出身 本田翼に関するニュース


本田翼が下手くそ演技でもスタッフから愛される理由

アサ芸プラス / 2014年01月15日09時59分

モデル出身のルックスで男女を問わず人気があるものの、彼女の演技は「学芸会より下」(ドラマ関係者)と言われる程、お粗末なもの。ところが、同世代の剛力彩芽が「大根役者」とバッシングされる中、叩かれないのはなぜか? ドラマ関係者がいう。 「本来なら、ドラマやCMなどあれだけ露出しているんですから、バッシングを受けてもおかしくない。ですが、『ゴリ押し』と非難され [全文を読む]

『安堂ロイド』の命運を握る本田翼、“ガチオタ”キャラで大ブレイクか!?

メンズサイゾー / 2013年10月24日10時00分

モデル出身のため、女優としてのキャリアが浅い本田はセリフ覚えが悪く、主演の江角マキコが注意したともいわれていました。しかし、今回は感情こそありますがあくまでアンドロイド役なので、演技力は不問に近いという事情も味方しているのかもしれませんね。26日(土)には『王様のブランチ』(TBS系)に木村とともに出演するなど『安堂ロイド』の命運を握っているのは意外とこの [全文を読む]

2位は本田翼!男性が選ぶ「ショートヘアが似合う芸能人TOP10」

美レンジャー / 2017年09月07日07時30分

男性がベリーショートがよく似合うと思う女性芸能人ランキング第10位・・・木村カエラ(8.0%)第9位・・・堀北真希(8.2%)同率第7位・・・長澤まさみ(8.4%)同率第7位・・・ホラン千秋(8.4%)第6位・・・吉瀬美智子(9.0%)第5位・・・波瑠(10.8%)第4位・・・広瀬すず(12.8%)第3位・・・広末涼子(13.0%)第2位・・・本田翼(13 [全文を読む]

“大根女優”本田翼が『わにとかげぎす』で覚醒! モデル系女優の正しい使い方とは?

日刊サイゾー / 2017年08月03日19時00分

モデル出身の美女がテレビドラマや映画に出演すると、演技がヘタとか棒読みとかボロクソに言われる。「non-no」(集英社)の専属モデルとして活躍する本田も例外ではない。個人的にはそんなに悪いとは思わなかったが、2年前に主演を務めた月9の恋愛ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)での演技も、散々な言われようだった。 [全文を読む]

テレビ関係者が証言! 「先が見えない」「見込みが薄い」人気の若手女優3人

サイゾーウーマン / 2017年05月01日11時45分

続いても同じ子役出身、さらに同じ研音所属で、瑞々しい演技と、確かな存在感で人気を博したあの女優だ。 「成海璃子ですかね。12歳でドラマ『瑠璃の島』(同)に主演し、期待の大型新人といわれたものですが、そんな彼女も今や24歳。その後、『BOSS 2ndシーズン』(フジテレビ系)などにも出ていましたが、やはり子役のときの印象が鮮烈すぎて、今の大人びた彼女が、どう [全文を読む]

「人が死ぬ瞬間を見たい」と願う美少女……その結末は? 映画『少女』佐藤玲インタビュー

ガジェット通信 / 2017年04月19日17時30分

―映画に登場する彼女たちに共感はしましたか? わたしも女子高出身なので、女の子同士の雰囲気は、映画の中からも感じ取れました。ただ、そのひとりひとりが抱えている問題というのは、生きることと死ぬこととはどういうことなのかなど、好奇心と恐怖心をずっと持っていると思います。ちょっと特殊で踏み外しかけている女の子たちなので、誰にでもある感情というわけではないのかな [全文を読む]

バカっぽすぎて現場ドン引き!? 残念な若手女優、素晴らしい若手女優の裏話

tocana / 2017年01月12日09時00分

モデル出身なだけあって高身長で目を引き、しゃんとした優等生のようなイメージでしたが、現場での振る舞いがひたすらバカっぽくてドン引きしました。楽屋ならまだしも、撮影スタッフやよその事務所の社長もいるような半分公の場所でも、自分のスタッフとタメ口でキャピキャピ騒いでいて……。事務所の方針か、自由に育てられている感じはしましたが、あれは教育係を付けた方がいいと思 [全文を読む]

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

彼女たちの共通点はなんでしょう?それはファッション雑誌『Seventeen』の専属モデル、または出身者たちです。このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミ [全文を読む]

孤独な男女がたどり着く 人生のターミナル『起終点駅 ターミナル』 U-NEXTにて配信開始

@Press / 2016年05月11日11時00分

『起終点駅 ターミナル』は、北海道出身・在住の直木賞作家・桜木紫乃の同名短編を映画化した作品で、過去の悲劇を自らの罪として背負い続けて孤独に生きる男が、一人の若い女性との交流を通じて、自らの人生と再び向き合っていくさまを描いています。メガホンを取るのは、「はつ恋」「深呼吸の必要」などドラマ作品に定評のある篠原哲雄、そして音楽を小林武史が担当。「壬生義士伝」 [全文を読む]

東京国際映画祭レッドカーペットイベントで艶やかな本田翼や中谷美紀にドキドキ……!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月22日23時46分

人気若手俳優の村上虹郎や海外出身のブライアリー・ロングなど、実力派キャストも名を連ね、受賞も期待されている作品だ。■中谷美紀や本田翼の美しさに記者の疲れもふっとぶ『FOUJITA』では写真撮影の場面での観客への対応から、中谷美紀が少し遅れて入ってくるほどの人気ぶり。オダギリジョーらキャストが穏やかな表情で待つ場面もあった。『起終点駅 ターミナル』からは佐藤 [全文を読む]

「恋仲」の本田翼が福士蒼汰ファン対策に必死?

