スーツ 半沢直樹に関するニュース

名作ドラマ“至高の最終回”の謎を総直撃!(1)「<2013年9月20日・半沢直樹>森田順平」

アサ芸プラス / 2016年03月07日01時57分

そのため、銀行員が着ないであろうダブルのスーツで雰囲気を作ったんです。──最終回では半沢が大和田常務の不正を糾弾する。そのための重要な伏線となるのが、金融庁の黒崎検査官(片岡愛之助)と、岸川部長の娘との結婚。森田 それを知った半沢が岸川のマンションに乗り込んでくる。人の家まで乗り込んでこないだろうって思うけど(笑)、あれが最終回に向けてのキモでしたね。── [全文を読む]

「下町ロケット」が「半沢直樹」になるには不足している3つの要素とは?

アサ芸プラス / 2015年11月09日09時58分

真っ白なスーツ姿で相手を挑発する大和田常務と、地味なスーツを着て相手の罵倒に耐える半沢の対比は、日本人の大好きな勧善懲悪をそのまま体現していたのである。テレビ誌ライターが続ける。「大和田常務のセリフと顔芸もまた、物真似の対象となりました。本作では演技力に定評のある安田顕が顔芸役を受け継いでいますが、役柄は主人公の社長に仕える部長に過ぎず、大和田常務のような [全文を読む]

『半沢直樹』続編は10月から! 佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、真木よう子ら豪華キャストで……

日刊サイゾー / 2014年02月25日11時00分

ビートたけしいわく「半沢は現代の『水戸黄門』だ」とのことだが、スーツを着た黄門様は、再びTBSを救うことができるか? 10月からの続編に注目したい。 (文=本多圭) [全文を読む]

バーベキュー計画するような新・野心家オヤジにモテ期到来か

NEWSポストセブン / 2014年01月02日07時00分

女性にモテるおじさんの条件は、ブランドモノのスーツに身を包み、高級車に乗って、オシャレなレストランに行くという外見のカッコ良さから、趣味や遊びにこだわり、内面に確固たる自分を持っていることが前提となりました。バーベキューを計画するおじさんに女性たちがどんどん参加している光景などを見ると、恋の予感すら感じさせますしね(笑い) [全文を読む]

『半沢直樹』 プロの役者にプロの仕事をさせて名作になった

NEWSポストセブン / 2013年10月12日07時00分

高そうなスーツや上品なアクセサリーをまとうことによって、彼女がこれまでどういう価値観を持ってどういう人生を歩んできたのかがひと目でわかる。 亀和田:同族経営の会社のなかで、支えてきたのは自分だという、独善的だけど彼女なりの大義名分を感じる。 今井:それでいて劇中でこれまでの苦労なんて口にしない。今、なぜこういう心理かを存在と行動で伝えている。これが最近のド [全文を読む]

堺雅人 気温35度で20時間…『半沢直樹』ロケは灼熱地獄!

WEB女性自身 / 2013年08月25日07時00分

スーツ姿のエキストラたちはぐったりとしていたが、黒スーツの堺は気合十分。撮影が止まると、スタッフがすぐさま上着を脱がせ、団扇であおごうとするが、堺はそれを笑顔で制止し気さくに話しかけていた。この日の撮影は、朝の6時から深夜の2時まで行われていたという。「堺さんは10月クールからドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)の新シリーズで主演を務めるため、8月中に [全文を読む]

派閥争いに近藤の巻き返し? 『半沢直樹』の原作本、痛快シリーズ第2弾!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年08月18日07時20分

明るい色のスーツにオネエ言葉の国家公務員、もしも日本にもBEST VILLAINS(最高の悪役)賞があれば、必ずや高位にランクインすることでしょう。さらにラスボスとの対決もあるエンターテインメントてんこ盛り状態で、結末は諸行無常。この茫然自失感も含め、この小説はまさに、読むジェットコースターと言えましょう。 文=遠藤京子 (ダ・ヴィンチ電子ナビより) [全文を読む]

片岡愛之助が表紙・巻頭グラビアに初登場!「GOODA」Vol.31 創刊5周年号を公開

@Press / 2016年09月15日10時00分

役柄のせいかスーツのイメージが強いですが、実は過去にクロムハーツを集めていたことがあるなど、ファッションへのこだわりを持っています。好きなモノを見つけるとそれをたくさん集めてしまうという、プライベートでの凝り性な一面から仕事へのこだわりまで、素顔の愛之助さんが垣間見られます。□ キーワードでわかる“トレンドサーチ”「この秋は“クセモノ”ジャケットで差をつけ [全文を読む]

お尻の穴まで!? あの駿河太郎が濡れ場に挑戦

anan NEWS / 2016年07月27日22時00分

白いスーツで夢二の洒落者ぶりにもときめかせてくれる駿河さんですが、濡れ場にも初挑戦。 「撮影の半分ぐらいは前貼りしてましたね。スタッフは僕のケツの穴まで知ってるんじゃないかと(笑)。たまきに対しては支配欲しかないと感じて、台本と違うアプローチをさせてもらったり。ちゃんと伝わってるかわかりませんが、彦乃の抱き方とたまきの抱き方は違います」 その違いから見えて [全文を読む]

