現在 渡辺恒雄に関するニュース

渡辺恒雄氏抗議のドラマ『運命の人』 主人公のモデルも激怒

NEWSポストセブン / 2012年02月10日07時00分

読売新聞グループ本社会長・渡辺恒雄氏(85才)が、現在放送中のドラマ『運命の人』(TBS系)に大激怒している。 このドラマでは、本木雅弘(46才)がその密約を曝く毎朝新聞のエース記者・弓成亮太を演じ、大森南朋(39才)がそのライバルである読日新聞の記者・山部一雄を演じている。この清潔な正義記者である弓成と、ゆすりたかりの悪徳記者の山部の対立が、複雑に絡み合 [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<渡辺恒雄・読売新聞主筆>衰えない球界への影響力

アサ芸プラス / 2016年09月20日05時56分

現在、巨人とは一線を画しているはずだが、いまだに球団への影響力は絶大だ。「7月7日、東京ドームで阪神戦を観戦したナベツネさんは試合後に『(惨敗は)由伸の責任じゃないからな! フロントだよ。補強してないんだから』と怒りをぶちまけました。このコメントはポーズではなく、後日、実際に堤辰佳GMを呼び出して大目玉を食らわせているんです。GMの顔からは精気が失われてい [全文を読む]

長嶋一茂と江角マキコが和解!? その裏で流れた仰天サプライズとは?

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

「実は、騒動の最中に、一茂に再び巨人のユニフォームを着せよういう動きがあったというんです」(芸能記者) 現在、一茂には巨人の野球振興アドバイザーという肩書きがついているが、 「渡辺恒雄球団会長は契約通り、来季まで原監督の続投を表明し、その間に後継者を決めようと算段しています。かつては江川卓氏や落合博満・中日GMの名前が浮上していましたが、現在は松井秀喜氏 [全文を読む]

facebookも危険!? 日本人にも迫る、CIAの恐怖の陰謀とは?

ハピズム / 2013年07月22日21時00分

現在では、このような高名な政治家や企業家を買収しなくても、インターネットが発達した現在、情報操作は簡単になっている。情報隠蔽なんか、ネットで煽ったり偽情報をながしたりすればいくらでもできてしまう時代。だから有名人でなくてもよくなった」(事情通A氏) つまり、一般人でもCIAである可能性があるということだ。最終的な彼らの仕事は、アメリカが儲かるかどうかの情 [全文を読む]

哲学科出身・経営トップの「座右の書」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

世界をまたいでビジネスを展開する時代だからこそ、武士の基本的な考えというものが、現在の日本の経営の根底にどう通じているのかを考えながら読むという手もあるだろう。 ビジネスマンにとって、哲学書は難解なイメージがあり、とっつきにくいもの。読むことでなにか恩恵はあるのだろうか。前出の森本氏は、経営者として必要な2つの力が身についたという。 「最大の恩恵は、視野 [全文を読む]

元文春編集長・花田紀凱が語る『週刊文春』スクープ独占の理由! ~暴走老人対談・康芳夫~

tocana / 2016年04月05日18時00分

その男とは、現在、日本中のセレブリティたちを狙撃し続ける『週刊文春』の元編集長にして現在は右サイドから日本を刺激し続けるオピニオン誌『WiLL』の編集長、そして《文春スクープ帝国》の礎を築いた“元祖超攻撃的編集者”花田紀凱である。50年の時を経て、今も昔も“絶対に敵に回したくない恐怖のタッグチーム”による《初対談企画》がここに実現したのである……!【その他 [全文を読む]

ナベツネは「天皇制打倒」の元共産党員だった! 保守系路線に鞍替えした理由とスパイ疑惑とは?

tocana / 2016年03月16日09時00分

1945(昭和20)年4月、渡辺は現在の東京大学である、東京帝国大学文学部哲学科に入学する。太平洋戦争で徴兵され、この時代の軍隊生活の例に漏れず、上官から殴る蹴るの暴行を受けた。 その年の8月、日本が敗戦すると、渡辺は復学。東大のキャンパスに戻ってみると、保守政党から社会党まで「天皇制護持」だったが、共産党だけが「天皇制打倒」を宣言していた。軍隊での暴行 [全文を読む]

ポスト原辰徳の最右翼は松井秀喜 中畑清や落合博満の名前も

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

1人はなんと巨人生え抜きOBながら現在は横浜を率いる中畑清監督の一本釣りだという。 「万年Bクラスの横浜を首位争いさせている手腕はもちろん、魅力的なのはその集客力。営業面にも強いというのは大きなアドバンテージです。単年契約だから契約上の問題はないし、そのうえ横浜には、高田繁GMや吉田孝司スカウト部長など、巨人OBがフロントに多い。太いパイプがある」(スポー [全文を読む]

【白球つれづれ】老オーナーの執念

ベースボールキング / 2017年04月10日19時07分

チームにとって貯金生活は14年以来実に3季ぶりなら10日現在のリーグ順位も楽天に次ぐ2位でこちらも3年ぶりだ。地獄から天国。ジェットコースターのような10日間となった。◆ 最も優勝から遠ざかっているチーム 96年の日本一を最後に低迷が続いている。昨年、広島がペナントを手にしたことにより12球団で最も優勝から遠ざかっているチームだ。この体たらくにはオーナー [全文を読む]

オープン戦最下位の巨人 開幕にむけて「隠し球」あり!

J-CASTニュース / 2017年04月01日12時00分

開幕は菅野でなくマイコラス 2年目の高橋監督が現在その立場にある。 「化学反応」 こんな球界には聞き慣れない単語を使って健闘を誓った。 「現有戦力、新戦力、若い力、それらの全ての力を化学反応させることで、選手とチームが成長、進化し続ける1年にできればと思っている」 どう化学反応するかは今後の期待だが、オープン戦の勝率2割6分3厘は、ファンをやきもきさせる [全文を読む]

フォーカス