アサ芸プラス / 2015年07月27日09時59分

もともとモデル出身で、女性からの支持が欠かせない本田。「恋仲」に関しては演技の上達よりも、福士ファン対策のほうが重要なミッションなのかもしれない。(金田麻有) [全文を読む]

月9ドラマ『恋仲』が平均視聴率1ケタスタート…本田翼の演技に酷評の嵐

デイリーニュースオンライン / 2015年07月22日07時00分

本田といえば、最近は映画にドラマと女優業に引っ張りだこだが、もともとはモデル出身。それゆえか演技の評価は非常に低く、ファンからも「顔は可愛いから、CMや雑誌だけで活躍してほしい! 演技は見たくない」などの声も聞こえてくる。 実際、初回放送を見た視聴者は本田の演技について、 「本田翼の演技力のなさでこのドラマ見る気失せた」 「納得いかない演技するんだよね… [全文を読む]

本田翼&三浦翔平に“宣伝臭プンプン”熱愛報道、芸能界一のヘラヘラカップル誕生に「似た者同士」の声

日刊サイゾー / 2015年06月23日20時30分

「モデル畑出身の本田の適当ぶりは、かなり有名。先輩にも平気でタメ口をきき、指摘されるとヘラヘラと笑顔でごまかす。一方、三浦の適当ぶりも筋金入り。数年前、連ドラの撮影中にNGを出してもヘラヘラしたり、撮影現場で周囲に気を遣えず、ハイテンションで騒ぐ三浦に対し、主演の矢田亜希子がブチ切れたこともありました」(同) 本田といえば、『ショムニ2013』で共演した [全文を読む]

タモリや木村拓哉にも……目上に“タメ口連発”の本田翼に笑福亭鶴瓶が一喝「友達じゃないからな」

日刊サイゾー / 2014年12月15日17時00分

「モデル業界では、礼儀よりも、ノリが良く愛嬌のあるモデルが気に入られるため、モデル出身の芸能人はタメ口を使いがち。モデルの蛯原友里も、一時は頻繁にテレビに出ていましたが、フランクな態度に『頭、悪そう』と悪評が立ち、所属事務所はすぐに引っ込めてしまいました」(芸能関係者) スカウトで芸能界入りし、14歳から「SEVENTEEN」(集英社)、「ラブベリー」( [全文を読む]

作家・桜木紫乃 映画『終着点駅』の撮影現場で名演技に感動

NEWSポストセブン / 2014年09月26日07時00分

昨年『ホテルローヤル』で第149回直木賞を受賞した釧路出身の桜木にとって、これが初の映画化。原作者として故郷のロケ現場を訪れたその表情に、ふと、突然の涙が零れ落ちた。 「なんでかな。たぶん私は“仕事になっちゃう人”より“仕事をする人”が好きなんですね。自分が書いたもののためにこんなに大勢のプロが仕事をして下さるなんて贅沢すぎる。本当に書き続けてきてよかっ [全文を読む]

本田翼が女優業から撤退!? 佐々木希の二の舞を演じぬためにも…

messy / 2014年03月08日12時00分

本田のようにモデル出身で女優活動をスタートさせる芸能人は多い。米倉涼子(38)や香里奈(30)はその成功例ではないだろうか。なお、当然ながらモデルで成功したからといって女優として通用するわけではなく、早々に女優業から撤退するケースも珍しくない。 モデルとして絶大な人気を誇っていたエビちゃんこと蛯原友里(34)はその筆頭格。彼女は『特命係長・只野仁』(テレ [全文を読む]

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第15回:灘高生がもっとも好きな女性芸能人は「能年玲奈」(Tehu調べ)

週プレNEWS / 2014年01月24日16時00分

しかも、能年さんは兵庫県出身で同郷。ちなみに兵庫県出身の女優はかなり豪華で、あまちゃんで共演していた有村架純さんを始め、北川景子、上野樹里、戸田恵梨香、相武紗季、松下奈緒、藤原紀香、檀れい、浅野ゆう子、芦田愛菜などなど。なんという豪華なメンツでしょう。この充実ぶりは兵庫県のちょっとした自慢です。 女性芸能人の集票傾向でいうと、能年玲奈さん、堀北真希さん、 [全文を読む]

モデルに女優に絶好調! 本田翼「『死ぬほど大変だよ』って言われたんですけど……やっちゃいました!」

週プレNEWS / 2012年10月13日06時00分

(取材・文/西中賢治 撮影/小見野みどり) ●本田翼(ほんだ・つばさ) 1992年6月27日生まれ、東京都出身。2006年に『Seventeen』の専属モデルとしてデビュー。2010年からは『non-no』の専属モデルとなり、表紙も多数務めている。最近はB’zの『ギリギリchop』と、家に帰って飲むアイスコーヒーが元気のもととか 【関連ニュース】今、ショ [全文を読む]

石原さとみ『地味にスゴイ!』SPで木村佳乃と初共演「こんな女性になりたい」

週刊女性PRIME / 2017年09月20日11時00分

バラエティー出身で念願叶(かな)ってドラマ部門に異動になった小田Pは、悦子に自分の姿を重ね合わせていたそう。 「連ドラの最後のほうでは、悦子は完全に石原さんに取られていましたけれど(笑)。“悦子ならこう動く” “この考え方は悦子っぽくない”と、誰よりも悦子を理解しているんです。今作の冒頭のシーンは、悦子らしさが炸裂(さくれつ)。連ドラを見ていなかった方にも [全文を読む]

フォーカス