映画 半沢直樹に関するニュース

第20回「若者のテレビ離れはない」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年05月11日17時44分

多くは少女コミックを原作とする、いわゆる“壁ドン”“胸キュン”“顎クイ”と呼ばれる類いの映画だ。 基本的にラブストーリーか青春ドラマで、共通していえるのは、10代から20代の若者たち、特に若い女性が多く劇場に足を運んだ映画ということ。事実、これら11本のうち、全国週末興行成績ランキング(興行通信社調べ)でベスト10に入ったのは、実に8本。アニメやディズニー [全文を読む]

<東京ドラマアウォード2014が発表>「半沢直樹」の演出家「ジャイさん」こと福沢克雄の苦悩と挑戦

メディアゴン / 2014年11月01日00時32分

「夢は『映画監督になる』ことだった。克雄少年は、映画『スターウォーズ』に出会って以来、その思いを忘れずにいた。紆余曲折を経て、TBSに中途入社した。『これからはテレビ局が映画を作る時代が来る。ドラマの経験を積んで準備をしておけ』という先輩の助言が頭にあったという。」「ジャイさん(福澤さん)は映画監督になりたいのか!」と、思った皆さん。色々ありジャイさん初 [全文を読む]

気分スッキリ!「小説&映画ランキング」1位はあの大ヒット小説&逆転アクション大作!

Woman Insight / 2015年05月31日17時50分

今回参考にしたのは、モンデリーズ・ジャパン株式会社の「Clorets スッキリ総研」が全国の15歳以上の男女3,743名に調査した「気分をスッキリさせる小説&映画ランキング」。すると、小説も映画も1位はどの世代も独占したあの名作がランクイン!! その作品とは?? さっそく気分をスッキリさせる小説部門のランキングからチェック! 1位はドラマでも大ヒットした [全文を読む]

堺雅人『半沢直樹』がクランクイン間近?続編が3年も経ってしまった舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年05月13日12時05分

出演する映画やドラマは話題作となる、そんな順風満帆な堺雅人が自らの出世作となった『半沢直樹』の続編に出演することを決意したという。 ■今秋にも『半沢直樹』のクランクインか 堺雅人は早稲田大学に6年間通い中退の末、極貧生活を経験。貧乏のあまり「タンポポを食べた」経験もある苦労人だ。映画、ドラマと出演する作品は話題作となり、女優の菅野美穂(38)との結婚でイメ [全文を読む]

中島裕翔主演!ごはんをめぐる恋愛小説『僕らのごはんは明日で待ってる』が映画化

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月01日05時00分

中島裕翔がラブストーリー初挑戦する映画『僕らのごはんは明日(あした)で待ってる』(愛称『ぼくごは』)が映画化、主要キャストも決定した。本作は、楽しい時もつらい時も、今日も一緒にごはんを食べることで恋を育てていく、正反対の性格のふたりが織りなすラブストーリー。体育祭の競技「米袋ジャンプ」をきっかけにつきあうことになったふたりが、ファーストフードで恋を知り、フ [全文を読む]

『踊る』MOVIE見ながら『半沢直樹』を想起した人多数 理由は「近藤さん!」

AOLニュース / 2013年10月07日12時20分

10月5日、フジテレビで映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』が放送された。『踊る』シリーズの最終作である同作。人気シリーズだけあり、多くの人がテレビの前で作品に見入ったことと思われるが、ネット上では出演者のひとりに注目が集まったようだ。 『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』公式サイトより その出演者というのは、中国人刑事・王 [全文を読む]

Hey!Say!JUMP・中島『ピンクとグレー』、“SMAP超え”興収! 「過去最高レベルのヒット」

サイゾーウーマン / 2016年01月16日16時00分

NEWS・加藤シゲアキ原作、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演の映画『ピンクとグレー』(行定勲監督/アスミック・エース)が9日に公開され、土日2日の全国映画動員ランキングで初登場第7位と健闘した。公開スクリーン数は96ながら、「同規模のジャニーズ主演映画では、過去最高レベルの大ヒット」(スポーツ紙記者)となった。 作家としての顔も持つ加藤の処女作を映画 [全文を読む]

半沢直樹「トリビア10連発」(2)半沢直樹は前科2犯!?

