子役 芦田愛菜に関するニュース

鈴木梨央はじめ注目株が続々 新たに“子役ブーム”が訪れるか!?

日本タレント名鑑 / 2016年04月21日10時55分

この作品には、かつて"子ども店長"として一世を風靡した加藤清史郎くんも出演するほか"子役オールスター"と銘打ち4兄弟の共演が話題になっています。 さて、芦田愛菜さんの活躍で子役ブームが巻き起こったのが2011年頃。鈴木福くん、谷花音さん、小林星蘭さん、本田望結さんら次々と人気子役が登場しました。 それから約5年。上記の5人はいずれも小学6年生になりましたが [全文を読む]

『直虎』新井美羽、 『日暮旅人』住田萌乃、『下克上受験』 山田美紅羽… 1月ドラマは美少女子役が大豊作!

日本タレント名鑑 / 2017年01月31日10時35分

1月スタートのドラマでは、この新井さんをはじめ、美少女子役がキーパーソンとしてフィーチャーされるドラマが目立ちます。 『直虎』での弾けるような笑顔ではやくも国民のアイドル!?『直虎』のおとわ役で注目の新井美羽さん。2010年ごろから活動を開始し、これまでドラマを中心に、子役として『医龍4』、『HERO』、『マネーの天使』、『家政婦のミタゾノ』などの人気ド [全文を読む]

大橋のぞみの引退 「芦田愛菜ら子役ブームも影響」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年03月10日07時00分

人気子役の大橋のぞみ(12)が、3月いっぱいで引退することが明らかになったが、彼女はどうして芸能界を去る決断をしたのか? その背景には、子役ブームの光と影が…。 「昨年秋ごろから本人を交えて、両親、事務所が何度も話し合いを重ねてきたようです。その結果、出た結論が今回の引退だった。4月に中学校に入学するこのタイミングで、学業に専念すると決めたそうです」(スポ [全文を読む]

芦田愛菜の検索候補に「胸」 「大人っぽくなったな。特に...」

J-CASTニュース / 2017年07月18日19時49分

子役の愛菜ちゃん」から「女優」へと転身を遂げる芦田さんだが、その「成長」に戸惑う大人たちが散見される。 どうしても目が... 芦田さんは芸能活動の傍ら勉学に励み、複数の難関私立中学校に合格したことが各メディアによって伝えられている。受験勉強に専念するためか一時はテレビ露出が減っていたが、中学入学を機にテレビ出演する機会が急増。しばらく見ていなかったせいか [全文を読む]

芦田愛菜 ライバル子役をみずから“共演NG”に指定した!「大人にも『芦田さんと呼ぶように』と強制」

アサ芸プラス / 2012年07月19日11時00分

子役人気を独り占めする芦田愛菜ちゃん(8)。向かうところ敵なしの子役女王がまさかの強権行使で物議を醸しているという。 * 7月ドラマ「ビューティフルレイン」(フジテレビ系)では、2人家族の父親が若年性アルツハイマーの病魔に冒されてしまう幼い娘役で、涙が枯渇しそうと話題を呼んでいる。 愛菜ちゃんの異常人気について芸能デスクが語る。 「今回のドラマで愛菜ちゃん [全文を読む]

井上真央に見る、子役「勝利の法則」

NewsCafe / 2015年09月09日16時00分

一時期、テレビから消えていた、トヨタCMの初代こども店長などで知られる子役、加藤清史郎(14)の露出が増えている。 「最近はワイドショーで近況を取り上げられるなど、彼だけでなく、2010年のNHK大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少時を演じた濱田龍臣(15)など、元子役が成長し、再びテレビで見かける機会が増えています」というのは女性誌ライター。 幼いときは [全文を読む]

「明日、ママがいない」視聴率上昇で首の皮一枚繋がったある女優の思惑

東京ブレイキングニュース / 2014年01月31日09時00分

それほど今の芦田愛菜は追い詰められていましたからね」 これまで子役の賞味期限は2年といわれていた。容姿が急激に変わってしまうため、イメージが安定しないからだ。子役業界では次々と新鮮でかわいい新人が現れる。皮肉にも芦田真菜が作った子役ブームで、子役人口が急増していることも世代交代に拍車をかけている。 「子役が稼ぐにはCMが一番手っ取り早い。稼げる時間がただで [全文を読む]

