作品 伊丹十三に関するニュース

宮本信子さん感激。30年ぶりに映画「タンポポ」がNY上映へ

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日20時00分

ー伊丹作品が上映され、評価されることは決して珍しいことではなかったと思うんです。その中でも「タンポポ」は宮本さんにとっても特別な作品だったのではないかと思うのですが。 宮本 そうですね。「お葬式」という映画が大ヒットして、その次回作が注目された時に、伊丹さんは、この「タンポポ」を作りたいって。ただかなり特殊な作品になりそうだから、もしかしたら(興行的に) [全文を読む]

『手紙は憶えている』を手がけた巨匠アトム・エゴヤン監督が影響を受けたのは伊丹十三監督! 日本映画フリークな一面を明かす

AOLニュース / 2016年10月20日21時00分

ナチスに家族を殺されたゼブの復讐の旅は次々に新事実を浮かび上がらせ、物語は決して予想の付かない衝撃の結末を迎える! 第二次世界大戦やホロコーストを題材にした映画はこれまでにも数多く作り出されてきたが、本作はそれらと一線を画す作品になっている。主演に、オスカー俳優クリストファー・プラマーを迎え本作の監督を務めるのは『スウィート ヒアアフター』(97)、『白い [全文を読む]

津川雅彦 「ラブシーンは、殺陣である」

NEWSポストセブン / 2017年07月27日16時00分

今回は、作家の渡辺淳一氏と意気投合した理由、完璧主義だった伊丹十三監督作品に出演した思い出について語った言葉を紹介する。 * * * 津川雅彦は1980年から1990年代にかけ、渡辺淳一原作の作品をはじめとする文芸映画に多く出演、数々の女優と濃厚なラブシーンを繰り広げてきた。 「渡辺先生と気が合うと思ったのは、『《男男しい》と書いて《めめしい》と読むんだ』 [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

作品はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞するなど国内外で高く評価されることになった。2 松田優作:奥歯4本抜き 歯を抜いた芸能人はほかにもいる。松田優作は1980年公開の映画『野獣死すべし』において、痩せこけた人物を演ずるため、10キロ以上の減量を行い、さらに奥歯を四本抜いた。またその10年後には、松田は膀胱がんを発症するも、アクションシーンができなくな [全文を読む]

いま最も注目されている映画監督・是枝裕和を総特集! 福山雅治・役所広司主演の話題作『三度目の殺人』が9月9日に公開。『そして父になる』が9月16日フジ21時~土曜プレミアムで放送決定。

PR TIMES / 2017年09月12日16時11分

監督本人が影響を受けた作品を語るインタビューや、リリー・フランキーや前田航基(まえだまえだ)など起用俳優との対談、交友のある著名人からのエッセイなど、是枝の原点と今に迫る、読み応えのある内容。フードスタイリスト・飯島奈美と写真家・川内倫子による対談では、是枝組独自の創作法から是枝作品に登場する料理のレシピまでをも余すところなく披露。寄稿は女優の樹木希林、作 [全文を読む]

『Woman』好調の満島ひかりに“すれ違い離婚”のウワサも、関係者は「周防監督夫妻のように……」

日刊サイゾー / 2013年08月01日11時00分

「石井監督は、今までは単館系の作品を中心に撮っていましたが、近作『舟を編む』でメジャー入りしました。今年、来年にかけて、すでに複数の作品を撮るようですし、大きな賞も獲れるんじゃないかってもっぱらの評判です。子どもができるまでは、お互い仕事に没頭しようというスタンスなのでは?」(映画関係者) となると、2人が今のペースで仕事を続けられるのは、子どもができる [全文を読む]

星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』

okmusic UP's / 2017年03月28日15時00分

あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟きながら膝を叩いたであろう人と作品に贈られるものとなっている。 過去の受賞者には糸井重里、タモリ、内田樹、森本千絵、池上彰、リリー・フランキー、新井敏記、是枝裕和とそうそうたる顔ぶれ。 周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊からなる伊丹十三賞 [全文を読む]

星野源「伊丹十三賞」受賞に「人生を丸ごと認めていただいたよう」

dwango.jp news / 2017年03月28日10時22分

デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三氏の遺業を記念して、創設された同賞は、あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三氏が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟き [全文を読む]

正しい「焼香の作法」は2回?「葬儀」と「供養」に関するあらゆる疑問を解決!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月04日15時00分

1984年に公開された、伊丹十三氏の初監督作品である映画『お葬式』。初めて葬式を出すことになったある家族が、病院の霊安室で納棺するかしないかで揉めたり、お坊さんをどう出迎え、そのお布施の妥当な額はいくらなのかで悩んだり、ハウツービデオを見て葬儀のポイントを頭に入れたり、長いお経で足がしびれてしまったりと、葬儀の手順やしきたりに翻弄されてあたふたする人たちを [全文を読む]

宝田明の盤寿を祝う会、司会者は森ミドリ!(2015年5月3日12時から新宿で)

DreamNews / 2015年04月03日16時30分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

都庁で祝う81歳!宝田明の盤寿を祝う会(2015年5月3日12時から新宿で)ゴジラの嫁も緊急参戦!?

