トレード 矢野謙次に関するニュース

【巨人】矢野謙次と大田泰示、札幌で再会する「元・巨人」の男たち

文春オンライン / 2017年06月09日11時00分

昨オフの電撃トレードで移籍した日本ハムで33番を身につけた大田は髪を伸ばし髭を蓄え、ワイルドに自己最多の6本塁打。さらにヘッドスライディングで己のベルトを引きちぎり球場を沸かせる男。いくつになっても、やっぱり大田泰示は完全無欠のスーパースターではなく、チームを元気づける泥だらけのアイドルである。 交流戦とはプロ野球同窓会である 2017年、早いもので松坂世 [全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「斎藤佑樹」

アサ芸プラス / 2015年08月14日09時56分

「実は今オフに向けて、日本ハムと巨人の間で斎藤のトレード話が浮上しています。今季の斎藤は4月に先発登板した2試合で打ち込まれ、二軍降格。6月に昇格し、中継ぎで5試合に登板しましたが、再び二軍落ちした。正直なところ、もう頭打ち状態で、中継ぎか敗戦処理でしか使えない。それでも一軍で投げさせるのは、トレードを見据えてのデモンストレーションであり、『商品見せ』。斎 [全文を読む]

巨人・大田泰示が日本ハムへ!巨人と日本ハムの“ホットライン”トレードを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年11月08日17時05分

11月2日、巨人と日本ハムがトレード成立を発表した。巨人は大田泰示(外野手)と公文克彦(投手)、日本ハムは吉川光夫(投手)と石川慎吾(外野手)。 未完の大器・大田、2012年に最優秀防御率を獲得した吉川。人気の高い2人を含むだけに話題性は抜群。木枯らしとともにストーブリーグに火が灯った形だ。 巨人と日本ハムといえば、近年は活発にトレードを実施しているいわゆ [全文を読む]

単独首位も巨人迷走の原因とは?「打てなすぎて原監督もヤケッパチ気味に」

アサ芸プラス / 2015年07月05日09時56分

さらには今季より交流戦がセ・パ対抗で、勝ったリーグの6球団で賞金を分配するシステムに変更されたことにまでケチをつけ始め、交流戦は負け越しただけに、報道陣はドン引きしていた」(巨人番記者) その交流戦では、2対2のトレードで日本ハムに電撃移籍した、矢野謙次(34)が早々に活躍した。「矢野についてはチーム内でも『出てよかった』との声が出ています。前GMまではよ [全文を読む]

G原監督今季で辞任決意の憶測深めた日ハムとの2対2トレード

NEWSポストセブン / 2015年06月15日16時00分

その憶測を深めたのが10日に発表された巨人と日本ハムの2対2のトレードだった。巨人から放出されたのは矢野謙次外野手と須永英輝投手、日本ハムからは矢貫俊之投手と北篤外野手。巨人ファンは矢野がいなくなることに衝撃を受けた。巨人担当記者が語る。 「矢野は近年、代打の切り札として活躍し、一昨年には球団記録となる“代打でシーズン19安打”をマークした、勝負強さで知 [全文を読む]

【巨人】巨人らしくない男・石川慎吾が、巨人を変える

文春オンライン / 2017年05月12日11時00分

二岡+矢野=石川慎吾? 昨オフ、2対2のトレードで日本ハムから吉川光夫とともに移籍。プロ6年目の背番号49は、ここまで打率.304、3本、7打点、OPS.867と堂々たる成績だ。安打数、本塁打数はすでに自己最多を更新。10日の阪神戦ではついに移籍後初の1番レフト起用。昨季は25歳以下が本塁打数0だったチーム状況において、2戦連発アーチを放ったりと救世主的 [全文を読む]

日本ハムがキャンプメンバーを発表 “アリゾナ嫌い”!?中田は二軍スタート

ベースボールキング / 2017年01月17日15時30分

また、トレードで加入した公文克彦、大田泰示も一軍スタートが決まった。 一方、増井浩俊や宮西尚生、田中賢介、中田翔といったところは沖縄・国頭で行われる二軍キャンプの方に参加する。 思えば昨年、アリゾナでの生活に苦しめられたのが主砲の中田だ。朝晩の気温差が激しいことや、“ウォシュレットがない”など不満爆発。そんなこともあってか、今年は国内に残り、2月23日から [全文を読む]

木佐貫洋 同郷のライバル杉内俊哉に投げ勝った白星が思い出

NEWSポストセブン / 2015年10月21日07時00分

トレードで入団したのにホームの札幌ドームで勝てず、ファンやチームに受け入れられていないと感じていたので、この試合は絶対に勝ちたかったんです。しかも相手は同級生の杉内投手。高校3年の時、夏の県大会決勝で彼の高校(鹿児島実業)に負けていました。それ以来の対戦で、試合前からメチャクチャ緊張していました。 結果、7回1失点の僕に勝ち星が付いた。ヒーローインタビ [全文を読む]

松坂世代の火はまだ消せない! 不死鳥・館山ほか諦めない男たち

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

巨人で代打の切り札的存在だった人気者の矢野謙次は、今季、まさかのトレードで日本ハムへ移籍。移籍3戦目で決勝本塁打を放った。その後は少し元気がなかったが、ここ一番での場面で登場したら、何かやってくれそうな雰囲気はまだ失っていない。 かつて、“松坂世代”と称されることに反発し、いつかは「新垣(あらかき)世代と言わせたい」と話した新垣渚は今年、ヤクルトに移籍後 [全文を読む]

日ハム・矢野「ファイターズ、サイコー!」に巨人・菅野がぶ然!?

アサ芸プラス / 2015年06月18日17時59分

「ファイターズ、サイコー!」 巨人から追い出されるように北海道日本ハムへトレードに出された矢野謙次がセパ交流戦で即スタメンに起用され、横浜DeNAを奈落に突き落とす猛打賞、そして翌日には逆転のスリーラン本塁打と、巨人ファンもあ然とする大活躍をしたのは記憶に新しい。 その初日の猛打賞によってお立ち台に立った矢野が、マイクにぶつかる勢いで発した言葉が「ファイタ [全文を読む]

フォーカス