八百長 白鵬に関するニュース

記者を恫喝、若手に言いがかり…白鵬 出るわ、出るわの大悪評

WEB女性自身 / 2015年03月19日13時00分

八百長問題が発覚したとき、ふだんは現場に来ないテレビ記者が『やった力士は許せないか?』と聞いたところ、『あんたどこの記者?』と、横綱とは思えない返答で、しかもあとはダンマリ。当然、我々も聞きたかったことだが、聞けば態度を硬化させることがわかっていたから、以降聞けなかった。結局、我々は腫れ物に触るような感じで接し、それが増長させる結果となった」 また、民放 [全文を読む]

大相撲の伝統を継承しているのは誰なのか? - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2014年05月27日12時41分

更に言えば、白鵬関としてはモンゴル出身力士の代表として抗議をしたという思い以前に、当時理事長であった故放駒将晃氏と共に乗り切った八百長問題の日々を含めて、長く苦しい時期に自分が角界を背負ってきたという自負の思いがあるのかもしれません。そうした思いからの抗議であれば、その真意を語らないほうが、かえって思いが伝わる、そんな判断もあったのかもしれません。 [全文を読む]

旭天鵬優勝パレード旗手務めた白鵬に協会幹部が激怒した理由

NEWSポストセブン / 2012年05月28日07時00分

合併話が拒否されたことにも怒り心頭だった」(同前) ※週刊ポスト2012年6月8日号 【関連ニュース】大相撲・5月技量審査場所 ダークホースは旭天鵬と高見盛朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」八百長引退モンゴル力士を猪木獲得 マット界にも蒙古旋風か尾車親方 八百長調査前「携帯取り替えろと力士に指示」証言レアメタル持つモンゴルとの関係発展は [全文を読む]

横綱白鵬の長女、慶應幼稚舎入学が波紋 OBから「慶應も俗化」との批判も

Business Journal / 2014年05月21日01時00分

一方で、OBやいわゆる慶應閥の人からは『慶應も俗化した』といった批判の声もあるので、今回の白鵬の長女入学には心穏やかでない人たちもいるのではないでしょうか」(同) ●教育熱心な白鵬夫人の功績 確かに、八百長問題などの不祥事に揺れる相撲界のイメージは、お世辞にもよくない。公益法人移行の混乱なども相まり、人気低迷が叫ばれる中、“サラブレッド”のイメージが強い慶 [全文を読む]

大相撲 ガチンコか否かは決まり手から判断できる

NEWSポストセブン / 2017年05月10日11時00分

30年以上にわたって八百長問題を追及してきた本誌・週刊ポストが「ガチンコの証左」を検証する。 ガチンコか否かで興味深いのが「決まり手」だ。「中盆」として八百長相撲を仲介し、その実態を本誌で詳しく証言してきた元小結・板井(板井圭介氏)は、著書『中盆』で横綱・千代の富士の53連勝のうち、ガチンコはわずか19番だったと明かしている。 その19番の決まり手を見ると [全文を読む]

元小結・板井氏「稀勢の里が間違いなくガチンコで一番強い」

NEWSポストセブン / 2017年02月10日16時00分

千代の富士(先代九重親方、故人)の全盛時代に「中盆」として八百長相撲の黒幕を務めた板井圭介氏(元小結・板井)はこんな見方をする。 「いま、ガチンコでぶつかり合って一番強いのは間違いなく稀勢の里。昇進で自信をつけ、さらに強くなるはずです。かつての師匠であるガチンコ横綱・隆の里が千代の富士の天敵(幕内通算16勝12敗)として綱を張ったような力強い相撲が見られる [全文を読む]

稀勢の里を奮起させた白鵬とのガチンコ場外遺恨!(1)稀勢の里の実力は誰もが認めるところ

アサ芸プラス / 2016年05月29日09時56分

八百長はなくなったと言われる今の土俵でも、モンゴル人力士はいまだに“怪しい相撲”を取っているという声も聞く。そういう意味で、ガチンコの稀勢の里は非常に評価が高いんです」 おまけに協会幹部にはモンゴル人力士を疎んじる空気が蔓延しているという。「今の白鵬は立ち合いから右肘からのかち上げで、相手をノックアウトするような取り口が目立つが、あれは大砂嵐が得意とした取 [全文を読む]

