安倍晋三 安倍晋太郎に関するニュース

安倍首相を形成した母・洋子の執念。マザコンを作り上げた一般人に理解できない血脈の濃さとは

週プレNEWS / 2015年04月14日12時40分

「戦後レジームからの脱却」を標榜(ひょうぼう)し、この国の形を大きく変えようとしている内閣総理大臣・安倍晋三を突き動かしているものとはなんなのか。 その源泉を祖父・岸信介から始まる「名門の血脈」に求めたのが『絶頂の一族 プリンス・安倍晋三と六人の「ファミリー」』だ。著者の松田賢弥(まつだ・けんや)氏に聞いた。 ―安倍首相といえば、自由民主党初代幹事長にし [全文を読む]

拉致問題を「政治利用」してのし上がった安倍総理の罪と罰

まぐまぐニュース! / 2016年01月19日20時00分

大きな話題となっている、北朝鮮の拉致被害者・蓮池薫氏の実兄、蓮池透氏が著した『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では本書の内容を引きつつ、拉致問題を利用しのし上がった安倍総理の不誠実さと外交戦略の稚拙さを厳しく糾弾しています。 波紋呼ぶ蓮池透氏の「安倍晋三と冷血な面々」への告発 蓮池透の12月新刊 [全文を読む]

大下英治氏が長期政権の秘密を探る「安倍は透明なカリスマ」

NEWSポストセブン / 2017年06月12日16時00分

* * * 安倍晋三は、2007年に自身の健康不安で政権を投げ出してから5年後に総理として再登板を果たした。第一次政権を含めた在任日数は、平成では小泉純一郎を抜いて1位、戦後で見ても佐藤栄作、吉田茂に次ぐ3位と抜群の安定感を誇っている。 現在の安倍政権の安定感は、第一次の失敗から学んだことにあると私は見る。通常、自ら政権を投げ出した総理に再登板の機会が与 [全文を読む]

母親に弟より愛されたい! 安倍首相の岸信介、改憲への拘りは「マザコン」の現れ!?

リテラ / 2015年04月01日18時00分

安倍首相の人間性を検証する本シリーズではこれまで、思想家の内田樹、政治学者の白井聡、芥川賞作家の田中慎弥の3人が語った「安倍晋三」という政治家の分析を紹介してきた。 案の定、安倍親衛隊が本文も読まずに、「ヘイトだ」「名誉毀損だ」とわめいているが、権力チェックにおける為政者のパーソナリティ分析の重要性すら理解できない連中は相手にせず、さらなる検証を続けよう。 [全文を読む]

安倍一族の“愛”が日本を巻き添えにする?

週プレNEWS / 2014年05月29日06時00分

例年通り『安倍晋太郎氏を偲(しの)び、安倍晋三総理と語る会』が開催されました。 総理大臣目前と言われながら、無念の中で他界した父。 どんな思いで主人を見守っているのだろうか… 父や祖父やご先祖様のお陰で今の主人があることに感謝します」 あの記者会見が行なわれたのは、安倍首相の父・安倍晋太郎氏の命日だったのだ。 総理大臣目前と言われながら、67歳で病に倒れ [全文を読む]

「維新の会」緊密の安倍氏「負けられないリベンジ戦」と識者

NEWSポストセブン / 2012年09月14日07時00分

自民党総裁選への出馬を表明した安倍晋三・元首相の“セールスポイント”は、橋下氏が率いる大阪維新の会との緊密な関係だという。だが、岸信介・元首相の孫、安倍晋太郎・元外相の息子で「永田町のプリンス」と呼ばれる安倍氏と、「永田町外からの外来種」たる橋下氏では、いかにもミスマッチに思える。何がこの二人を結びつけるのか。 安倍氏は本誌9月7日号のインタビュー(聞き手 [全文を読む]

安倍晋三 訪米翌日に駆けつけたあの“大物芸人のパーティ”