元人気子役 芦田愛菜・鈴木福に「TVにいくら映っても…」

NEWSポストセブン / 2012年09月17日07時00分

「ケンちゃん」として絶大なる人気を誇った元子役の宮脇健氏(51)。現在は芦田愛菜や鈴木福といった子役が人気だが、子役の先輩としてどんなアドバイスをするのか。宮脇氏に話を聞いた。 * * * 子役時代は、何でも手に入れることができましたよ。平気で50万、100万の買い物をしちゃってね。車はムスタングを買いました。免許がないから運転手付きです。大人買いといえば [全文を読む]

子役ブーム終焉!? 芦田愛菜と本田望結の視聴率対決が、お粗末な結果に

サイゾーウーマン / 2012年09月30日13時00分

なぜなら、前者は芦田愛菜、後者は本田望結が出演し、共演NGもウワサされる子役対決が話題となったからだ。しかしフタを開けてみれば、それぞれの平均視聴率は『ビューティフルレイン』10.14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『サマーレスキュー』10.05%と、ギリギリ2桁という盛り上がらない結果に終わった。 2人はほんの数カ月前まで、“視聴率の神様”的 [全文を読む]

わが子を芦田愛菜ちゃんみたいな人気子役にするには、どうすればいい?

週プレNEWS / 2012年04月24日15時00分

ポニョの大橋のぞみちゃん、“こども店長”の加藤清史郎くん、マルモリコンビの鈴木福くんと芦田愛菜(まな)ちゃん、そして『家政婦のミタ』の本田望結(みゆ)ちゃんと、まだまだ終わらない「子役」ブーム。若いお父さん、お母さんのなかには、「自分の子供も人気子役に!」と夢見ている人も多いはず。 でも、いったい何から始めればいいの? 福くんや望結ちゃんなど天才子役を輩出 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「内山信二」(4)靴下が原因で女性にフラれるって?

アサ芸プラス / 2016年02月26日01時57分

テリー 今って子役がたくさんいるじゃない。あの子たちが「子役氷河期」に入らないようにするには、どうすればいいんだろう。内山 でも、今の子役は僕と違って、ちゃんとしてますよね。現場でダダをこねる子とかいませんし。テリー そうなんだよなぁ。驚くほどちゃんとしてる。本田望結ちゃんなんか、仕事で一緒になるたびに「テリーさん、今日はありがとうございました。すごく現場 [全文を読む]

礼儀正しすぎる子役は異常か? 伊集院光ラジオで「イラッとした」発言が孕む“子供かくあるべし”論の矛盾

messy / 2015年10月03日12時00分

子役タレントはCMや映画、ドラマがきっかけで大ブレイクし、瞬間的に消費されまくるが、“子どもであること”が最大の売りであるためか、成長を遂げるにつれ、人気や露出もゆるやかに減っていく傾向にある。 古くは昭和、アジア全域の人々を涙させたという大ヒットドラマ『おしん』の小林綾子(43)や、70~80年代に天才子役と呼ばれた坂上忍(48)など、子役出身の役者は少 [全文を読む]

『明日、ママがいない』賛否両論も、芦田愛菜には高評価 「安達祐実超え」の声も

AOLニュース / 2014年01月17日16時53分

『高校教師』や『家なき子』で話題を集めた野島伸司脚本のこのドラマは、里親に気に入られるべく振る舞うことを要求する施設長(三上博史)のもと、過酷な境遇ゆえに大人びた言動を繰り返す子どもたちの姿が描かれており、出演している子役が、「ドンキ」(母が父を鈍器で殴打)、「ポスト」(赤ちゃんポストに捨てられた)、「ボンビ」(家が貧乏)と呼ばれるなど、その内容は非常に煽 [全文を読む]

