現在 渡辺恒雄に関するニュース

渡辺恒雄氏抗議のドラマ『運命の人』 主人公のモデルも激怒

NEWSポストセブン / 2012年02月10日07時00分

読売新聞グループ本社会長・渡辺恒雄氏(85才)が、現在放送中のドラマ『運命の人』(TBS系)に大激怒している。 このドラマでは、本木雅弘(46才)がその密約を曝く毎朝新聞のエース記者・弓成亮太を演じ、大森南朋(39才)がそのライバルである読日新聞の記者・山部一雄を演じている。この清潔な正義記者である弓成と、ゆすりたかりの悪徳記者の山部の対立が、複雑に絡み合 [全文を読む]

これが「日本のドン」の闇豪腕だ!<渡辺恒雄・読売新聞主筆>衰えない球界への影響力

アサ芸プラス / 2016年09月20日05時56分

現在、巨人とは一線を画しているはずだが、いまだに球団への影響力は絶大だ。「7月7日、東京ドームで阪神戦を観戦したナベツネさんは試合後に『(惨敗は)由伸の責任じゃないからな! フロントだよ。補強してないんだから』と怒りをぶちまけました。このコメントはポーズではなく、後日、実際に堤辰佳GMを呼び出して大目玉を食らわせているんです。GMの顔からは精気が失われてい [全文を読む]

長嶋一茂と江角マキコが和解!? その裏で流れた仰天サプライズとは?

アサ芸プラス / 2014年12月01日09時59分

「実は、騒動の最中に、一茂に再び巨人のユニフォームを着せよういう動きがあったというんです」(芸能記者) 現在、一茂には巨人の野球振興アドバイザーという肩書きがついているが、 「渡辺恒雄球団会長は契約通り、来季まで原監督の続投を表明し、その間に後継者を決めようと算段しています。かつては江川卓氏や落合博満・中日GMの名前が浮上していましたが、現在は松井秀喜氏 [全文を読む]

facebookも危険!? 日本人にも迫る、CIAの恐怖の陰謀とは?

ハピズム / 2013年07月22日21時00分

現在では、このような高名な政治家や企業家を買収しなくても、インターネットが発達した現在、情報操作は簡単になっている。情報隠蔽なんか、ネットで煽ったり偽情報をながしたりすればいくらでもできてしまう時代。だから有名人でなくてもよくなった」(事情通A氏) つまり、一般人でもCIAである可能性があるということだ。最終的な彼らの仕事は、アメリカが儲かるかどうかの情 [全文を読む]

哲学科出身・経営トップの「座右の書」

プレジデントオンライン / 2017年05月20日11時15分

世界をまたいでビジネスを展開する時代だからこそ、武士の基本的な考えというものが、現在の日本の経営の根底にどう通じているのかを考えながら読むという手もあるだろう。 ビジネスマンにとって、哲学書は難解なイメージがあり、とっつきにくいもの。読むことでなにか恩恵はあるのだろうか。前出の森本氏は、経営者として必要な2つの力が身についたという。 「最大の恩恵は、視野 [全文を読む]

元文春編集長・花田紀凱が語る『週刊文春』スクープ独占の理由! ~暴走老人対談・康芳夫~

tocana / 2016年04月05日18時00分

その男とは、現在、日本中のセレブリティたちを狙撃し続ける『週刊文春』の元編集長にして現在は右サイドから日本を刺激し続けるオピニオン誌『WiLL』の編集長、そして《文春スクープ帝国》の礎を築いた“元祖超攻撃的編集者”花田紀凱である。50年の時を経て、今も昔も“絶対に敵に回したくない恐怖のタッグチーム”による《初対談企画》がここに実現したのである……!【その他 [全文を読む]

ナベツネは「天皇制打倒」の元共産党員だった! 保守系路線に鞍替えした理由とスパイ疑惑とは?

