作家 伊集院静に関するニュース

直木賞作家や多くの人気作家を輩出し続ける『小説現代』の50年を、編集長インタビューで振り返る―1963年創刊からの歴史と、本誌が果たした文学界における役割とは?

PR TIMES / 2017年05月19日18時00分

あの作家の意外な素顔が・・・?著者出演インタビュー企画!1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画"著者出演インタビュー"で、『小説現代』編集長・塩見篤史氏が創刊からの歴史について、語りました。 [画像1: https://prtimes.jp/i/13301/20/resize/d13301-20-952500-0.jpg ]◆本編再 [全文を読む]

日経小説大賞授賞式を一般公開!選考委員の辻原登氏、高樹のぶ子氏、伊集院静氏と受賞者との座談会参加者を募集!!

@Press / 2016年02月05日10時30分

作家を目指す方はもちろん、小説家の生の声が聞ける貴重な機会です。【第7回 日経小説大賞 授賞式・座談会 開催概要】日時 :2016年2月26日(金) 午後6時半開始(午後6時開場)場所 :日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階)参加費:無料※インターネットのホームページ( http://www.nikkei-events.jp/shous [全文を読む]

「夜分遅くにすいません」ニューヨークから深夜に 松井秀喜氏がかけた電話の内容とは!?

PR TIMES / 2013年05月02日09時22分

監督(長嶋茂雄氏)には電話をなさいましたか?」 「はい、さきほど……」 以上は作家・伊集院静『逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方』(角川書店刊) の本文の一部を抜粋したものです。 2013年5月5日。松井秀喜氏は師・長嶋茂雄氏とともに国民栄誉賞を 受賞。伊集院氏は松井氏と深く、静かな交流を続けていました。 伊集院静氏が松井秀喜氏から教わったものとは? 松井 [全文を読む]

【今日のインサイト】今さら聞けない、直木賞と芥川賞の違いって?

Woman Insight / 2015年02月24日06時00分

ところで、「直木賞」と「芥川賞」の違いと詳細って、ご存じですか? 「半年に一度発表されているけれど、それぞれどのような作家・作品から選ばれているのか、実は知らない……」という人が多いかもしれません。今回それぞれ解説をしていきますので、ぜひこの機会に覚えておいてくださいね。 まず直木賞の解説から。直木賞は、当時の文藝春秋社・社長であった菊池寛さんにより、直木 [全文を読む]

伊集院静が教える男の人生流儀(1)日本人の考え方が変わった

アサ芸プラス / 2013年01月24日09時56分

そんな混迷の時代に求められているのが、作家・伊集院静だ。言葉がこれだけ軽く無責任な時代に、伊集院の言葉は、アサ芸世代にも広く共感を呼んでいる。その〈男の流儀〉とは何なのか。2週連続でお届けする。 ──伊集院さんといえば、まず東日本大震災のことを、おうかがいしたい。仙台の自宅で仕事中に被災されましたが、あらためて、1年半以上経過した現時点で、震災は日本人をど [全文を読む]

累計143万部突破! 伊集院静『大人の流儀』シリーズの5冊 待望の電子配信開始!

PR TIMES / 2016年07月08日11時13分

二十歳で弟、三十五歳で妻・夏目雅子との死別を体験してきた作家が語る、強くやさしく生きる方法――。 累計143万部を突破した大ベストセラーシリーズ『大人の流儀』。その最新刊となる『不運と思うな。 大人の流儀6』の発売に合わせ、シリーズ既刊(『大人の流儀』、『続・大人の流儀』、『別れる力 大人の流儀3』、『許す力 大人の流儀4』、『追いかけるな 大人の流儀5』 [全文を読む]

【びっくり】新聞広告の一面がマンガの「ふき出し」? 伊集院静や諫山創のコメントも

しらべぇ / 2015年01月01日09時00分

さらに同日の新聞一面(コラム「天声人語」の近く)には、作家の伊集院静氏によるふきぞめが。社会面にはマンガ『進撃の巨人』の諫山創氏によるものも。 【さすがの達筆! 伊集院静氏「それでも前へ!!」】 【諫山創氏はイラスト入り「誠意をもって断る」】 というわけで、しらべぇ編集部も、今年にかける切実な思いをしたためてみた。書きぞめなど小学校以来な気もするが、さら [全文を読む]