アサ芸プラス / 2013年09月17日10時00分

94年に現在の緋田に改名し、01年の映画『完全なる飼育 愛の40日』をはじめ、竹中直人作品の常連役者です」(映画ライター) 前述の古里同様、小木曽からもイビられた半沢の同期・近藤役の滝藤賢一(36)は、堺との共演が今回で3回を数える相性のよさだ。仲代達矢(80)主宰の無名塾出身で、同期には真木よう子(30)がいる。 「日航機墜落事故を扱った映画『クライマー [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

実際、初めて連ドラに挑んだ『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系/2000年)は一躍彼自身の名前を有名にしたし、初の映画脚本の『GO』(行定勲監督)も映画賞を総ナメにした。初めてフジテレビで書いた『ロケット・ボーイ』(フジ系/01年)は平均18.8%の高視聴率だったし、初めて東野圭吾作品に取り組んだドラマ『流星の絆』(TBS/08年)は、最終回で驚異の22 [全文を読む]

【Clorets スッキリ総研】国民的スッキリ 小説&映画ランキング Cloretsスッキリ総研サイトにて全ランキングを公開

PR TIMES / 2015年05月26日10時13分

小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が、映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!小説では大ヒットテレビドラマ「半沢直樹」の原作が映画では“世界一ツイてない男”の逆転アクション大作「ダイ・ハード」がそれぞれ堂々の第1位!池井戸潤さんから喜びの声も!国民的スッキリ 小説&映 [全文を読む]

視聴率王・堺雅人、『Dr.倫太郎』13.9%は期待外れ!? TBSは「『半沢直樹』やっておけば」と嫌味

サイゾーウーマン / 2015年04月20日12時45分

「TBSは『半沢直樹』のドラマ終了後、すぐに映画やドラマ第2弾の企画を次々と検討しましたが、肝心の堺がどうしても首を縦に振らなかった。業を煮やした局関係者が、週刊誌に『制作決定』という情報を流したこともありましたが、このスタンドプレーが堺サイドの反感を買うこととなり、続編は先送りされてしまったといわれています」(週刊誌記者) そんな中、昨年6月、堺が16 [全文を読む]

ドラマ「半沢直樹」を越える瞬間視聴率を記録した、香川照之の“顔芸”の秘密とは!?

アサ芸プラス / 2014年06月30日09時59分

「香川照之といえば、大河ドラマ『龍馬伝』の岩崎弥太郎から、映画『明日のジョー』の丹下段平役まで個性的な役を一人占めしてきました。今回も『半沢直樹』の大和田常務と被って二番煎じになるんじゃないかと思っていましたが、期待以上でした。歌舞伎役者・九代目市川中車を襲名してますます顔芸に磨きがかかりましたね」(スポーツ誌カメラマン) 歌舞伎役者になり、映画やドラマ [全文を読む]

片岡愛之助 水野晴郎『シベリア超特急』最新作出演計画浮上

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

『半沢直樹』のオネエキャラでブレイクした歌舞伎役者・片岡愛之助(41)の、次なる作品として浮上しているのはなんとも意外な映画だった。 映画評論家で2008年に亡くなった水野晴郎氏が監督、製作、主演をこなし、コアな映画ファンの間でカルト的人気を誇る『シベリア超特急』。その最新作への出演が予定されているという。 太平洋戦争の最中、満州へ向かうシベリア鉄道で起こ [全文を読む]

