離婚 阿部寛に関するニュース

3位関根勤、2位所ジョージ!子どもが喜ぶ「理想のパパ」1位は

WooRis / 2016年05月18日21時00分

お宅の夫は、いくつ趣味がありますか?■1位:離婚してもよき父親、明石家さんまそして、同ランキングで堂々トップに輝いたのは2位と僅差の287票を集めた明石家さんまさんでした。娘のIMARUさんも芸能界で活躍していて、離婚はしたもののパパの才能が娘に受け継がれているイメージも強いですよね。両親が何らかの事情で離婚したとしても、子どもに対して変わらぬ愛情を注げる [全文を読む]

高島礼子離婚で異例のセールス! 高知東生がスケコマシ演じる阿部寛『結婚できない男』が“お蔵”か

日刊サイゾー / 2016年08月02日17時00分

女優の高島礼子が、覚せい剤取締法違反の罪で起訴された元俳優で夫の高知東生被告と離婚したことを1日、所属事務所が発表した。 高島は、6月30日に開いた会見で、高知被告について「彼の動向を見て見極めたい気持ちもある」と話し、離婚の可能性については「決断の1つ」との表現に留まったが、先月28日発売の「女性セブン」(小学館)は、留置場にいる高知被告が、弁護士を通じ [全文を読む]

是枝監督が阿部寛 樹木希林ほか豪華キャストで送る家族の物語

NeoL / 2015年12月28日01時07分

そんな良多に愛想を尽かして離婚した元嫁、響子(真木よう子)。11歳の息子・真悟(吉澤太陽)の養育費も満足に払えないくせに未練たらたらの良多は、探偵技で響子を“張り込み”し、彼女に新しい恋人ができたことに一人ショックを受けている・・・。 そんなある日、たまたま母・淑子の家に集まった良多と響子と真悟は、台風のため翌朝まで帰れなくなり、一つ屋根の下で一晩を過ごす [全文を読む]

自宅で突然死の阿藤快さん 笑顔に隠した「2度の離婚」

WEB女性自身 / 2015年11月25日06時00分

73年、27歳のときに結婚したA子さん(69)との間には長男(41)に恵まれましたが、 93年ごろに離婚しました」 阿藤さんは大学1年生のときに、女子美術大学の短大生だったA子さんと出会い、大学卒業後に結ばれたという。 「A子さんと結婚したのは、阿藤さんが俳優デビューした直後のことでほとんど収入もなく、生活費はA子さんの収入に頼っていました。そのA子さん [全文を読む]

真木よう子『海よりもまだ深く』インタビュー

NeoL / 2016年05月14日08時00分

──真木さんが演じた響子は、ダメな夫と離婚し、1人で子供を育てているしっかり者の女性です。とりたてて変わったところのない市井のキャラクターだからこそ、女優としてすごく繊細な感情表現が求められた気がするんですが? 真木「うーん、どうなんだろう(笑)。自分ではあまり意識してないんですよね。楽しいシーンは楽しく、切ないシーンは切ない感情でお芝居していただけで… [全文を読む]

映画『海よりもまだ深く』公開! 監督 是枝裕和インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月06日11時00分

そんな彼の年老いた母、離婚した妻と息子、元家族が台風の日に集まって――。それぞれの人生に流れた時間が胸に迫る感動作だ。【人気連載マンガ】Twitterフォロワー数37万人超!! 日本一有名な男性保育士。てぃ先生の笑えて泣ける保育日誌! みんながなりたかった大人になれるわけじゃない――。 是枝監督が脚本の1ページ目に書いたのはこんな一行だった。映画『海よりも [全文を読む]

山口智子 6年ぶり連ドラ復帰で囁かれる仮面夫婦「トルコ人演奏家に夢中で、夫は合コン三昧」

アサ芸プラス / 2012年06月22日11時00分

浮気の噂は後を絶ちませんが、それでも家にはちゃんと帰っています」(スポーツ紙記者) そんな2人が離婚の危機を報じられたのは、07年9月のことだった。オーストリアで、山口がトルコ人ピアニストのファジル・サイ氏との手つなぎデートを目撃され、地元トルコの週刊誌でも、ファジル氏の「恋人」と報道されたという。 「その前年、唐沢がトークショーで『家では鍋なんて食べない [全文を読む]

