仕事 みうらじゅんに関するニュース

吉田豪インタビュー:安齋肇「僕はタモリさんの横にいる人って評価で十分」(1)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月01日17時05分

盟友みうらじゅんさんの小説『変態だ』の映画化で映画監督デビューを果たす安齋さんに監督就任の経緯やこれまでのお仕事のこと、そして週刊誌もさわがせた、みうらさんとの大ゲンカの真相について聞きました! ■みうらじゅんの飲みの誘いを断ったら…… 安齋 え! この企画って第一回のゲストが清原(和博)さんだったの? すごいねえ。どんな感じだった? 汗かいてた? ──み [全文を読む]

みうらじゅん&安齋肇が語る「変態とオトナ童貞」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年12月09日20時54分

自分のイベントのポスターやら、装丁やら、安齋さんと今まで色々仕事をさせてもらったけど、考えつかないことをやるんですよ。クライアントが結果的に困ることをやったりして、ロックなんですよね(笑)。 だから、例えば、今回はポルノでお願いします、こういうテーマでお願いします……という注文はこの映画でもしていますけど、そんな型にはまったものは絶対に撮らないだろうなと思 [全文を読む]

吉田豪インタビュー企画:安齋肇「ショックだけど、みうらじゅんから見ると俺は営業友達」(3)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月03日17時08分

最近なんか『「ない仕事」の作り方』(15年/文藝春秋)って本を出したじゃん。そしたらあの人の営業だったんだよね。ひとり電通だから。全部そうやって仕事を増やしていくための、それこそホントに術中に見事にハマッて。友達だと思ってたんだけど、じつは仕事仲間。すっごい誤解してた(笑)。 ──あの本、ボクがみうらさんに飲んで説教されたときの内容がそのまま本になってて驚 [全文を読む]

吉田豪インタビュー:安齋肇「本業のキャラクターデザインで稼ぎたいけどまったく仕事ない」(2)

デイリーニュースオンライン / 2016年10月02日17時05分

まったく仕事ないからね。 ──そうなんですか!? 安齋 キャラクターデザインって、誰かがゆるきゃらとかいうブームを作ったでしょ。 ──誰かというか、安齋さんのパートナーのみうらさんが(笑)。 安齋 その結果、キャラクターって誰が作ってもいいんだ、むしろ緩いほうがいいっていうことになっちゃったでしょ。 ──プロが作った緩さじゃなくて、アマチュアが作った緩さこ [全文を読む]

南伸坊、関川夏央、みうらじゅんが語らう「昭和のエロ」

文春オンライン / 2017年06月12日17時00分

仕事場みたいな部屋がないと。それに、持ち主は自分が逝った後のことを考えちゃいますから。取扱説明書には「里帰り」という制度が記載されてて、メーカーに送り返せば供養してくれるらしいです(笑)。 エロ・スクラップは450巻超え 関川 みうらさんは僕らより一世代下だけど、週刊誌の「死ぬまでセックス」特集は読んだりするの? みうら 送られてくるのは読みますけど、中高 [全文を読む]

安齋肇初監督・みうらじゅん原作映画『変態だ』公開記念 仕事論、マイブーム、ボブ・ディラン、新作映画…安齋肇&みうらじゅんが若者にゆる~く提言!

PR TIMES / 2016年12月08日12時42分

みうらじゅんが原作で安齋肇が初めて監督をつとめた映画『変態だ』(12月10日公開)公開を前に、「仕事について」「マイブームについて」「ボブ・ディランについて」そして映画『変態だ』について、自由に語りました。未来を担う若者たちに、提言も?12月12日(月)からの放送を、どうぞお楽しみに。◆「人と違うことをやることに意味がある!」(安齋肇)[画像1: http [全文を読む]

【書評】みうらじゅんの「ビジネス書」は、なぜこんなに笑えるのか

まぐまぐニュース! / 2015年11月24日02時30分

今回の『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』では、そんな彼の仕事術を暴露した一冊を紹介しています。 『「ない仕事」の作り方』 みうらじゅん・著 文藝春秋 こんにちは、土井英司です。 これまでに数多くのビジネス書を読んでいますが、「仕事術」に分類される本を読んで、大爆笑したことは一度もなかった気がします。 本日ご紹介する一冊は、漫画家、イラス [全文を読む]

みうらじゅん、TVチャンピオン文具王…プロが愛用する“本当に使える文具”とは?