tocana / 2016年03月16日09時00分

1945(昭和20)年4月、渡辺は現在の東京大学である、東京帝国大学文学部哲学科に入学する。太平洋戦争で徴兵され、この時代の軍隊生活の例に漏れず、上官から殴る蹴るの暴行を受けた。 その年の8月、日本が敗戦すると、渡辺は復学。東大のキャンパスに戻ってみると、保守政党から社会党まで「天皇制護持」だったが、共産党だけが「天皇制打倒」を宣言していた。軍隊での暴行 [全文を読む]

ポスト原辰徳の最右翼は松井秀喜 中畑清や落合博満の名前も

NEWSポストセブン / 2015年06月17日07時00分

1人はなんと巨人生え抜きOBながら現在は横浜を率いる中畑清監督の一本釣りだという。 「万年Bクラスの横浜を首位争いさせている手腕はもちろん、魅力的なのはその集客力。営業面にも強いというのは大きなアドバンテージです。単年契約だから契約上の問題はないし、そのうえ横浜には、高田繁GMや吉田孝司スカウト部長など、巨人OBがフロントに多い。太いパイプがある」(スポー [全文を読む]

前川元次官の出会い系バー通いは本当に「女性の貧困の視察」のためかもしれない

メディアゴン / 2017年06月02日07時30分

この時ただひとり黒田さんと行動を共にしたのが軍団の番頭格だった現在TVコメンテーターの大谷昭宏氏です。出会い系バーに何度も通って女性の貧困についての知識を深めていた、という青臭い弁明などにわかに信じがたいという「オトナの常識」は筆者にもあります。しかし常人には信じがたい青臭い書生論であっても、黒田清さんのようにそれを本気で実践する奇跡のようなオトナも実在す [全文を読む]

【白球つれづれ】老オーナーの執念

ベースボールキング / 2017年04月10日19時07分

チームにとって貯金生活は14年以来実に3季ぶりなら10日現在のリーグ順位も楽天に次ぐ2位でこちらも3年ぶりだ。地獄から天国。ジェットコースターのような10日間となった。◆ 最も優勝から遠ざかっているチーム 96年の日本一を最後に低迷が続いている。昨年、広島がペナントを手にしたことにより12球団で最も優勝から遠ざかっているチームだ。この体たらくにはオーナー [全文を読む]

広島カープ「25年ぶりV」へのイケイケベンチ裏肉声!(2)ムードメーカーはキクマル

アサ芸プラス / 2016年09月10日17時56分

外国人選手なんか、育成も含めて登録枠をはるかにオーバーする13人(1人退団となり、現在は12人)もかき集めましたが、一軍で働いている助っ人は限られています。故障や不振で二軍落ちせず、まともにフル稼働できているのはマシソン(32)だけですからね」 [全文を読む]

伝説のGメン・小林潔氏が清原和博に激烈メッセージ(2)必ずや再起を果たせると…

アサ芸プラス / 2016年05月24日05時57分

君が逮捕される前に身柄拘束された歌手のASKAは重度の症状で、現在、千葉市内の病院の隔離病棟に入院中といわれる。何十年と覚醒剤をやってきた報いだが、君も巨人時代から覚醒剤に手を染めていたと、関係者が証言している。 私が我慢ならないのは、球団の責任者がこの件について何ら発言していないことだ。渡辺恒雄氏は支配下選手が野球賭博に関わった責任を取って最高顧問を辞 [全文を読む]

プロ野球「声だし」金銭授受 賭博罪で刑法違反、NPBはなぜ不問なのか

Business Journal / 2016年03月25日06時00分

また、金銭を賭けた場合であっても、煙草代や食事代程度の僅少額であれば賭博に当たらないとするのが現在の通説です」(同) 巨人軍は声出しについて、少額でゲン担ぎの意味合いもあり、賭け事とは異質であるため公表しなかったと主張しているが、本当に声出しは賭博罪に当たらないのだろうか。「巨人軍で発覚した声出しのルールが、試合に勝てば声出しをした選手が参加者から5000 [全文を読む]

身売り危機球団続出で球界のドンが画策するセ・パ大再編計画「巨人・渡辺顧問が撤退球団を歓迎?」

アサ芸プラス / 2015年09月22日09時56分

その結果、現在の18試合となりましたが、これはパにとって大きな痛手となっている」(NPB関係者) プロ野球界全体の収益伸び悩みのしわ寄せを一手にっている感のあるパ。関係者によると、買い手がいないのなら合併でもいいから身を引きたいと考える球団もあるほどで、事態はそこまで迫っているのだ。関東のさる球団関係者も言う。「こうした収益構造を改善させ、プロ野球人気を回 [全文を読む]

中畑DeNAが画策する「松井秀喜強奪計画」とは?

