新曲 さだまさしに関するニュース

「泣けと言われれば、5秒で泣ける」芸能界50年を生き抜く小林幸子のしたたかすぎる自己演出術

日刊サイゾー / 2012年10月09日08時00分

お家騒動渦中の演歌歌手・小林幸子が先月27日、都内で新レーベル発足&新曲発表会を行った。レーベル名は「SACHIKO Premium Records」で、デビュー50周年記念第1弾シングルの新曲はシンガーソングライターのさだまさしが作詞作曲した「茨(いばら)の木」となった。 小林は会見で「やっと......やっと新曲を出すことができました。新しい一歩です」 [全文を読む]

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

NEWSポストセブン / 2016年11月15日16時00分

今の世に新曲として出しても十分、通用する」と評している。 中でも評価しているのは『遠くへ行きたい』で、さだは「これほど見事な旅の歌はいまだなく、今後も出ないかもしれない。この歌があるためか、僕は今でも旅の歌が書けません」と語っている。一方、永さんは「みんなが歌える歌」にこだわって作ったことや、惜しまれながらも作詞を辞めた“本当の理由”などを明かしている。 [全文を読む]

さだまさしかよ!西野カナの新曲『トリセツ』の歌詞がリアルすぎて震える【動画】

AOLニュース / 2015年08月19日18時00分

西野カナの新曲『トリセツ』のMVが公開され、その独特の歌詞が話題を呼んでいる。 https://youtu.be/aPHGClLjZWk <関連動画はこちら> 本楽曲は、9月16日から公開される映画『ヒロイン失格』の主題歌となっており、西野カナ自身が作詞を務めた、女性心満載の新曲。 そんな西野の新曲『トリセツ』は「取扱説明書」の意味。そう、女性への「取扱説 [全文を読む]

岩崎宏美クリスマスディナーショー

PR TIMES / 2014年11月22日10時33分

同年4月でデビュー39周年を迎えるにあたり、稀代のポップ・メロディーメーカー斎藤誠プロデュースによる39周年をリードする新曲『Thank You!』5月にリリース。8月27日には、カバーアルバム「Dear Friends VII 阿久悠トリビュート」を発売。 ご予約・お問合せは: 浦和ロイヤルパインズホテル 宴会予約係 TEL.(048)827-1180( [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】森山直太朗の苦境を救ったさだまさし 「これはいじめの構図」

TechinsightJapan / 2016年09月20日10時00分

それ以降『夏の終わり』『太陽/声』と新曲を出すたびに高く評価されるが、彼は当時を「周りの景色や人との関わりがガラっと変わってしまい、それに耐えきれず心がきしむようなところがあった」、「目に見えぬ何かと逆行して戦っている、歌うことがすごく攻撃的だったし力が入っている時期だった」と振り返る。そんななか2008年に16thシングル『生きてることが辛いなら』を発表 [全文を読む]

西野カナがさだまさし化!? 新曲「トリセツ」が完全に「関白宣言」!

おたぽる / 2015年09月14日21時30分

しかし、リスナーの幅をより広げたいのか、“さだまさし風”に仕上げた新曲が、ネット上のごく一部を沸かせている。 2008年2月、“I(私)”と“愛”をかけたシングル「I」で、メジャーデビューを果たした西野。「奇跡の声を持つ新星アーティスト」「その透き通った未知の声は国境を越え全世界と共鳴し、等身大のリアルな詞は一度聴くと心の奥底まで掴み離さない」と大々的に打 [全文を読む]

さだまさしの被災地支援コンサートはNHK『生さだ』がきっかけ

NEWSポストセブン / 2015年06月25日16時00分

さだまさしを有名にしてくれたのは、きっとそういうことなんだよ”と言っていました」(藤村さん) 60才を過ぎても、心に染みる新曲はじめ、本、映画、ドラマが次々公開される。そんなアーティストは前代未聞だ。 ※女性セブン2015年7月9・16日号 [全文を読む]

フレンチ・キス:柏木由紀のバースデーに2年ぶりの新曲リリースを発表

Entame Plex / 2014年07月16日02時15分

メンバー:柏木の23歳の誕生日でもある7月15日に約2年ぶりとなる新曲「思い出せない花」のリリースが発表された。 久しぶりの新曲は、彼女たちの冠番組「フレンチ・キスのキス旅」のテーマソングともなっている、AKBグループ初のフォーク・ナンバー。新曲について、メンバー:倉持は「フォークといえば『関白宣言!!!』さだまさしさんのイメージですが、初めて3人だけのハ [全文を読む]

小林幸子 紅白絶望的で台所事情ますます苦しくなる恐れも

NEWSポストセブン / 2012年10月29日07時00分

紅白出場へ並々ならぬ執念を見せる彼女は、いちるの望みに懸けて、17年間所属したレコード会社との契約を解除して、インディーズレーベルを立ち上げ、新曲を発売するという荒技に出た。 「兄ぃ」と慕うさだまさし(60才)に作詞作曲してもらい、10月17日に発売した新曲『茨の木』だ。しかし、29日付のオリコン週間ランキングで、同曲は初週売り上げがわずか1890枚だっ [全文を読む]

CD「渡辺宙明卒寿記念コンサートVol.1」2016年4月6日発売!マジンガーZ、宇宙刑事ギャバンなど昭和のアニメ・特撮を支えた伝説の作曲の生誕90年コンサートがライヴCD化!

DreamNews / 2016年03月10日10時00分

今回のコンサートのために新曲を書きました。孫がアイドル・グループをやっていてね。私の特徴を出さなければいけないなと思って、戦隊ものをイメージした曲になっているかもしれません。これまでの作曲人生を振り返って私にとって作曲は生きがいですよ。好きな仕事で食べられるようになったのは、幸せですね。ですから、やめようと思ったことはないです。作曲は大変だけど、楽しい仕事 [全文を読む]

フォーカス