DreamNews / 2015年03月20日15時30分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

80年代黄金ヒロインたち 洞口依子

アサ芸プラス / 2012年05月25日10時54分

そのまま“茶の間の人気者”を進むことも可能だったが、洞口いわく「好きなシャンパンを飲んでいたい」と、作品選びにはこだわりを辞さない。そんな作品リストの「目覚めの1杯」となったのが、デビュー作「ドレミファ娘の血は騒ぐ」(85年/EPICソニー)である。 すでに篠山紀信による「激写」でヌード経験があったとはいえ、当初はロマンポルノの一篇として作られた。撮影時 [全文を読む]

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(4)<文化人・政治家にも!>西川史子はあのドラマで…

アサ芸プラス / 2017年09月21日09時57分

残念ながらバストトップだけはガードしていたが、かなり官能度の高い作品であった。 昨年、大阪維新の会から参院選に出馬し、初当選を決めた石井苗子(63)は、知的キャスターとして活躍。伊丹十三監督に出演を直訴された「あげまん」(90年、東宝)が女優デビュー作だったが、エロスそのものの芸者役が話題となった。 民進党所属の元衆議院議員で、現在はタレント活動も行う田中 [全文を読む]

山崎努、13年ぶり主演作で「僕のアイドル」熱演 役作りの苦労を明かす

ORICON NEWS / 2017年09月20日08時00分

日本の映画界を長年に渡ってリードする名優からヒントを受けた沖田監督が、6年の歳月をかけて山崎=熊谷さんを念頭にしたオリジナル作品を作り上げた。 50年以上を超えるキャリアで、黒澤明監督や岡本喜八監督、伊丹十三監督など日本を代表する監督の作品に出演してきた山崎は「これまで、この役をやりたい、と手を上げたことは一度もない。役を振るのは監督やプロデューサーの役目 [全文を読む]

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃2>黒田福美・タンポポ

アサ芸プラス / 2017年08月22日09時57分

同作はまさに“運命の作品”と言っても過言ではなかった。 伊丹との出会いは大河ドラマ「春の波涛」だった。黒田は端役の芸者役で、伊丹は主演・松坂慶子を愛妾にする伊藤博文を演じた。「私は食うや食わずの俳優でしたが、監督を見た瞬間、“これはただ者ではない”というオーラに圧倒され、感銘を受けたんです」 抑え切れぬ衝動を、最後の共演日に手紙に込めた。「見ただけでその人 [全文を読む]

ドラえもん、ガンダム、キン肉マン…テレビアニメの劇場版全盛期だった80年代を終わらせたアニメ映画とは?

日刊SPA! / 2017年07月02日08時44分

今日でも名画として愛される作品が数多く生まれた80年代、あなたにとっての特別な映画はなんですか? 80年代の邦画は同時代のテレビ業界と直結していた。角川春樹プロデュースによる、いわゆる“角川映画”の台頭(『セーラー服と機関銃』『Wの悲劇』など)をはじめ、テレビでおなじみのアイドルが主演する“アイドル映画”の出現(『ハイティーン・ブギ』『TAN TANたぬき [全文を読む]

後世に伝えたい「ニッポンの大ヒット映画」女優!(5)<大作の色香篇>山口百恵「伊豆の踊子」の幻想的な姿に観客が大拍手

アサ芸プラス / 2016年12月15日12時57分

日本の一般作で初めて3Pが描かれたシーンであり、あの重厚な佐分利がそれを演じ、2人の女優のボリューム感も見応えがあった」 デビューからヌード作品が続いた関根恵子(61)だが、文学性という点では「朝やけの詩」(73年、東宝)が1番だ。「北大路欣也と森の中で抱き合っているシーンは、関根恵子の体の美しさが際立っていた。その場面をポスターに使っていたのだから、当時 [全文を読む]

大島優子のシースルー衣装にムロ「透けてるから見てしまう」

Smartザテレビジョン / 2016年11月26日18時00分

最後に阿部は「きょうから公開になります『疾風ロンド』は、東野圭吾さんの超ベストセラーを映画化し、雪山の魅力とかアクションとコメディー、いろんなものが楽しめる作品に吉田監督が仕上げてくれました。 ぜひ、映画館で楽しんでいただきたいです。よろしくお願いいたします」とメッセージを送った。 [全文を読む]

シアタールームより、ミニシアターを買いましょう![小山薫堂の妄想浪費vol.10]

Forbes JAPAN / 2016年05月14日12時00分

その小さな空間に支配人の作品選びのセンスや、2時間の暗闇を観客ごと包む親密な空気というものがあって、隣に座った親しい人の息遣いや笑い声、泣いた横顔とともに記憶に強く残るからかもしれない。そんなミニシアターが、全国各地で閉館を余儀なくされている。今年の1月には東京・渋谷のミニシアターの中核を担ってきたシネマライズも閉館してしまった。日本映画製作者連盟のデータ [全文を読む]

フォーカス