火花 又吉直樹に関するニュース

又吉直樹特集『ダ・ヴィンチ』史上初のバックナンバー緊急増刷決定!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月27日11時30分

芥川賞受賞作となった又吉直樹の『火花』。受賞後すぐに40万部の増刷を決定したものの、全国の書店で完売状態に…。さらに増刷し、累計発行部数は124万部を突破! その勢いは増すばかりだ。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 又吉人気は『火花』以外にも拡がっている。現在8月号が販売中の雑誌『ダ・ヴィンチ』。45ページにわたる又吉特集を組んだ『ダ・ヴィンチ』 [全文を読む]

又吉直樹の挑戦、なぜ本を読むのか? 『夜を乗り越える』の芸人らしい仕掛けとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月01日06時30分

昨年『火花』で芥川賞を受賞し、大ベストセラー作家となった又吉直樹氏の『火花』以来初となる新書『夜を乗り越える』(小学館)が話題となっている。 本書で著者は、自身の原点を振り返り、読書から得たものや、影響を受けた作品や作家に対する想いを通じて「なぜ本を読むのか?」というテーマに挑む。また『火花』を始めとする自らの作品の創作についても触れ、その舞台裏を明かして [全文を読む]

honto電子書籍ストア、hontoネットストア『2015年honto年間ランキング』発表!

PR TIMES / 2015年12月04日14時24分

~今年一番売れた電子書籍は『火花』!気になるラノベ・BLのランキングは!?~ 大日本印刷 (DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトが運営するハイブリッド型書店サービス「honto (ホント)」は、honto電子書籍ストアとhontoネットストアの2015年の売上高ランキングを本日12月4日(金)に発表します。[画像1: http://prt [全文を読む]

90年代生まれの中国の若者に日本文学が大ブーム 又吉が現地ルポ

J-CASTテレビウォッチ / 2017年06月30日09時12分

又吉直樹「火花」すでに2万部発行 そして芸人で作家の又吉直樹さんもいま、中国の若者に熱狂的な支持を受けているそうだ。不器用で社会になじめない芸人志望の若者たちを描いた小説「火花」は今月初旬、中国でも発売されたという。外国文学は通常、初版5000部程度のところ、「火花」は2万部、発行。すでに増刷も検討されているという。 今月中旬、又吉さんは中国の出版社から [全文を読む]

新おバカ女王・藤田ニコル、小説『火花』に「フリガナなくて読めない」の感想に賛否

デイリーニュースオンライン / 2015年06月28日08時50分

藤田ニコルが又吉直樹のデビュー小説『火花』(文藝春秋)の読書感想文を披露。その、おバカすぎる内容が話題となっている。 若手お笑い芸人の挫折や葛藤を描いた『火花』。発行部数は52万部を記録し、芥川賞候補にもなるなど大きな話題に。その著者である又吉直樹は番組内で「実は大のギャル好き」と明かし、「(世間の)評価が低く常に叩かれているのに、そのスタイルを貫いている [全文を読む]

ピース又吉直樹が中国初訪問!芥川賞「火花」の中国語版発売イベントで―中国メディア

Record China / 2017年06月13日17時50分

芥川賞受賞作「火花」の中国語版の発売セレモニーが12日午後、上海の建投書局で開催された。作者で日本のお笑い芸人の又吉直樹さんは今回初めて中国を訪問し、中国語の翻訳者として日本で活躍する中国人作家・毛丹青さんと一緒に、「火花」について語り合った。人民網が伝えた。 純文学小説である「火花」では、売れない芸人・徳永が、奇想の天才で、強い信念を抱く先輩芸人・神谷と [全文を読む]

映像化には不向きと言われるピース又吉『火花』実写キャストに林遣都らが決定!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年10月19日18時32分

