安倍首相 安倍晋三に関するニュース

総裁任期延長がキナ臭い…ポスト安倍を巡る、“石破&進次郎”の「奇妙な同調」とは

週プレNEWS / 2016年09月23日06時00分

現状の最長2期6年から3期9年への延長をもくろむ安倍首相に対し、党内からは「待った」の声も。ポスト安倍を巡るバトルのカギは、この4人が握っている。 ■総裁任期延長で在任日数歴代1位も 「永田町での関心はもっぱら、安倍首相の任期延長論、それに対抗するポスト安倍たちの動向に集まっています」(全国紙政治部記者) 自民党は総裁が総理になるのがルールだ。ただ、総裁の [全文を読む]

安倍首相「いいとも」出演につながるマスコミ対策裏面史 by久田将義

東京ブレイキングニュース / 2014年03月23日21時23分

今月21日に現役の内閣総理大臣としては、初めて国民的バラエティ番組『笑っていいとも!』に安倍首相が登場した。生放送だけに警備も厳戒態勢で、スタジオアルタ前は当然ながら、裏口周辺では反原発を中心とした団体(?)や個人らが抗議活動を行っていた。 ネットでは抜群の人気を誇ると言われる安倍首相。最近はさすがに支持率は50%を割ったとも言われるが、それにしても依然高 [全文を読む]

安倍国会答弁で「安倍晋三記念小学校問題」の事件化は必須-植草一秀

メディアゴン / 2017年02月20日07時25分

安倍首相は「私も妻も一切この認可にも関係無い。私や妻が関係していたということになれば、私は国会議員や総理大臣も辞めると申し上げておきたい」と述べた。この発言は重大である。安倍首相や名誉校長の安倍昭恵氏が土地売買や認可に関与していたのかどうかは、今後の事実究明に待たなければならない。少なくとも安倍昭恵氏が名誉校長に就任し、メッセージも送っていることから、この [全文を読む]

名言ハンターが選ぶ、政治を停滞させた「問題発言」2017年春

文春オンライン / 2017年05月05日07時00分

森友学園の籠池泰典前理事長と親しい間柄にあると言われていた安倍晋三首相、あるいは昭恵夫人による口利きがあったのか? 大阪府、あるいは財務省をはじめとする役所はどのような便宜をはかったのか? 疑惑はまったく解明されておらず、4月の世論調査でも安倍首相らの説明について「納得していない」と回答した人が約7割に上っている(時事ドットコムニュース 4月14日)。 そ [全文を読む]

参院選で「戦後」が終る。憲法改正草案を読んでわかった危険性

まぐまぐニュース! / 2016年07月07日19時30分

今まで良い意味で蚊帳の外であった日本人が、なぜテロリストの標的にされるようになってしまったのでしょうか? メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんは、その原因が安倍首相にあると断言。今後、憲法改正が決まれば日本は自由と平和を完全に失うと警鐘を鳴らしています。 参院選争点はアベノミクスよりアベノリスクだ バングラデシュのレストランでテロリスト [全文を読む]

森友学園問題 主要人物「発言」を点検する

文春オンライン / 2017年03月18日07時00分

行政の判断を侮辱する発言はやめてほしい」 毎日新聞 3月13日 自民党大会で ©文藝春秋 このときは強気だった安倍首相だが、森友劇場第二幕ではまだ表立って発言を行っていない。2月の段階では「私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば首相も国会議員も辞める」と断言していた安倍首相にとって、森友学園への寄付が事実なら大問題。菅義偉官房長官は即座に「 [全文を読む]

森友学園問題で安倍首相の答弁がヒドすぎる! 「理事長と考え方共鳴」が一転「しつこかった」

リテラ / 2017年02月24日17時49分

本日の国会で、国有地激安売却問題が取り沙汰されている学校法人森友学園との関係を追及された安倍首相は、先週の答弁とは打って変わって同学園の籠池泰典理事長を切り捨てるような発言を連発した。 たとえば、昨日、学校法人森友学園が今年4月に開校予定の「瑞穂の國記念小學院」のHPより、名誉校長である安倍昭恵氏の名前および挨拶文が削除されたが、このことを問われた安倍首相 [全文を読む]

コメント欄は日本擁護が多数…欧州メディアは「安倍談話」をどう伝えたか|May_Romaコラム

デイリーニュースオンライン / 2015年08月18日07時00分

イギリスの左派系、保守系は安倍談話をどう報じたか 安倍首相の「戦後70年談話」が発表されました。ギリシャや英仏海峡トンネルでは、不法移民と地元民が、鉄パイプで殴り合いをしており、移民をどうやって葬り去るかで、EU加盟国同士はガチなバトルをしているので、談話も何もどうでもいいという感じですが、安倍談話に関して、アメリカサイドの反応の話ばかり報道されているので [全文を読む]

朝日新聞社長、安倍首相と“詫び入れ”会食の噂…主筆退任で紙面も擁護論調?

Business Journal / 2013年01月29日07時05分

政治部記者たちの間では、「安倍首相と親密なのは読売、産経の両社。敵対関係にあるのは朝日で、毎日ともあまりよくない」という見方が大方になっている。安倍首相の父、安倍晋太郎元外相(故人)は毎日記者出身なので、毎日と関係がよくない理由はわからないが、朝日とは主義主張が水と油。憲法改正問題はもちろん、靖国参拝問題、従軍慰安婦問題など歴史認識が絡む問題では、真っ向 [全文を読む]

米「北爆」危機の裏で森友問題に浮上した、今井秘書官という黒幕

まぐまぐニュース! / 2017年04月14日04時45分

安倍首相の振り付け役といわれる政務担当総理秘書官、今井尚哉氏がその人だ。昭恵夫人と総理大臣夫人付職員にばかり目が向きがちだが、彼こそがキーパーソンかもしれないのだ。 「本来、総理夫人の担当は政務担当総理秘書官なんです」。メディアに対し、3月24日の記者会見で、今井秘書官に注目するよう促したのは民進党の江田憲司代表代行だ。 なぜその言葉に重みがあるかという [全文を読む]

フォーカス