / 2015年08月06日17時57分

鹿沼は日活映画の名作に出演し、共演を機に俳優・古尾谷雅人と結婚。それが大原と親しくなったきっかけでもあった。「麗子さん主演の『さりげなく憎いやつ』(82年、TBS系)で共演したんです。実は私、よく声や雰囲気が似ているって言われていたの。それもあって親しくなったら、麗子さんに『彼氏はいるの?』って聞かれて、古尾谷の名前を出したんです」 とたんに大原は、注目 [全文を読む]

「9係」最終回で倫子がパリへ! 直樹との結婚は?

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日06時00分

本筋のストーリーはもちろん、二人の結婚の行方も温かく見守りたい。 [全文を読む]

女優・大原麗子の情念、野生的な麗子が魅力的だった

アサ芸プラス / 2013年03月19日10時00分

麗子が出演した「不良番長 手八丁口八丁」(71年)の撮影時は、すでに2人は「結婚前提」の仲になっていた。 後年、内藤は梅宮から渡瀬の武勇伝を聞く。 「六本木で梅宮や渡瀬、麗子や安岡力也が連れ立って飲んでいたんですよ。すると麗子にちょっかいを出そうとしたサラリーマンがいて、すぐに渡瀬が“助け”を出したと」 また麗子も「野獣会」の出身らしく、ケンカの場面になる [全文を読む]

名作ドラマ&漫画「最終回のヒミツ」(2)「もう一度見たいドラマ」 1000人アンケート

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時54分

蛍(中嶋朋子)は不倫相手の子供を産むが、それを承知で、幼なじみの正吉くん(中澤佳仁)と結婚する。 6位にはホームドラマの嚆矢となった「時間ですよ(第1部)」(TBS・70年)。サラリーマンの1人息子・一郎(松山英太郎)は転勤で嫁・芙美(松原智恵子)とともに「松の湯」を去る。女将・まつ(森光子)と主人・祥造(船越英二)の2人がしみじみと語り合う。 7位の「1 [全文を読む]

フォーカス