渥美清 寅さんに関するニュース

渥美清さん、8月4日で没後20年。秘蔵写真満載のムック『寅さんの向こうに』が発売!

PR TIMES / 2016年07月29日19時10分

「ヨッ! 元気かい?」 映画「男はつらいよ」シリーズで“フーテンの寅さん”を演じた渥美清さんが亡くなって8月4日で20年。株式会社朝日新聞出版(本社:東京都中央区築地)は、不世出の昭和の名優の足跡を、数々の秘蔵写真とエピソードで辿る、週刊朝日MOOK『渥美清没後20年 寅さんの向こうに』(定価980円)を発売しました。 [画像1: http://prtim [全文を読む]

寅さんもさくらも若い!映画『男はつらいよ』シリーズ第1作の醍醐味【面白すぎる日本映画 第11回】

サライ.jp / 2017年09月16日17時00分

なにより渥美清自身が若い。まだ寅さんというより、コメディアン渥美清の感が強い。 渥美清だけでなく倍賞千恵子も若い。僕が小学生の頃に眩しかった60年代のお姉さんそのもの。キュートでかわいい。倍賞千恵子もまだ“さくら”というより、女優・倍賞千恵子である。 そのさくらのお見合いに寅さんが付き添うシーンが、おそらく“寅さんシリーズ”として最初のギャグ・シーンだろう [全文を読む]

名優 渥美清さん没後20年昭和の名作『男はつらいよ』シリーズ

PR TIMES / 2016年08月04日12時22分

今なお色褪せない魅力をTSUTAYAが提案 全国に1,478店舗のTSUTAYAを展開する株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼COO:中西 一雄/以下、TSUTAYA)は、没後20年で改めてその魅力が注目されている渥美清さんの代表作『男はつらいよ』シリーズの魅力をお伝えし、多くのお客様に知って頂く為に全国のTSUTAYA店頭にて、『 [全文を読む]

渥美清主演の伝説のドラマ『泣いてたまるか』に「仁義なき戦い」の監督、深作欣二が手掛けた作品が登場!

PR TIMES / 2015年06月05日19時35分

BS12で土曜ひる2時から放送 全国無料放送のBS12ch TwellV(読み:トゥエルビ)(ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 森内譲)では、渥美清が出演するドラマ「泣いてたまるか」を放送しております。6月は深作欣二が監督、脚本を担当した作品や、橋田壽賀子脚本作品が登場します。 1.『泣いてたまるか』概要: 「 [全文を読む]

渥美清没後20年!NHK BSプレミアムで大特集

Smartザテレビジョン / 2016年07月22日20時13分

NHK BSプレミアムでは、渥美清の没後20年となることし、映画「男はつらいよ」シリーズを中心とした特集番組をラインアップ。 7月30日(土)は「ザ・プレミアム 寅さん、何を考えていたの?~渥美清・心の旅路~」。渥美が折々に詠んだ220を越える俳句に込めた思いを、関係者の証言を交えながら読み解いていく。 8月3日(水)の「アナザーストーリーズ 運命の分岐点 [全文を読む]

前田吟 渥美清から26年間で一度も演技について助言されず

NEWSポストセブン / 2013年10月11日07時00分

映画『男はつらいよ』で寅さんの妹さくらの夫、博を演じてきた前田吟が語る、寅さんこと故・渥美清氏との思い出を映画史・時代劇研究家の春日太一氏が聞いた。 * * * 前田吟の代表作といえば、多くの方が『男はつらいよ』シリーズを思い浮かべることだろう。1969年から1995年まで続いた全48作にも及ぶ国民的作品で、主人公・車寅次郎(渥美清)の妹・さくら(倍賞千恵 [全文を読む]

タモリ、加藤茶、倍賞千恵子他 感動を呼んだ弔辞の例を紹介

NEWSポストセブン / 2013年01月16日16時00分

【著名人弔辞リスト】 ※故人(弔辞を読んだ人)の順 ■中村勘三郎(大竹しのぶ、野田秀樹など) ■安岡力也(内田裕也) ■横山やすし(横山ノック、西川きよし) ■市川森一(西田敏行) ■森繁久彌(松岡功・東宝名誉会長) ■渥美清(倍賞千恵子) ■植木等(小松政夫) ■荒井注(いかりや長介) ■いかりや長介(加藤茶) ■坂上二郎(萩本欽一) ■美空ひばり(中 [全文を読む]