第153回芥川賞を受賞した、又吉直樹作『火花』(文藝春秋刊)は、世界最大級のオンラインストリーミングの Netflixにて、全10話の連続ドラマとして実写化されることが決まっている。このたび林遣都、波岡一喜、門脇麦がメインキャストとして出演することがわかった。各話の監督は、白石和彌をはじめ、久万真路、沖田修一の3名がそれぞれ担当するが、全10話の総監督は『 [全文を読む]

映画化で原作本はどこまで売れる?2017年上半期公開作から探る

dmenu映画 / 2017年08月06日07時00分

1位は4月期にTBS系でドラマ化された「リバース」(湊かなえ)、2位はNetflixで昨年ドラマ化、今年2月にはNHKで放送された「火花」(又吉直樹)、4位は小松菜奈、福士蒼汰主演で映画化された「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(七月隆文)、5位は2013年にドラマ化、今年2月には実写とアニメのW映画化も決定した「ビブリア古書堂の事件手帖(7)」(三 [全文を読む]

異例の初版30万部、又吉直樹第二作『劇場』をSmartNewsで発売前に先読み!

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

~5月10日、11日の期間限定で新刊『劇場』の一部(約5600字)を「読書チャンネル」等で提供~[画像1: https://prtimes.jp/i/7945/158/resize/d7945-158-242459-4.jpg ]『劇場』はデビュー作『火花』で芥川賞を受賞し話題となった又吉直樹さんによる待望の第二作で、もともと『火花』より前に書き始め、1年 [全文を読む]

又吉直樹のラブコールで実現!『鈴木先生』武富健治が『火花』をコミカライズ! 「この組み合わせしかない」とファンも絶賛

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月26日15時00分

ピース・又吉直樹の小説『火花』が、「文学特集号」でもある2016年11月28日(月)発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』53号から連載漫画としてスタートする。これに対して「小説は未読だけど、マンガの『火花』、読んでみたい!」「わー!マジかーっ!! って思わず叫んでしまった。原作者と漫画家がすごい組み合わせ!」と期待の声が上がっている。 【画像あり】詳しく [全文を読む]

<ネタバレ注意・又吉直樹「火花」を読んでみた(2)>文学に純も大衆もない。面白いか否かがあるだけである。

メディアゴン / 2015年08月05日07時00分

高橋維新[弁護士]* * *(その1はこちら:http://mediagong.jp/?p=11071)何かと話題の芥川賞受賞作・又吉直樹著『火花』(文藝春秋)。この作品は、純文学というジャンルに属すると一般的には理解されている。「純文学」というものの中身については論争があるらしいが、百科事典の類をひもとけば、 「娯楽性や大衆受けを意識せずに、専ら作者の芸 [全文を読む]

芥川賞有力! 又吉直樹に樹木希林が「『火花』読んでないけど、読んだ人が『好きじゃない』って」と...

リテラ / 2015年06月19日18時00分

又吉直樹『火花』(文藝春秋)の勢いが止まらない。来月発表される芥川賞の候補作に、ノミネートされた。発売1週間で累計35万部に達した売り上げもその後も伸び続け、文学作品としては「村上春樹作品に次ぐ」ベストセラーになっている。 不況にあえぐ出版業界にとって又吉は救いの神らしく、各社ともこぞって原稿やインタビュー、対談をオファー。下へもおかぬ扱いで、芥川賞でも有 [全文を読む]

「火花」だけじゃない!今年中に読みたい働き女子の課題図書3冊

BizLady / 2015年11月29日21時00分

さまざまな分野で流行が生まれましたが、今年もっとも注目を集めた本といえば、人気お笑いコンビピースの又吉直樹さんのデビュー作で、第153回芥川賞の受賞作『火花』でしょう。 楽天ブックスでも堂々の1位となり、現役の人気芸人による快挙として話題を呼んだ本作は、歴代の芥川賞受賞作品と比べ、女性や若者の購入率が高く、幅広いユーザーが純文学に触れるきっかけになったよ [全文を読む]