WEB女性自身 / 2017年02月24日17時00分

安倍晋三首相(62)が向かったのが、東京・目黒雅叙園で開かれていた、なべおさみ(77)のパーティだった。 じつはこの2人、父親である故安倍晋太郎・元外相の代から家族ぐるみの付き合いだという。なべおさみ本人が、当日の様子を明かしてくれた。 「総理は、米国滞在中もわざわざ『スケジュールはとってあります。必ず出席します』と、念押しのメールを送ってくれたんですよ。 [全文を読む]

安倍首相の「医師団緊迫」「恥ずかしい過去」露見し永田町騒然

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

新聞やテレビはこの異常事態を黙殺し、週刊誌などは金銭疑惑や“下着ドロ”の過去が取り沙汰される新閣僚たちの疑惑封印が狙いではないかと推測しているが、永田町で囁かれる本当の理由は安倍晋三・首相の体調不安だ。消化器内科を専門とする都内大学病院医師が語る。 「最近の総理の風貌は明らかに変わってきた。ムーンフェイスと呼ばれる頬の肉の膨らみや、バッファロー・ハンプと呼 [全文を読む]

昭恵さん、「山口敬之氏へのいいね!であんな責めなくても…」

NEWSポストセブン / 2017年05月29日16時00分

5月15日に、東京・日比谷のプレスセンタービル10階のホールで開かれた『安倍晋太郎氏を偲び安倍晋三総理と語る会』でのこと。安倍晋三首相(62才)は妻・昭恵さん(54才)と母・洋子さん(88才)と共に出席していた。 その場所で昭恵さんはこんな発言をしていた。 「いいね!しただけで、あんなに責めなくてもね(笑い)」 昭恵さんの言う「いいね!」の発端は『週刊新潮 [全文を読む]

安倍昭恵さん、騒動で有名になり居酒屋繁盛中と報告

NEWSポストセブン / 2017年05月24日16時00分

5月15日に、東京・日比谷のプレスセンタービル10階のホールで開かれた『安倍晋太郎氏を偲び安倍晋三総理と語る会』でのこと。安倍晋三首相(62才)は妻・昭恵さん(54才)と母・洋子さん(88才)と共に出席していた。『偲ぶ会』は毎年、安倍首相の父・晋太郎氏(享年67)の命日に、故人の支援者やかつての番記者らが参加して開かれている。この日、18時半から始まった会 [全文を読む]

かつて日本に捨てられた日本人。いま朝鮮半島有事ならどうなるか

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日01時15分

「大きな犠牲」が生まれるまで放置なのか? 「『大きな犠牲』が生まれるまでは」 テヘラン事件の教訓として、安倍晋太郎(安倍晋三現首相の父親)外相の提言で、政府の判断ですぐに救出に向かえるよう2機の政府専用機が導入された。しかし、問題は機材ではなく、法制の壁だった。 平成27(2015)年に成立した平和安全法制で、ようやく在外邦人の「輸送」だけでなく、「救出 [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

アサ芸プラス / 2017年05月06日09時55分

「今まであの人にはさんざんな目にあわされてきたんだから!」 そう言って、怒りのマグマを官邸スタッフにぶつけるのは安倍晋三総理(62)の母、洋子さん(88)である。故・岸信介元総理の長女にして、故・安倍晋太郎元外相の妻。三代にわたり政界の中枢を支え続けた「ゴッドマザー」だ。彼女がいたく腹に据えかねているのは、安倍昭恵夫人(54)。「さんざんな目」とは例えば、 [全文を読む]

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

安倍晋三首相は1954年9月21日生まれ。父は総理就任を嘱望された安倍晋太郎もと外務大臣(東京大学法学部卒)。祖父は岸信介もと内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。大叔父は佐藤栄作内閣総理大臣(東京帝国大学法学部卒)。華麗な政治家一族である。このなかで、安倍首相はなぜ成蹊学園にすすみ、そのままエスカレーター式に成蹊大学に進学したのか。筆者も同じ世代だが、安 [全文を読む]

