打ち切り 芦田愛菜に関するニュース

フジ『OUR HOUSE』最終回直前のヤケクソ脚本に唖然……芦田愛菜がセリフ激減でシャーロットを戦犯に!?

日刊サイゾー / 2016年06月07日00時00分

これは、視聴率低迷による早期打ち切りが疑わしいですね。 第8話では芦田のセリフが激減し、その穴を埋めるようにシャーロットが活躍。その上、シャーロットは5日放送のアニメ『ちびまる子ちゃん』に声優として出演。『OUR HOUSE』で演じているアリスをイメージしたキャラクターを演じ、話題作りに一役買いました。さらに同日、フジは最終回で披露されるというシャーロット [全文を読む]

芦田愛菜、思ったことを何でも口にしてしまい、周囲の評価が真っ二つに!?

サイゾーウーマン / 2012年06月27日08時00分

4月放送の『家族のうた』は、過去最低の視聴率をたたき出し、打ち切りという散々な結果に。局側としては、もう失敗は許されません。その期待を受け、抜擢されたのが芦田さん。今回のドラマは主演だけでなく、主題歌まで担当しています。「働き過ぎの小学生」「笑い方が不自然」など、アンチも増えてきているなか、子役としてすべてを使い切ってしまい、数年後には消えてしまうのではな [全文を読む]

「OUR HOUSE」の打ち切りで芦田愛菜サイドがフジテレビに絶縁宣言

アサジョ / 2016年06月12日17時59分

NHKの朝ドラ「マッサン」で一躍全国区の顔になった米女優シャーロット・ケイト・フォックスと、人気子役・芦田愛菜がW主演したドラマ「OUR HOUSE」(フジテレビ系)が、目も当てられない視聴率とともに第9話で打ち切りとなった。「通常ならもう少し早く打ち切りなってもおかしくないレベル。旬なキャストがおらず、野島伸司氏の脚本も古臭い。話の流れもありきたりで、コ [全文を読む]

「OUR HOUSE」打ち切りは芦田愛菜、加藤清史郎、寺田心の「トラウマ」に!?

アサ芸プラス / 2016年06月08日05時59分

芸能ジャーナリストは「打ち切りは当然」と言う。「午後9時枠でこの数字は、スポンサーに“詫び”を入れるレベルです。1クールは大抵10話ですから、9話で終わりは遅すぎたかも。敗因は、視聴者からも指摘されている“古臭さ”。野島伸司氏の脚本も古臭いし、W主演がケイト・フォックスと芦田という、正直“旬”の人が1人もいないキャスティング。継母が外国人というドラマの設定 [全文を読む]

横文字は厳禁?フジ「OUR HOUSE」早期打ち切りで現場に“奇妙なお達し”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月07日15時05分

華々しくスタートしたもの、初回から4.8%、第二話が5.0%、第三話が3.8% 第四話が5.4% 第六話が6.1% 第七話が4.2%と苦戦が続き、実質的な”早期打ち切り”と囁かれている。 「同ドラマは当初、2011年に大ヒットしたドラマ『マルモのおきて』の二番煎じを狙ったものの、ホームドラマなのに気分が重くなる展開が続き、初回から視聴率4.8%とつまづいた [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』雑すぎる“引越しオチ”に視聴者ポカーン、打ち切り決定のシワ寄せか

日刊サイゾー / 2016年05月24日00時00分

これまでのほっこり路線は、いずこへ? [全文を読む]

まさしく賛否両論…「明日、ママがいない」の今後

NewsCafe / 2014年02月07日12時00分

一時期は放送打ち切りも検討されたが、日本テレビの大久保好男社長は「抗議や意見は重く受け止めるが、そのこととストーリーを変えることは必ずしもイコールではない。最後まで見ていただければ、理解をいただけると思う」との見解を示している。そんななか、NewsCafeのアリナシコーナーでも「『明日、ママがいない』は放送を打ち切ったほうがいいと思う?」という調査が実施さ [全文を読む]

「逆に視聴率アップも!?」猛抗議の芦田愛菜主演『明日、ママがいない』打ち切りの可能性は?

日刊サイゾー / 2014年01月17日20時30分

逆に、今回の騒動で上がるのでは?」というが、今後、大きな動きはあるのだろうか? [全文を読む]

『家族のうた』などドラマ界も苦戦続き……今年のズッコケ作品はコレ!

サイゾーウーマン / 2012年12月31日13時00分

打ち切り作品も1つじゃなかった今年のドラマ事情を、サイゾーウーマンが誇るテレビウォッチャー・太田サトル&田幸和歌子が振り返っていきます!太田サトル(以下、太) 2012年のドラマを振り返ってみると、結局平均視聴率の1位2位は『カーネーション』『梅ちゃん先生』と、NHK朝ドラが独占していたね。この2作品は対照的で、ファンがかぶっていないのが面白い。田幸和歌子 [全文を読む]

『セシルのもくろみ』視聴率爆死3.8%の明確なワケ…真木よう子の責任ではない!?