「美人ママたちの枕営業は当たり前」子役ブームの危ないウラ側

メンズサイゾー / 2012年05月09日20時00分

芦田愛菜ちゃん(7)や鈴木福くん(7)に代表される子役たちの活躍が目覚ましい。なかでも愛菜ちゃんは別格で、ブレークのきっかけになったドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の頃は「1本20~30万円」(テレビ関係者)だったギャラも、今では10倍以上に高騰。大手企業10数社と契約しているCMも、一社あたりの契約金は数千万円にまで跳ね上がっており、今年の推定年 [全文を読む]

子役の生き残りが激化?芦田愛菜が”最難関校突破”の波紋

デイリーニュースオンライン / 2017年02月13日11時30分

あの名子役に一足早い春がきた。2月11日、『デイリースポーツ』が芦田愛菜(12)が偏差値70を超える最難関の都内名門私立中学に合格したと報じたのだ。芦田愛菜は本命の中学校以外にも、東大合格者を多数輩出する中学にも複数受かっているというからすごい。この偉業に、世間からは愛菜を賞賛する声が多くあがった。芸能界でもその評価はうなぎのぼりだ。 「愛菜さんの評価は、 [全文を読む]

イケメンに成長した加藤清史郎くん、濱田龍臣くんが話題に!気になる人気子役たちの「その後」

日本タレント名鑑 / 2016年05月26日12時55分

ここでは、以前一世を風靡していた子役たちの近況を探ります。 久しぶりの連ドラ出演で“こども店長”時代とのギャップで驚かせた加藤くん加藤くんは現在14歳。2009年、大河ドラマ『天地人』で主人公・直江兼続の幼少期を演じ一躍注目され。“こども店長”のCMで一世を風靡したあとも、映画『忍たま乱太郎』シリーズで主演するなど俳優として活躍しました。小学校を卒業する時 [全文を読む]

「いったい誰のため?」フジ“子役たちの引きつった笑顔”が物語る、野球中継の未来

日刊サイゾー / 2016年04月14日19時00分

子役でも呼んどけ」 そんな編成の声が聞こえた気がした。4月12日のフジテレビ系「東京ヤクルト対読売ジャイアンツ」中継のことだ。 プロ野球中継は数字が取れない、といわれて久しい。今年の開幕戦(日本テレビでの巨人戦)は珍しく2ケタ(10.4%)を記録したものの、そういった「開幕戦」「優勝決定戦」といったオプションでもつかなければ、なかなか地上波でプロ野球を見る [全文を読む]

美少女化が進む芦田愛菜は、すでに安達祐実を超えている? 将来は日本を捨て、ハリウッドで活躍か

おたぽる / 2015年10月20日09時00分

人気子役の芦田愛菜と鈴木福が13日、映画『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』公開アフレコイベントに出席。同席した人気お笑い芸人・ピスタチオの白目ネタを披露するなど、会場を大いに沸かせたのだが、それ以上に話題になったのが2人の成長ぶり。「2人とも、ブレークした頃に比べると、かなり身長が伸びたな」「この2人は間違いなく、成長してから [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】山里亮太が驚いた、天才子役のテクニック。「食レポで醤油を指さし…」「同じ場面を再現」

TechinsightJapan / 2015年03月13日21時25分

芦田愛菜ちゃん、鈴木福君…昨今ドラマやCMで活躍する“天才子役”たちの演技力は驚くべきものである。時として大人にも勝るほどの実力を見せる彼らだが、その技術はバラエティでも輝きを放つようだ。今人気の子役2人と旅ロケをしたという南海キャンディーズ・山里亮太が、その驚愕のテクニックについて語った。 3月10日に放送されたTBSラジオ『たまむすび』のオープニングト [全文を読む]

芦田愛菜、鈴木福は1億超え!? てんちむ「年収500万円」発言に見る、子役界“年収格差”事情

日刊サイゾー / 2014年08月11日11時00分

モデルで女優の「てんちむ」こと、橋本甜歌がテレビ番組内で子役時代の年収を暴露した。6日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)で、かつて『天才てれびくんMAX』(NHK教育)で活躍した元人気子役のてんちむは、子役時代の年収を「500万とか、そのぐらいしかもらえなかった」と明かしたのに対し、司会のSMAP・中居正広は「いやいやいや。“しか”じゃない、全然!」と、 [全文を読む]

フォーカス