家臣 武田信玄に関するニュース

【おんな城主直虎】「井伊氏最大の敵」武田信玄は誰が演じるのか

しらべぇ / 2017年03月19日10時00分

また、信玄の家臣である山本勘助を主人公にした2007年の作品『風林火山』では、歌舞伎役者の市川亀治郎(現在は4代市川猿之助)が演じている。完全無欠の戦国大名ではなく、時には慢心して家臣に諌められるなど、「人間らしい信玄」を視聴者に披露した。今年の大河ドラマでは、どのようなイメージの信玄が採用されるのだろうか。・合わせて読みたい→【おんな城主直虎】「故人」は [全文を読む]

他人の不幸を喜ぶな。家臣に激怒した家康が説く「敵に学べ」の精神

まぐまぐニュース! / 2015年11月25日07時00分

しかし、家康は、家臣を諫めてこう言います。 「信玄のような武勇の大将は、古今まれである。自分は若いころから彼を見習いたいと思っていた。信玄こそ、われらにとって、武略の師であるといってよい。隣国に強敵があるのは幸いである。なぜなら、こちらは油断怠りなく励みまたかりそめの仕置きにも心を遣うゆえに、政治も正しくなり、家も整う。もし、隣国に強敵がなかったら、味方 [全文を読む]

武田信玄の武勇伝、上杉謙信の美談は嘘だった?謙信、“利益のない”戦いをひたすら続けた謎

Business Journal / 2015年07月08日23時00分

甲州軍学は幕府の旗本、御家人、譜代大名の間で流行しましたが、それもそのはず、徳川家康の家臣団には三河以来の家臣以外にも、旧武田家配下の武士たちが多く、それ以外の家来たちと張り合う意味もあって、「おれたちのご先祖さまは家康公も一目置く信玄公の家臣だったのだ」というのを自慢していたからです。 興味深いことに、この甲州軍学に対して越後軍学というのも江戸時代に流 [全文を読む]

歴史ドラマは間違いだらけ?信玄、謙信、政宗…名前を見るだけでわかる意外な人間関係

Business Journal / 2015年08月12日06時00分

かつての武家社会では、主君や上位の人物が、家臣や目下の者に自分の本名から一字を授ける「偏諱(へんき)」という恩賞制度があった。授ける一文字のみを記した紙を手渡すことから、「一字書出」と呼ばれることもある。「一字を賜る」ということは、この上ない名誉とされており、上下間の結びつきをより強固なものにする効果があった。 この偏諱についてみていくと、一味違った歴史の [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

江戸の商人がさる人からの依頼で、天下分け目の合戦で敵の東軍武将家臣、三成の側近、若き日の三成を知る尼など、それぞれの立場で三成と因縁のあった生き残りの関係者に、・20万石の石田三成がなぜ西軍の大将たりえたのか?・三成の関ヶ原には勝算はあったのか?・天下の道理は三成と家康のいずれにあったのか?を尋ね歩きがら、関ヶ原開戦の裏事情と語ることのなかった敗軍の将・石 [全文を読む]

荒々しくて最高!見に行きたくなる甲府城のワイルド石垣

サライ.jp / 2017年05月21日17時00分

甲府といえば武田信玄を連想しますが、甲府城は1582(天正10)年の武田氏滅亡後に、豊臣秀吉が家臣の加藤光泰や浅野長政・幸長父子に築かせた城です。 1590(天正18)年に江戸入りした徳川家康を牽制することが目的で、いわば秀吉政権の甲府支社といったところ。秀吉配下の家臣が持つ技術で築かれ、浅野家の家紋瓦のほか、秀吉が家臣に使用を許した金箔瓦も発掘されていま [全文を読む]

「信玄は城を築かなかった」はウソ!武田信玄が城に仕掛けた難攻不落の工夫とは

サライ.jp / 2017年05月01日19時00分

家臣を適材適所に配置することで、それぞれが長所を発揮し、強固な信頼関係を築き上げることができたのです。この人柄こそ「信玄は城を築かなかった」と誤解されやすい理由のひとつ。「人は城〜」の言葉も、信頼関係で結ばれた家臣がいれば、防衛のための城などなくても良いという意味に解釈されてしまうことが多いのです。■武田流築城術の特徴「丸馬出」を使った戦法とはそんな誤解と [全文を読む]

2016年「真田イヤー」のラストを飾る「真田幸村フェア」、再見参!

