作品 伊丹十三に関するニュース

宮本信子さん感激。30年ぶりに映画「タンポポ」がNY上映へ

まぐまぐニュース! / 2017年02月07日20時00分

ー伊丹作品が上映され、評価されることは決して珍しいことではなかったと思うんです。その中でも「タンポポ」は宮本さんにとっても特別な作品だったのではないかと思うのですが。 宮本 そうですね。「お葬式」という映画が大ヒットして、その次回作が注目された時に、伊丹さんは、この「タンポポ」を作りたいって。ただかなり特殊な作品になりそうだから、もしかしたら(興行的に) [全文を読む]

『手紙は憶えている』を手がけた巨匠アトム・エゴヤン監督が影響を受けたのは伊丹十三監督! 日本映画フリークな一面を明かす

AOLニュース / 2016年10月20日21時00分

ナチスに家族を殺されたゼブの復讐の旅は次々に新事実を浮かび上がらせ、物語は決して予想の付かない衝撃の結末を迎える! 第二次世界大戦やホロコーストを題材にした映画はこれまでにも数多く作り出されてきたが、本作はそれらと一線を画す作品になっている。主演に、オスカー俳優クリストファー・プラマーを迎え本作の監督を務めるのは『スウィート ヒアアフター』(97)、『白い [全文を読む]

宝田明が「ゴジラ」「キングコング」について語る。「伊福部昭百年紀Vol.5」コンサート(4月30日渋谷で開催)

DreamNews / 2017年03月14日12時00分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

作品はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞するなど国内外で高く評価されることになった。2 松田優作:奥歯4本抜き 歯を抜いた芸能人はほかにもいる。松田優作は1980年公開の映画『野獣死すべし』において、痩せこけた人物を演ずるため、10キロ以上の減量を行い、さらに奥歯を四本抜いた。またその10年後には、松田は膀胱がんを発症するも、アクションシーンができなくな [全文を読む]

『Woman』好調の満島ひかりに“すれ違い離婚”のウワサも、関係者は「周防監督夫妻のように……」

日刊サイゾー / 2013年08月01日11時00分

「石井監督は、今までは単館系の作品を中心に撮っていましたが、近作『舟を編む』でメジャー入りしました。今年、来年にかけて、すでに複数の作品を撮るようですし、大きな賞も獲れるんじゃないかってもっぱらの評判です。子どもができるまでは、お互い仕事に没頭しようというスタンスなのでは?」(映画関係者) となると、2人が今のペースで仕事を続けられるのは、子どもができる [全文を読む]

星野源、「第9回伊丹十三賞」を受賞! 『これからも手探りで活動を続けたい』

okmusic UP's / 2017年03月28日15時00分

あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟きながら膝を叩いたであろう人と作品に贈られるものとなっている。 過去の受賞者には糸井重里、タモリ、内田樹、森本千絵、池上彰、リリー・フランキー、新井敏記、是枝裕和とそうそうたる顔ぶれ。 周防正行、中村好文、平松洋子、南伸坊からなる伊丹十三賞 [全文を読む]

星野源「伊丹十三賞」受賞に「人生を丸ごと認めていただいたよう」

dwango.jp news / 2017年03月28日10時22分

デザイナー、イラストレーター、俳優、エッセイスト、テレビマン、雑誌編集長、映画監督……さまざまな分野で才能を発揮し、つねに斬新、しかも本格的であった仕事によって時代を切り拓く役割を果たした伊丹十三氏の遺業を記念して、創設された同賞は、あらゆる文化活動に興味を持ちつづけ、新しい才能にも敏感であった伊丹十三氏が「これはネ、たいしたもんだと唸りましたね」と呟き [全文を読む]

正しい「焼香の作法」は2回?「葬儀」と「供養」に関するあらゆる疑問を解決!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月04日15時00分

1984年に公開された、伊丹十三氏の初監督作品である映画『お葬式』。初めて葬式を出すことになったある家族が、病院の霊安室で納棺するかしないかで揉めたり、お坊さんをどう出迎え、そのお布施の妥当な額はいくらなのかで悩んだり、ハウツービデオを見て葬儀のポイントを頭に入れたり、長いお経で足がしびれてしまったりと、葬儀の手順やしきたりに翻弄されてあたふたする人たちを [全文を読む]

宝田明の盤寿を祝う会、司会者は森ミドリ!(2015年5月3日12時から新宿で)

DreamNews / 2015年04月03日16時30分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

都庁で祝う81歳!宝田明の盤寿を祝う会(2015年5月3日12時から新宿で)ゴジラの嫁も緊急参戦!?

DreamNews / 2015年03月20日15時30分

『ゴジラ』、『美貌の都』、『大学生』シリーズ、『香港の夜』シリーズ、『放浪記』などの文学作品、『あげまん』『ミンボーの女』などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年『アニーよ銃をとれ』で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、『サウンド・オブ・ミュージック』『風と共に去りぬ』『マイフェアレディ』など数多くの [全文を読む]

フォーカス