動向 安倍晋三に関するニュース

アベノミクスのジレンマ「日中関係は悪化したほうがいい」

デイリーニュースオンライン / 2015年02月10日07時50分

支持者と成長戦略、板ばさみの安倍総理は中国・韓国にどう向き合うのか?今後の動向が注目される。 (文/小川裕夫) [全文を読む]

今年、ついにバブル突入確実か 円安で中小企業大打撃は本当か?恣意的なメディア報道の罪

Business Journal / 2015年01月09日06時00分

より強い弓で放つことができるのかが今年の注目点だが、その前に今年の日本経済に影響を与える円安と株高の動向が気になる。 デフレ脱却を目指すアベノミクスにとって、円安誘導は主要目標の1つ。その政策を支援する日本銀行のインフレ目標2%達成への姿勢は揺るぎなく、今年もさらなる追加金融緩和が行われるとみられており、したがって円安基調は続くことになる。 一方で経済成長 [全文を読む]

株価高騰はバブルなのか?アベノミクスによる景気回復を左右する7つのカギと懸念材料

Business Journal / 2013年07月04日14時00分

--今後、長期金利の動向はどうなると見ているか?木野内 株価の下落で金利動向は沈静化し、日銀もきめの細かいオペレーションをすると言っている。今後は大きな心配はなく、大暴落の最初のきっかけは終わっていると思う。また、米国の出口戦略も金利の上昇に大きな影響があると思うが、あまりにも早いピッチで金利が上昇したので、これ以上はゆっくりとしか上がらないところまで来て [全文を読む]

夏の参院選 愛知は河村たかし・名古屋市長の動向が鍵を握る

NEWSポストセブン / 2013年01月11日07時00分

●野上忠興(政治ジャーナリスト)と本誌取材班 ※週刊ポスト2013年1月18日号 【関連ニュース】夏の参院選 大阪では橋下市長参戦も全国比例への出馬が濃厚今夏の参院選 新潟は森ゆうこ氏の刺客に田中真紀子氏出馬か 参院選・東京 丸川珠代氏、舛添要一氏、山本太郎氏らに注目民主党 TPP参加を選挙公約にすれば小選挙区議席40との予測 夏の参院選で過半数獲得すれ [全文を読む]

「橋下・石原連合」200議席超えニッポン支配シナリオ(3)あとは石原知事のヤル気しだい

アサ芸プラス / 2012年02月16日10時57分

中でも以前から橋下市長と交流があり、現在は、民主党の主流派とは一線を画している小沢一郎氏の100人規模とも言われる「小沢グループ」の動向も気になるところである。 民主党関係者によれば、 「かつて、石原氏は小沢氏のことを盗人と呼んだことがあるぐらい犬猿の仲です。思想信条も正反対で、石原新党と行動を共にできるとは思えない。しかし、小沢氏は昨年末に橋下氏と面談す [全文を読む]

トランプ氏が他国恫喝すればするほど日本の存在感は増す

NEWSポストセブン / 2017年01月29日07時00分

いずれも対米貿易への依存度が高く、就任して1~2年の経験の浅い大統領や首相を抱え、保護主義を掲げるトランプ政権の動向を心配している国ばかりだ。 「今回の訪問先のオーストラリアとベトナムはTPP(環太平洋経済連携協定)の交渉参加国で、トランプのTPP不参加表明による今後の対米貿易に不安がある。かといって中国マネーに依存するのはリスクが高いと感じている。フィリ [全文を読む]

2017年総選挙で日本政治にも変革旋風が吹き荒れる-植草一秀

メディアゴン / 2017年01月26日07時35分

この宣言が着実に実行されるのかどうかは、今後の動向を見守る必要があるが、少なくとも基本方針としてトランプ氏はこのことを述べた。日本のメディアはトランプ総攻撃の姿勢を示しているが、その理由は、トランプ氏の基本姿勢が「既得権益勢力の打破」にあるからだと考えられる。日本国民はメディアのトランプ叩きの風潮に安易に乗ることを避ける必要がある。そして、2017年の日本 [全文を読む]

小池百合子 欲望と裏切りの永田町「にんげん相関図」!(1)安倍総理が発した「小池ブームはすごいね~」の意味

アサ芸プラス / 2016年11月07日12時55分

自民党幹部が警戒するのは、自爆寸前の民進党ではなく、衆院補選「2連勝」を飾った小池百合子都知事の動向。「新党」を巡って安倍政権との暗闘が激化する中、小池知事を取り巻く欲望と裏切りの「にんげん相関図」を公開しよう。「総理のネクタイも緑色でございます!」 シンボルカラーの「緑」のジャケットを着た小池百合子都知事(64)がおどけた口調で話を振ると、「緑のネクタイ [全文を読む]

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

■総裁任期延長で在任日数歴代1位も 「永田町での関心はもっぱら、安倍首相の任期延長論、それに対抗するポスト安倍たちの動向に集まっています」(全国紙政治部記者) 自民党は総裁が総理になるのがルールだ。ただ、総裁の任期は2期6年。安倍首相はすでに総裁を4年務めており、その任期は2018年9月まで。つまり、安倍首相が総理の座にいられるのは、あと2年ほどというわ [全文を読む]

小池百合子氏が大臣時代にかけた、一秒の「ワン切り」電話の意味

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日05時00分

内田茂はもちろん、顔に泥を塗られた石原伸晃や、関東軍参謀のような強硬派、萩生田光一が、新都知事にどんな顔を向けるかはわからないが、とりあえずは世論の動向や間合いをはかるための時間をとるだろう。小池都政にはらむ「2つの危険」とは 小池は当選したとたんに「冒頭解散」といった都議会との対決姿勢を引っ込め、「議会のみなさまとはしっかり連携させていただく」と語った。 [全文を読む]

フォーカス