【名優】渥美清の「言葉」の影響力をアカデミー賞俳優が語る

しらべぇ / 2016年08月05日19時00分

今年の8月4日は寅さんを演じられた渥美清さんの没後20年ということでさまざまな追悼企画があるようですが、筆者が注目したのは「演じる」という字。「寅さん」の「寅」が入ってるんです! 創作物なので偶然とは言い切れませんが、なぜ、この「寅」という字に水を表すさんずいで「演」なのかを考察してみました。■動物の「トラ」が影響?画像は松竹映画『男はつらいよ』公式サイト [全文を読む]

葛飾・柴又駅「三河屋」の焼きそばで昭和ノスタルジーに浸る

GOTRIP! / 2015年06月12日03時55分

柴又駅を降りるとすぐに「男はつらいよ」で寅さんを演じていた渥美清さんの銅像と「三河屋」が旅人を迎えてくれる。 注文するとあらかじめ軽く炒められている自家製の麺が店先の鉄板で豪快に炒められる。 香ばしいソースの香りと青のりの風味、そしてトッピングした目玉焼きに紅ショウガ。全てのウマい要素が詰まった王道の焼きそばが供される。 ひとくち食べると、鉄板で炒められ [全文を読む]

橋田壽賀子脚本作品、西田敏行も登場!笑って泣ける人情ドラマ 渥美清主演 『泣いてたまるか』

PR TIMES / 2015年04月09日15時23分

BS12ch TwellVで4月11日土曜ひる2時から放送! 全国無料放送のBS12ch TwellV(読み:トゥエルビ)(ワールド・ハイビジョン・チャンネル株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 森内譲)では、2015年1月から渥美清が出演するドラマ『泣いてたまるか』を放送しております。この度、4月11日(土)から、放送時間がひる2時からの放送に変 [全文を読む]

倍賞千恵子、初共演時の渥美清さんに気付かず 『男はつらいよ』が「私にとっての人生」

エンタメOVO / 2017年09月06日16時19分

本作が渥美清との初共演となったものの、実は「しばらくあの役が渥美さんだとわからなかったんです。だいぶ経ってから何かのインタビューのときに聞かされて、そう言えばそうだったとわかったんです」と明かし、訪れた往年のファンを驚かせた。 これまで出演してきた170本の映画のうち実に48本が『男はつらいよ』となることから「だいたい3分の1がそう。『男はつらいよ』自体が [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】のん、山田洋次監督と“寅さん記念館”へ 「爽やかめな髪とワンピース」でおめかし

TechinsightJapan / 2017年05月31日19時00分

同記念館は渥美清の主演映画『男はつらいよ』シリーズで使われたセットや資料、ジオラマ模型などが展示されており、彼女も「至る所に寅さん愛が溢れていてすっごく楽しかったです」とその世界観を満喫したようだ。 彼女が公開した“寅さんが愛した鈍行列車の旅”コーナーで列車の座席で山田洋次監督と向かい合う姿は、一見すると「蝋人形?」と思えるほど違和感がない。監督の風貌とと [全文を読む]

「雨ニモマケズ…」幼少期の暗誦が日本語という「祖国」を作る訳

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日15時30分

渥美清演ずる、おっちょこちょいの寅さんが精一杯気取って、名乗りをあげる様を想像しながら。 こうして何度か声に出していると、自分が寅さんになったような気がしてくるから不思議である。言葉とはそもそも文字を目で追うものではなかった。身体を使って声に出し、そのリズム、高低、強弱、息づかい、身振り手振りなど、身体全体で相手に自分の心を伝えるものであった。したがって寅 [全文を読む]

苦境こそ明るく支える!石塚英彦の妻の“夫操縦法”