Business Journal / 2014年01月10日16時00分

「文具」といえば、仕事でも私生活でも常に身近にあり、毎日使うもの。 メーカーによって使い勝手は様々、色もかわいくて新商品が出たら思わず試したくなりますし、人が珍しい文具を持っていると気になります。 『文具自慢』(扶桑社/刊)はそんな文具マニアの知りたがり欲求を満足させてくれるムックです。アイドル、女優、イラストレーターなど各界の「文具大好き人間」たちが、自 [全文を読む]

野菜づくしのゆるキャラ? 岡山県には、“スーパーヤサイ人”がいる!?

マイナビ進学U17 / 2016年08月12日12時01分

こうした地域のプロモーションや移住促進を行うのは「市町村職員」の仕事です。さと丸くんのような一風変わったキャラクターを生み出した奈義町のように、独自の方法で目立つことを考えると共に、しっかりと地元の良さをアピールできるイベントなどの計画を立てる等、地域活性化のために市町村職員が担う役割はとても重要です。市町村職員の仕事に関心のある人は、ぜひ自分なりの町おこ [全文を読む]

集めて一体どうするの?ちょっと変態なコレクション3選

しらべぇ / 2016年07月27日09時30分

■収集は仕事になる日本随一の収集家、みうらじゅん氏は著書「『ない仕事』の作り方」で、「収集しただけではただのコレクターです。それを書籍やイベントに昇華させて、初めて『仕事』になります。」と書いている。今は「なんでこんなシロモノを」と思われているコレクターも、第一人者になるポテンシャルを秘めているのだ。・合わせて読みたい→ツメや鼻くそを保存している人の意外な [全文を読む]

サブカルの帝王は努力家で戦略家だった! みうらじゅんの仕事術が明かされる『「ない仕事」の作り方』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月27日06時30分

この世に存在しなかったジャンルや趣味を発明し、それに熱中し、時には仕事にもしてしまうみうらじゅん。やってることの破壊的なバカバカしさのせいもあり、彼の仕事術に焦点が当たる機会は少なく、ともするとその仕事ぶりは「バカなことを仕事にできて楽しそう~」と軽く考えられがちかもしれない。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ しかし、本人がその仕事術を語った『 [全文を読む]

【ニコ生復帰】岡田斗司夫=みうらじゅんチルドレン説が浮上|ほぼ週刊 吉田豪

東京ブレイキングニュース / 2015年02月02日21時05分

竹熊さんは『モテの魔の手が来ればみんなブレる』って書いてらっしゃるけど、そんなことはないんじゃないかな」「唐沢(俊一)さんも恋愛で仕事が崩れたりしない。竹熊さんの方が例外だと思うな」「やっぱり男は仕事に重きを置いていて、女性との恋愛はどうでもいいと思ってしまうのは、僕がそうだからですね」 いや、唐沢俊一&岡田斗司夫も思いっきり女性問題でブレまくってたと思う [全文を読む]

『週プレ酒場』が、歌舞伎町に1年限定オープン。人気グラビアアイドルたちが一日ママを務める『週プレ酒BAR』も併設!

