人気 木村拓哉に関するニュース

自動車業界を席巻しつつある「SUV」は何故人気なのか?

FUTURUS / 2015年10月22日21時00分

source:https://www.press.bmwgroup.com/ ここのところSport Utility Vehicle(SUV)の人気が上昇中だ。9月に開催されたフランクフルトモーターショーでは、そうそうたる自動車メーカーが次々とSUVを出展し話題となった。 またつい先日、『新型BMW X1』が発表されるなど、まさにSUVが業界を席巻しつつあ [全文を読む]

第12回「コメディエンヌの系譜」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年11月05日12時00分

■タイムシフト視聴率が『ドクターX』を超えた ま、それはともかく、同ドラマは大変な人気だ。 視聴率は、初回から10.2%、12.1%、12.5%、13.0%と右肩上がり(4話終了時点)。ちなみに、この10月からビデオリサーチ社は「タイムシフト視聴率」(録画した番組を後から見た視聴率ですネ)も発表するようになったんだけど、『逃げ恥』の初回のタイムシフト視聴率 [全文を読む]

きっかけは競馬CM? キムタクと交流・武豊も衝撃の、SMAP分裂の“火種”とは

日刊サイゾー / 2016年01月19日23時30分

1990年代後半、人気絶頂期のSMAPをイメージキャラクターとして起用しようとしたのが、JRA(日本中央競馬会)および広告代理店の電通だ。 当時のJRAは、年間馬券売上4兆円を達成するなど絶頂期(2015年は2兆5000億円強)。そのJRAが豊富な資金力を利用してSMAP全員の起用を狙ったが、ジャニーズ側のNGで木村拓哉単体起用になった。そして、そのキム [全文を読む]

モデルプレスが選ぶ“今年の顔”を発表【2016年末特集】

モデルプレス / 2016年12月27日18時30分

◆ぺこ&りゅうちぇる、カップルで飛躍の1年 2015年9月よりバラエティ番組に出演し始めた原宿系人気読者モデルの“ぺこちゃん”ことオクヒラテツコと、恋人でタレントのりゅうちぇるカップル。りゅうちぇるは特に、バラエティ番組で見ない日はないと言うほどタレントとして活躍を見せ、ニホンモニターが12月13日に発表したブレイクタレントの3位にランクイン。1月から11 [全文を読む]

第11回「フジテレビ物語(後編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月22日12時00分

軽妙なアドリブのやりとりで一躍人気を博し、その勢いで88年フリーに転じる。そして国民的人気司会者として一世を風靡したのは承知の通りである。だが、93年9月に突然のガン告白会見。その3ヶ月後のクリスマスの日に他界。享年48。告別式でビートたけしは人目もはばからず号泣したという。■春雄チルドレンたちかつて、「春雄チルドレン」と呼ばれる人たちがいた。フジテレビの [全文を読む]

「お台場夢大陸」開幕、絶品グルメに夜プール…初の試み満載の“メガ夏祭り”<体験レポ>

モデルプレス / 2015年07月18日03時00分

17日に行われた内覧会では、人気番組とコラボしたアトラクションブースをはじめ、名店・人気店の食を集めたグルメブース、そして初の本格夜営業の様子が公開された。「楽しくなければイベントじゃない!」を合い言葉に、2003年からの「お台場冒険王」に始まり、2009年からは「お台場合衆国」、昨年は「お台場新大陸」を開催。今年は、日本の“夏祭り”をフジテレビ風にアレン [全文を読む]

「お台場夢大陸」開幕、絶品グルメに夜プール…初の試み満載の“メガ夏祭り”<体験レポ>

モデルプレス / 2015年07月18日03時00分

17日に行われた内覧会では、人気番組とコラボしたアトラクションブースをはじめ、名店・人気店の食を集めたグルメブース、そして初の本格夜営業の様子が公開された。「楽しくなければイベントじゃない!」を合い言葉に、2003年からの「お台場冒険王」に始まり、2009年からは「お台場合衆国」、昨年は「お台場新大陸」を開催。今年は、日本の“夏祭り”をフジテレビ風にアレン [全文を読む]

キムタク×三池監督の配合は吉か凶か? 異色時代劇『無限の住人』で覚醒を果たしたのはあの女優だった!?

おたぽる / 2017年04月26日22時00分

SMAP解散後、初の映画主演となった木村拓哉と海外でも人気の高い三池崇史監督が初タッグを組んだ『無限の住人』がいよいよ4月29日(土)より劇場公開される。沙村広明原作の同名コミック全30巻の実写映画化で、木村拓哉演じる主人公・万次は斬られても斬られても死なない不死身の男という異色時代劇だ。『武士の一分』(06年)では山田洋次監督を唸らせるほどの殺陣の腕前を [全文を読む]

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

そう、栄えある21世紀の連ドラの人気TOPは、この2作品。片や1stシーズンは全話30%超えの連ドラ史に残る金字塔、片や朝ドラに若い視聴者を取り込んだエポックメーキング作品。この16年間で残したインパクト、歴史的意義を考えても、順当な選出でしょう。では、何ゆえ、この2作品が人々の支持を集めることができたのか? ――それを分析してみたいと思います。■“連ドラ [全文を読む]

『無限の住人』オンライン座席予約が負のスパイラルの要因か

しらべぇ / 2017年05月06日15時00分

1位は圧倒的な強さを見せているディズニー映画『美女と野獣』、2位は劇場版が安定的なファンの支持を集めるアニメ『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』、3位は人気シリーズ作品『ワイルド・スピード ICE BREAK』、4位は菅田将暉をはじめ人気若手俳優が集結した『帝一の國』、5位はこちらも劇場版が毎回人気のアニメ『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シ [全文を読む]

フォーカス