本名 白鵬に関するニュース

稀勢の里が語る「我慢」と「辛抱」でつかんだ快進撃

文春オンライン / 2017年03月18日11時00分

2017年、初場所で優勝 ©文藝春秋 中学時代はエースで4番の野球少年だった 稀勢の里――本名・萩原寛(ゆたか)は、元アマチュアボクサーの父と一緒に、相撲を見るのが好きだったという。水泳のほか、小学3年からは地元の少年チームで野球をはじめ、中学時代はエースで4番。3年時には野球強豪校からスカウトの声が掛かるほどの逸材だった。しかし、萩原少年は、自ら未知の [全文を読む]

“小よく大を制す!”最軽量関取の石浦 「食べることが苦手なんです」

週プレNEWS / 2016年10月01日11時00分

(※このインタビュー取材後、9月場所は宇良が6勝9敗と負け越し来場所での新入幕は叶わなかったが、石浦は9勝6敗と勝ち越した) ●宇良(うら) 本名・宇良和輝(うら・かずき)。1992年生まれ、大阪府寝屋川市出身。木瀬部屋所属。関西学院大の相撲部時代にレスリング経験を生かした奇手の使い手として大きな注目を集める。2015年3月場所の初土俵以来、先場所まで負 [全文を読む]

白鵬に敗れるも新大関・照ノ富士が語っていた本音「自分のことを強いと思ったことは一度もない」

週プレNEWS / 2015年07月23日06時00分

* * * ここから千秋楽までどう巻き返すか、本人の言葉通り、目先の勝利でなく今後の飛躍のためにも注目して見たい! 照ノ富士春雄(てるのふじ・はるお) 本名ガントルガ・ガンエルデネ。1991年生まれ、モンゴル・ウランバートル出身。2009年、18歳で鳥取城北高校に相撲留学。11年1月に角界入りし、14年3月に新入幕。伊勢ヶ濱部屋。身長191㎝、体重178 [全文を読む]

“王国”青森出身の新鋭・阿武咲は横綱稀勢の里もベタ褒め

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年06月24日09時26分

▽おうのしょう・ふみや ・本名は打越奎也 ・1996年7月、青森県北津軽郡出身 ・176センチ、155キロ ・最高位は東前頭14枚目 ・5月場所で新入幕を果たし、10勝5敗で敢闘賞を受賞 [全文を読む]

進撃の新大関、照ノ富士が場所前に語っていた過熱人気 「週刊誌とか本当に腹が立ちますね」

週プレNEWS / 2015年07月17日20時30分

ぜひお読みください! 照ノ富士春雄(てるのふじ・はるお) 本名ガントルガ・ガンエルデネ。1991年生まれ、モンゴル・ウランバートル出身。2009年、18歳で鳥取城北高校に相撲留学。11年1月に角界入りし、14年3月に新入幕。伊勢ヶ濱部屋。身長191㎝、体重178㎏ ■『週刊プレイボーイ』30号(7月13日発売)「強すぎる横綱・白鵬の時代にピリオドを打つのは [全文を読む]

今場所も話題の“怪物”逸ノ城は白鵬に迫れるのか? 独占告白「みんな勝ちたい。最強になりたいです!」

週プレNEWS / 2015年01月10日06時00分

本名アルタンホヤグ・イチンノロブ。モンゴルの大草原から来た“怪物”の目には今、何が見えているのか? 落語家の三遊亭歌橘(さんゆうてい・かきつ)が聞いた。 *** ―湊(みなと)部屋に入門した2013年の秋から、まだ1年と少し。最初は丸刈りだったんですよね。 逸ノ城 そうでしたね(笑)。早く髷(まげ)を結いたいなあというのがずっとあって。ザンバラだと稽古の [全文を読む]

初の“遊牧民”出身力士!怪物「逸ノ城」強さの秘密はモンゴルにあり

Walkerplus / 2014年11月08日10時00分

モンゴルで約50人が参加した日本の相撲のセレクションがウランバートルで行われ、これに優勝したアルタンホヤグ・イチンノロブ(逸ノ城の本名)少年は、鳥取城北高校へ相撲留学するために2010年3月に来日。当初は立ち合いでうまく相手に当たることができず、女子選手にも勝てなかった。石浦外喜義監督からは「モンゴルへ帰れ」と何度も怒鳴られ、稽古場で涙を流すことも。しかし [全文を読む]

逸ノ城“日本の父”語る「超純朴自然児」エピソード

WEB女性自身 / 2014年10月04日07時00分

逸ノ城(本名・アルタンホヤグ・イチンノロブ)は横綱・白鵬、鶴竜らと同じモンゴル出身。身長192センチ、体重199キロ。来日してまだ5年。いったいこの怪物は、どのように誕生したのだろうか。そこで、逸ノ城のことをいちばんよく知る人物から話を聞くことに。 09年、モンゴルで当時16歳の逸ノ城の才能を見いだし、相撲留学させた 日本の父 鳥取城北高等学校相撲部監督 [全文を読む]

朝青龍「警官暴行&店員脅迫」は角界の恥さらしだ(1)

アサ芸プラス / 2012年07月17日10時57分

グラスを床に叩きつけて… 元横綱・朝青龍(31)=本名・ドルゴルスレン・ダグワドルジ=が、騒ぎを起こしたのは今年5月1日未明のこと。モンゴルの首都ウランバートル市内でビールを飲んだあと、4輪駆動車を運転し、ガードレールにぶつけたのだ。 駆けつけた警察官が酒気帯び運転の疑いで連行しようとすると、これを拒否。あろうことか、その警察官の胸ぐらをつかみ制服を破っ [全文を読む]

大相撲 「強行突入」試みる朝青龍を5人の親方必死に止めた

NEWSポストセブン / 2012年03月26日07時00分

「事前に来場者の名簿は提出されていたが、朝青龍が本名で登録していたためか、協会側が見落としていたようだ」(同前) 昨年11月の九州場所では、9日目に朝青龍が来場。許可なく支度部屋に闖入(ちんにゅう)して、日馬富士ら後輩モンゴル力士を激励した。八百長騒動以降、支度部屋への関係者以外の立ち入りは禁止されており、大問題になった“前科”がある。 しかもこの日は、 [全文を読む]

フォーカス