バンド 井上陽水に関するニュース

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.10 吉澤嘉代子×ハマ・オカモト

NeoL / 2016年02月19日16時00分

いろいろ調べたらそれがヒーカップ唱法と呼ばれていることがわかって」 ——ふたりは同級生でもありますけど、吉澤さんはハマくんやOKAMOTO'Sというバンドに対してどういう印象がありましたか? 吉澤「19歳のときに閃光ライオットにエントリーしている同世代の人たちのことを調べたら、ズットズレテルズに行き着いて。『同世代にこんな音楽をやってる人たちがいるんだ!』 [全文を読む]

井上陽水、アルバム「UNITED COVER 2」7月29日(水)発売 !

PR TIMES / 2015年07月28日18時44分

第2弾となる今作も自身の代表曲「氷の世界」のセルフカヴァーや、井上陽水がデビュー当時から人気を二分していた吉田拓郎の楽曲を初カヴァー(楽曲「リンゴ」)の両曲が世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスのとの競演により収録されています。 その他、「シルエット・ロマンス (大橋純子 1981年)」、「リフレインが叫んでる (松任谷由実 1988年)」、「有 [全文を読む]

吉田拓郎、50歳差“ミセス”に賛辞連発「ぶっ飛んだ」「しびれるね~」

ORICON NEWS / 2017年05月29日18時10分

井上陽水、THE ALFEE、奥田民生、ポルノグラフィティらそうそうたるアーティストが自身の楽曲をカバーするなか、20代の男女5人組バンド・Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)がカバーした「流星」を絶賛した。 中高生に人気「Mrs. GREEN APPLE」主な作品一覧 同アルバムは、昨年4月に70歳の誕生日を迎えた吉田の名曲を継承、 [全文を読む]

土方隆行&渡嘉敷祐一の名コンビがプロデビュー40周年を記念したスペシャル・ライブを開催

okmusic UP's / 2015年12月24日19時00分

【その他の画像】土方隆行土方隆行と言えば、現在でも根強いファンの多い80年デビューの超絶プログレッシブ・ロック・バンド“マライア"のメンバーとして活躍。同時にセッションミュージシャンもしくはアレンジャーとして、浅川マキ、吉田美奈子、松田聖子、浜田省吾、井上陽水、吉田拓郎、角松敏生、玉置浩二、徳永英明、河村隆一等、プロデューサーとしてもエレファントカシマシの [全文を読む]

“めんたいロック”の始祖、サンハウスのアルバム『有頂天』にあふれる先達への敬意

okmusic UP's / 2016年07月13日18時00分

海外ではザ・ローリング・ストーンズを筆頭に、レッド・ツェッペリン、ザ・フー、ビーチ・ボーイズとメンバーが70歳を超えた大御所バンドも存在するが、年齢的な問題か、さすがに定期的に音源を制作したり、ツアーを行なったりしているわけではない。その点では、今年3月に最新ライヴアルバム『タイガーインユアタンク!(マディに捧ぐ)』をリリースしたサンハウスは世界に誇れる日 [全文を読む]

麻婆豆腐の辛さクセになる!老舗中華料理店で聴きたい曲

okmusic UP's / 2015年10月01日18時14分

そんなシーンには、本場中国出身のハードロックバンド「唐朝」の曲などいかがでしょうか?中国が世界の文化に大きな影響を与えていた唐王朝の時代にちなんで命名されたこの「唐朝」。90年代には、日本のメジャーレーベルからCDが発売されたこともあります。DREAM THEATERやMETALLICA、JUDAS PRIESTなど欧米のメタルバンドからの影響を感じさせつ [全文を読む]

宇多田ヒカル、活動復帰説に言及

モデルプレス / 2015年02月03日19時40分

ネット上では今年3月にバンドを結成し復帰するなど、噂が囁かれているが3日、宇多田のスタッフはTwitterで「一部ネット上で宇多田ヒカルがバンドを組んで近日復帰するかのような噂が流れておりますが、全くの事実無根です」と噂を否定。バンド名や宇多田のコメント、メンバーの実名も挙げられており、「実名で挙げられている方に対してご迷惑がかかることを憂慮し、この場を [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<最終回>甲斐バンド(1)

アサ芸プラス / 2014年02月19日09時58分

日本のロック史において、比類なき存在感を誇ったのが甲斐バンドだ。傷つき羽根折れそうな思いを詞に込め、強靭なサウンドとともに雄々しく立ち上がる。やがて前例のないライブ会場を次々と制覇し、後進たちに多大な影響を与えた。そして、誰よりも博多の街を愛したバンドだった──。 「この男たちと契約できたことが誇らしいと思ったよ。自分がマネジャーとして才覚があるんじゃない [全文を読む]

“日本のリバプール”博多スーパースター列伝<第2回>チューリップ(1)

アサ芸プラス / 2014年01月10日09時58分

日本で初めて本格的に「ポップス」と取り組んだバンド──それがチューリップである。結成から40年以上が経っても名曲は色あせず、今も鮮烈に“青春の光と影”を映し出す。その背景には、彼ら自身が博多から上京し、もがき続けた日々が重なり合うのだ。 「お前ら、次の歌が売れなかったら博多に帰れ!」 そんな非情の言葉は、シンコーミュージックの総帥・草野昌一から発せられた。 [全文を読む]

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<ドリフ加入をいかりや長介に口説かれた桑田佳祐>

アサ芸プラス / 2017年02月27日12時57分

バンドの月給が3万5000円の頃に、2日間の撮影で4万円くれるって言うから」 カネに転んだ!? 間もなくデビューから40年になろうとするサザンオールスターズの桑田佳祐だが、その歴史がなくなっていた可能性もあった。「いかりや長介さんから『ドリフに入らないか』と真剣に誘われたんです」 93年のサザンのライブで桑田が明かしている。それはデビュー直後のことだった。 [全文を読む]

フォーカス