絵画 オークションに関するニュース

景気回復の傾向をにらんで、絵画の販売促進を強化! 松坂屋・大丸オリジナルアプリ「飾ってみーる」運用開始!

PR TIMES / 2014年01月14日18時56分

大丸松坂屋百貨店では、通常百貨店で絵画を買っている、中高年の富裕層を中心とした顧客の他に、アベノミクスで台頭してきた若年層の資産家など、今後百貨店で絵画を買う可能性のある顧客マーケットが、潜在的に存在すると見込んでいます。 消費増税を前に新築マンションを買った人や、絵画を初めて買う、または初めてオークションに参加する人などをターゲットに、2013年12月2 [全文を読む]

ブランドリユースのコメ兵が古美術商の茶源と初タッグ!今を売って、次を楽しむオークション『Goody's(グッディーズ)』を11月に初開催!

@Press / 2016年08月15日11時30分

ジュエリー、時計、バッグだけでなく、車、絵画、美術品、中国骨董等、商品は多種多様なラインナップとなっております。■開催日程・場所日程:2016年11月3日(祝・木)~6日(日)内容: 3日(祝・木)、4日(金):下見会 5日(土):ジュエリー、時計、バッグ、車 他オークション 6日(日):美術品類(絵画・骨董)オークション場所:東京秋葉原UDX 4F TH [全文を読む]

Artprice: 2013年アート市場は15%成長(Art Price グローバル・インデックス)過去最高 ―アート市場レポート

JCN Newswire / 2014年03月08日00時49分

* Artprice.comが美術品と定義する、アーティストが明確に特定された絵画、スケッチ、彫刻、写真、版画、マルチメディアの2012年の総売上高は、2012年AMMA Artronレポートの幅広い観点に基づく数字によると、106億ドルに上りました。Artpriceは、アート市場だけに関する年間レポートを7言語(簡体字及び繁体字を含む)にて発行しており、 [全文を読む]

日本だけではない!世界中のオークションに参加可能!絵画・版画の新しい買い方 オークション入札代行サービス開始

@Press / 2014年12月16日12時30分

有限会社キュリオ(群馬県高崎市、取締役社長:渡木 章浩)は、世界中のオークションハウスの出品アイテム情報の提供、および入札・落札後の手続き全てを代行する、絵画・版画専用オークション入札代行サービスを開始しました。詳細ページ: http://curio-w.jp/■サービス内容詳細世界全体で1,000を超えると言われて、人気のあるオークションハウスですが、日 [全文を読む]

歌手ソルビの絵画が1300万ウォンで落札! 華々しい作家デビュー

Wow!Korea / 2017年08月23日14時40分

美術品オークション市場に出品された韓国女性歌手ソルビの作品が、1300万ウォン(約130万円)で落札された。韓国最大の美術品オークション会社「ソウルオークションブルー」に出品されたソルビの作品「Maze」が、1300万ウォンで落札されたことがわかった。最初の開始価格は600万ウォン(約60万円)でスタートした「Maze」は、15回の競売を経て、1300万ウ [全文を読む]

国内最大のオークション会社・毎日オークション 通算500回目となる記念オークションを開催

PR TIMES / 2016年03月29日11時56分

2001年に分社化し、現在では絵画や版画だけでなく、西洋装飾美術や日本陶芸・茶道具・古美術、宝飾品などを取り扱います。年間開催数30回以上、出品数は3万ロットに及び、年間落札額シェア率 46.43%※と事業規模は業界トップです。※2016年3月 『月刊美術』 「2015年美術品競売主要9社年間落札額シェア率」参考日本でのライブ型オークションの草分けとして、 [全文を読む]

中国でAV女優の蒼井そらの書いた書が1千万円で落札?中国「トンデモ」チャリティ横行

Business Journal / 2015年10月20日06時00分

10月4日に香港のサザビーズで開催されたオークションで、マー氏と中国人画家の曽梵志氏が共同で制作した絵画が、なんと4220万香港ドル、日本円にしておよそ6億3200万円という超高額で落札された。サザビーズが付けていた最高予想価格は250万香港ドル(約3800万円)だったというから、その17倍もの値段が付いたことになる。 地球を描いたこの絵画、マー氏にとっ [全文を読む]

楽天オークション×大丸松坂屋アートオークション 10月1日(水) 10時スタート

PR TIMES / 2014年09月30日18時47分

10月1日(水)~7日(火) 大丸東京店 10階美術画廊にてオークション品を展示します 大丸松坂屋百貨店はアートのWEB販売を拡大するため、インターネットオークション大手「楽天オークション」内で絵画の販売を開始します。楽天会員は約9300万人おり、楽天オークションはネットオークション業界でも大手となっておりますが、美術品に関しては、取扱量が全体と比べて割合 [全文を読む]

17世紀に描かれた「スイカの絵」の見た目が現代と違いすぎる! 不気味で奇妙な見た目だった!?

tocana / 2015年08月15日08時00分

昔の絵画は当時の風習や文化、人々の様子を窺い知ることができる貴重な資料である――。現代に暮らす我々にとっては、感心したり驚いたりすることばかりだが、最近は17世紀のルネッサンス時代に描かれたとされる、1枚の絵画が人々の注目を集めているという。 【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/08/post_7061.html】 ■今 [全文を読む]

名もなき芸術家の作品に、値段をつける人って誰?