中島裕翔がデキないサラリーマン役で日9主演

Smartザテレビジョン / 2016年04月28日06時00分

そんな中島が今回、自身初のデキないサラリーマンを、どのように演じるのか? ジャニーズの“スーツ王子”が懸命に働く姿は、さまざまな世代の女性視聴者の方々を魅了しそうだ。■中島裕翔コメント――ゴールデン連ドラ単独初主演となる本作。ドラマの話を聞いた時の感想をお願いします。“ゴールデン連ドラ単独初主演”と少々長い名目ですが初めてのことですし、まずはうれしいです。 [全文を読む]

下町ロケット吉川晃司 個性派俳優揃う中で存在感際立つワケ

NEWSポストセブン / 2015年11月08日07時00分

それだけにスーツを着て現実世界のサラリーマンを演じているだけでも、目を引くものがあります。また、これまで世間や業界の常識に逆らい、一匹狼のようなスタンスで突き進んできた吉川さんが、企業の中で上司や部下にはさまれ、取引先との交渉に悩む姿は新鮮です。 1~2話では、「こんな町工場ごときが」という捨てセリフを連発するなど、悪役ぶりが目立ちましたが、第3話の終盤 [全文を読む]

【ウラ芸能】注目!中島裕翔、大化けで大当たり見えた

NewsCafe / 2015年04月06日15時00分

オイラもあの大泣きの演技に妙に引き込まれた」記者「ライバル役の長谷川博己=ひろき=(38)とは当初、年齢差がありすぎると言われもしましたが、真面目な営業マン役をうまくこなしていましたね」デスク「そういえば『半沢直樹』(TBS系)で正義を貫いた銀行マン役もいいポジションだった…」記者「ジャニーズっぽい雰囲気は薄いですよね」デスク「初めはHey! Say! J [全文を読む]

アイドルらしさを消せる演技派ジャニーズが増殖中 最注目株はHey!Say!JUMPの中島裕翔

ウートピ / 2015年03月27日18時00分

グループでの活動時は優しい笑顔が光るアイドルだが、サラリーマンスーツに身を包んだ姿には全く違和感がない。個性的な俳優や女優の中でも、すっと溶けこんで安定した演技を披露している。 また、ドラマ出演に続いて映画も決定。事務所の先輩であるNEWS・加藤シゲアキの処女作『ピンクとグレー』(角川文庫)の映画化が決まり、中島が主演に抜擢された。行定勲監督で2016年に [全文を読む]

”ビジネスには、ダンディズムも必要だ!”話題沸騰の深夜ドラマ「俺のダンディズム」テレビ東京ビジネスオンデマンドで期間限定配信開始!

PR TIMES / 2014年07月25日15時18分

宮本南に、ある『秘密』があることを…… 【出演者】 滝藤賢一 石橋杏奈 前川泰之 パンツェッタ・ジローラモ 大方斐紗子/森口瑤子 【配信スケジュール】 第1話「腕時計」、第2話「万年筆」、第3話「靴」 7月25日(金)~8月10日(日) 第4話「手帳」、第5話「眼鏡」 8月1日(金)~8月17日(日) 第6話「鞄」、第7話「財布」 8月8日(金)~8月24 [全文を読む]

今井舞氏 今田耕司を「この男こそ芸能界に必要」と太鼓判押す

NEWSポストセブン / 2014年05月05日16時00分

「最近は『半沢直樹』(TBS系)の大和田常務のように仕立てのよいスーツを着て、いつも眉間にしわを寄せているようなひと癖ある役ばかりが続いているせいか、何をやっても同じように見えてしまいます。 東大行って、40代で歌舞伎に挑戦するという上昇志向は認めますが、それが表に出すぎるような役よりも、そろそろ“追いつめられて思わず人を殺してしまった”みたいな小心者の [全文を読む]

"メガネ男子"の最終形態!? 「イケメン×メガネは最強」3割超が支持

NewsCafe / 2013年11月12日12時00分

■ガリレオの福山さん!■さらに、スーツor白衣ならいうことなし!■仕事ではコンタクトなのにだらけてる時にメガネなのがツボです。■メガネフェチなんでイケメンなら尚更ですね。■私の中では最強だ(笑)!■知的な感じもプラスされて、魅力アップですね!【ナシ…64.3%】■最強ではないと思う。■イケメンはメガネの有無にかかわらずイケメンである。■メガネ男性に弱いけど [全文を読む]

美術館にいた半沢直樹好き東京人 ~1分でわかる大阪人の言い分~

インフォシーク / 2013年09月18日17時30分

スーツに身を包み殺伐とした日本の男達を切り取った前で男が味わい深く話し始める。「半沢直樹ってさぁ………おもしろいよね?」遂にでた。テレビの話だ。イチャイチャの域を超えた。感想を言う義務なんてないのだから黙ってじっくり楽しめばいいものを、作品の前でなにかを話す自分に酔いたいのだろう。もし裁判所の写真作品があったなら裏番組(行列のできる法律相談所)の話で切り [全文を読む]

フォーカス