PR TIMES / 2016年12月01日19時21分

兄・信之や父・昌幸、家臣・猿飛佐助、さらに武田信玄のメニューも登場!限定フード(4種)【お寿司】奥方のたしなみ 六文てまり寿司 980円見た目も可愛らしいサーモンといくらのてまり寿司。六文銭を意識した盛り付けです。[画像2: http://prtimes.jp/i/7303/461/resize/d7303-461-159368-2.jpg ]【お肉】雁金 [全文を読む]

時代劇研究家・春日太一氏が選ぶ「心震える大河ドラマ」TOP5

NEWSポストセブン / 2016年08月21日07時00分

また、壮絶な愛憎のドラマを見せる母親役の岩下志麻、器量人として育てる父親役の北大路欣也、支え続ける家臣役の西郷輝彦と三浦友和、荒武者役で初の本格的な役者出演となるいかりや長介、終生のライバル・最上義光役の原田芳雄、そして天下人としてその前に立ちはだかる秀吉役の勝新太郎……多彩なキャスティングが完璧に決まった」【2位『武田信玄』(1988年)】主演/中井貴 [全文を読む]

武田家16代当主「『真田丸』は勝頼公自害の回だけ見てない」

NEWSポストセブン / 2016年04月29日07時00分

「武田家家臣の末裔で構成される『武田家旧温会』とともに、信玄公の命日法要や慰霊祭などの行事に参加しています。最近は17代目となる長男がこの仕事を引き継いでくれるようになりました」 ※週刊ポスト2016年5月6・13日号 [全文を読む]

視聴率も絶好調!目が離せない大河ドラマ『真田丸』大ヒットの要因を探る!

日本タレント名鑑 / 2016年04月07日13時55分

これまでの「凡庸」な勝頼ではなく、家臣との絆に恵まれず、裏切る家臣を憎まず送りだす男らしさ、最後まで仕えた真田の者を生き延びさせようとするなど、器の大きい新たな勝頼を魅せてくれました。一話・二話の「武田勝頼」の物語だけでも十分に見応えがあり、二話ではもはや最終回の感動すらありました。 個人的には、関ヶ原で東西に揺れる小早川秀秋(浅利陽介さん)や、主君・黒 [全文を読む]

織田信長、「本能寺の変」までの紆余曲折 困難を極めた尾張統一秘話

Business Journal / 2015年10月23日06時00分

多くの場合、ゲームの中で戦国大名は城を有して割拠し、家臣や有力豪族を従えて国や国の一部を領する支配者となっている。 そこで気づくのは、最初から「国持ち」という大名が少ないことだ。そして、年代順に並んだシナリオの初期設定を見ても、当時の大名たちが容易に「一国統一」にたどり着けなかったことがわかる。 また、ゲーム中で一国を統一する勢力として登場しても、便宜的 [全文を読む]

『おんな城主 直虎』、美少女・高橋ひかるは敵か味方か?忘れた頃に伏線を回収する脚本の妙

Business Journal / 2017年09月11日18時00分

井伊ゆかりの者たちが次々に命を落としていったことで、「家の存続」が本当の皆のためになるのか、むしろ不幸になる人を増やすだけなのではないかとの思いに至った直虎(柴咲)は、井伊家唯一の跡取りである虎松(寺田心)を徳川家臣の松下家に養子にやり、井伊家再興を断念する道を選ぶ。還俗して「おんな城主」となり、虎松に当主の座を引き継ぐ日が来るまで必死に井伊家の舵取りを担 [全文を読む]

左近士諒先生のマンガ『戦国武将活劇』シリーズ7作品が、Kindleストアなど5電子書店で配信開始!! 武田信玄・前田慶次郎・小西行長・島津義弘ら名将たちの熱き物語!