IGNITE / 2017年06月09日19時00分

仕事に疲れたら『週プレ酒場』で、グラビアアイドルたちから、明日への活力をもらおうではないか。 『週プレ酒場』 ■ 期間: 2017年6月10日(土) ~ 一年間限定 ■ 営業時間: 17:00~24:00(L.O:23:30) ■ 場所: 東京都新宿区歌舞伎町1-18-9 WaMall歌舞伎町 5F ■ 席数: 約50席 ■ URL: http://shu [全文を読む]

蛭子能収のゆるゆる人生相談「夫がおごりたがるのですが…」

WEB女性自身 / 2017年06月05日11時00分

漫画家だったら、みうらじゅんさんは割り勘で、根本敬さんは、お金に成るような仕事をしていないのでオレが支払うでしょうね。リリー・フランキーさんはイラストの仕事はしていませんが、CMにたくさん出てもうかっているからおごってもらいます! 【『蛭子能収のゆるゆる人生相談』たちまち4刷&電子書籍化!】建前だらけの世の中に、疲れ果てたらこの1冊! 当コラムをまとめた [全文を読む]

宮藤官九郎×みうらじゅん「なぜ漫画原作の実写化は悪く言われてしまうのか」

週プレNEWS / 2015年08月14日06時00分

これに、みうらも「それ、果たして評論家の仕事なのかねぇ?」と同意。そして、評論家のこうした意見にクドカンは「それはそれで理由もあるのかな」とした上で、こう話した。 「特にここ数年の邦画は、もともとTVドラマだったのが映画化されるか、漫画や小説を実写化するっていうパターンが主流になっているじゃないですか。そこを評論家はすぐにツッコミますね。オリジナルを撮れ [全文を読む]

引退35年の美少女アイドル「栗田ひろみ」を感涙キャッチ!

アサ芸プラス / 2015年05月04日09時57分

引退から35年の中で、一度だけ芸能の仕事を引き受けたのも同作である。「06年にDVD化された際に、オーディオコメンタリー(音声解説)に地井さんと参加させてもらったんです。久々の仕事だったのでドキドキしましたが、地井さんにリードしてもらえて無事に終わりました。それから何年かたって亡くなられたのは残念でしたね」 引退後、わずかなOL生活を経て81年に結婚。夫は [全文を読む]

豊胸でIカップに! “ラブドール”に憧れた女性が500万円かけて整形し話題に

ウートピ / 2014年09月21日12時00分

20歳の時にモデルの仕事を始め、美容整形を意識して貯金を始めたが、25歳のときに実業家の恋人に出会った。彼に整形の資金を援助してもらい、これまでにおよそ530万円を費やしたという。 最初は3年前、ハンガリーで3度の豊胸手術を約440万円で受け、サイズを32G(日本でいうI70)にアップ。その後、鼻の整形に約53万円、唇に約35万円かけている。 理想は「頭 [全文を読む]

たけし「ブサイクすぎる」で売り出したい元政治家と女詐欺師

NEWSポストセブン / 2012年05月13日07時00分

それはつまり、市議にしたって、海女にしたってボクサーにしたって、この仕事に就いてる女はブスであることが前提で、美人はいないっていう職業差別が前提になってるんだよな。もうひとついえば、美人ってのは知的な仕事や実力派のアスリートにはなりづらいっていう偏見でもあるんだよ。 このブームの逆手をとって、オイラはぜひ「ブサイクすぎる○○」ってジャンルを売り出してやろう [全文を読む]

セブ山が童貞にアドバイス「ネットで生き残るには●●するな」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月31日19時19分

霜田:僕も思いたいです……! ありがとうございました!<セブ山さんの教え>日々のコンテンツ作りを大切にした先に、きっとマネタイズがある(あったらいいな)ということで、きちんとコンテンツを作った先にマネタイズがあるという未来予想図を描いてくれたセブ山さんに続いて、もうひとり、楽しそうに仕事をしている個人のもとへ……!ネット業界サバイブ行脚。続いては、Twit [全文を読む]

みうらじゅんといとうせいこうに「ポスト・バナナマン」の声

アサ芸プラス / 2017年03月14日05時59分

みうらはすかさず副音声の仕事をアナウンサーならぬ「副音サー」と名付け、内容と自分たちのキャラの違いを「“副音サー”としてハードルが高かった」と嘆いた。「この2人が硬派な内容の副音声を担当することに業界内では“ポスト・バナナマン”と言われています。というのも、年末恒例の『NHK紅白歌合戦』は、お笑いコンビ・バナナマンの2人が副音声を担当するようになってから『 [全文を読む]

フォーカス