相撲協会Twitterの中の人が、力士の体型に引っ張られたと思えてしまう誤字をツイート

AOLニュース / 2014年10月21日16時30分

10月に発売されたのは、作家・伊集院静の『となりの芝生』(文藝春秋)だ。 "伊集院つながり"で間違えてしまったことは明白であり、一般的にこのような間違いはよくあること。ただし、相撲協会のアカウントが肥満体型の伊集院光と誤ってしまったことには、体型的な因果関係を想起せずにはいられないだろう。 なお、同アカウントはその後、「伊集院光じゃなくて伊集院静ですwww [全文を読む]

水道橋博士が芸人たちの生き様を伝える渾身のルポ『藝人春秋』

NEWSポストセブン / 2013年02月12日07時00分

※女性セブン2013年2月21日号 【関連ニュース】人生に迷う人に見つめ直すきっかけ与えてくれる伊集院静の書伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作伊集院静が7年間に及ぶ無賃ホテル生活を記した自伝的随想録毎年数千人に授与される勲章 誰がどんな基準で誰に与える?クイズ番組初出演で苦戦の勝間和代氏をテレビ局関係者が擁護 [全文を読む]

71才落合恵子 同級生とは「年も忘れ、性別超えた関係」

NEWSポストセブン / 2017年01月13日07時00分

作家の伊集院静さん(66才)は『週刊文春』の連載「悩むが花」で、同窓会への参加を悩む女性から「先生は同窓会に行っていますか?」と質問が寄せられた際、「行かないナ」とばっさり。「何の為に同窓会するのか、わしはさっぱりわからんナ。毎日、忙しくて、何かを懐かしんどる発想が湧かんのだろうナ」と述べていた。 だが、「おれ、いいや」と同窓会に参加しないと、それが今生の [全文を読む]

阿佐田哲也氏の名作『麻雀放浪記』が劇画で復活!

PR TIMES / 2017年01月06日13時29分

さらに、この連載の題字を記したのが作家の伊集院静氏だ。色川氏との交流が深かった伊集院氏は第1話を読んだ感想をこう述べる。 「第1話の“博才”を読んだが、これは、或る意味“新しい麻雀放浪記”と言えよう。なぜ、あの時代、日本人はあれほどまでにギャンブルを楽しみ、のめり込んだのか? それは誰にも何者かになれるチャンスがあり、誰もがチャンスの前でのたうち回ってい [全文を読む]

武豊の師匠!? 「ビル一棟分の金」を競輪につぎ込んだ小説家の“豪快伝説“にビートたけしもホレた

Business Journal / 2016年02月28日21時00分

それが、直木賞作家の伊集院静氏だ。 伊集院氏といえば、若いころは広告ディレクターとして人気CMを数多く手がけ、小説、エッセイと作家としても数多くの作品を残す「才人」。女優さんとの結婚や死別など女性関係でも世間をにぎわせた"モテ男"でもある。あのビートたけしが「あの人はかっこいい」と語るのだから、魅力的な人物に違いない。 そんな伊集院氏、現在は大人しくなった [全文を読む]

黒川博行、直木賞受賞は出来レース!? 選考委員半分を占める「日本推理作家協会」の存在

サイゾーウーマン / 2014年07月26日16時00分

その舞台裏とは? 「直木賞の選考委員9人の中には、黒川が所属している日本推理作家協会所属の作家が、北方謙三、桐野夏生、高村薫、東野圭吾、宮部みゆきと、5人もいるのです。文壇ではこのような組合内でのつながりが強く、同協会も会員数が900人を超える大所帯ではありますが、交流も活発で絆が強い。特に北方は黒川と親しく、よく飲みに行っているそうです。選考委員を代表し [全文を読む]

伊集院静「日本をダメにした団塊の世代に告ぐ」(1)許さなくていいと思えば楽になる…

アサ芸プラス / 2014年04月16日09時56分

この国はおかしな方向に向かっている──作家の伊集院静氏は日本の将来に強い危機感を持っている。一向に進まない震災復興、嫌韓に代表されるヘイトスピーチ‥‥。現代を生きる大人たちに必要なものは何か。あらためて提言してもらった。 ──累計110万部の「男の流儀」の最新刊は、「許す力」がテーマです。いささか意外です。 伊集院 そう、私は許さない男だったからね。でもね [全文を読む]

「大人の流儀」シリーズ最新作『許す力』ついに刊行!

