子供 柄本明に関するニュース

笑福亭鶴瓶が語る「テレビと家族」#2 変な間って、すごく大事ですよ

文春オンライン / 2017年08月12日11時00分

思えば『家族に乾杯』はそんな鶴瓶の家族や子供時代の原体験が反映された番組ではないだろうか。 ――― 鶴瓶 うちの家が四軒長屋で、台風の日は柱一緒やのにみんながうちの家に逃げてくるのが、僕もずっと不思議やった。同じ柱で倒れる時は同じなのに、なんでうちの家やねん、と思ってたんですけど、それだけオモロイ家やったんでしょうね。長屋ってやっぱり人の集まりですから、い [全文を読む]

松島花がまるで別人!映画デビューで苦労したアレって?

Woman Insight / 2015年08月21日16時50分

最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然動き出し、子供を一人乗せたまま、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止した! 遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“全国すべての原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載したヘリを原子炉に墜落させると宣言する。 機内の子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設 [全文を読む]

柄本時生「兄ちゃんは世界一カッコいい」 でも「興味はない」

ananweb / 2017年08月04日12時00分

子供の頃から、当たり前のように映画や演劇に触れて育ってきた青年。力まず、こだわらず。飄々としながら、俳優街道をばく進中です。 ■ 兄ちゃんは世界一カッコいい。でも、興味はないです(笑)。 カメラのレンズが向けられると、最初は困ったような恥ずかしそうな。でも、途中から肚を括ったのか、諦めたのか、されるがまま、なすがままといった表情に。そんな一挙手一投足を見て [全文を読む]

松島花「落ちこぼれて荒んでいくような人」に惹かれる【インタビュー】

Woman Insight / 2015年09月16日15時50分

機内に取り残された子供の父親でありビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。 その頃、ビッグBと原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。 一 [全文を読む]

無謀すぎる!?松島花を困惑させた、監督からの“むちゃぶり”って?

Woman Insight / 2015年09月12日21時30分

機内に取り残された子供の父親でありビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。 その頃、ビッグBと原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。 一 [全文を読む]

【プレゼント】江口洋介、綾野剛に会えるチャンス!「天空の蜂」プレミア試写会にご招待!

Woman Insight / 2015年07月31日15時50分

機内に取り残された子供の父親であり、ビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。 その頃、ビッグBと原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。一 [全文を読む]

関ジャニ∞・大倉忠義らの雪上アクションが公開!

Smartザテレビジョン / 2016年07月23日14時52分

しかし、20年ぶりのスキーウェアで雪上に降り立ったこともあり、栗林は子供が横切っただけでも悲鳴を上げて激しく転倒してしまう。子供には「下手くそ!」とバカにされ、しまいには不慣れな雪上でケガをしてしまい絶体絶命に。 そんな栗林の前に現れた2人の救世主、野沢温泉スキー場で働くパトロール隊員・根津(大倉)とスノーボード選手の千晶(大島)に「人の命がかかっているん [全文を読む]

笑福亭鶴瓶が語る「テレビと家族」#1 今までにない芸人を目指そうとしたら「作らない」ことですよ

文春オンライン / 2017年08月11日11時00分

行ったら3人の子供がブワーッとこっちへ走ってきたんです。「今日、高校の試験受けてきたところなんです」って。3人違う別々の高校なんですけど。ほんで、しゃべってて、一番いい学校を受けたやつがおるんですけど、こいつが急に「アッ」と言って去っていったんですよ。で、「どこ行きよったんや、あいつ」って言ったら、「いや、知らん」と。どこに行くとかも何も言わんと、ちゃんと [全文を読む]

吉沢亮、テロリスト役で新境地!「初めて髭を伸ばした」

CinemaCafe.net / 2017年07月07日08時00分

2005年の「土の中の子供」で芥川賞を受賞した原作者・中村文則は、「ウォール・ストリート・ジャーナル」の「年間ベスト10ミステリー」に2012年、2013年と連続で選出され、2014年にはノワール文学(=犯罪や暴力を主題に据えた小説)への貢献を讃えるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を日本人として初めて受賞、世界的にも注目されている。本原作もま [全文を読む]

ひげ面もイケメン! 吉沢亮、テロリスト役に挑戦

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月07日08時00分

本作は「教団X」「土の中の子供」などで知られる作家・中村文則の同名小説を、玉木宏主演で映画化した作品。「純粋悪」となることだけを望まれて財閥・久喜家に生まれた主人公・文宏は、思いを寄せ合う相手、久喜家の養女・香織を守るために実父を殺害。しかし、心身を喪失し、皮肉にも父に近づいていく彼は彼女の前から去ることを決意。顔を変えて別人・新谷に成りすまし、彼女を陰 [全文を読む]