八百長報道に相撲協会幹部「五輪中で追撃ない」と甘くみてた

NEWSポストセブン / 2012年08月28日16時00分

本誌・週刊ポストは前々号(8月24日号)で、「いまもなお、土俵の上には免れて恥なき八百長力士たちがいる」という元幕内力士・山本山の証言をスクープした。日本相撲協会は「もう八百長力士はいない」と嘯く(うそぶく)が、実際には角界浄化とはほど遠い状態であることが明らかになった。 この追及に対して相撲協会が取った態度はどうだったか。前回の本誌の取材に対して相撲協会 [全文を読む]

最古参記者・三宅充×中澤潔が語り尽くす!大相撲“八百長問題・伝説の名勝負”「熊ヶ谷親方の一件について」

アサ芸プラス / 2015年09月21日17時56分

戦後70年──大相撲は八百長スキャンダルで11年春場所が史上初めての本場所休止に。そして力士の大量解雇という事態に発展したが、今ようやくかつての人気を取り戻した感がある。この相撲ブームは本物なのか。そして本当に八百長はなくなったのか。2人の超ベテラン記者が戦後の名勝負を振り返りながら、徹底激論を繰り広げた。──先日、宮城野部屋の元十両金親の熊ヶ谷親方が運転 [全文を読む]

大相撲 「強行突入」試みる朝青龍を5人の親方必死に止めた

NEWSポストセブン / 2012年03月26日07時00分

把瑠都の綱獲り、鶴竜の大関昇進が話題となった大阪場所での最大の注目は、昨年の八百長問題による中止で受けた大打撃からの回復を、相撲協会が角界改革を掲げる最年少理事・貴乃花親方に委ねたことだった。 その4日目、貴乃花を激怒させる「大事件」が起きていた。原因を作ったのはあの「悪童横綱」だった。若手親方が振り返る。 「この場所の敢闘賞は玉ノ井親方(元大関・栃東)か [全文を読む]

稀勢の里優勝の大相撲初場所 「苦難の三賞力士」に大きな期待

しらべぇ / 2017年01月24日10時00分

■蒼国来、2年のブランクの行方両国を揺るがせた「八百長問題」。日本相撲協会はこの時大鉈を振るうが、行き過ぎた面がやはりあった。その被害者が荒汐部屋所属の蒼国来である。蒼国来は、史上2人目の中国人力士である。だが漢民族ではなく、内モンゴル自治区出身の人物。すなわち、エスニックの点で言えば蒼国来も「モンゴル力士」なのだ。そんな蒼国来は2011年、八百長関与を指 [全文を読む]

【大相撲九州場所】快進撃を続ける新入幕・石浦って誰?

しらべぇ / 2016年11月25日10時00分

また、八百長問題で相撲協会を離れていたことがある蒼国来も今場所好調だ。優勝戦線から離脱したとはいえ、今現在は8勝4敗という成績である。このまま二桁の大勝ちへ突き進むのだろうか。今年の九州場所は、意外性に富んだ展開が繰り広げられている。・合わせて読みたい→花田虎上が貴乃花をまたもdisる! 相撲ファンからは怒りの声(取材・文/しらべぇ編集部・澤田真一) [全文を読む]

【大相撲初場所】待望の「日本人横綱」誕生なるか

デイリーニュースオンライン / 2015年01月23日06時50分

時津風部屋の暴行事件や八百長疑惑など、一連の不祥事以降行われていなかった天覧相撲も4年ぶりに行われるなど華やかなニュースもあるが、一方で、相変わらずだらしないのが大関陣だ。 勝率は申し分ない超優秀大関、稀勢の里 期待されたホープの2人だが、12日目を終えて遠藤、逸ノ城とも4勝8敗と負け越してしまった。対して依然全勝の白鵬は大鵬の大記録を塗り替えるべく全勝街 [全文を読む]