WEB女性自身 / 2017年01月21日12時00分

「そもそも僕は役者志望、渥美清さん演じる寅さんが大好きで、『あいつが帰ってきた!』というような涙あり、感動あり、笑いありのシリーズ物を演じられたらいいな。落ち込んでいた人も、それを見たら元気になる前向きな作品に出たいんだよね」 そう語るのは、隔週連載『中山秀征の語り合いたい人』第73回のゲスト・ホンジャマカの石塚英彦さん(54)。渡辺プロダクションが立ち上 [全文を読む]

追っかけ総直撃!選ばれし“永遠のマドンナ”に会いたい!(3)「榊原るみ・男はつらいよ」

アサ芸プラス / 2016年05月05日09時57分

──うまい人たちの筆頭が、もちろん寅さんこと渥美清だったと思います。榊原 徹底していらっしゃいましたね。撮影が始まると撮影所の近くのホテルを借りて、終わるまでご自宅に戻らない。家に帰ると里心がついてダメなんだそうです。──マドンナとして接してみてどうでした?榊原 ふだんの渥美さんは無口なジェントルマンで、あの寅さんとは真逆の人でしたよ(笑)。ああいう役者さ [全文を読む]

山田洋次監督、大泉洋が“寅さん”演じるのも「いいんじゃないかなぁ」

Movie Walker / 2015年12月19日13時14分

囲み取材では、寅さん役の渥美清の思い出話に花を咲かせた山田監督と竹下。竹下が「私たちが手持ち無沙汰にしていると、渥美さんがこんな話があったといろいろな話をしてくださる。今思うと半分くらいフィクションだったのかもしれませんがものすごく楽しくて」と振り返ると、山田監督も「本当に話が上手でしたね。名人の落語を聞いているようなもので」としみじみ。 記者から「(リ [全文を読む]

【ウラ芸能】TBSが阿部寛イチオシのワケ

NewsCafe / 2015年11月30日15時00分

渥美清さん(享年68)はあまりにも寅さん役に没頭したため、その役しかできなくなった』と言うのが口癖ですから。つまり、本音では銀行員のイメージが定着したら俳優として終わると思っているんですよ」デスク「それは分かるけどなぁ…」記者「ところが阿部はまったく違います。『続編は大歓迎です』と常に謙虚で、テレビ局の経営状態まで考えてくれる。だから、TBSの幹部会議で [全文を読む]

追悼・菅原文太 “未公開肉声”ドキュメントから紐解く「反骨の役者人生」(11)ズッコケキャラが大成功した理由

アサ芸プラス / 2015年01月19日09時56分

この桃次郎の「トラック野郎」は正月と盆に公開され、渥美清の「男はつらいよ」寅さんと並ぶ風物詩的なシリーズとなり、国民的映画となった。毎回マドンナが登場し、桃次郎が惚れて失恋する趣向も寅さんと同じだった。前述の一昨年11月のインタビューで、印象に残っているマドンナとして文太が挙げたのは、夭折した女優夏目雅子(6作目の登場)であった。 ◆作家・山平重樹 [全文を読む]

高倉健さん 親交50年“舎弟”のため記者にかけてきた電話

WEB女性自身 / 2014年11月25日00時00分

渥美清さんが演じた寅さんのような“テキ屋”が、今の日本では生きづらくなってきた。そんな窮屈な日本を飛び出した男がヨーロッパに渡り、パリで新たな出会いを経験するという物語にしてみたい」 この健さんと親しい映画関係者は次のように語る。「高倉さんは主演である自分の“相棒”には、田中邦衛さんを指名するつもりでした。オッチョコチョイでお調子者の田中邦衛さんと、真面 [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(5)横山やすし「娘よ、漫才だけはするな」

アサ芸プラス / 2012年02月25日10時54分

丹波氏と対照的なのが、映画「男はつらいよ」の寅さん役で人気を博した渥美清(享年68)だ。ガンを患い、長い闘病生活の末、96年8月4日に息を引き取った。残された遺言には、こうあった。 〈俺のやせ細った死に顔を他人に見せたくない。骨にしてから世間に知らせてほしい〉 寅さんのイメージを大切にした渥美らしいみごとな最期である。 遺言には、その人柄が実によく表われ [全文を読む]

フォーカス