五輪とFIFA、「ふたつの裏金」に絡む電通のキーマン

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日20時00分

それまで面倒をみてきた政治家が離れていくなか、彼が保釈後、最初に駆けつけたのが安倍晋三のもとだった。高橋は安倍晋太郎、晋三親子と親しい関係にあった。田中森一著「反転」によると、高橋の息子が日航の就職試験に落ちたとき、晋三に相談したら、たちまち日航への就職が内定したという。 兄の高橋治之が安倍晋三とどのような関係にあるかは知らない。だが、電通がテレビ局ににら [全文を読む]

やっぱり安倍の別働隊!「全国高校生未来会議」仕掛人に新疑惑続々、安倍首相と会談し「色々仕掛ける」発言も

リテラ / 2016年03月25日21時54分

〈今日は安倍晋三議員事務所に訪問。18歳選挙権実現と、その後の若者の政治参画に向けて色々と仕掛けていきます。〉 安倍首相の議員事務所で若者の政治参画について話し合い、「色々と仕掛けていきます」と宣言する──。これでは「高校生未来会議」に安倍首相が一枚噛んでいると思われても仕方がないだろう。 [全文を読む]

なべおさみのヤバい交友録第二弾! 暴力団や政治家だけじゃない、王貞治を手かざし治療、ハイジャック犯撃退...

リテラ / 2015年12月23日13時00分

ご存知、安倍晋三の父である。 ある日、なべは赤坂のお座敷で晋太郎から出馬要請を受けたという。しかし、なべは首を縦には振らず、同席していた「絵に描いた様な美人」を指さし、「彼女を立候補させれば?」と進言した。その「美女」は後に参議院選挙に出馬、そして大臣にまでのぼりつめた。その「美女」とは、元タカラジェンヌの扇千景だったのである。 なべと晋太郎のエピソードは [全文を読む]

拉致議連議員 安倍首相は燃え尽き症候群になったのかと心配

NEWSポストセブン / 2015年10月05日07時00分

安倍晋三・首相は、安保法案成立後に祖父の岸信介・元首相と父の安倍晋太郎・元外相が並んで眠る富士霊園に墓参し、「国民の命と平和な暮らしを守るための法的基盤が整備されたことを報告した」と満足げに語った。 それ以降、気力に欠ける言動が目立つようになった。拉致問題についてかつては熱心だったにもかかわらず、昨年北朝鮮が拉致被害者の再調査について「1年をメドに報告する [全文を読む]

坂東三津五郎さんの命を奪った“がんの王様“ 安倍総理の父やジョブズも......

ヘルスプレス / 2015年02月24日08時23分

膵臓がんによって、2009年に小説家・評論家の栗本薫さん(享年56歳)、1991年には安倍晋三総理の父、元衆議院議員の安倍晋太郎さん(享年67歳)が亡くなっている。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズさんが膵臓がんの発見・処置が遅れ、2011年に56歳で帰らぬ人となったのは記憶に新しい。 各種類のがんで診断法が進歩し、早期発見・早期治療によって、がんに [全文を読む]

大河に『花燃ゆ』ごり押し? 安倍首相が愛する「長州藩」はテロリスト集団だった!

リテラ / 2015年02月22日19時00分

尊敬する祖父・岸信介、父親・安倍晋太郎の出身地で、安倍晋三の"晋"の字が長州藩士・高杉晋作に由来するというのは有名な話だが、本人も産経新聞社が運営する「長州「正論」懇親会」の一周年講演会で、こんなスピーチをしている。 「長州というのは近代国家の日本を生み出す原動力になった場所です。志士たちが生まれた土地であります。皆様と同じように、長州人の血を引いている受 [全文を読む]

朝日新聞社長、安倍首相と“詫び入れ”会食の噂…主筆退任で紙面も擁護論調?

Business Journal / 2013年01月29日07時05分

昨年12月、官邸記者クラブで「朝日新聞の木村伊量社長が、安倍晋三首相に詫びを入れたという噂が流れている」と小耳に挟んだ。 政治部記者たちの間では、「安倍首相と親密なのは読売、産経の両社。敵対関係にあるのは朝日で、毎日ともあまりよくない」という見方が大方になっている。安倍首相の父、安倍晋太郎元外相(故人)は毎日記者出身なので、毎日と関係がよくない理由はわから [全文を読む]

フォーカス