村上虹郎「剣道? 知らねェし」。だが高校生は剣の道に誘われた

文春オンライン / 2017年06月02日17時00分

真っ直ぐで屈託がなくて、強い者に対して子供のような暴言も吐かずに立ち向かっていく。そしてちゃんと学んで成長するんです。その気持ちは凄い。だから僕は融が好きだし、この役を演じられて幸せでした」 熊切和嘉監督作品出演はデビュー時より熱望していた。 「今回ドロドロの作品だったから次は恋の話をやりたいですと伝えたら、『次のもドロドロだよ』って。でも研吾に出会ってし [全文を読む]

【動画】大野拓朗に抱かれた巨大猫の「金時」に会場うっとり『猫忍』初日舞台挨拶レポ

ガジェット通信 / 2017年05月22日17時08分

佐藤江梨子は白いドレスに身を包み、子供が居るとは思えない圧倒的なプロポーションを披露。藤本泉は目にも鮮やかなスカートで会場の目を釘付けにしていた。 藤本は「金時も可愛いが、子猫も出てきて猫同士の素のやり取りがかわいい。」と劇中の猫達に首ったけなご様子。 重鎮・麿赤兒は自身の役どころに関して「金時にヒントを得た。(自分の役が)動かない役なので、だんだん猫化し [全文を読む]

今井翼と瀧本美織が舞台で新“タキツバ”に!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月19日21時45分

瀧本さんは子供の頃から“タッキー”と呼ばれているようで。“タッキー&翼”という意味も含めて、愛し合えると思います!」と、恋人役の瀧本ににっこり。 一方、瀧本も「“タッキー”として、今井さんの横にいられるのが、いろんな意味でうれしいですね」と偶然の縁に喜んでいた。 山田は「彼のフラメンコって本当に素晴らしい。マリウスが踊りを踊る条件もストーリー上も違和感もな [全文を読む]

命を懸けた8時間のカウントダウンが、はじまる!!『天空の蜂』 U-NEXTで配信スタート

@Press / 2016年02月03日16時00分

機内の子供の父親でありビッグBを開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空に取り残された高彦の救出と、日本消滅の危機を止めるべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。その頃、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業総務課に勤める三島の恋人・赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜索の手が伸びる中、密かに恋人の無事を祈ってい [全文を読む]

湊かなえら人気女性作家のオムニバスミステリードラマ

Smartザテレビジョン / 2015年11月25日12時03分

子供はおらず、夫との会話の中に子作りの話題が出なくなって久しい。 [全文を読む]

江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛……豪華キャストが集う映画「天空の蜂」の新ビジュアル解禁

Entame Plex / 2015年07月01日18時13分

今作は、爆薬と子供1人を積んだ超巨大ヘリをハイジャックし、全国の原発の破棄を要求する犯人:天空の蜂との緊迫の攻防戦を描くサスペンス・アクション大作。 解禁されたビジュアルには、今作の主演:江口洋介、本木雅弘をはじめ、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村準、向井理、石橋蓮司、佐藤二朗ら豪華オールキャストが集結。炎に包まれる超巨大ヘリ・ビッグBとともに、それぞれ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】北川景子、客席の母に感謝。10代の頃は母からの手紙を心の支えに「何度も何度も読み返した」。

TechinsightJapan / 2015年05月13日22時36分

子供にとって母は絶対の存在。今でも大切にとってある」と母からもらった手紙にどれだけ助けられてきたのか、そんな思いを客席にいる母へ“ありがとう”と感謝の意味を込めて語ったように聞こえた。 この言葉を聞いた北川の母はきっと嬉し涙を流したことだろう。入場時から何度も観客に向かって手を振っていたのは母に向けてだったのかもしれない。北川景子の親子愛を垣間見た瞬間だ [全文を読む]

『とんび』の舞台裏 内野聖陽がリアルさ求めグーで殴られる

NEWSポストセブン / 2013年03月16日16時00分

地元の人たちにエキストラになってもらうことも多く、佐藤は待ち時間に、よく子供たちと遊んでいたという。 「ドラマの設定は、1970~1990年代なので、撮影には、竹馬とか当時の遊び道具も用意されていたんです。健くんは子供と一緒になって遊んでくれて。なかには、将来俳優志望の子がいて、健くんが“頑張ってね”って応援してあげてました。その子は、“健さんみたいな俳優 [全文を読む]

フォーカス