女相撲が伝承された地域を訪ね歴史的な起源に焦点を当てた書

NEWSポストセブン / 2013年02月08日16時00分

※週刊ポスト2013年2月15・22日号 【関連ニュース】改革派の貴乃花親方はKY扱いされ、潰す勢力が存在すると識者八百長告発・板井に近い元力士 暴力団と相撲賭博の関係暴露八百長問題により大阪の相撲茶屋・ホテル・飲食店に大打撃朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」八百長報道に相撲協会幹部「五輪中で追撃ない」と甘くみてた [全文を読む]

「大鵬氏が32度目の優勝果たした二番は八百長」と元力士告白

NEWSポストセブン / 2013年01月28日16時00分

彼らの話から、角界に信じられないほど八百長が蔓延している実態を突きとめた。 その取材の中で、玉ノ海氏から、「自分の生きている間は記事にしないでくれ」という“遺言”告白があった。 「1971年1月場所、大鵬が32度目の優勝を果たしたときの二番は八百長だ。周りは“世紀の大逆転”などと囃し立てるが、真相は負けてやった相手のシマ(横綱・玉の海。前の四股名、玉乃島が [全文を読む]

9勝6敗で「引退です」の声出た日馬富士 中洲に連日繰り出す

NEWSポストセブン / 2012年12月04日16時00分

ベテラン記者の間では“負けが込んだときに(こういう悪態が)書かれるのに”と呆れていた」(スポーツ紙記者) ※週刊ポスト2012年12月14日号 【関連ニュース】ガチンコ部屋の鳴戸部屋 “変な相撲”を取ると親方が殴る朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」横綱昇進の日馬富士 素行の悪さで“ミニ朝青龍”と呼ばれる義援金パーティにゲスト出席した白鵬 [全文を読む]

横綱昇進に大きな壁の把瑠都 「朝青龍の二の舞は御免」の声

NEWSポストセブン / 2012年01月30日07時00分

これまでも何回か問題になってきたからね」 昨年3月に八百長問題で大阪場所が中止された際、把瑠都はジャージ姿で繁華街に繰り出して、相撲協会から厳重注意を受けた(力士は外出時は着物か浴衣の着用が義務づけられている)。さらに5月の技量審査場所では、不謹慎にも「遊びの場所みたい」と失言して、やはり協会から注意された。 おまけに、把瑠都の師匠である尾上親方(元小結・ [全文を読む]

白鵬が極秘に「設立」していた「芸能プロ」の実態(1)引退後の力士の受け皿に…

アサ芸プラス / 2017年09月16日09時56分

近藤さんは大相撲八百長騒動や野球賭博騒動で名前が取りざたされたこともあってか、10年に引退。13年に事務所を設立してからも、白鵬の個人マネージャーとして、非常に近しい間柄にあるんです。当然、事務所の設立の際には、白鵬も助言をしたほか、『森三中』の大島美幸の夫で放送作家の鈴木おさむ氏(45)もブレーンとして関わっています。現在の所属タレントは3人と小規模です [全文を読む]

デーモン閣下が相撲ファンの差別に苦言「相撲を支えてきた白鵬にファンはそんな態度かよ」一方、相撲協会は差別を放置・助長

リテラ / 2017年07月28日20時18分

『勝って騒がれるのではなく、負けて騒がれる力士になりなさい』」と語っていたが、先に引いたデーモン閣下の発言でも少し触れられているように、2010年から相次いで発覚した野球賭博や八百長問題で大相撲自体が存亡の危機に立たされていたとき、なんとか支えようと奮闘したのは、他ならぬ白鵬だったはずだ。そんな白鵬にこんな思いをさせていいはずがない。 [全文を読む]

横綱・稀勢の里が迫られる「年内全休」の決断

NEWSポストセブン / 2017年07月23日16時00分

大卒の彼らは、野球賭博や八百長騒動で角界が揺れた2010年以降に入門した、群れることがない伸び盛りの世代ですよ。稀勢の里は先場所も今場所も、横綱・大関のモンゴル勢とぶつかる前に、彼らに負けて途中休場に追い込まれた」(スポーツ紙デスク) ※週刊ポスト2017年8月4日号 [全文を読む]

フォーカス