12星座【恋妻家男子】ランキング 蠍座男性は寝ている妻にキスしてときめく!

i無料占い / 2017年01月28日12時00分

ある日、夫・陽平(阿部寛)は、妻・美代子(天海祐希)が隠していた離婚届けを見つけてしまいます。「恋妻家」とは、妻に恋をする夫のこと。映画の中で陽平は自分の妻への想いにあらためて気づきますが、果たして離婚を回避できるのでしょうか。今回は、この映画にちなみ、恋妻家になりやすい男性星座を、ランキングにて紹介していきます。■第1位 魚座男性……休日は妻と手を繋ぎデ [全文を読む]

是枝裕和監督が明かした幼少時代…「野球選手が夢だった」

WEB女性自身 / 2016年12月12日12時00分

妻(真木よう子)に愛想をつかされ離婚しても、まだ夢を捨てきれない。ギャンブル好きで一人息子の養育費も満足に払えないくせに妻子に未練たっぷり。そんなダメ男を見守るのは団地で一人暮らしの母(樹木希林)だけ。 たどりつきたかった未来に到達できなかった大人たち。登場人物たちそれぞれが抱える感情を監督は優しいまなざしで見つめる。脚本は最初から阿部寛と樹木希林を想定し [全文を読む]

なぜ激ヤセから激太り?&真木よう子を悩ます”ストレスと不摂生”

デイリーニュースオンライン / 2016年05月28日09時06分

半年前の激ヤセから一転、激太りしたり汚肌を見せたりしていることから、離婚のストレスや酒・タバコによる不摂生の可能性も取り沙汰されている。 ■激太りにファン驚愕「誰?」 映画『海よりもまだ深く』のPRでテレビ番組や各種インタビュー、舞台挨拶などに大忙しの真木。つい半年ほど前には鎖骨が浮き出るほど激ヤセし、ファンから「栄養とって!」「拒食症か」と心配されていた [全文を読む]

「懐かしいな、この狭さって(笑)」 真木よう子が映画『海よりもまだ深く』を語る

anan NEWS / 2016年05月24日08時00分

15年前に一度文学賞を取ったきりの自称作家でギャンブル好きの良多に愛想を尽かし、離婚後は11歳の息子と二人で暮らしている。サラリーマンの恋人もいる。 「愛だけでは人は生きていけない、というセリフもあるように、響子は今を生きつつ、ちゃんと将来を考えた最善の決断ができる強い女性です。でも良多は確かにダメ男ですけど、共感できる部分は男女問わず、みんなきっとあると [全文を読む]

『海よりもまだ深く』是枝裕和監督に聞く

ニューズウィーク日本版 / 2016年05月17日16時20分

ある台風の夜、良多は団地で独り暮らしをする母・淑子(樹木希林)、愛想を尽かして離婚した元妻の響子(真木よう子)、息子の真悟と共に過ごすことになり――。 作品の背景や国際映画祭、団地のお風呂や西武線まで、是枝に話を聞いた。――作品の着想は2001年と、かなり前に遡るそうだが。 着想というほどの大きなものがあった訳ではないが、団地を撮りたいと思ったのがそのくら [全文を読む]

阿部寛、“母”樹木希林の海よりも深いツッコミに苦笑

Smartザテレビジョン / 2016年04月24日19時34分

そんな駄目な男に愛想を尽かして離婚した元妻役の真木は「私はとても大好きな作品になったので、今、見られた皆さんがうらやましいです(笑)。それくらい大好きな作品です」と胸を張った。2人の息子・吉澤は約2年前の撮影時まだ小学生だったそうで「今日はありがとうございます!」ときちんとあいさつができると、笠井アナも「あの太陽君ですか?」と驚いていた。そして、阿部演じる [全文を読む]

『下町ロケット』『真田丸』出演俳優・平岳大が肩組みデート

NEWSポストセブン / 2016年02月03日16時00分

小学4年生の時に両親が離婚して以来、双子の妹と共に佐久間の元で育てられた。俳優デビューは27才と遅咲きだ。 「小さい頃から家族のことで騒がれたため、はじめは俳優という仕事を避けていたんです。高校在学中にアメリカに留学、現地の名門大学を卒業して不動産ファンドの会社などでサラリーマン生活をしていました。でもどうしてもやってみたい気持ちがあったんでしょう、役者へ [全文を読む]

「下町ロケット」で土屋太鳳に感じてしまう“小さすぎる”違和感とは!?