DreamNews / 2017年07月10日16時30分

在京していた島津義弘は、西軍に加わることになった――戦いの中で守るもの、そして家臣との絆とは。 左近士諒が描く、伝説の戦国武将シリーズが待望の電子化!! <書籍概要3>■戦国武将活劇 関ヶ原外伝 前田慶次郎最後の戦い作者:左近士諒◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2u5s2S3◆楽天Kobo電子書籍ストアリンク:http://bit [全文を読む]

武田信玄 男性同士の色恋の痕跡を残す珍しい手紙が存在

NEWSポストセブン / 2017年05月02日07時00分

宛先の春日源助は、武田家の軍学書『甲陽軍鑑』の著者であり、武田二十四将に数えられる家臣・高坂昌信といわれている。20代の信玄の恋の相手は男性だったのだ。 源助から弥七郎との浮気を詰問されたのだろう。手紙では、言い寄ったことは認めながらも「一度も寝ていない」と必死に弁明し、これが嘘ならば神仏より罰を受ける、と言い切っている。 「当時は男性同士の色恋、衆道が一 [全文を読む]

「それ誰?」「びっくり」地元民も知らなかった謎多き大河ドラマの主人公『直虎』の故郷・井伊谷に行ってみた

ガジェット通信 / 2017年02月11日16時00分

井伊家に仕えた家臣たちもこの龍潭寺に眠っています。桶狭間の戦いの戦死者の墓標。直虎の父・直盛もこの戦いで命を落としますが、家臣たちも殿といっしょに討ち死にしたんですね。ああ戦国時代、なんだかゾクゾクします。 井伊家のお墓。初代共保と、直盛が正面に大きく2つ。 サイドに直虎や直虎の母、直親(亀之丞)とその妻、直政(亀之丞の子)など、歴代の井伊家の人びとが眠 [全文を読む]

戦国武将の経営術。信長は「マネジメント力」でも日本を変えた

まぐまぐニュース! / 2016年10月24日04時30分

話を飛躍させますが、戦国時代でも、とうぜんマネジメントがあって戦国大名は自身の生き残りと領土拡大のため、領民や家臣に対する統治活動や領地争いの軍事活動やそのための経済活動が行なわれていました。 ここで戦国大名の統治活動という言葉を使いましたが、ある本によるとNHKの『真田丸』の真田氏や四国の長宗我部氏さらに後北条氏などは領民への慈しみがあったかのようです [全文を読む]

【写真たっぷり】戦国系イケメンにときめく♡舞台「天下統一恋の乱LoveBallad~序章~」ゲネプロレポ

Woman Insight / 2016年10月14日20時10分

夜が明けてみると家臣が消えており、嘆く武将の姿も。慰める武将もいますが、その中の誰かが人狼なのかもしれません……! 人間の数が減ってくると、疑心暗鬼も深まります。最終局面では…… 仲間と信じていた者同士が争ったり、家臣や主君を追放しなくてはならない、などの劇的な場面も……! ■何度でも見たくなる!驚愕のエンディング 誰が人狼だったのか、人間たちは勝てたのか [全文を読む]

「真田丸」信尹と三十郎が“出演馬”たちの故郷へ!

Smartザテレビジョン / 2016年07月31日14時00分

その近くには武田家臣団の屋敷跡も多数あり、その中には信尹の父・真田幸隆のものも。信玄の屋敷との近さから、いかに幸隆が信玄にとって重要な家臣だったかが伝わる。 そして、2人はミニ企画展「隠岐殿遺跡の謎」が開催中の韮崎市民俗資料館も訪問。“隠岐殿遺跡”とは、武田家最後の当主・勝頼が築いた新府城下で発掘されたもので、信尹が武田家に仕えていたころの屋敷跡だったの [全文を読む]

豊臣秀吉は140cm45kgで170cmの織田信長は下戸説

NEWSポストセブン / 2016年07月21日07時00分

「信長は170cm、61kgという引き締まった体で比較的健康だったようですが、実は下戸という説もある」(同上) 戦国ドラマでは、信長が家臣と酒を酌み交わすシーンをよく見かけるが、どうやら史実ではなさようだ。 「一際小さかったのは秀吉。彼と会ったオランダ商館長のティチングは50インチ(127cm)と書いているが、さすがに小さすぎる。その他の書物の記述などを [全文を読む]

フォーカス