PR TIMES / 2014年03月14日13時21分

累計110万部突破の国民的ベストセラーシリーズ4作目 株式会社講談社(本社・東京都文京区)は、作家・伊集院静氏によるエッセイ『許す力 大人の流儀4』を発売いたしました。 『許す力 大人の流儀4』(伊集院静 著)は、シリーズ累計部数110万部を突破した「大人の流儀」シリーズ待望の4作目にあたります。「最後の無頼派」が説く、大人になるための心のあり方とは――。 [全文を読む]

ファン待望、6年ぶりの新刊が1位に。奇妙で愉快な脳内ドキュメンタリー

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月09日07時20分

5位は固定ファンも多い人気作家・伊集院静によるエッセイ。遠慮のないストレートな語り口で綴られる、生きる指針になるような人生論が支持された。 ランキング全体では、かつて人気があった“癒やし系”より、未知の世界や人物を知り、より深く心に突き刺さるものを求めている読者が増えたという印象を受ける結果になった。――本誌より一部抜粋 同誌では、1位の岸本佐知子のイン [全文を読む]

人生に迷う人に見つめ直すきっかけ与えてくれる伊集院静の書

NEWSポストセブン / 2012年12月03日16時00分

※女性セブン2012年12月13日号 【関連ニュース】伊集院静が7年間に及ぶ無賃ホテル生活を記した自伝的随想録伊集院静が作家生活30年目で初めて送り出す推理小説の傑作伊集院静 ホテル暮らしの7年「お金なんていい」と言われたビジネス街で売れた2011年 年間ベストセラーランキング発表一度は諦めながら40歳で出産した翻訳家が体験を綴った書 [全文を読む]

君が代反対理由は「軍国主義の象徴」等あるが海外国歌はどう

NEWSポストセブン / 2012年03月30日07時00分

世界の国歌を紹介した『国のうた』(文藝春秋)の著者で作家・ジャーナリストの弓狩匡純(ゆがりまさずみ)氏が解説する。 「国歌の歴史は比較的浅く、近代国家が誕生した時に独立国としてのアイデンティティを表現するものとして作られたケースが多い。歌詞にはその国の歴史や民族性のほか、戦争をイメージするものが多く、曲調は軍隊の行進曲を踏襲したものが目立ちます」 侵略の [全文を読む]

テリー伊藤 対談 伊集院静(4)夏目さんはよく笑う子でした

アサ芸プラス / 2012年03月23日10時54分

伊集院 その時は、何て嫌な男に作るんだと思ったけど、私はたまたま作家という仕事をしてるし、引き受けりゃ済む問題だと思って。でも、2回目の今のかみさんに結婚をって言われた時、それはダメだって言ったの。2回やると、殺されるよ、世間の男からと。 テリー それはそうですよ。いい女2人とね。 伊集院 でも、2人ともきちんとした人だったからね。松井(秀喜)が女優さん [全文を読む]

テリー伊藤 対談 伊集院静(1)あの日の夜は星が綺麗だった

アサ芸プラス / 2012年03月20日10時54分

CMディレクターを経て、81年に「皐月」で作家デビュー。以降、「機関車先生」や「海峡」三部作などベストセラー小説を次々と世に送り出す。「受け月」で直木賞を受賞。また、作詞家としても「愚か者」「ギンギラギンにさりげなく」など多くのヒット曲を手がけている。 テリー 3・11から1年たちますが、振り返られてどうですか。 伊集院 まだ日本人全体が地震があって、津波 [全文を読む]

フォーカス