作品 北野武に関するニュース

現代的なイケメンたちを日本画で描く。色気たっぷりなファンタジー「お伽話 - Ikemen-Märchen」

デイリーニュースオンライン / 2016年04月27日20時27分

■清須城・柴田勝家の襖絵も! 映画に提供した作品 会場入り口には、木村さんが描いた襖絵などが展示されている。これらは全て映画作品に提供したものだ。日本画を描くきっかけにもなった『およう(関本郁夫監督:2002年)』の「およう 縛り四連襖絵」。責め絵師・伊藤晴雨の縛りポーズを参考に、モデルを使って改めて絵を起こしている。 巨大な龍が睨み付ける障壁画は『龍三 [全文を読む]

日本の映画・ドラマ界を支えるいぶし銀!名脇役と呼ばれる俳優たちの共通点とは?

日本タレント名鑑 / 2015年05月09日10時55分

水谷豊さんの人気作品『相棒』、2時間ドラマから連続ドラマとなり、次回作からは相棒も4代目、今年で15年目の長寿番組となりました。人気になる作品には主演やヒロイン、敵役だけではなく、ドラマに奥行きを持たせる名脇役が必ず存在します。プレシーズン1話から出演しているライバル刑事役の川原和久さん(53)、プレシーズン2話から監察医・その後は鑑識として出演されている [全文を読む]

外国人はホラーやグロがお好き? フランス人が選んだ「絶対に見るべき日本映画8作品」

tocana / 2014年05月24日16時30分

外国人におすすめしたい日本の映画はなんだろうか?【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2014/05/post_4169.html】 さて、あなたがどんなジャンルの作品を思い浮かべたかにかかわらず、多少は日本が素敵に見えるような映画を選んでしまったのではないだろうか。自分の国を紹介するのだから、それは当然とも言える。 しかし"外国人 [全文を読む]

スターチャンネル 北野武監督 独占インタビュー!『映画監督・北野武の世界』2か月に渡るオンエアで、北野ワールドの神髄にスターチャンネルが迫る

PR TIMES / 2017年01月31日15時19分

2月は<Vol.1 北野武FILMS>北野映画の美学が凝縮された8作品、3月は<Vol.2 北野武が愛した洋画たち>北野監督がインスパイアされた5作品。そして「北野武監督スペシャルインタビュー」をオンエア! [画像: https://prtimes.jp/i/8010/51/resize/d8010-51-244042-1.jpg ] スターチャンネル(株 [全文を読む]

「篠山紀信展 写真力」が横浜美術館で開幕、ゆずや草笛光子など新出展作を含む約120点を公開

FASHION HEADLINE / 2016年12月03日12時00分

巡回スタートから5年を経て横浜で開催される同展では、美術館の空間を5つのセクションに分け、篠山の50余年に渡る膨大な作品の中から篠山自らが選んだ写真作品約120点を大型パネルに仕立てて展示する。 「GOD」のセクションでは、有名人の肖像作品が仕事の中心を占めてきた篠山による、多くの人にその死が惜しまれ、今も人々の心の中に生き続ける著名人の肖像作品を展示。ジ [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』『仮面ライダー響鬼』に、イブキ / 仮面ライダー威吹鬼 役等を務めの数々の作品に出演して来たイケメン俳優の渋江譲二が自ら企画・主演・脚本も一部兼務した。本作はイケメン俳優と言う肩書きを払拭する様な「シュールレアリスム【超現実】」にこだわったコメディ作品に仕上がった。 シュールとはシュルレアリスム芸術の形態、主張の一 [全文を読む]

今年のカンヌ映画祭に注目する「5つの理由」

Forbes JAPAN / 2017年05月19日17時30分

オープニング作品は、フランスを代表する映画作家の一人、アルノー・デプレシャンの『イスマエルの亡霊』(原題)。マリオン・コティアール、シャルロット・ゲンズブール、ルイ・ガレルという人気も実力も兼ね揃えた俳優たちが共演するとあって注目度も高く、華やかに幕を明けた。毎年、現代的な論争が巻き起こるカンヌ映画祭。記念すべき70回目の今年はどんな議論が巻き起こるだろう [全文を読む]

トラブルが起きたときに現れる? ハリウッド映画監督、アラン・スミシーって誰?

マイナビ進学U17 / 2016年01月12日12時02分

また、予算の関係で監督が構想した作品が実現不可能となってしまった場合などには、自分の作品として認めたくないという監督もいます。そんなときに監督不在の作品とするわけにはいきませんから、アラン・スミシーの出番となったわけです。1968年以降もさまざまな映画にこの名前が用いられましたが、時間とともに、映画マニアなどの間で偽名ということが知られるようになり、現在で [全文を読む]

国立初の映画大学として設置され、10周年を迎えた東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の、これまでの軌跡を追う、特別映画上映会を横浜で開催。

PR TIMES / 2015年09月04日19時14分

OPEN THEATER(東京藝術大学大学院映像研究科10周年記念事業 特別映画上映会「映画専攻の10年を振り返って」) 修了制作として一般公開された作品ばかりでなく、実習作品等、学外未公開の作品も多数含む、これまでの教育が判るプログラムを、1日3回、4日間にわたり、計12プログラムを上映。 [画像: http://prtimes.jp/i/13670/5 [全文を読む]

キム・ギドク「2016年3月11日の日本人へ」福島原発の影響で奇形児…衝撃映画で来日

ソーシャルトレンドニュース / 2016年03月11日12時00分

これまでキム・ギドク作品を上映してきた各地の映画祭でも、上映を断られたというこの映画が、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、ついに日本で初めて上映された。監督は上映に合わせて緊急来日。ゆうばりで、キム・ギドク監督に話を聞いた。■忘却には“傷を治療するための忘却”と“恐ろしい忘却”がある――震災からちょうど5年が経ちました。そしてこの作品を見て、僕たちは [全文を読む]

フォーカス