マイナビ進学U17 / 2015年09月30日00時16分

375億円の値がついた絵画がある!世界には、名作といわれる絵画があります。そのような名作絵画は、オークションで高値で落札され、プレミアがつくことがあります。今まで最も高い値段で落札されたのは、ポール・ゴーギャンの「ナフェア・フェア・イポイポ」という絵。なんと3億ドル(約375億円)で落札されたんです!この絵を描いたゴーギャンは、世界的に有名な画家です。「我 [全文を読む]

初!絵画オークションにインターネットで参加 チャリティー 絵画大入札会

PR TIMES / 2013年12月04日12時28分

なかでも閉店までの最後の3ヶ月間は今年6月に「建て替えのため、一時閉店した松坂屋銀座店」で販売点数2600点、13億円販売実績のある「絵画バーゲン」を、新たにオークション形式で販売する「チャリティー絵画大入札会」として開催します。銀座店の絵画バーゲンでは全国各地からご来店、ご購入されたお客様が大変多く、全国規模でマーケットがあることが実証されたことや、ご自 [全文を読む]

中国人画家 世界的なオークションで高額トップ10に 2人入る

NEWSポストセブン / 2012年12月09日07時00分

世界的なオークションハウス、クリスティーズでは今年、香港で中国アートとしては最高の770万ドル(約6億1600万円)で中国人画家の絵画が落札された。絵画の値段が最も高額なトップ10の画家のうち、中国人画家が2人入っている。 クリスティーズによると、今年上半期の香港クリスティーズでの競売総額は35億ドルにも達し、昨年同期比の2倍以上。これは世界中のクリスティ [全文を読む]

中国・北京在住、世界一の「奇石コレクター」の愛石生活

Forbes JAPAN / 2017年08月06日10時00分

英語ではスカラーズ・ロック(文人の岩)と呼ばれるそれら奇石・怪石は、7世紀の唐の時代から収集され、絵画や詩など創作のインスピレーション源でもあり続けている。 今回訪ねた北京在住の画家・曾小俊(ヅォン・シャオジュン)は、世界一の奇石コレクターだ。ギメ美術館(パリ)の「スカラーズ・ロック」展(2012年)では、奇石の大半は曾氏の所蔵品から出展された。 その曾氏 [全文を読む]

沸き立つような感情を呼び覚ます作品! 藤田 修展「select」を開催へ【Art Gallery M84】

ITライフハック / 2016年09月26日17時00分

1979年 多摩美術大学絵画科油画専攻卒業。現)横須賀市在。URL:http://fujitaosamu.com、blog:http://fujitart.exblog.jp/■受賞歴1985年 第21回神奈川県美術展 特別奨励賞受賞 第02回カボ・フリオ国際版画ビエンナーレ 名誉賞受賞1988年 第24回神奈川県美術展 特選受賞1989年 第19回現代日 [全文を読む]

ジョニデ、離婚資金作りのために絵画2点を約12億円で売却!

Movie Walker / 2016年07月02日11時00分

ジョニー・デップがオークションハウス、クリスティーズのオークションにかけていたジャン=ミシェル・バスキアの絵画9点のうち2点が、約1159万ドル(約11億9300万円)で売却されたことがわかった。 クリスティーズの250周年を記念してロンドンで開催されたオークションでは、1点が475万ドル(約4億8900万円)、別の1点が684万ドル(約7億380万円)で [全文を読む]


ジョニデ、絵画9点をオークション出品で離婚資金作り?

Movie Walker / 2016年06月10日13時30分

絵画売却は、ジョニーの資金作りの序曲に過ぎない」とナショナル・エンクワイラーに関係者が語っている。【NY在住/JUNKO】 [全文を読む]

ポーラ美術館 企画展「Modern Beauty」 入館券でEMTGチケットの販売スタート!~スムーズなチケット購入&入館を実現~

PR TIMES / 2016年03月18日14時17分

音楽アーティストのファンサイト運営やオークション対策を講じたチケット販売を手掛けるEMTG株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:冨田 義博、以下EMTG社)は、“箱根の自然と美術の共生”をコンセプトに、2002年9月に開館のポーラ美術館(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)主催の企画展「Modern Beauty-フランスの絵画と化粧道具、ファッ [全文を読む]

建物の壁に勝手に描かれた「バンクシー」の芸術作品・・・「誰のもの」になるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2016年02月07日08時30分

たとえば、絵画を買った場合、その絵画の『所有権』は購入者にあるけど、その『著作権』まで取得するわけではありません。絵画の『著作権』は画家に帰属していることが通常です。これと同じ状態になっているわけです」 [全文を読む]

日本の現代アートに世界が熱視線 チームラボ、天明屋尚氏などに米紙注目

NewSphere / 2014年10月19日11時00分

天明屋尚の作品では、日本の伝統絵画に戦乱の武士を合わせた絵を紹介し、「天明屋はこの2つのジャンルに新しい視点をもたらしている」と評価。 池田学の作品では、福島の原発事故に着想を得た「メルトダウン」や、北斎の「富嶽三十六景」の1つ、「神奈川沖浪裏」をモチーフにしつつ、現代文明の危うさを描いた「予兆」に注目している。 また、チームラボでは、デジタル技術を用い [全文を読む]

フォーカス