芥川賞を受賞したピース・又吉の『火花』が「Netflix」にて映像化!「どうなるのか僕も楽しみ」

AOLニュース / 2015年08月28日12時00分

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が、第153回芥川龍之介賞を受賞した『火花』の映像化が決定、2016年に世界最大級のオンラインストリーミング「Netflix」にて独占配信することが決定した。 又吉による初の中編小説「火花」は、お笑いタレント・又吉直樹の本格小説デビュー作で、純文学とエンタテインメント両方の要素を兼ね備えつつ、人間の根本を描き切った青春小説の傑 [全文を読む]

又吉直樹「『火花』が多くの皆様に届くことが嬉しい」 驚異の200万部突破で喜びのコメント

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月05日17時30分

2015年7月16日(木)に第153回芥川龍之介賞を受賞した又吉直樹の『火花』。受賞後すぐに40万部の増刷を決定したものの、全国の書店で完売状態に…。その後さらに増刷し100万部を突破! その後も増刷が続き、遂に総累計発行部数が209万部に達した。これは文藝春秋刊行の単行本では、R・J・ウォラー『マディソン郡の橋』(256万5000部/1993年刊)に次ぐ [全文を読む]

又吉直樹4冠達成!「honto」週間ストア別ランキング発表

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月05日17時30分

⇒hontoランキング公式ホームページ http://honto.jp/ranking 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら <honto総合ストアトップ5> 1位『火花』又吉直樹 2位『資産活用いろはかるた“い”の巻』荒和英 3位『ノーゲーム・ノーライフ7 ゲーマー兄妹たちは定石を覆すそうです』榎宮祐 4位『意次ノ妄-居眠り磐音江戸双紙』佐伯泰英 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】又吉の芥川賞受賞を橋本環奈が祝福。「私も大先生とお呼びします」

TechinsightJapan / 2015年07月17日12時00分

又吉直樹(ピース)が小説『火花』で第153回芥川賞を受賞した。福岡ローカルのバラエティ番組で共演するアイドルの橋本環奈(Rev. from DVL)が彼の受賞を祝福。「自分の事のように凄く嬉しいです♪」と喜びを伝えている。 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹が7月16日に芥川賞を受賞したことで、芸能界でも祝福ムードでいっぱいだ。橋本環奈は『Rev.fromDV [全文を読む]

本日発表! 芥川賞の大本命はやはり又吉直樹『火花』だった! あの選考委員がイチ押しで...

リテラ / 2015年07月16日09時00分

今晩、第153回芥川賞・直木賞が発表されるが、世間の注目はもちろん、又吉直樹の『火花』(文藝春秋)が受賞するか否かに集まっている。 しかし、いつもであれば選考会前に下馬評が流れてくるものなのだが、今回はなぜかそれもない。どうやら又吉のこともあり、選考委員もかなりナーバスになっているようだ。 だが、又吉は有力候補者であるどころか、"大本命"といってもいい。 [全文を読む]

累計42万部の大ベストセラー、ピース又吉、初の本格小説『火花』6月11日、待望の電子書籍版発売!

@Press / 2015年06月10日09時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)は、6月11日、単行本『火花』(又吉直樹著)を電子書籍化して発売します。 発行部数42万部。純文学の世界に衝撃を与えた『火花』は、発表されるとたちまち評判となり、掲載された雑誌「文學界」は創刊以来初の大増刷。 書籍『火花』は3月11日の発売からわずか1週間で35万部を突破し、純文学というス [全文を読む]

『火花』にみる作家・又吉直樹の力 『ダ・ヴィンチ』最新号は「又吉直樹」を全45ページにわたり大特集!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年06月05日18時00分

又吉初の純文学作品となる小説『火花』は、単行本発売前に掲載された月刊誌『文學界』を史上初の大増刷に導き、つい先日発表された、「オリコン2015年上半期”本”ランキング」の文芸・小説部門では見事1位を獲得。BOOK(総合)部門でも4位にランクインし、同部門がトップ10入りするのは、2013年上半期の村上春樹(『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』)以来 [全文を読む]

フォーカス