赤井英和「半沢直樹の撮影秘話と自身の倍返し人生」Vol.2

アサ芸プラス / 2013年09月04日10時00分

役者になる気などサラサラなかった 赤井の俳優デビューは映画「どついたるねん」(89年/ムービーギャング)。試合中に浴びたパンチで生死をさまよい、引退に追い込まれたボクサーが再起をかけるという、赤井の自伝をもとにした物語である。 「僕が相手選手のパンチで急性硬膜下血腫になり、開頭手術を受けたのは世界タイトルマッチの前哨戦でした。2カ月入院し、奇跡的に助かりま [全文を読む]

堺雅人「妻 菅野美穂も知らない夫の変人素顔」

アサ芸プラス / 2013年08月02日10時00分

現在の事務所に入り、テレビや映画の世界に進出していった。 「彼は取材をして時間をかけ、役を完全に作り上げていく。新聞記者役を演じた08年の映画『クライマーズ・ハイ』の時には、『新聞記者は徹夜で仕事したあとに焼き肉を食べて寝る』という話を聞き、実際に連日朝方まで仕事して焼き肉を食べるという生活をしていました。09年の映画『南極料理人』では、南極基地に派遣され [全文を読む]

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

今回は、彼らのように日本の伝統芸能を背負いながらも、映画やドラマで活躍する俳優たちを紹介します。 「市川中車」の名を継いだ怪優…香川照之 2011年に九代目市川中車を襲名して歌舞伎界へ進出したのが、香川照之です。彼の父親は、歌舞伎役者の二代目市川猿翁。しかし3歳の時に両親が離婚したため、彼は母に引き取られ女手一つで育てられてきました。俳優デビュー後は、歌舞 [全文を読む]

第14回「21世紀の連ドラ史」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月23日11時30分

ま、連ドラの脚本って、そういうものだけど(その辺りの仕組みは三谷幸喜サンの映画『ラヂオの時間』を見ればよく分かります)、そこで急遽ピンチヒッターに呼ばれたのが、福田靖サンだったというワケ。で、フジの石原隆サンとのコンビワークで、類い稀なる傑作を書き上げたのだ。そう、かの作品の舞台裏では、もう一つのお仕事ドラマが展開されていたんですね。■脇でキラリと光るキム [全文を読む]

まさにカメレオン俳優!堺雅人はなぜ“真逆なキャラ”を完璧に演じられるのか?

アサ芸プラス / 2015年04月08日17時59分

「堺は昨年、ドラマスペシャル2本に出ただけで、映画や舞台にも出演していません。ただ、昨年3月からCMキャラクターを務めているビール系飲料のテレビCMが年中放送されているので、視聴者は堺の不在感を感じていないわけです。このCMではずーっと笑いっぱなしで、リーガルハイから続くコミカルなイメージを維持している状態ですね」(テレビ誌ライター) そんな笑いっぱなしの [全文を読む]

アイドルらしさを消せる演技派ジャニーズが増殖中 最注目株はHey!Say!JUMPの中島裕翔

ウートピ / 2015年03月27日18時00分

また、ドラマ出演に続いて映画も決定。事務所の先輩であるNEWS・加藤シゲアキの処女作『ピンクとグレー』(角川文庫)の映画化が決まり、中島が主演に抜擢された。行定勲監督で2016年に公開されるという。ジャニーズ初の小説家による小説の初の映画化という記念すべき作品でどう演じるのか、中島の演技に注目したい。 「所詮、アイドルでしょ?」 ジャニーズ出身ならではの [全文を読む]

『半沢直樹』同僚役の滝藤賢一、ブレークの裏に「ワークショップに100万円以上」地道な努力あった

日刊サイゾー / 2014年06月30日13時00分

映画、ドラマ問わず、個性的な役どころで存在感を示している。 「彼は、仲代達矢さん主宰の俳優養成所『無名塾』で、真木よう子さんと同期でした。昨年の『半沢直樹』でブレークするまでは、知る人ぞ知るといった俳優さんでしたね。今では、顔と名前が一致するほどの知名度になったんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者) 滝藤がデビューしたのは2000年あたりだが、俳優として [全文を読む]

フォーカス