アサ芸プラス / 2015年11月05日09時58分

ちなみに、阿部演じる主人公と離婚した、土屋の母親役の真矢ミキは公称166センチ。決して低くはない。さらに主人公の母親役の倍賞美津子は公称163センチ。世代を考えれば高いほうだろう。この一家の娘としては、いささか小柄なキャスティングではないだろうか。「恋愛ドラマなどで男女の身長を考えてキャスティングすることは、ままあります。しかし、親子の身長差というのは‥‥ [全文を読む]

こんな恋愛してみたい!ドラマから選ぶ“恋する名カップル” 10選!

日本タレント名鑑 / 2015年08月26日09時55分

縁側でのんびり~、心ほっこりあったかカップル『ぶちょお&蛍』 ひょんなことから同居することになった、干物ОL・蛍(綾瀬はるかさん)と、離婚間際の高野部長(ぶちょお・藤木直人さん)の、全く熱くない恋愛模様を描いた『ホタルノヒカリ』。完璧主義で世話焼きの高野部長は、加藤和樹さん演じる誠に片思いする蛍を応援しつつ、世話を焼きまくります。そのうちにお互いなくては [全文を読む]

【医師たちのリアル恋愛事情】西川史子も…女医が「非医師」の男を選ぶワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年05月08日11時50分

実際に、元祖タレント女医の西川史子先生は38歳で実業家の年下男性と結婚したし(後に離婚)、同じくタレント女医の友利新先生は医師夫との結婚・スピード離婚の後、35歳で非医師男性と再婚している。実際、私の周囲でも20代に結婚した女医は圧倒的に医師×医師婚だが、30代後半に結婚した女医は過半数が女医×非医師男婚となっている。 女医の婚活を考えるとき、「女医=結 [全文を読む]

松たか子、宮﨑あおい、スキャンダル美女「ピンクな煩悩地獄」

アサ芸プラス / 2013年01月09日10時00分

離婚からほぼ1年。しかし、意外にも最近の宮崎あおい(26)は、「わが母の記」「天地明察」「北のカナリアたち」など、出演映画が立て続けに公開され、仕事は順調そのものだ。 中でも注目を集めたのは、約10年ぶりとなる民放ドラマ出演。山口智子(48)の16年ぶり連ドラ出演でも話題となった「ゴーイングマイホーム」(フジテレビ系)だ。 このドラマには宮崎、山口の他に [全文を読む]

真木よう子、カンヌで“オネエ化”疑惑浮上! ホストクラブで一晩2,000万円の散財疑惑でファン離れ加速!

おたぽる / 2016年05月25日19時00分

真木は、08年に元俳優の片山怜雄と結婚しましたが、昨年9月に離婚。現在は独身のため、何をしようが自由で、ベッキー・ゲス川谷の不倫騒動とは違い、世間から批判されるいわれなどはないのですが、さすがにファンにとっては衝撃が大きく、『ショックが大きすぎて、立ち直れない』『もうファンやめる』と、ファン離れが加速。その一方で、『よう子ちゃんに会うために、歌舞伎町のホス [全文を読む]

顔パンパン、二の腕パツパツ…真木よう子の急激劣化に「場末のスナックのママ?」

アサ芸プラス / 2016年05月25日17時59分

以前は拒食症を疑われるほど痩せていた真木だけに、「まさかの役作り?」「薬の副作用?」「離婚のストレス?」など、健康を案じる声まで出るほどだ。「真木は、11月3日に公開予定の映画『ぼくのおじさん』の撮影で、昨年秋はハワイのオアフ島とハワイ島へ行っていました。開放的な気分になって、カロリーオーバーしてしまったのではないですかね。彼女はプロ根性の塊のような人で [全文を読む]

フォーカス