messy / 2017年08月17日22時00分

芦田愛菜とシャーロット・ケイト・フォックス主演の『OUR HOUSE』(フジテレビ系)は第4話で視聴率3.8%を記録し、9話で唐突に最終回を迎え「打ち切りでは?」と囁かれていた。 すでに中盤に差し掛かっている『セシルのもくろみ』。テコ入れできるかは微妙な時期で、起死回生は難しいかもしれない。このまま視聴率が落ち込み続け、早期打ち切りとなってしまうのだろうか [全文を読む]

真木よう子『セシルのもくろみ』、早くも「打ち切り水域」突入! 今世紀最低ドラマ予備軍に

サイゾーウーマン / 2017年07月24日08時00分

早くも“打ち切りライン”といわれる5%割れを叩き出してしまった。初回の5.1%から、さらに0.6ポイント数字を落とし、お先真っ暗の状況だが……。 同ドラマは、ひょんなことから、ファッション雑誌の読者モデルにスカウトされた主婦・宮地奈央(真木)が、初めての世界に戸惑いを感じながらも「負けたくない」との一心で、一流のモデルを目指し奮闘していく姿を描いた作品。 [全文を読む]


福士蒼汰『お迎えデス。』、打ち切り決定!? 6%台連発で「連ドラ主演はもう望めない」の声

サイゾーウーマン / 2016年06月09日12時45分

』(日本テレビ系)の打ち切りが決定したという。当初は全10話の予定で制作されていたものの、熊本地震の緊急報道特番のため、初回が1週間延期となったが、日程は変わらず18日放送をもって第9話を最終回とすることになってしまったようだ。 原作は人気マンガ、また、主演に福士、ヒロインに土屋太鳳と若者に人気の出演陣を揃え、視聴者から期待されていた『お迎えデス。』だが、 [全文を読む]

低視聴率で一家離散?フジ『OUR HOUSE』早期打ち切りの断末魔

デイリーニュースオンライン / 2016年06月08日08時06分

低視聴率が叫ばれ続けただけに、巷では打ち切り説が飛び交っている。また最終話が放送される6月12日は、奇しくも民放トップの視聴率を誇るドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)が15分拡大SPを予定。華々しいフィナーレを飾れるのか暗雲が漂っている。 ■低視聴率で一家離散? 5日に放送された第8話は、芦田愛菜(11)演じる伴桜子と心を通わせたシャーロット [全文を読む]


【ウラ芸能】芦田愛菜、回復でフジバッシング潮目変わる?

NewsCafe / 2016年05月25日15時00分

デスク「打ち切りもウワサされるドラマ『OUR HOUSE』(フジテレビ系)がV字回復だって?」記者「人気子役、芦田愛菜(11)とNHK朝ドラ『マッサン』でブレークした米国人女優、シャーロット・ケイト・フォックス(30)のW主演ですが、4話で3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の底を記録した後、続く4話で1.6ポイントも改善して5.4%、そして最新の22 [全文を読む]

『早子先生』打ち切り危機の松下奈緒を救え!? 日テレが実写版『天才バカボン』を来夏、連ドラに!

日刊サイゾー / 2016年05月19日23時30分

元・光GENJIの佐藤アツヒロが19年ぶりに連ドラ出演するなど話題を振りまいたが、今のところ視聴率には反映されず、早くも打ち切り説が飛び交い始めている。 「どの作品も“フジテレビだから”低迷しているっていう声もありますね。ただ、そもそも松下さんが数字を持っていないんじゃないかという声の方が多いですね」(テレビ局関係者) 松下といえば、6年前に放送されたNH [全文を読む]

芦田&シャーロット主演『OUR HOUSE』が奇跡の回復!? “打ち切り”のカギ握るのは日テレ『行列』の視聴率か

日刊サイゾー / 2016年05月18日08時00分

第4話では3.8%まで落ち込み、“打ち切り”がちらついていた。ところが、第5話では1.6ポイント上げて、5.4%まで回復した。これで“自己最高”というのは、なんともレベルの低い話ではあるが、いい兆候であるのは確か。 しかも、特筆すべきは、裏の松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)が、前週の16.3%から18.9%に大幅アップしたにもかかわらず [全文を読む]

フジ芦田愛菜『OUR HOUSE』が大幅テコ入れ……山本耕史の“不評”サックスシーンを全カット!

日刊サイゾー / 2016年05月17日00時00分

第4話で自己最低の平均視聴率3.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をたたき出し、打ち切り必至と言われる同作ですが、今回は自己最高の5.4%まで持ち直しました。その大人顔負けの仕事ぶりから、ネット上では“芦田プロ”と呼ばれている愛菜ちゃんですが、今回は十八番である“泣き芸”が拝めそうですよ。■野島伸司氏からのメッセージが霊媒師っぽい ママが死んでか [全文を読む]

福山雅治、芦田愛菜が「なんとかしろ!」って!? 主演ドラマ大惨敗でフジテレビ担当者は地獄の日々

日刊サイゾー / 2016年05月10日13時00分

ここまで数字が悪いと打ち切りや、1話カットという話も聞こえてきそうなものだが、両ドラマとも「現時点でそのような話は出ていない」(テレビ関係者)とのこと。その理由について、芸能プロ関係者は「月9ドラマはフジテレビの看板。しかも、主演は天下の福山雅治。途中で打ち切れば“黒歴史”になることは確実です。『OUR HOUSE』にしてもそう。主演の芦田愛菜はすでに子 [全文を読む]

フォーカス