アサ芸プラス / 2015年02月21日17時56分

今回の視察を快く思っていなかった巨人は、元ヤンキース広報で現在は巨人アドバイザー職にある広岡勲氏(48)を視察の付き添い人として送り込んだ。 「DeNAが今回の機会を利用して松井氏へ必要以上のアクションを起こさせないように監視、牽制する狙いもあった。ひょっとすればひょっとするかも、との危機意識の表れです」(スポーツライター) 松井氏を巡る巨人対DeNAの [全文を読む]

朝日VS読売「新聞界の覇王争奪」潰し合いの舞台裏!(2)焦った朝日が読売をマネた

アサ芸プラス / 2014年10月01日09時56分

読売をマネるのではなく、それ以前の姿にもう一度戻ることが重要だと考えます」(五味氏) 冒頭にあるように、現在読売は朝日のひ弱な販売網を根絶やしにしようとしている。 「『新聞』というメディアをおとしめることになり、読売がやってはいけない戦争です。他者をおとしめれば自分に部数が回ってくるということはなく、ただ読まなくなる人が増えるだけです。朝日というのは日本最 [全文を読む]

「松井秀喜争奪戦」でヤンキースが巨人に完封勝利?(1)

アサ芸プラス / 2014年02月10日09時57分

ところが、現在の松井氏の思いは違うという。 「松井はきっぱり、『臨時コーチですから』と話していて、宮崎で55番のユニホームを着用する意思を持っていませんね。昨年5月、長嶋氏とともに国民栄誉賞を授与された際に着用したユニホームも、授与式後にプレゼントされていますが、『自宅でタンスの奥に眠っている』と、本人が話していました。一方のタンパでは55番を背負うでし [全文を読む]

プロ野球コミッショナー後任候補 王・古田にOBから疑問の声

NEWSポストセブン / 2013年10月01日07時00分

コミッショナー代行には、現在コミッショナー顧問を務める熊崎勝彦・元東京地検特捜部長の名前が有力視されているが、熊崎氏はあくまで「代行」であり、後任は別の人物が務めることになる見通しだ。 「様々な名前が挙がっているが、条件は、“現場に精通して、球界全体を読めて、誰もが納得できる行動力のある人”といわれている。そうなるとあの人しかいない」(パの球団関係者) そ [全文を読む]

落合博満「球界のタブーを猛毒ブッタ斬り」(2)球界でいちばん発言力があるのは渡辺さん

アサ芸プラス / 2013年07月30日09時58分

本当に野球をよくしようと言うんであれば、コミッショナーを誰にするかという以前にこの協約を変えないと、なり手はいないだろう」 現在、オーナー会議で4分の3の議決があれば物事は決まる。それでいて二重権限といういびつな構造を問題視。そのうえで「誰にするか」という問題について、落合氏は驚くべき人物の名前を口にした。 「次のコミッショナーは渡辺恒雄さん(87)がやれ [全文を読む]

松井秀喜 巨人軍入閣オファーもNY妻が「絶対イヤ!」

WEB女性自身 / 2013年05月14日07時00分

実際、知り合ってから2年、松井さんの度重なるプロポーズに尻込みする夫人に対し『どんなことがあっても君をマスコミの前に出さないから!』と口説いて、結婚にこぎつけたそうですからね」(球界関係者) 松井夫妻は現在、ニューヨークのマンハッタンにある46階建ての高級マンションのペントハウスで暮らしている。結婚した翌年の’09年に、約10億円で松井が購入したものだ。だ [全文を読む]

フォーカス