舞台 明石家さんまに関するニュース

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

後に三宅恵介サンらと“ひょうきんディレクターズ”を結成する5人組の一人だが、当時は仕事がなく、暇つぶしに漫才の舞台を見て回っていたところ、面白い若手が数組いるのに目が留まった。いわば趣味を番組にしたようなものだった。ところが――これが放送されるや否や、事態が一変する。■右肩上がりの視聴率翌朝発表された視聴率は、予想を大幅に上回って15.3%。視聴者からの反 [全文を読む]

【27時間テレビ】水泳大会でSMAP敗退! 罰ゲーム引き受けた木村拓哉に冷ややかな意見

デイリーニュースオンライン / 2015年07月26日14時00分

今から飛ぶんで、ちょっとメッセージだけ言わせてもらっていいですか?」と言い「えー、明日(さんまの舞台の)千秋楽おめでとう」と明石家さんまに伝え、あっさりとバンジージャンプを決めた。 この罰ゲームの流れに呆れた視聴者は多く、「アホくさ」「なんだよオジキって」「怖がりもしない人間飛ばす意味あんの?」「全然バツゲームじゃない」「キムタクの好感度が上がるだけなのに [全文を読む]

明石家さんまプロデュースドラマ、佐藤浩市ら全キャスト発表

モデルプレス / 2017年03月21日06時00分

突拍子もない言動を繰り返し、幼い頃から失敗ばかりの大西秀明(中尾明慶)は高校卒業後どこにも就職できず、吉本興業の舞台進行の見習いとして「なんば花月」に出入りしていた。 ある日、大失敗した大西は反省を示すべく自ら裸になって階段にチンチンを紐で括りつけ、大騒ぎに。そこにやって来たのが人気絶頂の芸人・明石家さんま(小出恵介)。ふたりはこうして衝撃の出会いを果たす [全文を読む]

<「コメディとコント」の違いって何だ?>コントは稽古の痕跡を見せずにアドリブでやっているように見えるのが最上

メディアゴン / 2015年09月07日07時10分

コント55号は稽古をみっちりやるがやったら一度稽古を忘れて舞台に掛けるのであって、稽古は同じくらいの長さやっている。時にはこれ以上稽古すると面白くなくなるので完成形にならないうちに「後は本番で」と言うこともあるから、それが誤解されて伝わっているのだろう。明石家さんまはコント55号流の作り方であるが、共演者が覚えた台詞をそのままやると怒る、「一回一回舞台ごと [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産⑯明石家さんまと三木のり平は優れたコメディアンである。

メディアゴン / 2014年11月07日18時52分

1981年(昭和56年)からは、森光子さん主演の舞台『放浪記』の演出を務めた。キグレ大サーカスの演出も務めており、この時は請われて大将が演出助手となった。ここまでは、百科事典的知識である。大将が思い出すのり平先生の筆頭は東宝ミュージカルスで「雲の上団五郎一座」の劇中劇「玄冶店(げんやだな)」で、八波むと志さんと組んで演じたコントである。「このコントを一番大 [全文を読む]

ジミー大西、社内放送で爆笑! Netflix「Jimmy」を引っさげ編集部に登場

CinemaCafe.net / 2017年05月30日18時15分

吉本興業の舞台進行の見習いとして「なんば花月」に出入りしていたとき、あるとんでもないことがきっかけで明石家さんまと衝撃の出会いを果たす。さんまの身の回りの世話をするようになった大西は、さんまや芸人仲間の村上ショージ、Mr.オクレ、なんば花月の世話係であるおちゃこのおばちゃんらとともに、笑いあふれる日々を過ごすようになる。 そんなある日、新喜劇の舞台に立つこ [全文を読む]

さんま、泰造…朝ドラ出演の「芸人俳優」が持つ5つの役割

WEB女性自身 / 2017年04月01日06時00分

これは、『花子とアン』( 14年)の先輩役の近藤春菜さんが受け継いでいます」 【3】大阪・沖縄 舞台の「象徴」役 「大阪が舞台となっている作品は、ヒロインはじめ大阪弁に苦労する人も多いですが、関西の芸人にとっては、言葉の壁がありません。『ふたりっ子』( 96年)の宮川大助・花子、さらには沖縄が舞台の『ちゅらさん』( 01年)のガレッジセールなど、出ているだ [全文を読む]

人生の満足度を上げてくれた有名人、スポーツ選手はイチロー、ではお笑い芸人は?

Woman Insight / 2016年12月25日11時00分

ではもうひとつ、もう一度見たい舞台を調査。 1位 ライオンキング 2位 キャッツ 3位 オペラ座の怪人 4位 レ・ミレザブル 5位 ミス・サイゴン ライオンキングが1位に! いろんな動物たちが出てきたり、迫力のあるセットでロングランなのが分かりますよね。私はそんなに舞台を見に行く方じゃないけど、あの生のライブ感がたまらないですよね。 ちょっと趣向を変えて [全文を読む]

“島田紳助”への思い、さんまが吐露「帰ってくるのはココやな」

日刊大衆 / 2016年12月02日19時00分

さんまの同期である紳助は、2011年に芸能界を引退して以来、表舞台に出ていないが、番組内ではさんまに“島田紳助についてどう思っている?”と質問。するとさんまは「芸能界に帰る気ないんだなと思ってますけども、今は」と話し「帰ってくるつもりやったから、俺は、実は。一年くらいしたら帰ってくるだろうと」と、紳助の復帰を願っていた気持ちを吐露した。 さらに、さんまは [全文を読む]

あの伝説の落語家が40年振りに舞台に登場!

@Press / 2016年07月05日18時00分

詳細URL: http://www.shochikugeino.co.jp/events/2016/07/post-834.html■笑福亭鶴瓶の兄弟子 笑福亭手遊(=横山信治)が約40年ぶりに落語の舞台へ笑点でも紹介された「ビジネスエリートは、なぜ落語を聴くのか?」の著者でもあり、19冊の著書がある元SBIモーゲージ株式会社(アルヒ株式会社)取締役執行役 [全文を読む]

フォーカス